ニラ は 生 で 食べ れる。 ニラって生でも食べられるの!?スタミナ野菜のニラで季節の変わり目を乗り切ろう!

ニラは生で食べれる?危ない?メリット・デメリットやレシピのおすすめを紹介!

ニラ は 生 で 食べ れる

ニラの栄養は? ニラの香り成分の9割を占めるのは メチインと呼ばれる、 ピロリ菌を抑制する効果のある成分です。 同じく香り成分には、 硫化アリルの一種アリシンも含まれていて、 殺菌効果があり、ビタミンB1と結びつくことで 新陳代謝を良くし、 疲労回復に効果的な成分です。 それぞれの成分にはどのような効果があるのか見てみましょう。 メチイン 胃がんの原因ともなる ピロリ菌ですが、メチインにはこの ピロリ菌の増殖を抑制する効果がある事がわかっています。 さらに、抗生物質では除菌できないタイプの ピロリ菌にも有効であるとも言われています。 カルシウム 強い歯や骨を作るためには欠かせない栄養素のカルシウム、体の生理機能を調整して心を 安定させる働きもあるので、 イライラを鎮める効果もあります。 カリウム 体内の余分なナトリウム(塩分)の排出や、腎臓に溜まりやすい老廃物の排出を促す働きを持ちます。 筋肉の収縮をスムーズにする働きもあります。 体内ではビタミンAとしても働くので、 皮ふや粘膜・目の健康を保つのに効果的です。 ビタミンC 抗酸化作用がある他、コラーゲンを合成し肌にハリを持たせ、メラニン色素を分解するので、シミやそばかすの予防などの 美白・美肌効果が期待できます。 また、 免疫力を高めて 風邪をひきにくくする、 ストレスへの抵抗力を高めるなど、様々な働きを持ちます。 妊娠初期の女性は特に積極的な摂取が必要です。 また、 体を温める食物ですので、 冷え性にも有効です。 スタミナアップ スタミナを高めるために有効なビタミンB1は、 吸収率が悪いという特徴がありますが、アリシンを一緒に摂取することで吸収率が高まります。 ニラにはビタミンB1とアリシンの両方が含まれていますが、 豚肉などと一緒に摂る事でビタミンB1の吸収率をさらに高める事ができ、精力や スタミナアップを期待できます。 血液サラサラ効果 抗酸化作用によって、血栓の原因となる血管壁にコレステロールがたまるのを防ぎ、 血液をサラサラにしてくれる効果があります。 これにより、 動脈硬化や脳梗塞のリスクを減らす事にも繋がります。 冷え性の改善 抗酸化作用によって血液をサラサラにしてくれる事で全身に 血が滞りなく巡ります。 また、毛細血管を拡張するビタミンEも含まれている事で体の隅々まで血が巡り、 冷え性の改善につながります。 食物繊維の働きで 腸内環境を整えるのも 免疫力を高めることになります。 前述のとおり、 メチインは、胃がんの原因となるピロリ菌を抑制する働きを持ちます。 いつも何気なく食べているニラにもこれだけの効果があるのにはちょっと驚きですね。 ねぎにも素晴らしい栄養や効果がありますが、同じようにニラも摂取したほうがいいなという率直な感想を持ちましたが、あなたはいかがですか? ねぎの栄養や効果効能はこちらをぜひご覧ください。 他にも、風邪をひきにくくするための免疫力を高める ビタミンCや、妊娠中は不足しがちになる カルシウムや鉄も多く含まれていますので、薬に頼らず食べ物から栄養を吸収したい妊婦さんにはピッタリです。 ですが、ニラに含まれる不溶性食物繊維は、通常でしたら腸内で水分をすって膨らむため、腸のぜん動運動を促進して 便通を良くする働きを持っているのですが、腸の働きが低下している人や頑固な便秘の人が摂取すると 逆効果や腹痛となる事もあります。 便秘になりがちな妊娠中は、逆に便秘をひどくさせないように注意することも必要です。 また、体内の消化液で消化されずそのまま排出される不溶性食物繊維は、腸内で停留すると腸の中を詰まらせてしまう原因となりますので、 小さめに切ってよく噛んで食べる事が大切です。 栄養の吸収面から見ても、 香り成分であるメチインやアリシンは、 細かく刻んだ方が香りがよく発生してたっぷり摂取出来るのだそうです。 また、水溶性のビタミンなども含まれていますので、 水洗いはさっと済ませましょう。 ニラは 生で食べることができ、ビタミンCなどは特に生で食べる方が吸収されやすいのですが、加熱調理する場合は、ニラは 最後に加えて火を通し過ぎないようにすることが栄養をできるだけ損なわずにすみます。 何でも 食べすぎはいけませんが、ニラは特に アレルギー体質や 胃腸の弱い方は注意しましょう。 ニラの上手な保存方法は?こちらをご覧ください。 ここでは、栄養の吸収率が良さそうなレシピ2品をご紹介します。 kikkoman. どちらもパパッと手軽にできる簡単メニューです。 ぜひお試しください。 まとめ 今回はニラの栄養や効果効能についてご紹介しましたが、ニラがピロリ菌の予防や抑制になるのは驚きましたよね。 また、ニラの効果として注目されるのはやはり スタミナUPや風邪予防などの強い健康な体を作るためのものが多いですね。 火の通りも早く、調理に時間もかからない食材ですので、普段の食事にもっとニラを取り入れて、健康な体作りに活かしたいですね。 スポンサーリンク•

次の

ニラの食べ過ぎで下痢になるの?その原因や栄養とは?

ニラ は 生 で 食べ れる

ニラは臭い?食べ過ぎに注意しよう ニラといえば一番に思いつくのが、あの独特な食欲をそそる香りですよね。 あの香りがあるからこそニラを美味しく感じるのですが、食べ過ぎによって少し臭いが気になるのも事実です。 ニラの独特な香りの正体は「 硫化アリル」という成分で、主にニンニクにも含まれています。 たしかにニンニクの臭いもニラと同じく食欲がわくような香りですよね。 硫化アリルの中でも アリシンという成分がニラに含まれ、 体内で臭いの原因となる「 アリルメチルスルフィド」に変化します。 これはニラを食べ過ぎた時の口臭の原因になるので、食前に臭いを消す牛乳を飲むなど工夫する必要があります。 ニラの食べ過ぎで下痢になる原因とは? ニラを食べ過ぎると下痢になりやすいとよく言われますが、これはニラに含まれる 食物繊維が原因です。 食物繊維には2種類あって、水溶性と不溶性にわかれます。 ニラには不溶性食物繊維が多く含まれ、この特徴として消化がされにくいということがあります。 胃で十分消化がされないと腸に負担がかかったり、元々便秘で不溶性食物繊維を食べ過ぎた場合も下痢になりやすいです。 腸のぜん動運動を活発化する際に、便秘がひどいた腸がびっくりしてしまうのですね。 ニラの食べ過ぎで不溶性食物繊維ばかり食べるのは体に負担がかかるので、水溶性食物繊維とうまく組み合わせましょう。 果物などは水溶性食物繊維が豊富なので、バランスよく摂取していくと良いです。 【スポンサーリンク】 ニラの食べ過ぎは下痢だけでなく胃痛も起こる ニラにはアリシンという硫化アリルが含まれるのですが、これは食べ過ぎると臭いだけでなく胃痛を引き起こす可能性もあります。 アリシンは殺菌作用が非常に強力なので、食べ過ぎると胃への負担が大きくなるのです。 ニラを食べ過ぎることによって胃が荒れて胃痛や吐き気がしたり、その延長で下痢が起こることもあります。 ニラは火を通すことで縮まり、より多くの量を食べ過ぎてしまうので気をつけたいですね。 またアリシンは強い殺菌効果で、体の中の良い菌までやっつけてしまうことがあります。 そのため腸内細菌のバランスも崩れやすくなり、腹痛や下痢が起こることもあるのです。 ほどほどに適量を食べる分にはアリシンは体に良いものなので、食べ過ぎに注意すれば問題はありません。 ニラは食べ過ぎなければ栄養満点! ニラは食べ過ぎに注意すれば栄養のある野菜なので、積極的に食べていきたいですね。 ニラに含まれるアリシンは食べ過ぎると体に良くありませんが、適量ならばとても良い働きをしてくれます。 ビタミンB1の吸収を高めて疲れを取ってくれる滋養強壮の効能があり、また免疫力も高めてくれます。 ニラがスタミナ食材と言われる理由は、アリシンの効能にあったのですね。 また生活習慣病予防にも貢献してくれるので、ニラは適度に取り入れていきたい食べ物のひとつです。 そのため食べ過ぎに注意しながら、アリシンの効能を最大限に活かして食べていきましょう。 ニラの食べ過ぎに関するまとめ ニラの食べ過ぎで下痢になる原因や、含まれる栄養についてご紹介してきました。 ニラは臭い成分である硫化アリルのひとつ「 アリシン」が含まれています。 そのため、ニラを食べ過ぎてしまうと口臭が気になるようになってしまうのです。 ニラを食べ過ぎて下痢が起こる原因の多くは不溶性食物繊維のとりすぎで、さらにアリシンが胃腸を刺激することでも起こります。 下痢を起こさないためにも、ニラは適量を守って食べる必要があるのです。 ニラのアリシンは適量ならば生活習慣病の予防やスタミナの回復などに役立つので、食べ過ぎを予防していきましょう。 ニラをうまく取り入れて、健康的な毎日を送っていきたいですね。

次の

青梅を生で食べるのは控えた方がいい理由

ニラ は 生 で 食べ れる

先日の記事で元プロレスラー山本喧一さんが営む居酒屋「」をご紹介した。 記事でも触れたが、ベロベロに酔った筆者の記憶に鮮烈に残っているのが『 しょっぱいよ塩生ニラ』で、あの日以来「何とか再現したい!」と研究に研究を重ねていたのだ。 結論からいうと完全再現は出来なかった……が! あれと同じくらい美味しい「」の開発に成功したのでご紹介したい。 所要時間たったの2分! 食べればビックリするほどワイルドな味の虜(とりこ)になること間違いなしだ!! ・2分で完成 準備するのはニラと調味料だけ。 ニラは生のまま食べるから、 できるだけ新鮮なものを用意しよう。 ニラを生で食べることに抵抗がある人もいるかもしれないが、ニラは栄養価が高くスタミナが付く食材として知られている。 特にビタミンCは、生のままの方が摂取しやすいぞ。 調味料は一般家庭にあるものばかり。 特別な調味料を購入する必要はなく、たったの2分で完成するから「もう一品ほしいなぁ」というときにも重宝する。 それでは気になるレシピは以下の通りだ! ・「生ニラの塩だれ」の作り方 【材料】 ニラ:1束 ゴマ油:大さじ2 お酢:大さじ1. 5 塩:小さじ1~1. 5 コショウ:適量 にんにく(チューブのもの):チューブから5ミリくらい 【作り方】 1:ニラを洗って5センチ~7センチくらいのざく切りにして器に盛る 2:全ての調味料をボウルに入れてよく混ぜ合わせ、ニラの上にかける 以上である! 要するにニラを切って調味料をぶっかけるだけだ。 これを言うと元も子もないが、面倒な人は 市販の塩だれを生ニラにかければ良い。 なんなら、塩だけかけて食べても生ニラはウマいぞ。 当然ではあるが、生ニラのにおいはハンパじゃない。 しっかり歯みがきをして寝ても、翌朝はビックリするくらい 口の中にニラがいる……がウマい! フリスクくらいで太刀打ちできる相手じゃないから、においが気になる人は休日前にでもチャレンジしてみよう。 ただにおいが気になる人でも、一口食べれば野性味あふれるワイルドな生ニラの風味がヤミツキになるハズだ。 きっと「 ニラは生で食べるのが一番ウマい!」と確信することだろう。 まずは においを気にせず一度だけ試してほしい……食えばわかるさ!! Report: Photo:RocketNews24.

次の