おしゃれな髪型。 大学生のおしゃれな髪型|女子モテを意識したお洒落なメンズヘアスタイルまとめ

大学生向けワックスなしでも素敵なメンズの髪型をご紹介

おしゃれな髪型

マガジン• サロンの記事• スタイリストの記事• ヘアスタイルの記事• ムービーの記事• 体験レポートの記事• スタイリスト• 得意なレングス• 得意なテイスト• 所属しているエリア• 東京都• 神奈川県• サロン• 東京都• 神奈川県• ヘアスタイル• レングス• テイスト• ムービー• レングス• シーン•

次の

【2020年】人気のおしゃれな髪型特集│ 今っぽヘアになれるスタイリングの仕方も!

おしゃれな髪型

出典: 長髪にするとどうしても髪の毛自信の重さでボリュームが出なくなってしまいます。 画像を見てもわかるように髪の毛が長いとどうしても頭頂部がペタッとした印象になってしまうのです。 逆に短くして横も刈り上げることでかっこよく仕上がっています。 更に言うと長髪にすると育毛のためにもあまり良くありません。 髪の毛が長いと頭皮や毛根に負担がかかってしまうため抜け毛が多くなったり、頭が蒸れやすくなってしまって頭皮環境が悪化してますますハゲが悪化する原因にもなってしまうのです。 ハゲているからと言ってモテないとかかっこ悪いということはありません。 薄毛を活かした髪型にすることでかっこよくなることはできます。 以前テレビで薄毛の特集をしていたのですが、薄毛がかっこいいと思う女性が最近意外に多いそうです。 ハゲていてもそれを隠そうとするかそれを活かそうとするかによって見た目の印象は大きく変わります。 実際にハゲていてもかっこいいと言われる人は ハゲを隠さずに堂々としているからかっこよく見えるのではないでしょうか。 薄毛を気にしすぎるあまりダサくなってしまうのは最悪です。 まずは自信をもつことから始めましょう。 では実際にどんな髪型が良いのか、薄毛でもかっこいい人を参考にしてみましょう。 渡辺謙 出典: 薄毛の人におすすめしたいのが 縦長シルエットの髪型です。 これはサイドを刈り上げたりして短くし、トップを立たせることで全体的に引き締まった印象になるだけでなくボリューム感が出て薄毛でもかっこよく決まります。 ハゲている人は基本的に横と後ろの髪の毛は残っているのに前髪と頭頂部が薄くなっているという人がほとんどです。 そのためほうっておくとサイドは濃く、トップが薄くなってしまい薄毛が目立ってしまうのです。 そのため縦長シルエットを意識してカットすることによってハゲていてもかっこよく見えるのです。 特にハードワックスなどのセット力の強めのスタイリング剤を使って立ち上がりをつけることでトップにボリュームをつけることができるです、 ただし、ワックスのつけすぎは逆に髪の毛が重くなって潰れてしまうので注意が必要です。 また、のでスタイリング剤をつけたあとはしっかりシャンプーをすることも忘れないようにしてください。 そのため髪を染めても大丈夫だという人は明るめの髪色にすることでハゲがわかりにくくなります。 薄毛対策も忘れずに! ハゲでもかっこよく決まる髪型にするためのポイントを紹介しましたが、そうはいっても薄毛は気になります。 育毛剤を使うことで薄毛を解消することでより自信を持って髪型を決めることができるようになるはずです! 薄毛・ハゲに似合うかっこいい髪型30選 これまでを振り返って、短髪・縦長シルエットのかっこいい髪型をまとめてみました。 今度髪を切りに行くときにはこれを参考にしてみてください。 おしゃれ坊主 ハゲの人におすすめなのがおしゃれ坊主スタイルです。 最近では短髪の中でもおしゃれ坊主と言ってツーブロックと坊主をあわせたような髪型が流行っています。 おしゃれ坊主は トップに髪の毛を残してサイドを刈り上げるのが特徴です。 そのため薄毛の人にはピッタリの髪型です。

次の

大学生向けワックスなしでも素敵なメンズの髪型をご紹介

おしゃれな髪型

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2020年最新ヘアカタログ|おしゃれに見える髪型を厳選 軽やかなナチュラルセミロングボブ 【HOW TO】 ・ベースを鎖骨下3cmの長さで切り揃えます。 ・顔周りからバックにかけてしっかりとレイヤーを入れることで動きのあるスタイルに。 ・前髪は目にかかるギリギリの長さで、厚くも薄くもない絶妙なバランスでカットすることで今年顔に。 ・カラーリングは、8レベルのナチュラルブラウンに。 ・日本人のスキントーンに似合う暖色系の色で、フェニミンなイメージに仕上げてくれます。 前髪がパカッと分かれないように髪をドライしたら、32mmのアイロンで外ハネに巻き、トップのレイヤー部分はフォワードとリバースをミックスで巻きます。 スタイリング剤を塗布する前に、空気を入れるように手ぐしを入れてながらカールをほぐし、ツヤ感と柔らかな質感を叶えるオーガニックバームを全体になじませます。 くせ毛ニュアンスのセミロングボブで女っぽく 【HOW TO】 ・鎖骨下5cmのワンレングスでベースをカット。 ・チョップカットで質感調整して、毛束感とニュアンスをつくります。 ・柔らかく女性らしい印象のポイントとなる前髪は、緩やかなマッシュラインで甘さを表現。 ・カラーリングは、7レベルのオリーブグレージュ。 ・寒色であっても、ツヤ感と透明感のある涼しげな色味です。 32mmのアイロンで毛先と表面を内巻きにワンカール。 スタイリング剤は、伸びがよいクリームバターを塗布して毛束感をつくります。 塗布のコツは、こめかみ辺りで上下に髪をブロッキングし、こめかみ下はボリュームダウンするように、こめかみより上は、ポニーテールを結ぶ要領でつけると表面がペタッとせずに動きのあるスタイルに仕上がります。 小顔効果抜群のこなれセミロングボブ 【HOW TO】 ・胸上5㎝。 やや前上がりにカットし、顔周りと表面にレイヤーを。 ・毛先にはレイヤー入れず重ためにすると今っぽいセミロングに。 ・目と耳の間のサイドバングはあごラインでカットし、正面の前髪と自然に繋げます。 ・カラーは10トーンのシナモンベージュ。 ・明るめですが赤みのないくすみ系のベージュなので落ち着いた印象に。 32㎜のアイロンで、全体の毛先を内巻きワンカール。 次に耳より後ろの後頭部表面の毛束を持ち上げ、高い位置で毛先から中間まで内巻きに。 全体のカールに手ぐしを通しバサバサとくずすと、今っぽい程よいボリューム感のラフウエーブに。 パサつき防止用にオイルを1:1で混ぜたソフトワックスを毛先から中間に向かってもみ込み、手に余ったワックスで前髪の毛先にも軽くもみ込みます。 ニュアンスパーマがおしゃれな大人セミロングボブ 【HOW TO】 ・ベースはあご下に設定してやや前下がりでカット。 ・動きが出やすくするため表面にはレイヤーを。 ・前髪は鼻先くらいの長さで流れるように薄めに作ります。 ・カラーは9レベルのアッシュベージュに細かいハイライトをオンカラー。 ・ハイライトはトップのみに入れ、透明感がありクールな印象を与える色に。 エアパーマはふんわりとしたカールでダメージレスなパーマです。 全体を外ハネになるように巻き、トップはフォワードとリバースのMIX巻きで。 スタイリング剤は、セミウェットな質感のオイルかクリームがおすすめ。 手の平になじませたら、髪の中間から毛先にかけて揉み込みます。 手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先に塗布して、全体の質感を揃えたらフィニッシュ。 柔らかく揺れる重めロブは大人のモテヘア 【HOW TO】 ・ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。 ・顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れます。 ・前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪に。 ・カラーは、8レベルのショコラブラウンに。 ・やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導きます。 髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておくこと。 全体をアイロンで巻いている間にクセづけします。 マジックカーラーは、楕円型の2つのカーラーで挟むタイプの前髪用がおすすめ。 サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。 最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げます。 ショート・ショートボブはふんわり感がカギ フェースラインをカバーして女っぽさが際立つショート 【HOW TO】 ・前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。 ・サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションに。 ・スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカット。 ・カラーは10トーンのフォギーアッシュ。 ・程よいヌケ感があるカラーなので毛先の立体感が強調され、女性らしい柔らかさを引き出して。 乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。 あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなります。 全体の毛先を32㎜のヘアアイロンでワンカールさせて。 スッキリ見えるのにカジュアル!長め前髪の大人っぽいショートボブ 【HOW TO】 ・前髪はあごライン、バックは長めに残しサイドに向かってやや前下がりにカット。 ・かき上げたときにラフな毛流れができるよう、前髪にトップから軽くレイヤーを入れる。 ・ふわっとしたひし形シルエットになるよう、後頭部はレイヤーカット。 ・カラーは7トーンのアッシュブラウン。 アッシュカラーを加えることで日本人の髪に出やすい赤みを抑え、ツヤ感や清潔感を演出。 顔周りは根元を立ち上げながら、後頭部は毛束を前に持っていきながら乾かすと自然な立体感に。 全体の毛束の中間から毛先に向かってアイロンで軽くワンカールさせて。 少なめの髪でもOK!丸みのあるマッシュフォルムのショートボブ 【HOW TO】 ・マッシュラインのベースを作っったら、丸みが出るようにレイヤーを入れる。 ・斜めの眉上バングで適度な隙間をプラスし、子供っぽくなりすぎないように。 ・毛先を部分的にハネさせるのもコツ。 《Back》 どんなシーンでも決まる!猫っ気におすすめ切りっぱなしショートボブ 【HOW TO】 ・あごラインのワンレンベースに。 ・レイヤーは入れず、裾を一直線の切りっぱなし風に。 ・表面に細めのロッドでスパイラル巻きのパーマをかけて、ワンカール以上の動きが出るように巻く。 ・カラーは6トーンのブルーアッシュ。 落ち着いたトーンの中に透明感がプラスされ知的な印象に。 スタイリングはパーマをかけた部分を水で濡らし、セミウエットなスタイリング剤を軽くもみむだけでOK。 あえてスタイリングを頑張らないことでパーマのラフな質感を楽しんで。 上品でおしゃれに見えるAラインボブ ふわっとした毛束で軽さを演出!表面長めのAラインボブ 【HOW TO】 ・あご下でカットしたワンレンベースに。 ・表面に束感が出やすくするよう毛先にグラデーションカットを。 シルエットに丸みがつけて、柔らかい印象に。 ・前髪は目にかかる長さにカットし、毛先を流しやすくするために毛量調整を。 ・カラーは11トーンのアッシュベージュ。 透け感のあるほんのり明るめカラーで、軽く見せつつ赤みを抑えて上品さをKeep。 頭皮を指でこするようにしながらドライし、根元をふわっと立ち上がる。 スタイリングの始めに、前髪の表面と内側の毛を2段に分け、それぞれ細めのカーラーで毛先を1回転巻いておく。 アイロンで裾の毛先を内巻きにワンカールに。 エアリー感のあるAラインのニュアンスカールボブ 【HOW TO】 ・裾を平行ラインにカットし、なじむ程度にレイヤーを。 ・スタンダードなAラインボブを今っぽく見せるには、シースルーバングを合わせて。 ・透明感のあるブラウンで品良く仕上げる。 毛先と肩の間に空間が開くため、首元がすっきり見えてあか抜けます。 内巻きも外ハネもウエーブも、収まり良く仕上がるので、髪のボリュームが出にくい人にもおすすめ。 カジュアル可愛い外ハネボブ ハツラツとして見える外ハネボブ 【HOW TO】 ・前髪は眉にかかる長さで、隙間が作れるように毛先を調整してカット。 ・サイドは襟足から3㎝のワンレンベースに。 ・動きが欲しい顔周りや表面にはレイヤーを入れます。 ・カラーは全体に細かくハイライトを入れた上から、9トーンのアッシュベージュを重ねて、自然な明るさと立体感を。 全体をバサバサッと乾かした後、細めのアイロンで毛先を内・外MIX巻きに。 アイロンで外ハネに ・一気にスタイリングしようとすると、かえって時間がかかってしまうので、必ず髪を上下に分ける。 ・下の段、中間部分をストレートアイロンで挟む。 ・毛先に向けて滑らせて、毛先5㎝のところで毛先が外にはねるように腕を外側にひねって、アイロンを抜く。 ・上の段は頭頂部を空けて、ハチのあたりをストレートアイロンで挟む。 ・毛先に向けて少しゆっくりめにアイロンを滑らせ、広がりやすいハチまわりをタイトに抑えるのがコツ。 ・中間部分から徐々に手首を外側にひねりながら、アイロンを抜く。 ・丸顔カバーに不可欠なのは、トップに高さを出して、縦長のフォルムを作ること。 ・分け目をジグザグにすることで、トップにふんわり感が出て、自然な縦長フォルムに。 ・両手にジェル状スタイリング剤を伸ばし、両サイドの外側から手グシを入れて毛先になじませる。 ・程よいウェット感を出しながら、ハネ感を長時間キープ。 ・はねやすい髪は、無理に内巻きにしない。 ・トップにふんわり感を出して、丸顔カバーにマストな高さをキープ。 ・サイドをタイトに抑え、毛先を外ハネにすると、スタイルにメリハリが生まれ、表情も華やかに! おしゃれな髪型といえば!今っぽセミロング 忙しい朝のおしゃれヘアがかなう!低温デジタルパーマの時短ウェーブヘア 【HOW TO】 ・裾は肩にかかってハネる長さにカット。 表面に少しだけレイヤーを入れ動きが出やすくする。 ・乾かす時間を時短できるように、やや軽めに毛量調整を。 ・前髪は目の上でカット、サイドをやや長めに残して柔らかい表情に見せる。 ・サイドを上から20㎜、20㎜、22㎜のロッドで3段構成に。 ・バックは上から22㎜、20㎜、20㎜、18㎜のロッドで4段構成に。 ・カラーは淡いグレーとブラウンベージュをMIXした9トーンのシナモンベージュ。 日本人の肌色になじむカラー。 タオルドライ後に根元から軽く乾かし、中間から毛先を中心にオイルをなじませれば完成の時短ヘア。 ・前髪は頬ラインからサイドに流れるようにカットを。 ・顔周りにはレイヤーを、全体の中間から毛先に毛量調整カットを。 ・全体の毛先に太めのロッドで内巻き1回転半のパーマをかける。 ・カラーは7トーンのアッシュベージュ。 赤みがなく透明感が出るカラーなので、肌を白くキレイに見せる効果あり。 先に根元を乾かしてから、全体を9割乾かす。 シアバターなどトリートメント系のスタイリング剤を全体の中間から毛先にもみ込みんで。 1回転半の内巻きパーマで毛先をランダムに動かしやすく、内・外に重なるカールをるくる。 ・スタイリングしやすいように表面の髪を持ち上げ、内側に固まらないスプレーを吹きつける。 ・ムラにならないようにスプレーを動かしながら、髪を巻く中間~毛先に薄くつけて。 ・全体で6ブロック程の毛束にし、毛先からワンカールの内巻きに。 ・アイロンを挟んだ部分は熱がダイレクトに伝わり、いちばんくせが残りやすい。 ・頭全体が3分割になるよう、ハチ上、耳ラインで分け、適当にまとめてクリップで挟めばOK。 ・毛束を前に引き出してから巻くと、後ろでも巻きやすい。 ・逆サイドも同様に巻いた後、上段も同じように巻く。 ・この一手間でかなりの差が出るので、必ず!弱風を内側から当てることを意識して。 ・髪の内側から手グシを通すようにつけ、オールバックでつけてから毛先に。 ・しかも《前髪》だけではなく《つむじの周り》までしっかりぬらすこと。 地肌がぬれるまで、霧吹きする。 ・手グシを通しながら真下に下ろし、くせを取ってフラットな状態に。 ・前髪を上下2段に分けて、表面の髪を分け取る。 ・内側の根元から挟み、毛束を水平に引っ張りながら大きくカーブさせる。 ・カーブのつけすぎに注意して。 この後、全体の髪を巻く。 ・手グシを通しながら軽くふわっとなるように。 ・強くとかすとせっかく巻いたふんわり感がなくなってしまうので、あくまでも中間から軽くとかす程度に。 完成! ふわっと立体感のある前髪は小顔効果も抜群。 ・事前にブローでくせをとっておくとキレイに分かれる。 ・前髪を挟んで毛先を外ハネに。 完成! つまらなくなりがちなセンターパートには、外ハネニュアンスで変化をつけてみて。 縦ラインが強調されてフェースラインもスッキリ! 片耳かけがおしゃれのカギ!簡単スタイリング 輪郭もカバーしてくれる!サイドパート+片耳かけのスタイリング 【HOW TO】 ・多毛さんがカジュアルな切りっ放しボブにしたいときは、内側の毛量をそぐこと。 ・アッシュカラーの透け感で、ソフトに見せて。 ・サイドパート+片耳かけのスタイリングが鉄板! 中間部分の毛量をしっかりそげば多い髪でも広がりにくい! 片側だけ耳掛けのアシンメトリーで魅せる 《外ハネ耳かけボブ》で色っぽく 【HOW TO】 ・表面にレイヤーを入れた、肩上のグラデーションボブベース。 ・前髪は8:2で分け、リップラインでカット。 ・全体の毛先から中間にかけて細めのロッドで内外MIXしてパーマを。 毛先がランダムに動き大人っぽくなります。 ・カラーは8トーンのパールブラウンで、内側のみ11トーンのブラウンで。 チラッと覗くハイトーンカラーが都会的な遊び心をプラス。 ドライヤーでまず根元をしっかり乾かす。 毛先はパーマで作ったカールを持ち上げながら軽く乾かして。 毛先にカール用ムースを揉み込みランダムな動きを出す。 裾に外ハネをプラスして、全体が丸いシルエットにならないように意識する大人っぽい印象に。 大人女子におすすめ!ナチュラルシースルーバング どんな顔でも似合う!大人の隙間バング 【HOW TO】 ・前髪は軽く目にかかる長さにカット。 ・厚くすると束感が作りにくいので、やや薄めに取る。 ・サイドは肩につかないくらいの長さでやや前上がりにカット。 ・バックは襟足部分をセイムレイヤーにカットし、ウルフカットのようなすっきり感を。 ・トップには軽さを出すためレイヤーを入れる。 ・カラーは前髪を軽く見せないように、落ち着きのある7トーンのグレイベージュで。 くすみのある寒色なので、クールな大人っぽさを演出。 襟足部分は首に沿わせるように手ぐしを入れながら乾かす。 全体の毛先にアイロンでゆるく内外ランダムに巻きニュアンスをつけて。 しっかり巻かずアイロンを滑らせる程度でOK。 レイヤーが入っているトップも巻くのを忘れずに。 セミウエットなスタイリング剤を毛先に揉み込んで束感を出す。 前髪は隙間を作りながら毛先だけややサイドに流して。 ボリューム感のあるレイヤーボブは隙間バングで軽さを出して 【HOW TO】 ・裾は重めにしつつ、顔周りとトップにレイヤーを入れて、重軽なバランスに。 ・中太のアイロンで、耳下は外ハネ、ハチ上は内巻きのワンカールにして動きをつけ、細い髪をふわっと。 レイヤーを入れた髪を巻いてボリューム感をサポート!.

次の