猫 目やに 取り 方。 猫の目やに、原因・取り方まとめ。黒い・赤いのは病気?片目はなぜ?

猫の目やに、原因・取り方まとめ。黒い・赤いのは病気?片目はなぜ?

猫 目やに 取り 方

「良い目やに」と「悪い目やに」 目やにが出ていると何か病気にかかったりしているのではないかと心配になってしまいますよね。 目やにと言っても、良い目やにと悪い目やにの2つで分けることができます。 順にどんな違いがあるのかを紹介していきます。 まずは良い目やに(正常な新陳代謝による目やに)について解説していきます。 「良い目やに」とは photo credit: 良い目やには正常な新陳代謝によるものです。 基本的には目やには体が正常に機能したことによって出てくるものです。 猫の目は涙や粘液、油分などで保護されています。 そういった涙などに古くなった細胞や、空気中を漂っているゴミなどが混ざりあったのが目やにです。 体の正常な働きによる目やには画像のように、「赤」「赤黒」「茶褐色」などの色で表現することができます。 質感としては「乾燥している状態」、「少ししっとりとしている状態」であれば問題はありません。 スポンサーリンク 「悪い目やに」とは photo credit: 画像のような良くない目ヤニには大きく3つの原因が挙げられます。 1つずつ詳しく見ていきましょう。 外傷が原因の目やに• 感染症が原因の目やに• アレルギーが原因の目やに 1. 外傷が原因の目やに 1つ目の原因は外傷です。 眼球や周辺を傷つけてしまったことで、目やにが出てきてしまったということです。 放し飼いをしているケースでは、他所の猫との喧嘩が考えられます。 また多頭飼いをしている場合は、同居猫同士が喧嘩をしたり、じゃれ合っている際に目に傷をつけてしまったという可能性も考えられます。 また自分で目の周辺をいじり傷つけてしまうケースなどもあるので、一概に喧嘩などが原因とは言えません。 感染症由来とは違って、 大抵の場合片目から目やにが出ているでしょう。 色は膿などが混じってくるため「白」「黄色」「黄緑」っぽくなり、透明でサラサラとした涙が出ることもあります。 感染症が原因の目やに 続いて紹介する原因は感染症です。 感染症と言っても、いくつか目やにの原因となる感染症が挙げられます。 1つずつ詳しく見ていきましょう。 猫風邪• 猫クラミジア感染症• マイコプラズマ感染症 猫クラミジア感染症 猫クラミジア感染症も代表的な猫風邪の一つです。 クラミジアというウイルスに近い細菌が感染することで、引き起こされる感染症です。 ただ 先述した猫風邪と比べると、重度の結膜炎になるのが特徴です。 猫クラミジア感染症由来の目やにも両目から出ることが多く、「白」「黄色」「黄緑」のような色の目やにが出ることが多いです。 ただ 猫風邪由来の目やにと比べると、よりネバネバとした目やにが出やすいようです。 猫クラミジア感染症は気管支炎など、他の猫風邪と比べても重い症状が出やすいため気をつけましょう。 マイコプラズマ感染症 マイコプラズマ感染症にかかることでも猫は結膜炎になることがあります。 マイコプラズマの厄介な点は、潜伏期間が数週間ほどと長い点です。 結膜炎以外にもせきや体重減少、疲労感、そして重い場合には肺炎になることもあります。 目が充血したり、サラサラとした涙を流すこともあるようです。 アレルギーが原因の目やに 人間と同じように、猫もアレルギー持ちになることがあります。 多いのが室内飼いの猫が、ハウスダストなどに対するアレルギーを発症することです。 アレルギーの症状はくしゃみや鼻水、目やになど花粉症のようなものです。 何のアレルギー持ちなのかによって対処法は変わりますが、ハウスダストの場合は部屋を清潔にすることで症状は軽減されるでしょう。 アレルギーが原因の目やには通常の目やにと同じように、「赤」や「赤黒」「茶褐色」などの色の目やにが出ます。 見分けがつきにくいところではありますが頻繁に目ヤニが出ている場合などは、一度獣医さんに診てもらうと良いでしょう。 猫の目やにの取り方 目やには基本的に見つけたときに取ってあげるようにしましょう。 放っておくと固まって、目が開きにくくなったり、目が開かなくなってしまうこともあります。 野良猫などで目ヤニがとても付いており、目をほとんど開けていない状態になっているのを見たことはありませんか? 放っておくとそういった状態になることもあります。 取る際の注意点としては、「眼球に触れてはいけない」ということです。 取る際は湿らせたコットンやガーゼなどを使うようにしましょう。 また ウエットティッシュなどでも代用できますが、 アルコールが少しでも入っているタイプのものは危険です。 ウエットティッシュを使う際はペット用のものや、赤ちゃん用のアルコール成分が入っていないものを使うようにしましょう。 はじめまして、ミツバと申します。 以前「猫カフェ」+「ペットショップ」+「ペットホテル」の店員でした。 店員だったときの経験を活かして、現在は『ネコワラ!』の管理人をしています。 プライベートではラグドールのわたげを飼っていましたが、2019年1月17日腎不全や腹水、黄疸などの症状から眠りにつきました。 1歳と11カ月のことです。 当サイトでは管理人が「仕事」「プライベートでの飼育経験」から得た猫に関する知識を、余すところなく公開していきます。 全ての猫好きが笑顔になれる場所を目指して、情報提供をしていきます。 ぜひ気軽に楽しんでいってください: 所持資格: ・少額短期保険募集人資格 ・アニコム損保ペット保険募集人資格 わたげが膀胱結石になり、40万円の治療費がかかったときの話はから.

次の

猫の目やにの取り方!傷つけてしまうNGな行動とは?|にゃんたんと目やに

猫 目やに 取り 方

猫の目やにの取り方ですが、まずは痛みを感じないよう、お湯で湿らせたガーゼやコットン等の柔らかい物で目やにをふやかします。 ふやかした後、優しく撫でるようにして目やにを拭き取ってあげましょう。 また、目やにが目のきわ等にあり、取りにくい場合にはお湯で濡らした綿棒を使うのも良いですよ。 猫が嫌がり暴れてしまって綿棒等が眼球に刺さってしまってはいけませんので、暴れる事が想定できる猫の場合、なるべく2人で行いましょう。 猫を前向きに抱っこして、片手で猫の前足、もう片方の空いている手で猫の顔を押さえる係と、目やにを取る係に分かれるとスムーズに猫の目やにを取る事ができます。 猫の目やにを取る際の注意点ですが冷たい水を使う事は避けましょう。 猫は押さえられ、ただでさえ何をされるのかと不安な時に、急に目元に冷たい物を当てられてはびっくりしてしまう場合があります。 そのため、ガーゼやコットンはお湯で湿らす事がポイントになります。 注意するべき猫の目やに• 白い目やに• 黄色い~黄緑色の目やに この2つの目やにには要注意。 猫風邪や他のウィルス、目の怪我等が原因の場合があるので病院に連れて行き治療する必要があります。 この場合、目の周りが赤くただれていたり、涙が出ている、鼻水やくしゃみ等の症状が見られる事もあります。 病院での目やにの治療法ですが、猫風邪やウィルスが原因の場合は風邪薬やワクチン、そして目薬を処方してもらえます。 猫風邪でも症状がひどい場合や、薬を飲むのが苦手な猫ちゃんには注射を打ってくれる事もあります。 我が家の猫は、黄緑色の粘り気が強い目やにに加え涙を流していたので、病院に連れて行くと猫風邪と診断され、その場で注射を打ち、風邪薬と目薬を処方して頂いてすぐに良くなりました。 病院によって違いますがその時の治療費は7000円程。 目の怪我が原因の場合には目薬を処方され、目を掻かないためにエリザベスカラーも一緒に出される場合があるようです。 昨日までは大丈夫だったのに気が付くと猫の目に目やにがついている!なんて経験があるかもしれません。 そんな時どうしたのかと心配する飼い主さんも多くいらつしゃると思いますが、急いで病院に連れて行く必要はありません。 濃い茶色でチョコレート色の目やにの場合は一般的な目やにです。 人間も寝起きに目やにが付いている事ありますよね。 それと同じです。 濃い茶色でチョコレート色の目やになら、カリカリに乾燥していても、粘り気があっても特に心配はいらないでしょう。 カリカリの目やにだと爪でひっかけば取れる気がしますが、猫の目に爪が刺さってしまう事もありますし、何より猫が痛いと感じてしまった時、次回から大人しく目やにを取らせてくれなくなる可能性もあります。 そのため猫の目やにを取る際には、正しい取り方で痛みを感じさせないように取ってあげる必要があります。 猫の目やにの取り方や注意点などについてお伝えしました。 猫の目やにの原因は、正常な物から目の怪我、風邪やウィルス等様々です。 痒がっている、色がおかしい、量が多い等、いつもと違う目やにが見られたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。 そして猫の目やにの取り方ですが、乱暴にふき取る事はせずにお湯で湿らせたカーゼやコットンを使って優しくふき取ってあげる事が大切です。 また、人間用のウェットティッシュにはアルコール成分が含まれている場合もあり、その場合皮膚がただれてしまいますし、ウェットティッシュは冷たいので猫が驚いてしまう事もありますので使用しないようにしましょう。 ちなみに冷たいウェットティッシュ等でびっくりしない猫ちゃんの場合は、ペット専用の目やにとりシートも販売されていますので、そちらを使用してみてはいかがでしょうか。

次の

猫の目やに茶色や白色の違いは?目やにの正しい取り方は?

猫 目やに 取り 方

涙やけとは 「流涙症(りゅうるいしょう)」と呼ばれ、病気や涙腺の異常などによって涙が眼の外に流れ出て目の下や周りの毛を変色させた状態です。 涙やけは最初、両目の目頭からハの字の形で流れ、徐々に目の周りが濡れるようになっていきます。 流れ続け、常に毛が濡れている状態になるため、毛の変色が起こります。 その後、目やにが出るようになり、目の周り全体がガビガビに汚れているような状態になってしまいます。 流涙症は病気の一種ですので、しっかりと治療を行わなければ、結膜炎や角膜炎などの病気を引き起こしてしまう原因になります。 涙やけがひどくなり悪化すると、その毛の下の皮膚まで真っ赤にただれてしまいます。 涙やけの原因は? 涙の過剰分泌によるもの 涙の排水システム自体は正常であっても、涙の産生量が異常に多いと、排出しきれなかった涙があふれ出ることで涙やけを発症します。 多くの場合、結膜が炎症を起こし赤くなります。 異物 猫の顔の毛や、さかさまつ毛やゴミなどの異物が目の中に入った場合です。 目に何かの異物が入って、結膜や角膜を傷つけている場合もあります。 異物が入った側の目にだけ涙目や目やにの症状が出ます。 ・眼瞼内反症による持続的な眼球への刺激 ・結膜炎、角膜炎、眼瞼炎といった目の炎症 ヘルペスウイルスなどの猫風邪に感染し結膜炎が発症します。 結膜炎になると、目ヤニや目の充血などが目立つようになり、涙の量が増えて、常に涙目になり、涙やけをおこします。 排水システムの詰まり 涙の産生量は正常であっても、それを体外に出す排水システムに問題があると、排出しきれなかった涙があふれでることで涙やけを起こします。 多くの場合は、結膜に炎症がないため結膜は白いままです。 脂質が多い食事を摂ると、涙管がつまりやすいという説があります。 体質的に、食事後に目ヤニが出る猫もいるようです。 ・先天的奇形(無孔涙点) 排水する穴が生まれつき閉じている奇形です。 ・先天的な骨格 ヒマラヤン、ペルシャ、エキゾチックショートヘアー、バーミーズなど鼻がつぶれていて目が大きい猫は涙小管と鼻涙管が短くなり、涙が溢れ出てしまいます。 涙やけの症状とは 流涙症を発症すると目の下が常に濡れているようになり、涙やけと言われる涙の流れた跡が変色し赤茶色の状態になります。 目に不快感を感じることから、猫がよく目をこするようになり、まばたきの回数が増えます。 角膜が損傷している場合や目に異物が混入している場合は、目に強い痛みを感じるため頻繁に鳴いたり、ストレスから狂暴になったりする猫もいます。 流涙症では光をまぶしく感じたり、結膜が赤く腫れあがってしまうこともあります。 流涙症は両目で発症するとは限らず、原因のある片目だけに起きる場合もあります。 涙やけの治療方法は? まずは涙の原因になっている原因を治療します。 涙が止まれば、涙やけで色褪せた毛は、生え変われば自然になくなります。 目の周りを清潔にして、涙や目やにをしっかり拭き取ることが大切です。 目の炎症を軽減させるために抗生物質や消炎剤を含んだ目薬を点眼します。 涙管に異常がある場合は、麻酔をかけ、カニューレと呼ばれる器具で涙管を洗浄し、目詰まりを改善する治療法もあります。 生まれつき涙を通す穴が開いていないなど、先天的な奇形が原因である場合は、外科手術によって人為的に穴を開通することがあります。 また鼻に開口する部分での閉塞が見られる場合は、涙嚢と鼻腔を外科的に吻合するという手術もあります。 アレルギーが原因の場合、フードをアレルギー対応のフードに変えると涙やけが軽減することもあります。 涙やけのケア方法 涙やけのお手入れ方法 準備するものはガーゼかコットン、動物専用のクリーナーなどです。 人間用のウエットティッシュはアルコール成分が入っていますので、絶対使用してはいけません。 乾いたティッシュも意外とガサガサしていて、目を傷つけてしまう可能性が高いため、使用しないようにしてください。 まず、ぬるま湯で、ガーゼまたはコットンを、濡らします。 お湯を使う理由は、目やにをふやかして取りやすくするためと、冷たいとびっくりしてしまうので刺激を和らげるためです。 猫を抱きかかえて、あごを軽く押さえ少し上を向かせます。 人差し指にガーゼを巻き付けて、目頭から目尻に向かって、スッとひと拭きします。 一度で取り切れない場合は、力ずくでやるのではなく、数回にわけて取り除きます。 固くこびりついた目やにや毛の塊は、ガーゼを当てたまま、少し待って、ふやかしてあげると、取れやすいです。 急いで剥がすと、一緒に毛が抜けてしまいますし、炎症で皮膚が赤くなってしまうこともありますので注意が必要です。 目元が水分で濡れたままだと毛の下の皮膚が蒸れてただれますので、水分で濡れた場合は、乾いたガーゼで押すように拭いてあげてください。 目の洗浄方法 目の中に入ったごみや異物を取り除きたい時などには余計な薬剤などが入っていないホウ酸水を使用するのがおすすめです。 ホウ酸は200円前後で薬局で売られています。 基本的には作り置きはせず、すぐに使ってください。 眼の中にじゃぶじゃぶと入れてあふれさせるように使用してください。 口には入らないように気を付けてください。 顔を毛づくろいをした手を舐めてしまうことがありますので、使用後は水拭きしてください。 目のケアの仕方について 猫の目やにのケアについては以下の動画をご覧ください。 涙やけは治るの? 原因が除去されれば涙やけは治ります。 もし、先天的なもので治療ができないような場合は、こまめに目元のケアをすることで、毛の着色や、皮膚のただれは防ぐことができます。 一度毛が着色すると、いくらクリーナーで拭いても着色がなくなることはありません。 しかし、ケアを継続していけば新しい毛が生えてきたときにだんだんと着色が薄れていきます。 涙やけ用のクリーナーと聞くと、着色を取るクリーナーと勘違いしてしまう場合がありますが、クリーナーは目元を清潔に保つためのもので、結果的に着色がなくなるというものですので、拭いて毛の着色が取れなくても、根気強くケアを続けてください。 さいごに 涙やけは命に関わる病気ではないため軽視されがちです。 そもそも病気だという認識がない場合もあります。 しかし、治療しなければ目の炎症がひどくなったり、涙やけでただれた皮膚は非常に痒く、手で目や目元をしきりにこするなど猫はとても不快感を感じてしまいます。 こすることで二次的に目を傷つけてしまうこともあります。 病気が原因の場合はもちろん、先天的に涙やけを起こしやすい猫種の猫も、毎日しっかりとケアをし、ひどくならないようにしてあげましょう。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。 動物病院で治療する場合、病気によっては10万円以上かかってしまう場合もあります。 動物病院で治療すれば助かった命は実に多いです。 経済的な問題で愛猫の寿命を縮めないためにも愛猫が元気なうちにペット保険に加入することが大事になります。 でも「ペット保険っていうけど、どういう保険があるの?」という疑問も出てくるかと思います。 ペット保険の加入に迷った場合には、ペット保険の一括資料請求がおすすめです。 複数のペット保険の資料を比較することで「 あなたと愛猫にとって一番ベストの保険が分かる」というメリットもあります。 利用は無料です。 詳しくはこちらをご覧ください。 >>> <<<.

次の