コンタクト レンズ 怖い。 はじめてのコンタクトレンズ ~コンタクトレンズは怖くない~

コンタクトは初めてで怖い、という人へ!こんな「裏ワザ」もあります

コンタクト レンズ 怖い

コンタクトレンズを初めて使うときはまず眼科で受診しなくちゃいけない? コンタクトレンズを初めて購入する場合には、今現在の自分の目の状況を把握する必要があります。 そのために、詳しく調べてもらわなくてはいけないので、まずは 眼科で検査と診察を済ませてからコンタクトレンズは購入しなければなりません。 かかりつけの眼科ではない場合は、まず最初に問診用紙にが渡されると思うので、その問診票の来院理由にコンタクトレンズを初めて購入する為などと書いておくとその後がスムーズに進めます。 そうしてから、最初に今現在の目の状態や視力などを測る検査を行います。 検査が終わると眼科医による診察が始まります。 最初に行った検査の結果報告や目の中の網膜に傷がないかや涙の出具合などを調べてくれます。 全て調べてコンタクトレンズを着けるのに問題がなければ次の段階に進めます。 日常生活の中でコンタクトレンズを着けるのはどんな時かやこれからコンタクトレンズを使うに当たっての疑問などを先生と話しながら、使いやすいレンズを決めていきます。 診察が終わったら、自分に最適のコンタクトレンズを着けて再び視力検査を行います。 視力検査後にもまた診察をして、実際使ってみてレンズが目に合っているかどうかを判断します。 装着後の検査でレンズが自分の目に適していたら、コンタクトレンズのつけ方や外し方、ケアのやり方などを教わって練習をします。 合っていない場合は、違うレンズを着けてまた、視力検査をしての繰り返しになり、自分に合ったレンズが見つかるまでやり続けます。 眼科によっても変わってきますが、 検査から始まりコンタクトレンズのケアや装着の練習を終えるまではだいたい1~2時間ぐらいとされています。 眼科の混み具合によっても左右されますが、時間には余裕をもって行った方が良さそうです。 初めてのコンタクトレンズの場合は、選んだレンズをその場で購入するのではなくて、しばらく試してから購入するフリートライアルという制度もあるので、聞いてみるといいかもしれません。 その場で決断するのはなかなか難しいようです。 コンタクトレンズを購入する際にかかる費用は?! コンタクトレンズを購入する際にかかる費用は、検査代と診察代です。 検査内容にもよりますが、 初診で3割負担なら1500円〜3000円以内には収まるぐらいになります。 もしコンタクトレンズを 買う場合には、レンズの代金もプラスされます。 わからないことだらけで不安ならば、あらかじめ電話をしてどのくらいの費用や時間がかかるかなどを聞いておいてもいいかもしれません。 今は、コンタクトレンズが売っている店舗などに眼科が併設してあったり、近くにあるといったお店が増えています。 初めて行く眼科にも抵抗がなければ、このような店舗を探して買いに行くのもおすすめです。 コンタクトレンズを初めて買うときの手順は? 眼科での診察と検査を終えたら、コンタクトレンズの規格が決まり処方が出されます。 その処方箋をもとにして、コンタクトレンズを買う流れになります。 初めてのコンタクトレンズなのだから、不安や疑問がたくさん出てくるのは当然です。 そんな時は、1人で悩まずにスタッフの方々に相談してしまうのが一番安心です。 眼科で出された処方箋に沿って、コンタクトレンズについて教えてくれるはずです。 そして、購入したレンズが自分に合っているかをみるために、実際にコンタクトレンズをしてから視力検査とフィッティング検査を行います。 フィッティング検査では、実際にコンタクトレンズを装着した感じや見え方に違和感を覚える人も多いようなので、購入したらコンタクトレンズがきちんと自分の角膜に合っているのかを調べるてもらうためにまた、眼科に行って診てもらいます。 次に日頃レンズをどのように扱ってゆくのかを教えてもらいます。 ハードタイプやソフトタイプによってもケアのやり方は変わってきます。 正しいレンズのケア方法を覚えて毎日実践して清潔にする事を意識する事が大切です。 そして、正しいコンタクトレンズの着け方の練習もします。 最初のうちは、痛いし慣れないし気持ち悪いしで涙が出たりしますがやっているうちにだんだんと慣れてきて、最後はきちんとつけられるようになります。 スポンサードリンク コンタクトレンズを初めて購入する際に注意する点は? コンタクトレンズが不向きな人も居るということを知っておく。 目の状態によっては、コンタクトレンズを着けられない人もいます。 アレルギー性結膜炎や急性結膜炎、重度のドライアイなどの人です。 初めての場合は、自分にどんなコンタクトレンズが合うかもわからないので必ず、眼科に行ってから購入しなけれはまいけないという事を覚えておいて下さい。 アレルギー性や急性結膜炎の場合は、コンタクトレンズを使用すると症状が悪化してしまう恐れもあるので注意が必要です。 ドライアイの人にもコンタクトレンズは不向きです。 ドライアイにもかかわらず、無理してコンタクトレンズを着けていると角膜などに傷をつけてしまうので気をつけたほうが良さそうです。 また、 小学生以下の子供には角膜への負担が大きすぎるので、コンタクトレンズの使用はおすすめできないので気をつけて下さい。 必ず 眼科で検査して処方箋をもらうこと。 コンタクトレンズは高度管理医療機器になります。 初めて購入するなら尚更、眼科医の処方箋が必要になってきます。 まずは眼科でコンタクトレンズを購入するのに必要な検査を受けて、コンタクトレンズの処方箋を発行してもらって下さい。 先生に出してもらった処方箋を持って店舗へ行ってコンタクトレンズを買うようにして下さい。 まとめ 目の中に何か異物を入れるというのは、かなりの勇気が必要になります。 カラコンが流行った時期に、やってみたかったですが断念したのを思い出します。 でも、今は昔より性能が良くなってあまり目に負担がかからないようなコンタクトレンズもあるようです。 簡単にできそうだと思いきや意外と苦労するので、眼鏡をかけるかコンタクトレンズにするか自分に合うものが選択できれば良いと思います。

次の

コンタクトレンズをスムーズに装着するためのコツ

コンタクト レンズ 怖い

夏になりました! 蒸し暑く、過ごし辛い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、今回は、まだコンタクトレンズを使ってみたことはないけれど、「興味があって気になっている」 あるいは「使ってみようかな?」、「この夏にコンタクトレンズデビューをしてみたい!」・・・という方のために、お話をしたいと思います。 すでに使っている人にとっては、「便利!」で「生活になくてはならない」コンタクトレンズですが、まだ使ってみたことのない人に聞いてみると、ちょっと意外な不安を抱いていることがわかりました。 それは・・・コンタクトレンズが「怖い」と言うのです。 何が怖いのか詳しく聞いてみると、「目にコンタクトレンズを入れるのは痛いんじゃないかな?」 「着ける時に指が目に近づいてくるのが怖い!」・・・という不安が多かったのです。 コンタクトレンズを使っている方に質問です。 「初めてコンタクトを着ける時は、怖くなかったですか?」 「でも、今では絶対に手放すことのできない必需品になっていませんか??」 実は、私も「コンタクトレンズを着けるのが怖い」、そう思っていたひとりでした。 そう、使ったことのない人にとってはコンタクトレンズを着けることは未知の世界で、「コンタクトレンズは怖い」という先入観が働くものなのですね。 でも、勇気を出して眼科に行って、初めてトライアルレンズを入れてもらったら・・・意外にも、ソフトコンタクトレンズは違和感がありませんでした。 酸素透過性ハードコンタクトレンズは、ちょっとゴロゴロして、慣れるのに少し日にちがかかったかもしれません。 確かに、コンタクトレンズを目に入れることに最初は抵抗感があると思いますが、私たちは、ぜひその怖さを克服して、見える喜びを体験していただき、コンタクトレンズライフを楽しんでいただきたいと考えています。 近年、コンタクトレンズは飛躍的な進化を続けています。 特にソフトコンタクトレンズは、昔のものとは比較にならないくらい薄く、柔らかくなりました。 その一方で形をしっかりと保ち取扱いしやすくなりました。 新しい素材も開発され、酸素透過性やうるおい感も格段に良くなりましたので、個人差はありますが、着け心地は優しく、レンズを入れていることを忘れてしまうくらい、裸眼に近い装用感を実現できるようになりました。 コンタクトレンズ同様にケア用品も進化していますので、2ウィークタイプのコンタクトレンズの場合でもお手入れは簡単です。 それでも、「やっぱり、コンタクトレンズは怖い・・・」という気持ちが拭い切れない方には、心強い味方がいます! それは、「眼科の先生」です! 「眼科に行くのは嫌だなー」とか「お医者さんは近寄りがたい存在」なんて思っていませんか?? でも、実は、コンタクトレンズを使う私達にとって、眼科の先生はとっても頼りになるアドバイザーなのです。 眼科では、目をしっかりと診察し、視力を測ってくれます。 そして、コンタクトレンズを着ける前には、先生が丁寧に相談にのってくれますから、どうか遠慮せずに「コンタクトレンズをしてみたいけど、怖いんです!」というきっと、先生はその気持ちに応えて、また、コンタクトレンズの正しい取り扱い方法や着け外しの仕方などについてもしっかり説明されると思います。

次の

コンタクトレンズの装着が怖いとき外す時のやり方、目に影響はあるの?

コンタクト レンズ 怖い

本当は怖い!コンタクトレンズ コンタクトレンズはメガネと違って視野も広く、 自然に見えるので、ついつい早朝から深夜まで使ってしまう という人も多いかと思います。 そうなると、 眠いのを理由に手入れが面倒で手を抜いたり、 最悪、 そのまま眠ってしまった! という経験があるかもしれません。 痛くもかゆくもないし、友達も同じように使っていて問題ないので 「私も大丈夫」と思っていませんか? メガネよりも楽で便利なコンタクトレンズですが、 実は、使い方を間違えると 失明することもあるのです。 黒目に菌が繁殖して失明するケース あなたは、毎日コンタクトケースを洗っていますか? また、つける前に20秒以上すすぎ洗いしていますか? まさか、コンタクトやケースの手入れをせず、 毎日朝から深夜まで着けたり、 時々つけたまま寝てしまったりしていませんよね? そんなことを続ければ、ケースやコンタクトに繁殖してしまい ある 日突然、黒目が真っ白になって失明する可能性があります。 実は、このような菌は普通の家庭の台所や洗面所に うじゃうじゃいるものなのです。 以下の写真は実際にそうなってしまった患者さんの目の画像です。 こうなっては、もう二度と見えることはありません。 コンタクトを長時間つけると黒目の細胞が死んでしまい、 失明してしまいます コンタクトを早朝から深夜まで、毎日休まずに使い続けていると 【酸素不足】になって、どんどん【 細胞 が死滅 】していきます。 実はこの 目 の細胞は減ってしまう と 2 度 と増えないのです。 このため、下図のように、 生き残った細胞が仕方なく大きくなるのですが、 ある一定の数まで減ると突然失明します。 しかも失明寸前なのに、痛くも痒くもなく、 ちゃんと見えるので 、気付かないうちに重症になってしまいます。 しかも怖いことに、これは通常の診断では分からないため、 自分から申告して定期的に眼科で目の細胞を撮影するような 診断を受けた方がいいでしょう。 ちなみに、この画像の方は、 メガネが嫌いなので殆ど使っていなかったそうです。 何歳までコンタクトを使いますか? 若々しくて活動的な方でも、70歳以上になると コンタクトレンズの取り扱いがおぼつかなくなって メガネ 100 % の生活になります。 若いお客様の中には、メガネが苦手な方がいらっしゃいます。 でも、若い時にメガネが苦手だった方が、 70歳を過ぎた時に、急にメガネ100%の生活に変えられるでしょうか。 恐らく無理でしょう。 かなり辛い思いをするのは間違いありません。 苦手を克服するのは、若い方が絶対有利です。 今のうちに是非メガネに慣れておいて下さいね。 コンタクトで失明しないために、必ずメガネも使いましょう 当店では、日常生活ができるメガネがない方には 原則 としてコンタクトレンズを販売しません。 お客様の目の健康を守って、 末永くお付き合い頂けることが一番重要と考えているからです。 少し冷たいと思うかもしれませんが、ご賛同いただけない方は 恐れ入りますが他店をあたってください。

次の