あし の うら が つる 原因。 足の裏、土踏まずがつる原因と対処法!病気の可能性も…

足の裏のしびれ:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

あし の うら が つる 原因

足の裏がつる理由 というと、ふくらはぎのイメージがありますが、まれに足の裏がつる場合もあります。 足の裏がつるということは、ふくらはぎがつる場合と理由は同じで、筋肉の異常収縮や痙攣が起きているということです。 足の裏は筋肉がしっかりついている 足の裏は常に土やゆかの衝撃を受けています。 衝撃を和らげるクッションのはたらきをしていることから、丈夫でしなやかな筋肉がついています。 仮に、足裏に筋肉がなかったとすれば、衝撃にも耐えられませんし、私たちの体重を支えることもできません。 ということは、 足の裏はふくらはぎのように広い場所でないにしても、筋肉がついた重要な箇所であることが分かります。 歩いたり、走ったり、常に使われているだけでなく、心臓から遠い場所にあるので、心臓に血液を送り返す役割もあります。 目立たない場所ですが、もしかすると一番重要な役割を担っている場所なのかもしれません。 足の裏がつる理由は・・・• 血行不良による冷え• 運動のしすぎ• 運動不足• ミネラル不足• ビタミンB1不足• 水分不足• 妊娠 などが主な理由として挙げられます。 運動のしすぎや運動不足というのは考え方に個人差があるので、一概に分からないかもしれません。 一般的に、運動不足には明確な基準というものがないそうです。 健康診断でBMIの数値が高いと言われたり、ちょっと動くと息切れがするというようなことがあれば運動不足と言えるでしょう。 冷え性の方であれば年中冷えていることも多いので、1年を通しての対策を取る必要があります。 単に靴下を履くというだけでは効果が出ないという人には、冷え取り専用の靴下を履くと良さそうです。 冷えから来る体調不良全般に効果があると言われていますし、身体を温めると代謝がよくなりダイエット効果もあるそうです。 気になる方は試してみてはいかがでしょうか。 ビタミンやミネラルが不足している場合は、サプリメントがおすすめです。 足がつることに特化したサプリメントであれば、必要な栄養素をバランスよく摂ることができ、効率よく改善することができます。 下記記事は、サプリメントの 選ぶ基準や厳選されたサプリメントを ランキングにして紹介したものですので参考にしてみてください。 足の裏がつることの予防と対処法 足の裏がつりやすい人の予防法を紹介します。 これらは予防としてだけでなく、足がつってしまったときの対処法としても有効です。 1.足の裏をのばす 足の指をつまんで、足の裏が伸びるように自分の方へ向けるだけです。 これをゆっくりと繰り返しましょう。 ツボを押す 出典元: この足臨泣(あしりんきゅう)というつぼは、片頭痛に効くつぼとして有名ですが、 足の裏がつったときにも効果があります。 薬指と小指の間の陥没した部分が足臨泣です。 足の裏がつったことがある人であれば経験があると思いますが、足の裏のつりは繰り返すという特徴があります。 足の裏のつりが一旦引いても、再びぶり返すこともあるので注意が必要です。 足臨泣のつぼを押して、足の裏のつりが治まったとしても、しばらくツボを押し、その後にかかとの方に向けてマッサージすると再発を防ぐことができます。 足がつるだけでなく、足の裏がつる!どうしたらいい?まとめ 足の裏はふくらはぎと同様に筋肉がついている場所です。 足の裏は体重を支えていますし、歩いたり走ったりするときの衝撃を受け止めていますから、それだけ酷使されており、つりやすい場所とも言えるでしょう。 また、 足の裏のつりは何度も繰り返すという特徴があるので、効果的なつぼを押し、つりが治まって来てもしばらくはつぼを押すようにしましょう。 その後、かかとに向けてマッサージを行うことが大切です。 特に冷えやすい場所なので、靴下をはくなど、冷え取りを行うようにしましょう。 冷えを解消することで足の裏のつりを予防することができます。

次の

太ももの内側がつると激痛!原因と治し方、予防法を徹底紹介

あし の うら が つる 原因

ふくらはぎの筋肉は、「こむら」とも言います 気持ちよく眠っていたのに、急にふくらはぎの筋肉(=こむら)がつって、目が覚めてしまったことはありませんか? 睡眠医学では「睡眠関連下肢こむら返り」と呼ばれるこの現象は多くの人が経験しています。 これまでの調査では、一般人では16%以上、50歳以上になるとほぼ全員が一生のうちに一度はこむら返りを経験すると報告されています。 また、2ヶ月に1回こむら返りを経験している人は、60歳以上で33%、80歳以上になると50%、つまり半分の人が2ヶ月に1回は睡眠中にこむら返りが起こっているのです。 そのうち60歳以上の6%は、毎晩こむら返りに襲われていると言います。 こむら返りの症状と発生メカニズム こむら返りは、睡眠中でも目覚めているときでも、同じようにして起こります。 何らかの原因で2~3秒から数分間、ふくらはぎや足の筋肉が収縮して起こります。 そのあとにも30分くらい、つったところの痛みや不快な感じが残ります。 睡眠中にこむら返りが起こると目覚めたり、意識の上では目覚めなくても脳波上の覚醒反応が起こったりします。 そのため、睡眠が分断されて睡眠時間が短くなります。 また、慢性的にこむら返りが起こる人に睡眠時ポリグラフ検査をしてみると、普通では見られない筋肉の活動が記録されます。 つまり、筋肉がつりやすい状態になっているということです。 こむら返りの原因となる病気・薬の副作用 薬が疑わしければ、処方した医師に相談しましょう 健康な人でも日中に脚の筋肉を使いすぎると、眠っている間にこむら返りを起こすことがあります。 激しい運動や長時間の歩行、水泳のあとになるのはそのためです。 たとえば、以下のような病気です。 ・糖尿病 ・肝硬変 ・副甲状腺機能低下症 ・甲状腺機能低下症 ・筋萎縮性側索硬化症 ・関節炎 ・腰椎の病気 ・体液や電解質の異常 女性の場合は妊娠するとこむら返りが起こりやすくなりますが、多くの人は出産すると治ります。 こむら返りの予防法・対策法……寝る姿勢・ツボ押しも有効 硬くなった筋肉を、ゆっくり伸ばすことが基本です 脚の筋肉を使いすぎたと思ったら、眠る前に十分、アキレス腱のストレッチングをしておきましょう。 丁寧にマッサージするだけでも違いますよ。 毎年冬になるとこむら返りを繰り返す人は、ぬるめのお風呂にゆっくり入ったり、湯たんぽなどで足元を温めたりすると予防になります。 また、仰向けで重い掛け布団で寝ると、足首が伸びてふくらはぎの筋肉が緩み、こむら返りが起きやすくなります。 そんなときは、横向きで眠るか、軽い掛け布団に替えてみましょう。 冷え症解消法は、「」を併せてご覧下さい。 人によっては、ツボ押しも効果的です。 こむら返りに効くツボとしては、「承山」や「承筋」などが知られています。 承山はアキレス腱の真ん中を膝のほうに上がってきて、硬い腱が柔らかい筋に変わるところにあります。 承筋のツボはふくらはぎの筋肉の一番太いところの真ん中にあります。 これらのツボはこむら返りの予防だけでなく、起こっているときの対処法にもなります。 こむら返りの効果的な治し方&治療法 こむら返りが起こってしまったら、硬くなっている筋肉を伸ばすようにやさしくストレッチします。 ふくらはぎのこむら返りなら、膝が伸びるように片手で押さえて座り、もう一方の手で足首をそらすように起こします。 足の先にタオルなどをかけて引っ張ったり、ベッドパートナーに足の裏を押してもらってもよいでしょう。 立ってアキレス腱伸ばしの姿勢をとることでも、ふくらはぎの筋肉を伸ばせます。 こむら返りが治ったら、筋肉をやさしくマッサージすると、痛みが早く軽くなります。 こむら返りが慢性的に起こるようになったら、早めに医師に相談しましょう。 保険適用はありませんが、筋弛緩薬や抗てんかん薬、芍薬甘草湯などの漢方薬がよく処方されます。 マグネシウムや亜鉛、ビタミンEが効くこともあります。 【関連記事】•

次の

【医師が解説】寝ているときに足がつるのはなぜ!?原因と対策

あし の うら が つる 原因

足がつるとは? 足がつる状態を医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 足がつるの「つる」という部分も漢字で書くと『攣 つ る』となり、痙攣の『攣』という字を使います。 つまり足がつっている状態というのは有痛性=痛みを伴う筋肉の痙攣が起きている状態です。 3人に一人が日常的に足がつる経験あり アンケートによると20代から60代以上まで約半数以上の方が足がつった経験があるそうです。 50代以上の方では「毎日足がつる」、「週に数回足がつる」「週に2~3回足がつる」など日常的に足がつる方が約3割いることがわかります。 「毎日足がつる」は3%と低い数字ではありますが、あの足の痛みが毎日あるのは相当な苦痛であることが想像できます。 毎日足がつるようであれば、何かの病気が原因の可能性もあります。 気になる方は一度病院で診察をすることをおすすめします。 また、何の病気がなかったとしても、毎日寝ているときに足がつる方は寝不足にもなり、それが原因で体調を崩すことも考えられます。 20代、30代では若干比率は少なくなるものの約2割の方が日常的に足がつるという結果が出ています。 足がつる原因は主に、筋肉疲労、水分ミネラル不足、冷えなどがあげられます。 高齢者になると若い人に比べて足がつるリスクは高まりますが、若いからといって油断はできないようです。 アンケート協力 足がつる=こむら返りじゃない よく足がつることを指してこむら返り(こぶらがえりという地方もあるようです)といいますが、こむら返りはふくらはぎがつることを指します。 しかし、足がつるのはふくらはぎだけでなく• 足のすねがつる• 足の裏がつる• 足の甲がつる• 太ももがつる• 太ももの裏がつる• 足の指がつる など、ふくらはぎ以外の部位でも足がつることはあります。 足がつるのはどんな時? 夜中、就寝中に足がつる方が多いようですが、寝ている時に足がつるだけでなく、• 朝方に足がつる• 運動中に足がつる• 運動したあとに足がつる• ゴルフの最中に足がつる• ランニング中に足がつる• 伸びをした時(足をのばした時)に足がつる など人によって足がつる個所も時間や状況も様々です。 睡眠中にこむら返りが起きる人もいれば、スポーツをしている最中にこむら返りを起こす人も良くいます。 準備運動をしないでプールにいきなり入って足がつっている人を見たことをある方もいるのではないでしょうか? 足がつるのは病気の可能性も 足がつるということ自体は健康な人でも起こることがあります。 長時間運動をして疲れていたり、運動不足や立ち仕事の多い方、お年寄り、また妊娠中にもおこりやすいようです。 しかし、あまり頻繁に起こるようだと病気が原因の可能性もあります。 足がつる病気で代表的なものには下記のようなものがあります。 糖尿病• 脊柱管狭窄症• 閉そく性動脈硬化症• 椎間板ヘルニアや変形性腰痛症などの腰痛• 腎疾患(腎臓病)• 肝硬変 などがあげられます。 上記のような病気が原因で足がつる場合は、病気を治すことや病気の治療を行うことが足のつりの予防につながっていきます。 足がつる場合病院は何科? ふくらはぎがつるこむら返りなど、足がつるのは、冷えや筋肉疲労などで健康な人や若い人にもおきるものです。 その多くは一過性のものなので治療の必要は特にないようです。 ただ、頻繁に足がつるようでしたら上記に挙げた病気の可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。 そこで何科を受診すればよいかということになりますが、 整形外科、神経内科、内科が良いそうです。 足がつるのに加えて、腰やおしり、下肢に痛みやしびれがあるときには整形外科を受診するのが良いかもしれません。 外科的な病気が原因で足がつる 外科的な病気で考えれるのは• 変形性腰椎症• 椎間板ヘルニア• 下肢静脈瘤 などがあります。 特に腰痛や下肢の痛みやしびれがないようであれば、まず神経内科や内科を受診してみましょう。 内科の病気が原因で足がつる 内科の病気で足がつる原因となるものには、主に• 糖尿病• 肝臓病• 腎不全 などがあげられます。 これらの病気は代謝異常がおこるため、足がつりやすくなります。 このホームページでは病気が原因ではないけど、足がつって困っている方になるべくわかりやすい表現で足がつる理由(原因)や治し方、予防、対処法を紹介していきたいと思います。 自分の足がつってしまう原因を考えて、自分にあった治し方、予防、対処法を見つけてください。 足がつる理由(原因) 足がつる原因は主に水分不足、ミネラル不足、疲労、冷えなどがあげられます。 しかし、足のつりは人によっておこる場所も時間も様々です。 足がつる原因を足がつる状況から調べてみました。 足がつる体のメカニズム それではまず、足がつるとは体の中でどのような作用が起きているのか考えてみましょう。 いわゆる足がつるという現象は医学的には有痛性痙攣 有痛性筋痙攣:クランプ と言います。 つまり足がつるのは痛みを伴う筋肉の痙攣ということになります。 筋肉の痙攣は筋肉の収縮が無意識に起こることですが、痛みを伴わない痙攣はピクピクと収縮と弛緩を繰り返す場合で、痛みを伴う場合は弛緩する時間がなく、収縮だけが続く場合です。 これが足がつっているときの状態です。 少し難しくなりますが、こちらの「」のページでより詳しく説明しています。 それでは足がつる原因を状況別に見てみましょう。 夜中に足がつる理由(原因) 夜中や朝方に足がつる方は多く、就寝中にこむら返りの激痛で目をさまし寝不足になる方もいるようです。 日ごろの食生活(ビタミン・ミネラル不足など)、夜間に気温が低下することや布団による重み、日中の足の疲労などが関係してくるようです。 こちらの「」のページで睡眠中のこむら返りについてもう少し詳しく説明しています。 妊娠中に足がつる 妊娠中にはじめて足がつるのを経験する人もいるように、足がつるのは妊娠中のマイナートラブルです。 妊娠による骨盤のゆがみや鼠蹊部を圧迫されることにより足の血流がわるくなることが関係しているようです。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 スポーツ・運動中に足がつる 日ごろから運動をしている人が試合の最中に足がつることもあれば、普段運動不足のお父さん方がゴルフの時に足がつったり、日ごろの運動量にかかわらず運動中に足がつることはあります。 筋肉疲労をはじめ、汗をかくことにより水分とミネラルが急激に不足することなどがあげられます。 こちらの「」ページでもう少し詳しく説明しています。 薬の副作用 薬の副作用が原因で足がつる場合もあります。 副作用でこむら返りが起こる可能性がある主な薬には下記のようなものがあります。 カルシウム拮抗薬• 抗甲状腺薬• フィブラート系の高脂血症治療薬• 女性ホルモンおよび男性ホルモンなどのホルモン剤• インシュリン• 利尿薬 など 薬を服用していて、寝ているときなどに頻繁に足がつる、こむら返りが起こるようなら一度医師や薬剤師に相談してみましょう。 こちらの「」のページで薬剤師さんが薬の副作用と足のつりについて詳しく説明しています。 冷えが理由で足がつる ミネラル不足や筋肉疲労以外にも足がつる原因に冷えも関係しています。 体の冷えは血行不良の原因となり、筋肉を収縮させます。 さらに血流が悪くなることによりミネラルのバランスも崩れます。 そのために足がつりやすくなります。 こちらの「」のページでもう少し詳しく説明しています。 足がつる予防 足がつるのを経験している方は、あの激痛が起こらないようにと願っているはずです。 日ごろどういったことに気をつければ足がつらなくなるのか調べてみました。 足がつるのを予防するのに大事なのは ミネラル・水分をしっかり摂る 日頃から適度な運動をする 足腰を冷やさない などがあげられます。 バランスの良い食生活で足のつりを予防 足がつることに限りませんが、バランスの良い食生活というのは健康な体作りの基本です。 足がつる予防においても栄養バランスは重要になります。 特にミネラル不足は足がつる原因となりますが、ミネラルだけでなく、水分、ビタミンも足がつる原因となるので、しっかり摂れるような食生活を心がけましょう。 特に足がつる予防に役立つビタミン・ミネラルは下記のようなものがあります。 マグネシウム(アーモンド、ひじきなど)• カルシウム(牛乳、切干大根など)• ビタミンB1(卵、豚肉など)• ビタミンE(ナッツ類、抹茶など) サプリメントを活用して足のつりを予防 仕事が忙しく外食やインスタント食品を食べる機会が多くある方や、食べ物に好き嫌いが多いなど、なかなかバランスの良い食生活が難しいという方はサプリメントを活用するのも一つの方法です。 上記に挙げたビタミンやミネラルのサプリメントを上手に活用しましょう。 適度な運動とストレッチ どんなに日ごろから運動をしている人でも足がつることはあります。 運動することにより汗をかき、ミネラルや水分が不足することに加えて筋肉の疲労もおきることから足がつりやすい状況になるからです。 スポーツ、運動中の足のつりを予防するにはこまめな水分補給、できればミネラル分を含むスポーツドリンクなどが良いでしょう。 また、運動前と運動後の準備運動も足がつる予防にとても役立ちます。 普段、運動をしない人が、急に体を動かすと、普段から運動していない人に比べて足はつりやすくなります。 これは筋肉疲労に関係しています。 普段から筋肉を使っていないので、すぐに筋肉が疲労し足がつりやすくなるのです。 ですから、日頃から適度な運動というのは足がつる予防に役立ちます。 また、ただ運動をして筋肉をつけるのではなく、ストレッチも取り入れて柔軟な筋肉をつけるよう心がけましょう。 足がつる予防についてはこちらの「」のページで詳しく説明しています。 足がつる治し方・対処法 日ごろから予防をしても足がつってしまった時に、少しでも早く足がつるのを治したいものです。 足がつった時に少しでも早く治す対処法を調べました。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 足がつった時の治し方、対処法については「」のページで詳しく説明しています。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,216ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,801ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,376ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,962ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,755ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,874ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,928ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,539ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,782ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,253ビュー.

次の