テツ and トモ 年収。 村上 友梨恵

テツandトモの営業のギャラは?年収一億円を否定した事についての調査!

テツ and トモ 年収

スポンサーリンク テツandトモ!「なんでだろう」で大ブレイク! テツandトモは大学で知り合いました。 元々は、テツさんは役者として活躍をしており、トモさんも演歌歌手志望でした. しかし、結婚式のデュオで目に止まり、スカウトされてお笑いの道に進みました。 そして、2003年に青ジャージのトモがギターを弾き、テツが激しく踊る。 「なんでだろ~なんでだろ~」と言いながら日常の気になったことについて、 突っ込んでいく漫談で有名になりました。 その活躍は新語・流行語大賞選ばれたり、CDも出すほどでした! 当時は年収1億2000万円程儲かっていたとこことです。 現在のテツandトモ!むしろ今が全盛期! スポンサーリンク やはり一発屋ということで、徐々にTVに出なくなってしまいます。 しかし、 今現在でも億を稼いでいるとのことです! TVには出る数は少なくなりましたが、その分営業の数が多いです。 最高で月間24本営業に言っており、ブレイクした際の21本を超える働きぶりです。 多忙すぎて一週間帰宅できなかったと。 ダンディ坂野さんと同じで営業で稼いでいるんですね! テツandトモ、現在が全盛期! テツandトモさんはブレイク時は同じネタを複数の番組でやるだけで辛かったとのこと。 現在は、営業で色んなネタをやれて持ちネタの貯金が増えて充実していると言っているので、むしろ今が本人取っては良い環境ではないでしょうか? テツandトモさんが、中国のプロデューサーに 「 テツトモは 中国どこでも受けると思います」 と太鼓判を押されます。 現在のテツandトモ!万人に受けるネタでずっと生き続ける! テツandトモさんのネタは、「なんでだろう」を代表にどんな年代と国籍と万人に受けるネタです。 だから、TVの出演は少なくなっても、営業で引っ張りだこなんだと思います。 小島よしおさんはターゲットを子供に絞って営業で引っ張りだこですが、それとは違う方法でテツandトモさんは成功しています。 成功にもいろいろな方法があるんですね~ これからも、みなさんに楽しい踊りと歌で楽しませてください! せばな~.

次の

テツandトモの年収は?噂の「地方営業」その秘密を暴露!!

テツ and トモ 年収

テツandトモ月に24カ所もの営業!自身の最高記録樹立!で年収1億2千万円の荒稼ぎ!!! 1998年に結成され、トモが青いジャージでギターを弾き、テツが赤いジャージで踊り、 『なんでだろ~』を漫談や番組等で連発して国民的人気を集めたテツandトモ。 2014年11月のことです。 テツandトモ年収1億2千万円の破格なギャラと過密スケジュール テツandトモは1日で西日本を股に掛ける!? テツandトモの営業スケジュールは、超濃密です。 可哀想過ぎますね・・・。 子供はもちろんのこと、奥さん・・・テツ自身もでしょうが。 身体は大丈夫だったのでしょうか?家族もさぞや心配したでしょうね。 テツandトモの営業1回あたりのギャラは、50万円くらいらしいです! なんと営業を月24回すると1200万円ですよ!! 年収は月平均20回営業をすると考えて試算すると、12,000万円を突破します。 テツandトモって、億、億万長者!!ではアーリませんか! とても一般人には手が届かない金額です。 一度でいいから、そんなお札の束を拝んでみたいものです!!! テツandトモは元々は歌手志望? テツandトモの受賞歴 2001年 平成12年度 国立演芸場 花形演芸大賞 銀賞 2002年 第2回オートバックスM-1グランプリ第6位 2002年 平成13年度 国立演芸場 花形演芸大賞 金賞 2003年 新語・流行語大賞 テツandトモの二人の出会いは、日本大学藝術学部演劇学科です。 テツは歌手を志してギターを購入し、トモはのど自慢チャンピオン経験者で、二人とも歌唱力には自信があるようです。 そのギターを今もトモが弾いています。 今年出した新曲「ほろ酔いブルース」を数多くの歌番組に出演して、 披露 ネタ無しで歌だけ できたことをとても喜んでいたそうです! テツandトモが一年間を漢字一文字で表現すると、「歌」 トモ 、「充」 テツ だそうです。 ちなみにトレードマークのあのジャージは1着10万円もする特注品だそうです。 血液型A型。 主にボケ担当。 愛称はテッちゃんです。 1991年「劇団BQMAP」 大学芸術学部在学生中心 旗揚げ、舞台役者として活躍。 1998年テツandトモ結成。 2004年5月9日に婚姻届出。 2005年2月に長男が誕生。 2014年現在は3児 2男1女 の父。 三階建ての一軒家 埼玉 を購入。 (「やりすぎコージー」2008年11月3日放送分より) 五木ひろしのファンなんだそうです。 トモは、 本名は石澤 智幸(いしざわ ともゆき)1970年5月10日生まれ(44歳) 山形県山形市出身、 山形大学附属幼稚園卒業、 山形大学附属小学校卒業、 山形大学附属中学校卒業、 日本大学藝術学部演劇学科卒業。 血液型A型。 主にツッコミ担当。 ネタの作曲も手がけています。 1996年NHKのど自慢(東京都中野区大会)でチャンピオンに! 特技が詩吟。 詩吟の経験のおかげか、小節(こぶし)入りの歌い方、声量と歌唱力には高評価。 ボルシチが苦手なんですって!!美味しいと思うけどなあ。 まあ、ひとぞれぞれ。 高所恐怖症で、飛行機が苦手だった。 2009年11月頃からプライベートで黒縁メガネを着用 視力低下により。 テツandトモのテツの出身地 滋賀県大津市の世界遺産 延暦寺(最澄が開創) 都市景観100選及び関西自然に親しむ風景100選に選ばれたなぎさ公園は、比叡山と琵琶湖の自然と都市の溶け合った景観が素晴らしいところですよ! 世界遺産の延暦寺(最澄が開創)やおごと温泉が第1回地域ブランドに認定され、有名です。 近江八景のひとつである唐崎神社や日吉大社等の国宝、重要文化財建築物、松尾芭蕉の墓がある義仲寺等、 隣接した京都と同じ古き都をしのばせる建物が多く見受けられます。 テツandトモのトモの出身地 山形県山形市の出羽三山や蔵王連峰、そして樹氷 山形県山形市出羽三山や蔵王連峰等、自然に恵まれたところです。 蔵王の樹氷も楽しめます。 もちろん、温泉やスキー、隣接する天童市では将棋の駒も手作りの物が手に入ります。 夏には、スイカやサクランボ、ラ・フランスが道路のあちこちで優しいおばさんがオマケして売ってくれますよ! 隣接する宮城県にある蔵王のお釜も楽しめます。 花笠祭りの花笠音頭も見ものですね! 山寺の蝉は日本の音風景100選に選ばれています。 テツandトモの名前は知りませんでしたが「なんでだろ~」と テレビヲどコのチャンネルに変えても流れていたことで 次第に口ずさむようになったことを覚えています。 テツandトモがどうしてジャージを着てギターを弾き、踊っているのか不思議でした。 でも、テツandトモのあのメロディと踊りが自然に心を捉えてしまっていました。 テツandトモ二人の多すぎる共通点 テツandトモの共通点は同じ血液型、誕生日が1日違い、 歌に興味を持ったことや県庁所在地が隣接しているところで育っていることです。 ま、なんと言っても同じ大学に入学したことが決定的な共通点ですね。 そうでなかったら、テツandトモはこの世に存在しませんでしたから。 テツandトモは「ほろ酔いブルース」のブームにより、 単なる一発芸人じゃないところを証明しました。 テツandトモは人気が継続しているお笑い芸人であり、歌手でもあるんです。 17年間途切れなく続けている芸能活動生活で、今回の月24カ所営業の過去最高記録を出したことに敬意を表したいと思います。 まだまだピークは先ですね!テツandトモ!!!.

次の

あまがさきキューズモールイベントの舞台裏に潜入!~テツandトモ・AMEMIYA編~

テツ and トモ 年収

この には、 が 全くありません。 の提供に、ご協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくはに基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 本名、 中本 哲也(なかもと てつや、 1970-05-09 (50歳) - )• (旧)出身、演劇学科卒業。 主にボケ担当。 赤いジャージを着て踊る。 愛称は テッちゃん。 大学進学の際、地元のであるに合格していたが、演劇の道を志し、に進学した。 20代は舞台役者として活動。 、日本大学藝術学部在学生を中心に結成した「劇団BQMAP」の旗揚げに参加。 旗揚げ公演はスタッフとしての参加だったが、徐々に看板役者としてメイン格の役を演じるようになり、後に声優となる、とも共演していた。 トモとのコンビ結成でお笑いの道に進むため、の公演を最後に脱退。 デビュー当時は出身高校ののジャージを着ていた。 2004年5月9日に婚姻届出、翌年2月に長男が誕生した。 2014年現在は3児(2男1女)の父である。 のファンである。 面長の顔から、「自己紹介の歌」では「の」「」「」「」と歌われている。 落語家のはテツにと顔が似ている事から親交があり、『』の演芸コーナーで何度かコラボしている。 営業では椅子やギターなど、様々なものを顎の上に乗せてバランスを取る芸を披露している。 M-1グランプリ2002の決勝に出た際に、ダウンタウンの松本人志に「赤いジャージの子は友達としては100点」と絶賛された。 母親はので「あんたの動きは気持ち悪い」と言われた。 のに出演してから、にてナインティナインのとコラボダンスをするのが恒例となっている。 トモ [ ] トモ• 本名、 石澤 智幸(いしざわ ともゆき、1970年(50歳) - )• 出身、卒園、卒業、卒業、 卒業、演劇学科卒業。 血液型B型。 主にツッコミ担当。 青いジャージを着て、本来はテツの持ち物であるギターを弾いている。 ネタの作曲も行っている。 デビュー当初は、出身高校ののジャージを着ていたため、地元では英雄扱いだった。 元アナウンサーのはからまでの同級生で、、、のは、の先輩。 のは高校の先輩。 結成前のごろ、『』内の素人パフォーマンスコーナー「岸谷五朗の日比谷公開堂」に、「チョビひげ次郎(トモ)」「モンキー・チャム」という2人組のグループ「モンチョビ2」としてしばしば登場していた。 また、には『』の大会に出場し、チャンピオンになる。 特技は。 詩吟の経験のせいか、演歌歌手のように小節(こぶし)の入った歌い方をする。 声量と歌唱力の評価は高い。 後述のの他にも、やなどのレパートリーがある)。 が苦手。 もともと俳優志望だったテツと、演歌歌手志望だったトモが結婚式の余興でデュオを組んで「」の替え歌を歌唱したところ、それをスカウトされる。 まじめに歌手をやるつもりで上京したのだが、なぜかお笑いを無理矢理やらされることになり、現在の形になった。 で、広島に向かうために乗った飛行機において、離陸した直後に叫びながら横の席のテツの手を握り締めたほどである。 2009年11月頃から、視力低下のためプライベートでは黒縁眼鏡を着用している。 近年はテレビ出演時やネタ中にも、青縁の眼鏡を着用する事がある。 概要 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2015年1月) ・の揃いのを着て、トモがを弾き、テツがおかしな踊りを踊り、「なんでだろ〜」と連呼しながら日常の何気ない疑問について繰り広げるで有名になった。 「なんでだろ〜」はのタイアップ効果により同年のとなり、にも選ばれた。 漫談の中でトモがなどのを披露する事もある(似ていない事をネタにしている)。 2人は日本大学芸術学部で出会った。 因みに2人は同い年で、誕生日が1日違いである。 2003年1月から『』とタイアップした「」でブレイクし、翌月発売のCD「」がヒットした。 からまで『』()に出演し、23戦20勝という高記録を出した。 一時期から離れ、という事務所に所属をしていた事がある(後にニチエンに復帰)。 で、との合同により「なんでだろうスペシャル合体ヴァージョン」で出場した。 には 哲智の名で「おいら。 」をリリース。 としてではなくアーティストとして歌うため、のにので歌唱する。 テツは元々俳優の他に歌手志望、トモはのど自慢チャンピオンの経験という過去を持つこともあり、お笑い芸人の中では特に歌唱力が高い。 第2回(度)に決勝進出。 決勝では漫才の既成概念を破壊した「弾き語りパフォーマンス」を行い、鞄などの大道具も使用した。 は「 これは難しいですね。 赤いジャージの子は友達としては100点なんですけど、これをととるか、っていうところですよね。 あとこれを4、50分やられたらものすごく面白くなると思う。 時間的なものもありますかね」と評し、は「 お前らはここに出てくる奴じゃないよ。 もういいよ。 俺褒めてんだぜ。 分かってるよな?」との芸そのものを否定しているようにも受け取れる発言をしてしまったため、司会のにフォローされた。 結果は6位。 談志はその後、2008年に行われたテツandトモ結成10年記念ライブに参加した。 ノリノリでなんでだろうの踊りを披露している。 とは過去に合同ライブを開くほど親交があり、テツトモが彼らの公演に足を運ぶ姿も多々目撃されている。 また、のビデオ『news-NEWS』(公演の舞台裏を収録したもの)にも出演している。 同じくコンビ名に「アンド」を入れていると間違われる事があり、本人達もその事をネタにしている。 制作の『』には、当初山形市出身のトモのみが出演。 その後テツも加わり、現在は毎回コンビとして出演、県内で高い人気を集めている。 そのため、2008年8月の山形最終日にゲストとして呼ばれ、山車に上がった。 7月の『』に一発屋芸人として出演したが、ほかの一発屋芸人とは違って複数の番組で全く同じネタを常に求められていたテレビ出演を辛かったと語り、持ちネタや貯金が少しずつ増えていく今が一番充実していると締めくくっている。 には、、、らと共にの「青汁三昧」のCMに出演。 なお、29分のではインタビュー取材を受けている。 代表曲 [ ] なんでだろう〜こち亀バージョン 作詞はテツandトモ、作曲は石澤智幸、編曲は。 メジャーデビュー曲であり、アニメ『』のエンディングテーマに一時期使用。 オリコン最高位10位。 20万枚以上を売り上げた。 なんでだろう音頭 作詞・作曲は石澤智幸、編曲は高見優。 持ち芸の「なんでだろう」を音頭バージョンにした曲。 大田区でプロポーズ 作詞・作曲は、編曲は高橋諭一。 主な持ち芸 [ ]• なお、現在出演しているNHK山形の「今夜はなまらナイト」では山形弁で「なすてだべ〜」に変わる。 でその模様も収録した動画が公開されている。 ありふれた日常の出来事が元となっていることから、の変形とも言える。 嘉門達夫がアンサーソングとして疑問に答えるという曲を発表した。 かならずいるんだよね 1番と2番があり、1番は「自動販売機のボタンを同時に2つ押す奴」などと現実に起こる出来事をトモが歌いテツがジェスチャーを行うというもの。 2番は1番で歌った内容をパロディー化して「自動販売機のボタンを同時に全部押す奴」などと絶対にありえない出来事を歌い、ジェスチャーをやろうとする・あるいはジェスチャーを行ってからツッコミを入れるというものになっている。 時間の都合などによって2番は省略される場合もある。 必要ないもの 「壊れかけのラジオ」「二千円札」などの必要ないものを歌う。 メロディーはの「」。 せつないね 「別れの挨拶をしてバスに乗ったのになかなかバスが出発しない時」「僕(トモ)も結構動いているのにテレビを見たら映ってなかった時」など、ありがちな切ない出来事を歌う。 ちょっとだけ恥ずかしいことがある 「後姿で知り合いだと思って声を掛けたら知らない人だった時」など、少し恥ずかしくなるような出来事を歌う。 そんなわけないだろう• ついついやりたくなっちゃう 「インターネットで自分の名前を検索」などやってしまいがちな出来事を歌う。 全部ウソなのよ 「先生が『怒らないから本当のことを言いなさい』と言う時」「『俺テスト勉強全然してない』と言う奴」など、嘘っぱちなことを歌う。 当て振り(顔芸)シリーズ• のテーマ、のテーマ、」の主題歌、「」の主題歌(「愛をとりもどせ」)、、のテーマ• どどんまい のによる公募で選ばれたネタで、落ち込んだ相手を励ますときに用いる。 わたしたち怒っているんです• 何が出来るかな? 「何が出来るかな? 」と歌いながらテツがをする。 ショートソング(替え歌) ある著名な歌の替え歌でちょっとしたボケをはさむ。 ネタとネタとの間に多く、特にモノマネ芸が多い。 受賞歴 [ ]• 2001年 平成12年度 国立演芸場 花形演芸大賞 銀賞• 2002年 平成13年度 国立演芸場 花形演芸大賞 金賞 出演番組 [ ]• 伊予路てくてく()• シリーズ() トモが山形県出身ということで、テツも引きずり込まれた。 (、おはようソング「これを知ってるといばれるの唄 時事経済用語編」をトモが歌う)• (、2016年1月-2020年3月まで)月曜レギュラー 過去・単発出演 [ ]• バカヤロー! 1999 ニッポン人の怒り爆裂ストレス解消3連発()ストーリー内において、路上コントをするコンビとして登場。 「なんでだろう〜」のネタを披露している。 ()戦績20勝3敗 最高501KB ゴールドバトラー認定• 番組放送2回目となる1999年4月4日放送回で初オンエア。 以降も順調にオンエアを重ね、2003年7月11日放送回で20勝を達成。 20回目のオンエアを果たすのは彼らが初となる。 また、15回目のオンエアから20回目のオンエアまで彼らが最多勝利数を塗り替え続けている。 その後、紅白歌合戦に出場後の2004年2月20日放送回に出場し、その期待からオンエアは間違いないと思われたが、結果は345KBでオフエアだった。 通常回ではこの回が最後の挑戦回となってしまい、番組を卒業する事となった。 番組初期はネタの最後に顔芸を披露していたが、2000年7月30日放送回で初のオフエアを経験した事で顔芸を封印し、2001年3月11日放送の第3回チャンピオン大会のセミファイナルで久々に披露した。 この回を最後に番組で顔芸を行わなくなった。 下記の様に第1回から第5回まで5大会連続でチャンピオン大会に出場。 第5回まで皆勤でチャンピオン大会に出場しているのは彼らのみである。 第1回チャンピオン大会 決勝2位• 第2回チャンピオン大会 本選8位• 第3回チャンピオン大会 セミファイナル8位敗退• 第4回チャンピオン大会 セミファイナル7位敗退• 第5回チャンピオン大会 ファイナル7位• ()「笑う! 通販」• (フジテレビ)「なんでだろう? 」のコーナー等• (NHK総合、2003年4月-2005年3月に司会出演、2005年5月1日にはゲストとしても出演)• (NHK総合、2003年)二人組の芸人「テツアンドトモ」として特別出演• (旅チャンネル)• 旅ちゃんガイド(旅チャンネル) 23ゲスト• (フジテレビ、1998年4月 - 9月)• (フジテレビ、1998年 - 1999年)• (フジテレビ、1999年)• DJ Tomoaki's Radio Show! (2009年3月5日、下北FM)• (、2008年10月20日・2009年8月17日)• (日本テレビ)• ちょっと変だぞ 日本の自然 〜気がつけば様変わり 大激変SP〜(NHK総合、2009年8月19日)• (TBSテレビ、2009年9月10日)FINALステージ敗退• (、2011年7月 - 2011年12月(6回))• (、2011年4月 - 2012年3月)• ()「旬モノはどれだ 」旬を過ぎた芸人部屋• (NHK総合、2012年8月)落武者役• (朝日放送、2013年3月)• (NHK Eテレ、2015年1月6日、声の出演)• (テレビ東京、2015年1月30日)• (中部6局、2014年4月 - 2015年3月)• (千葉テレビ、2017年8月31日)• (NHK Eテレ、2017年9月4日、2018年1月8日)• (NHK BSプレミアム)あるある名人会• みんなの県民SONG!~大分うた旅情編~(2018年、)• (テレビ東京) テレビドラマ [ ]• ()本人役• ()梅吉・繁三役• CM [ ]• 「」(2003年)• 青汁三昧(2010年)• (2012年)• お宝中古市場(2013年)• (2014年、PRCM)• 「異国の地でナンタコス編 野崎智子と共演 」(2018年) PV出演 [ ]• 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 1st 2003年2月5日 PCCA-80015 オリコン最高10位 2nd 2003年11月19日 大田区でプロポーズ PCCA-70057• なんでだろう 〜マンボ・バージョン〜 [4:05]• なんでだろう 〜クラシック・バージョン〜 [4:08]• なんでだろう 〜盆踊りバージョン〜 [2:23]• なんでだろう 〜方言バージョン〜 [2:01]• のカバー [5:03]• なんでだろう音頭 オリジナル・カラオケ• マンボ大漁節 オリジナル・カラオケ• なんでだろう〜クラシック・インストゥルメンタル・バージョン〜 [2:44] オリコン最高35位 2nd 2008年10月29日 旅〜僕たちの風景 PCCA-01913• なんでだろう(20周年記念厳選バージョン)• 大好きがいっぱい• 大好きがいっぱい<TVバージョン>• とろろおくらめかぶなっとう• おんなじ空の下• 泥の中の蛍• ほろ酔いブルース• 桜前線• マンボ大漁節• 色んななんでだろうpart1(Live at シアターD )• なんでだろう(20周年記念厳選バージョン)<オリジナル・カラオケ>• 大好きがいっぱい<オリジナル・カラオケ>• 大好きがいっぱい<TVバージョン(オリジナル・カラオケ)>• とろろおくらめかぶなっとう<オリジナル・カラオケ>• おんなじ空の下<オリジナル・カラオケ>• 泥の中の蛍<オリジナル・カラオケ>• ほろ酔いブルース<オリジナル・カラオケ>• 桜前線<オリジナル・カラオケ>• マンボ大漁節<オリジナル・カラオケ>• 3 VPVF-68427 VPBF-12260 2005年10月19日 輝け! 週刊少年アニメ王・増刊号 PCCG-00692 2006年08月25日 地上波で出来ないTVシリーズ お笑いでポン! キングボンビジョンの巻 -Original Sound Track- PCCR-90056 ミュージックビデオ [ ] 監督 曲名 「なんでだろう音頭」「大田区でプロポーズ」 「ほろ酔いブルース」 イベント [ ] 2009年7月、がデジタルテレビジョン放送普及推進・アナログテレビジョン放送終了啓発を目的とした「日本全国地デジで元気! 以後、らとともに全国各地で行われている同イベントに参加し、地デジPRを行っている。 また、2010年2月14日に放送された『』(系)で演芸コーナーに主演した際、「日本全国地デジで元気! 」のをつけたジャージで登場し、も演芸コーナーに出演した。 脚注 [ ] []• トモ テツandトモ 公式ブログ 2018年1月27日. 2019年2月20日閲覧。 www. e-aidem. com. 2019年8月30日閲覧。 2003年11月21日放送回でが21勝目を達成。 これにより最多勝利数の塗り替えは彼らに受け継がれる事となった。 第3回までは彼らの他に、、の3組が皆勤でチャンピオン大会に出場していたが、第4回チャンピオン大会ではアンジャッシュとアンタッチャブルは2001年度の成績は2勝1敗と振るわず、号泣は年間4勝を達成したが、合計KBが足らず、その後に高得点を狙ったが、連敗してしまいチャンピオン大会に出場出来なかった。 参考文献 [ ]• 山田ルイ53世『一発屋芸人の不本意な日常』朝日新聞出版、2019年。 テツandトモ公式プロフィール 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の