ゼウス wifi。 ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)の実機レビュー。速度は実用的なのか検証

【意外な結果】ZEUS WiFiの口コミ・評判をレビュー!サービスの内容も神なのか…?

ゼウス wifi

全知全能の神「ゼウス」を名乗る割りには「ドバドバ」とか言いまくる「 ポケットWi-Fi」の「ZEUS(ゼウス)」。 CMではSNSや動画コンテンツ見放題というエンターテインメント性をうたっていたが、実際に使ってみると、外で仕事をするノマドワーカーや、取材や外回りでのネット利用が多いビジネスパーソン、そしてSNSやYouTuberなどコンテンツを発信する人が使うと最強! とわかった。 実際に旅先で使って性能を実証!「遅い」という意見もあるが、それは上辺しか見ていない実験結果だった! 月額使用料2,980円(税抜き/7カ月目以降から3,280円)でデータ容量無制限、しかも本体料金はタダというリーズナブルさも魅力だ。 実際に街や田舎、付近に集落もないような山の中などで ZEUS WiFiを使って通信し、その速度などを計測してみた。 また何カ所かでは、普段筆者が使っているNTTドコモの4G回線や公営のフリーWi-Fiなどとも比較してみよう。 温泉旅行しながらスマホの4G回線とZEUS WiFiで速度比較 とりあえずZEUS WiFiが使えるのか否かを早く知りたいという場合は、この節を読み飛ばし、最後に軽く目を通していただいてもかまわない。 今回実験したのは、筆者が住む横浜から新潟は妙高山の温泉、そして岐阜の下呂温泉まで旅したときに測定した、各駅でのZEUS WiFiの速度、筆者が普段使っているドコモのスマートフォンSH-03Kの4G回線の速度、また民間や地方自治体などが提供するフリーWi-Fiの速度を測定している。 タッチパネル式になっているZEUS WiFi。 通常は電源をONにするだけで簡単に使える。 緊急事態宣言の発令を受け、掲載を見送っていました。 本記事は、不要不急の旅行を助長するものではありません。 測定に利用したアプリは、Android用のアプリ「Speed Test Master」。 4G回線の場合はスマホの4G回線の速度をそのまま測定し、ZEUS Wi-Fiの場合はスマホをZEUS本体にWiFi接続して測定した。 なお自治体の運営するフリーWiFiなどは、スマホでそのWiFiに接続した速度を計測している。 回線速度の実験に使った「Speed Test Master」 各駅や場所での測定は、基本的に電車内の窓際で行い、電車が駅に完全に停車してから測定している。 また乗り継ぎの際は、電車内ではなく駅を降りたホームや改札での測定値だ。 また回線速度の計測は、何回か実行することで精度を上げるが、短時間の停車時間などもあったため、ここでは1回の測定値となっている。 また大きな駅では何人もの端末が同時に回線を使っている場合などもあるため、必ずしも同様の実験を行った際に同じ結果とならないことに注意してほしい。 通信データ量や、SSIDとパスワードの確認画面。 パスワードのみ変更できる 接続している端末の確認画面。 知らない端末はフロックできる 結論から言うとコンテンツ発信者&ノマドワーカー向け さっそく各地で測定した回線速度の結果を見てみよう。 グラフで紫色になっている駅は、比較用に測定した筆者のスマホSH-03Kのドコモ 4G回線で測定した値だ。 緑色になっているのは、地方自治体などがサービスしているフリーWi-Fiの速度でこちらも比較用。 何も色が付いていない駅は、スマホをZEUS WiFiに接続して回線速度を測定した値となっている。 筆者がいつも使っているシャープのAQUOS、SH-03K。 回線はドコモ。 これをZEUS WiFiにつないで回線速度をテスト まずはみなさんが使っているスマホの4G回線だけを見ていこう。 紫色のグラフに注目してほしい。 多くの駅では、青いグラフが飛びぬけて高い数値を示している。 これはウェブを閲覧すると一瞬で画像まで表示されたり、YouTubeなどの動画を見ると「HD」以上のキレイな映像をスムーズに再生できる「ダウンロード速度」が速いという意味を表している。 青のグラフが低いときは、ウェブの画像がパラパラ表示されたり、YouTubeで解像度の低い映像しか表示できない。 一方、オレンジ色のグラフは、ファイル転送サービスやYouTubeに自分のファイルをどれだけ早く「アップロード」できるかの速さ。 4Gの場合はダウンロードの速さに重きを置いて、アップロードがかなり遅い設定になっている。 また、グレーのグラフは遅延を示している。 遅延は通信にさまざまな影響を及ぼすが、大雑把に説明するとウェブでリンクをクリックするとサクサク画面が切り替わったり、ネットワークゲームの反応が速くなる指標と思ってもいいだろう。 もちろん遅延が少なければサクサク、多ければもっさりとした動きになる。

次の

評判は?ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を使った私の口コミ評価とデメリットを全解説!

ゼウス wifi

料金プラン まず皆さんが一番気になるであろう料金プランは以下の通り。 通常 ZEUS WiFiデビューキャンペーン(終了日未定) 課金開始月~6ヵ月目 2,980円 2,980円 7~24ヵ月目 3,280円 3,280円 25ヵ月目~ 3,480円 基本使い放題で、かつ3,280円であれば、ここ最近のクラウドSIMの中ではかなり安い部類に入ります。 初期費用に関しても事務手数料3,000円なので、他社と同じ水準です。 以下、参考までにクラウドSIM系のモバイルWiFiルーターの料金比較表です。 月額料金 ゼウスWiFi 3,280円 THE WiFi THE WiFi:3,842円 THE WiFiライト:3,480円 どんなときもWiFi クレジットカード払い:3,480円 口座振替:3,980円 Mugen WiFi アドバンスプラン:3,880円 格安プラン:3,280円 限界突破WiFi 3,500円 かなり安い部類と申し上げましたが、ここ最近のメジャーなクラウドSIMの中では現状最安クラスですね。 じゃあゼウスWiFiはただ単純に料金が安いだけで、他は全て他社と同じなのかというとそうではありません。 冒頭でも少し触れた通り、ゼウスWiFiは他のクラウドSIMとは明確に異なる部分があります。 それが提供される端末です。 ゼウスWiFiの端末 uCloudlink D1 ここ最近のクラウドSIMでは「uCloudlink D1」という端末を採用しています。 しかしゼウスWiFiの場合、HWR0001Aと呼ばれる端末が提供されます。 以下の写真がゼウスWiFのオリジナル端末です。 ゼウスWiFi専用端末 端末名でググっても他社で提供されている様子は全くありません。 なるほど、じゃあ他のクラウドSIMよりもスペックを落とした端末を提供することで月額料金を下げることに成功したのか・・・と思いきや全くそんなこともないようです。 ただ一点だけ、ゼウスWiF専用端末がD1に比べて劣る点があります。 それが端末の稼働時間です。 D1が連続12時間なのに対してゼウスWiFi専用端末は10時間です。 クラウドSIMで一番人気の高いどんなときもWiFiは月額料金3,480円で、ゼウスWiFiは3,280円ですから、稼働時間2時間を取るか、月200円分の安さを取るか、という感じでしょうかね。 速度比較 筆者は現在、Broad WiMAX、どんなときもWiFiを契約しておりますので、それらとゼウスWiFiの回線速度を比較してみたいと思います。 測定条件は以下の通り。 端末:iPhoneX 住所:横浜駅 場所:11階の建物の8階屋内(窓際) 時間:14時~15時 どんなときもWiFi どんなときもWiFiは、まさに通信障害が出ている真っ最中(2020年3月)なので、そもそも不利な条件ではありますが、通信障害を出す方が悪いということで比較対象とさせていただきます。 ご覧の通り、ADSLも裸足で逃げ出すレベルの、目も当てられない悲惨な数値になっております。 いい加減にして欲しいですね。 Broad WiMAX 安定して高速が出やすいのがWiMAXで、3年ほどお世話になっております。 そんなWiMAXですが、上りがちょっと遅いですが、私は基本的には下りしか使わないので全く問題ありません。 動画のアップロードとかをする人だとちょっと厳しい数値です。 ゼウスWiFi ゼウスWiFiは今回計測した中では最も優秀な結果が出ました。 上りも下りも文句ない数値です。 特筆すべきはPING値で、3回線の中でも最も低いです。 一般的にPING値の良し悪しは「50ms」が一つのボーダーラインとされており、50以上であればタイムラグが大きく、50以下であればタイムラグが少ないとされております。 つまり上りと下りの時間差が少ないので、オンラインゲームやLIVE配信サービスでも問題なく楽しめるでしょう。 今後、加入者が急増したりしたらちょっと何とも言えませんが、現状であれば積極的に検討すべきモバイルWiFiルーターと言えるでしょう。 まとめ 結論として、ゼウスWiFiはアリなのかナシなのかというと、個人的にはアリです。 例えばスマホの端末を選ぶ際には端末代金、サイズ、カメラの画質、CPUなど、色々な要素を考慮する必要があります。 しかしながら、ネット回線を選ぶ基準というのは良くも悪くも.

次の

ゼウスWiFiの料金・端末やお得なキャンペーンは?無制限で使えるMUGEN WiFiと比較もしてみた!

ゼウス wifi

その後は料金が上がりますが、3,280円とこれもまた格安料金で提供しているのでクラウドSIMのWiFiサービスなら今圧倒的におすすめですね。 ただし上記のように公式サイトにも小さくこのように記載があります。 これに関しては他社でも同様の記載がありどこまで使えば制限があるのかは実際に利用者次第です。 この端末は契約中はレンタルとなり、 レンタル代金は無料です。 やっとできる 今週は収益4桁割ってたからキツかった😂 どれぐらい安定してるかみものだなぁ — パピコ 😈 thinktime123 何よりも同時接続台数が5台だったU2sと比べ 最大10台の同時接続が行えて、更にはディスプレイ液晶があるので電波状態や操作性に優れています。 下り最大速度が150Mbps、上り50MbpsのLTE通信に対応しているので動画を見たなどの普段遣いには全く問題ないスペックです。 注意万が一この保証オプションを加入せずに紛失や故障を行った場合は18,000円の機器損害金が発生してしまうと公式サイトの記載があるため注意が必要です。 ゼウスWiFiのメリット ゼウスWiFiは他のクラウドSIM系のWiFiサービスのように基本的に利用できる通信エリアや海外での利用、データ容量の基準については同じです。 それでもゼウスWiFiでなければ恩恵を得られないメリットを3つ解説していきいます。 クラウドSIM系WiFiサービス了料金比較 ゼウスWiFi 2,980円 (3,280円(7ヶ月目から) THE WiFi 3,480円 よくばりWiFi 3,450円 ギガゴリWiFiワールドプラン 3,460円 Mugen WiFi 3,280円 どんなときもWiFi 3,480円 限界突破WiFi 3,500円 これだけ比較してみると最初の半年間と考えても圧倒的に料金が安いのは一目瞭然です。 最近はあるクラウドSIMのサービスで大規模な障害があり問題となったサービスもあったのでこういった体験期間を設けているのは本当に助かります。 クラウドSIM系WiFiサービスの解約金比較 ゼウスWiFi 1〜24ヶ月 9,500円 THE WiFi 1〜24ヶ月 9,800円 よくばりWiFi 1〜12ヶ月 18,000円 13〜24ヶ月 12,000円 26ヶ月〜 9,500円 ギガゴリWiFiワールドプラン 1〜24ヶ月 9,000円 Mugen WiFi 1〜12ヶ月 9,000円 13〜24ヶ月 5,000円 どんなときもWiFi 1〜24ヶ月 19,000円 限界突破WiFi 1〜24ヶ月 18,000円 ですがゼウスWiFiは1年以内の解約であっても解約金を9,500円と比較的安く設定しています。 だからといってゼウスWiFiが同じように速度制限をかける可能性があるとは言いきれませんが、今後利用者が増えてくると大本から借りている回線なので制限をかけざるを得ない状況になるのかもしれまん。 絶対的にそういうことが無いとは言い切れないので、もしもその不安を抱えながら料金を払って利用したくないと考えている方は割り切って光回線を検討しましょう。 1日10GBという話なら月間300GBで2,980円〜3,280円となるのでそれでも十分すぎる気はしますけども・・。 九州の田舎なんだけど、今の所速度は2~8Mbpsくらいです。 動画は通常画質で見れるけど、オンラインゲームや大容量通信はやりにくい・・・ — たいさん taitaisansan 動画をみたり、Google Maps、ニュースサイトを見る、Twitterやインスタを投稿するという程度ならゼウスWiFiでなんの不満も無いでしょう。 Ps4は でゲームダウンロード中。 は動画見てる。 が25ギガ越えたと思ってたけど違う?通信障害? 画像は — てー t26decotra ただしPS4のダウンロードソフト、高画質の動画配信サービスなどの大容量のダウンロードを行うとなれば話は別でモバイル回線ではその部分の快適度には限界があります。

次の