宝塚 ルネサンス ブログ。 海乃美月のラストチャンス

厳選!宝塚を愛してやまない者たちによるヅカブログ7選

宝塚 ルネサンス ブログ

歌うま娘役の登竜門、エトワールは当時研5で経験。 彼女の歌唱力について言えば、 前回の記事でまとめた通り、 情感型だと思います。 譜面通り綺麗に歌うという以上に、 役としての感情が歌に乗るタイプであり、 宝塚「歌劇団」にとって素晴らしいスター性だと言えるでしょう。 それは特に 『ドクトル・ジバゴ』だの 『龍の宮物語』だの 鬱屈とした世界観でよく表現されていると思うのですが 裏を返せば 正統派ヒロインが似合わないという致命的な弱点でもあります。 彼女を一躍有名にした『伯爵令嬢』はじめ、 悪だとか闇だとか、そういう役がハマるタイプなんですよね。 この娘役としての幅の狭さがどう影響するかは分かりませんが、 おっかさん系の仙名彩世がなんとかしたんですから、 まぁなんとかなる、かな。 笑 有沙瞳はリベンジを果たすか? 雪組時代の彼女は、 間違いなく 望海風斗の相手役第一候補でした。 バウヒロ直後にエトワールだなんて最終試験のようなものですが、 結果は残念ながら、同期の真彩希帆に敗れるかたちで星組へ組替え。 その後は綺咲の下で星組の娘2ポジションとして活躍し、 狙うは礼真琴の相手役か?と思いきや、 5期下の首席様・舞空瞳が堂々のお輿入れ。 もはやトップの座はこれまでかと思っていた中での、 ついに巡ってきているラストチャンスが、今まさに、という感じ。 彼女の人事的な強みは、 雪組なら 出戻りトップ人事となり、 彩風咲奈の相手役としてすんなり受け入れられるだろうことと、 月組なら月城かなととは雪組時代に新公&バウの相手役を務めた仲ですから、 いわゆる 「初恋人事」として 受け入れられるだろうことです。 唯一 宙組とは縁がありませんが、 その席に 潤花が動いたことを思えば、 雪組の席は彼女のために空いたと考えるのも不思議じゃありません。 まさに今、彼女に向かって「風が吹いている」と言えるでしょう。 高い経験値が武器になる? そして個人的に、彼女の一番の武器は、 ヒロイン経験値が豊かなことかもしれません。 現在の新型コロナによる人事の影響は、 直近だと娘役に、長い目で見ると男役に影響があると勝手に思います。 なぜ娘役が「直近」で影響を受けるかといえば、 コロナの影響で外箱公演が相次いで中止になっている今、 トップ就任直前の外箱で1回ヒロインさせときゃいい的な、 いつもの 水物突貫人事が出来なくなる可能性が高いからです。 本当は別の機会でヒロイン経験を積ませてから就任させたかったのに、 その公演が開催される目途すらたたなくなってしまった。 とはいえ宝塚の時計は止まらないし、 本公演だけでも進めていかなきゃならない。 じゃあどうるすか? 能力の高い、ヒロイン経験値の高い人に トップ娘役を務めてもらうしかないですよね。 それは例えば花乃まりあのクラッシュにより 生え抜き実力者であった仙名彩世に白羽の矢が立ったのと同様に、 イレギュラーな出来事があった際の補欠として優先されるのは 「実力者」「経験値」「組の縁」だと思います。 そう考えると、有沙瞳はまさにジャストフィット。 歌うまトップ娘役候補の大本命だと言えるでしょう。 地場産業としての宝塚に思う 今年の頭にはじめて宝塚大劇場に遠征した際に驚いたのは、 いたるところに池田泉州銀行の広告があり、 そこで有沙瞳がほほ笑んでいたことです。 東京にいると全く実感がありませんが、 地場産業としての宝塚を深く実感するとともに、 本拠地組が有沙瞳を応援したくなる気持ちがよく分かりました。 笑 あれだけ見かければ親戚の娘のような感覚になり 「彼女を是非トップに」と言いたくなりますよね。 少し前はトップ娘役の登竜門と言われた池銀ガールですが、 前任の伶美うららは夢を果たせず終わりを告げたわけで、 果たして彼女はそのリベンジを果たすことが出来るのか。 個人的には、 彩風咲奈&有沙瞳のコンビ、有りだと思います。 スター性が陽と陰で相性抜群だし身長差が萌えを生む、雪組出身コンビ。 いつも更新を楽しみに待っている者です。 もう本当に、雪次期娘1は有沙瞳さんでお願いしたいです。 歌えない娘1は、現花組のお一人で十分。 仙名さんのような、中堅の実力ある娘役を起用し、組の実力格差をなくさなければ、今回のコロナ渦をきっかけに我に帰ったライトファンは足が遠のくと思います。 蒼汰様は、どんな人でも思わず納得する、説得力のあるブログをお書きになられますし、劇団もチェックしていると思われますので、今後も時々そういう記事を発信していただけるとありがたいです。 よろしくお願い申し上げます。 コロナが人事に大きく影を落としているように思えます。 花より男子の再開が決まりましたが、公演数はほぼ現状維持でも長日程です。 つまり、空白の3か月を詰める気はありません。 退団予定のトップさんも、大きく遅れることになります。 外箱の時期は宝塚の一存でコントロールできません。 本公演がずれると、外箱を予定していた組と演目は困難に陥ります。 退団が決まっている4人の後任は既に内定を言われているので、今さら撤回はしないでしょう。 なので有沙が就任にしても、そうでないにしても影響はありません。 未来のトップスターへの影響は、就任の高学年化と公演数減で、カバーかなと思います。 逆に影響大なのはトップ娘役で、経験を積みづらいですから、その時点の中堅実力者が選ばれやすいような気がします。 いかがでしょうか? 有沙瞳さん、まさに今、彼女に風が吹いていると感じています。 もともと芝居巧者だと思っていますが、龍の宮物語で、改めて、繊細で豊かな感情の発露、場を動かす存在感、感情の乗った歌が作品世界を深める様…など、舞台人としてここまで到達していたのかと圧倒される思いでした。 そして、物語を動かす役割を果たしつつ、主役の瀬央さんを輝かせ、芝居の相乗効果で高めあっていく在り方に、娘役として積み上げてきた力を感じて、今の彼女なら…と期待が高まりました。 蒼太さんが咲妃みゆさんについて書かれていた、芝居力で相手役を輝かせることのできる、そんな力が有沙さんにも備わってきていると… 彩風さんの相手役として考えた時、咲さんの包容力と、相手を受ける芝居で輝く持ち味に、有沙さんの動の芝居がぴったりハマり、よきコンビネーションが生まれるように感じます。 ダンスは得意ではないかもですが、Rayの霊歌の場面では、軽やかな動きで小回りが効き、色香溢れて魅力的で、こういう見せ方が出来るなら行けるのでは?と。 最近は透明感を増してきてるようにも感じますし、潤花さん異動を考えた時、諸々のピースがぴったりハマるように感じる有沙さんの雪組帰り咲き、多いにアリなのではと… どんな発表になるのか楽しみです。 雪組娘役人事予想と言うか、有沙が娘1となれるのか、こちらも興味深いですね。 蒼汰さんの見解に頷かされることしきりでした。 ただ、他の方のコメントにもありましたが雪月次期娘1はコロナが生じる以前に決定され、本人にも通達がされていたと思います。 突貫人事の次期娘1にする筈の生徒が仮に存在していたとして、その場合は公演が出来なくとも撤回はないのかなと私も思いました。 有沙についてですが、トップ就任の可能性はゼロではなく有り得ると思います。 とは言え、私の一番の理由は池銀ガールだから、ですが。 勿論彼女の持ち味や実力は認めるところですし蒼汰さんの見解に概ね同意ではあるのですが、どうしてもタイムリミット感が否めません。 なので、池銀ガールを二代続けて就任無しに出来ないと就任させるのか、今後は池銀ガールは娘1への切符とイコールでは無いときっぱりと明確に意思表示するのか、ひょっとするとそこが劇団の狙いなのかなと勝手に思っています。 なので、私としてはどちらかと言うとトップ就任は難しいのではないかという見解に近くなってしまうのですが、いかんせん私の予想は全く信憑性がなく、その昔は壮や北翔についてトップ就任は難しいだろうと予想していたりもしました。 そういう意味では逆に有沙のトップ就任はかなり可能性が高いですね。 寧ろそれを願います。

次の

有沙瞳のリベンジ・次期歌うまトップ娘役選手権

宝塚 ルネサンス ブログ

お久しぶりです。 今月も雨だれのような更新頻度ですしかも宝塚関係ない記事の方が多いまあ公演が無いとそんなもんですねさて、いつ発表されるか気を揉んでいた東京宝塚劇場公演の再開が発表されました目出度いけれど、ここのところの感染状況がどうなるか、ちょっと心配ですね。 あまり拡がらないといいんですが。 東京公演も順番通り、星組からスタート。 7/31~9/20まで。 それに伴って、みつるくん(華形ひかる)の退団日、組長副組長人事、柚長さん(万里柚美)の異動も改めて発表されました。 花組公演同様、8/14までは13時半からの一日一回公演のみ、それ以降は2回公演も始まります。 お席は最前列を空けて、その他は千鳥の配席。 これ、いつまで続くんでしょうねマスクして、声を出さなければOKじゃないかと思うんですけどねそして舞台上、舞台裏での三密を... 東京宝塚劇場再開と花組チケット 待ちに待った公演再開のニュース!! 日程の発表だけですが気持ちが明るくなります。 公演スケジュールについて 宝塚大劇場公演 花組『はいからさんが通る』 7月17日(金)~9月5日(土)新人公演8月4日 今の所、ちゃんとした日程が出されているのは花組公演だけですが、年内の公演の予定として月組公演(106期生初舞台公演)『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』、宙組公演 三井住友カードミュージカル『アナスタシア』が発表されています。 106期生、本来なら2020年4月24日にお披露目となるはずでしたが、4ヶ月以上も延びてしまうことになります。 勝手に想像しているのですが、演出も今までと違って対策を講じたものに変更となるのではないかと思っています。 東京宝塚劇場公演 星組『眩耀の谷~舞い降りた新星~』『Ray-星の光線-』 7月31日(金)~9月20日(日)新人公演8月20日 東京宝塚劇場の年内の予定として、花組公演『はいからさんが通る』、月組公演『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』が発表されています。 星組公演、密を避けるため、1公演あたりの出演者を減員。 下級生が、A日程・B日程と2組に振り分けられ、それに伴い演出も一部変更と発表されました。 ブルーレイとル・サンクは発売済み(取得済み)なので、スカイステージ用の録画は東京公演A日程とB日程の2パターンになるんですよね??(千秋楽はB日程) 組子みんなが一丸となって・・・とならないのがモヤモヤしますが仕方ないですね。 星組公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』初日舞台映像(ロング) そう言えば、キャトルレーヴ東京劇場店 ムラと違って狭い。 密は避けられないよねと思っていたら 店内混雑回避のため、ご観劇のお客様のみのご利用(劇場改札内からのご入店)とさせていただきます。 恐れ入りますが、ご観劇されないお客様は日比谷店のご利用をお願いいたします。 ちゃんと案内が出されていました。 星組公演 初日が7月31日(A日程) 無事に舞台の幕が開くことを祈ります。 そして 退団から7ヶ月。 コロナの影響で活動もままならなくなり みんなが楽しみにしてた みりおちゃんの声優デビュー、実… 東京宝塚劇場公演の日程が発表されました。 それに伴い延期となっていた退団と移動の日程も決まりました。 専科 華形 ひかる 2020年9月20日(星組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団。 このような事態でなければ2020年5月3日で卒業となる予定でした。 4ヵ月半も延期。 スターメッセージで紫門ゆりやが話していた通り、まだ男役としていて下さるのは凄く嬉しい事。 星組の東京公演日程 2020年7月31日(金)~ 9月20日(日) 今までより長い日程となっています。 男役 華形ひかる カッコいい~!!! この姿をまた観られるのは本当にありがたいですね。 星組 組長・副組長の就任について こちらも就任日が確定しました。 3月9日の宝塚大劇場千秋楽の時に撮ったスチール。 公演が再開されるとわかって改めてみると、わくわくしてきますね。 本日もご訪問ありがとうございます ランキングに参加してます!.

次の

ついに東京宝塚劇場も再開へ!!

宝塚 ルネサンス ブログ

音楽学校首席入学…天海祐希さん 「 音楽学校首席入学」で一番有名なのは 天海祐希さん! 音楽学校の受験の時に、関係者から「 よくぞ産んでくださいました!」と お母様が声をかけられたという伝説があります。 天海さんは受験前に受験スクールに高校生になって通われただけなので、歌もダンスも特別上手だったわけではありませんが、整った顔立ちと何よりも『華』があるので、受験時に既に面接官の間で脚光をあびたのでしょう。 入学時は容姿、オーラなどトータルの面での評価での成績のようです。 下記に「首席入学者」を調べてあげました。 一学年に、「中卒」、「高1中退」、「高2中退」、「高卒」で入学した人がいて、年齢の幅がありますが、首席入学者には、一人も「中卒」の人はいませんでした。 全員高校に在籍後入学した人たち。 一番年下の「中卒者」には、みんなをまとめるには荷が重いので、そういう配慮があるのかもしれません。 首席入団者には、彩風咲奈、 留依蒔世、暁千星、舞空瞳、花束ゆめ、音彩唯など 「中卒者」がいます。 首席入学者は、「新入生総代」として答辞を述べ、マスコミからも注目されます。 入学早々、与えられるプレッシャーも大きいようです。 音楽学校での試験 前期・後期の二期制の下、中間試験や期末試験が行われるようです。 成績の順次もこの試験によって変わります。 委員は試験ごとには変わらないようで、半年とか1年単位なのかな。 (調べてもわかりませんでした) 本科生の卒業試験が、入団時の成績になります。 首席入学兼首席入団者 首席入学兼首席入団者は、とても期待されている優秀な方たちだと思います。 76期生 純名里沙、80期生 霧矢大夢、84期生 仙堂花歩、91期生 天寿光希、100期生 蘭尚樹、101期生 鷹翔千空です。 そのうち、 純名里沙さんと 霧矢大夢さんは、トップ娘役、トップスターに就任しています。 鷹翔千空くんについて 今日千秋楽を迎える、宙組バウ『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』で、2番手男役として大活躍。 3拍子揃った実力と長身のスタイルの良さで。 スターとしての可能性を魅せてくれました。 まだ101期生なので、トップスターになるかどうかは、まだ先ですが、期待できると思います。 首席入学の朝美絢くんと永久輝せあくんについて 朝美絢くんの「顔の美しさ」は、音楽学校の受験時から、天海祐希さんと同じくらい惹きつける魅力があったのだと思います。 永久輝せあくんも、舞台化粧が映える顔立ちで、バレーで鍛えたダンス力をかわれて、受験時からの劇団の期待値が高かったのでしょう。 「首席入学」からのトップスター就任は、多くはありませんが、朝美絢くんと永久輝せあくんについては、期待できると勝手に期待しています。 2期違いの二人が、ひとこちゃんの組替えによって違う組になることは、互いによりトップスターに就任への可能性が高くなったと思います。 81期生の ふづき美世さんの後、首席入学者の中から、トップスターに就任した人が出ていないので、95期、97期の二人は、14年ぶりの就任で期待できるのでは? ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。

次の