ダヴィンチコードあらすじ。 『ダ・ヴィンチ・コード』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末まで!|よなよな書房

映画『ダ・ヴィンチ・コード』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ダヴィンチコードあらすじ

Story 学会出席のためパリに滞在していた高名な宗教象徴学者ラングドンに、ある深夜、緊急電話が入る。 今夜会う予定だったルーブル美術館の館長ソニエールが殺害されたというのだ。 警察より象徴学者の立場から捜査協力を求められたラングドンは、ルーブル美術館に急行する。 ソニエールの死体は、ダ・ヴィンチの有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。 ソニエールの孫娘にして暗号解読官でもあるソフィーは、祖父が自分にしか分からない暗号を残していることに気づく。 ラングドンは警察から犯人と疑われるが、彼が犯人ではないと確信するソフィーの機知により苦境を脱した。 暗号の解明に取りかかったふたりは、殺されたソニエールが〈キリストの聖杯の秘密〉を守る秘密結社シオン修道会の総長だったことを知る。 ソニエールは、聖杯の秘密を、それを伝えるに相応しい者に継承するためにコード(暗号)を残したのだ。 一方でソニエールを殺害した犯人シラスと彼の属する『オプス・デイ』も、聖杯の秘密を追っていた。 「教会の名誉を守る」という狂信に踊らされて…。 そして、その毒牙もまたラングドンたちを狙う。 警察の追跡を振り払いながら、暗号を解き進むふたりは、新たな協力者を得た。 著名な宗教史学者で聖杯伝説研究の第一人者ティービングである。 そして、彼らが辿り着いたのは、ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くしてメッセージを書き込んだ〈最後の晩餐〉だった。 しかも、キリストの子孫は今も生きていると…。 そして、聖杯の隠し場所には、マグダラのマリアの遺体と、彼女の生涯を伝えるサングリアル文書が眠っているという。 こうして、3人は最後の鍵を解くためにイギリスへ飛ぶ。 しかし協力者だとばかり思っていたティービングこそ、ソニエール殺害の黒幕だった。 彼の真の目的は、カトリック教会にとって大スキャンダルとなる聖杯の秘密を手に入れて、世界に公表すること。 オプス・デイさえも巻き込んでの一大計画だった。 だが、ラングドンたちを追跡してきたフランス警察により、ティービングは逮捕される。 ラングドンとソフィーは、ソニエールの最後のメッセージに記されたロスリン礼拝堂に向かう。 そこでソフィーが見たものは、子供の頃に死んだと聞かされていた弟と祖母の姿だった。 そして、ついに明かされる家族の真実。 実は、ソフィーこそキリストとマグダラのマリアの直系の子孫だったのだ。 しかし、聖杯の秘密はここでも見つからなかった。 パリに帰ったラングドンは、ある可能性に心が引かれ、ルーブル美術館へ行く。 そこには、ソニエールが残したメッセージにぴったり当てはまる場所があった。 そして、ついにラングドンは聖杯のありかを発見する。

次の

「ダ・ヴィンチ・コード」出版秘話をもとにしたミステリー 「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」を採点!

ダヴィンチコードあらすじ

映画『ダ・ヴィンチ・コード』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 ダ・ヴィンチ・コードの登場人物(キャスト) ロバート・ラングドン(トム・ハンクス) 宗教象徴学の講義を担当する大学教授。 事件の背景に宗教学的な意味が隠されている事から、その知識を買われ事件解決に協力する事に。 ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ) 捜査官であると同時に、数学の専門家でもある女性。 大胆な行動力を持ち合わせており、ラングドンの相棒として事件解決に動く。 シラス(ポール・ベタニー) 敬虔なオプス・デイ信者。 キリストは神であるという説を守る為に、ジャック・ソニエールを殺害する。 ジャック・ソニエール(ジャン=ピエール・マリエール) ソフィーの父親であり、ルーブル美術館の所長。 秘密集会、シオン修道会のメンバー。 ダ・ヴィンチ・コードのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『ダ・ヴィンチ・コード』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 ダ・ヴィンチ・コードのあらすじ【起】 フランスの夜更け、ルーブル美術館の所長であるジャック・ソニエールが、シラスという修道着を纏った男に銃殺されました。 しかし、死の直前ソニエールはある人物にダイイング・メッセージを残していたのです。 その人物とはロバート・ラングドン教授、大学で教鞭をとっている宗教象徴学の専門家です。 ソニエールの死に方は、まさしくその宗教象徴学に関係しているものでした。 常に五芒星の印を刻んだソニエールは、レオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図になぞらえてあったのです。 現場へと赴いたラングドンでしたが、数学の専門家で捜査官であるソフィー・ヌーヴゥーという女性が近づいてきます。 彼女は実はソニエールの孫娘にあたる人物で、彼に「ファーシュ警部に気づかれない様に動け」と忠告をしてきます。 実はファーシュ警部がラングドンをこの場に読んだのは、彼が宗教象徴学の専門家だからではなく、彼がこの事件における第一容疑者だったからなのです。 自分に降りかかる嫌疑を晴らそうと、ラングドンはソフィーと共に事件の捜査に乗り出しました。 ダ・ヴィンチ・コードのあらすじ【承】 ラングドンは、遺体の側に書かれた数字がアナグラムだという事に気付き、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」という文字を示している事に辿り着きます。 ダ・ヴィンチの代名詞であるモナ・リザを訪れたソフィーとラングドンは、そこに新たな暗号を発見します。 そして次々と連なる暗号を解いていった2人は、最終的に百合の紋章が刻印された銀機構の貸金庫の鍵を手にします。 ソフィーはこの鍵に見覚えがありました。 それはかつて、ソニエールが所持していたものだったのです。 ラングドンはこの鍵から、シオン修道会という秘密集会の存在に思い至ります。 シオン修道会とはキリスト教の宗派の一つで、水面下で宝物が受け継がれていたのです。 しかしシオン修道会には相対する、オプス・デイという組織がありました。 シオン修道会の一員であったソニエールは、オプス・デイのメンバーであるシラスに殺されたのでした。 貸金庫の中には、バラのマークが刻印された木箱が隠されていました。 その木箱の中には、5桁の暗証番号を入力する、ダイヤル錠がしまわれていました。 ダ・ヴィンチ・コードのあらすじ【転】 シオン修道会が長年秘匿にしていた宝物とは、聖杯の事でした。 しかし聖杯といっても盃を意味するのではなく、女性の子宮の形を聖杯に例えたものです。 宗教上、キリストの妻であったとされるマグダラのマリアは、キリストが磔にされた当時キリストの子供を身ごもっていました。 つまりシオン修道会が指す宝物とは、キリストの直系の子孫の事だったのです。 しかし、オプス・デイはキリストを人間ではない神として捉えたい為、キリストを人間と証明してしまうその存在、また、キリストの権威を継ぐ人間が女性である事が許せず、こうしてシオン修道会の宝物を奪おうとしているのでした。 一方ラングドンは、木箱の中から見つけ出した5桁の暗号解読に躍起になっていました。 木箱の裏側に鏡文字が刻まれている事に気がついたラングドンは、長年の知り合いであるリーの助けを借り、ロンドンへと針路を変えます。 その途中、シラスがラングドン達に襲いかかります。 しかし、リーの機転により警察が到着、シラスは警察隊によって銃殺されるのでした。 ダ・ヴィンチ・コードの結末・ラスト(ネタバレ) 何とかロンドンへと辿り着いたラングドンとソフィーは、暗号が隠されているであろうアイザック・ニュートンの墓に向かいます。 しかしそこには銃を構え2人を待ち構えるリーの姿がありました。 宗教学者であるリーは、聖杯の研究をしたいが為に2人から手がかりを奪おうとしていたのです。 しかしラングドンはその手がかりをリーに渡すくらいならば、とその場で破壊してしまうのでした。 リーは到着した警察によって捉えられます。 しかし実は、ラングドンは既に暗号を解いていました。 5桁の暗号とは、アイザック・ニュートンに まつわるAPPLEという言葉でした。 鍵が開くと、ロスリン礼拝堂を指す手がかりが入れられてきました。 礼拝堂へと赴いた2人は、シオン修道会のマークである、百合の紋章が刻まれている隠し扉を見つけました。 その中には大量の文献が貯蔵されており、その中の記事から、ソフィーがソニエールの実の孫娘ではなく、キリストの子孫であるという結論を導き出します。 つまり、シオン修道会の指す宝物とはソフィーの事だったのです。 ソフィーはシオン修道会に保護される事となり、ラングドンは自身の嫌疑を無事晴らしたのでした。 ダ・ヴィンチ・コードの感想・評価・レビュー 初見で全てを理解することは不可能と思われるほどに難解だが、謎解きは面白い。 重厚でなかなか考えさせられる作品だったと思う。 テーマと謎解きが結びついていて、新鮮味を感じた。 パリの映像がすごく美しい。 映像に気を取られると物語についていけなくなるが、一度入って観たくなるほどにパリを美しく映している。 原作を読んでからもう一度この作品を見ると、理解度が飛躍的に上がる。 初見でわかりにくかった部分も、簡単に理解できる。 原作を読んでから鑑賞することをお勧めするが、かなりの大作なので苦労するかもしれない。 (男性 20代) トム・ハンクス主演、サスペンス作品。 宗教象徴学の教授、ラングドンがキリストの聖杯を巡りレオナルド・ダ・ヴィンチが仕掛けた謎に挑み、その裏でうごめく陰謀と対峙する姿を描く。 主人公・ラングドンの自らに殺人の嫌疑が掛かりながらも謎に対する探究心から聖杯を追い求める姿は探究者の意地と心意気を感じさせる。 また、作中で解き明かされる謎はどれも歴史の謎、影の部分と密接に関係しており非常に興味深い作品となっている。 (男性 20代) キリスト教色が強く、無宗教派が多い日本人にはなかなか理解しがたい作品だと思う。 私は原作を読んだことはないので、謎解きやストーリーのテンポがやたら速く感じ、集中してついていくのに精一杯だった。 主人公ラングドン教授は登場してすぐ、事件の第一容疑者として追われる立場になる。 追われながらもすぐれた頭脳で謎解きをしていくラングドン教授とソフィー。 緊迫感もあり、分からない部分がありながらも少し楽しめた。 「聖杯」を壊すために人殺しをしたシラスは表情や肌の色などの外見的、そして異常な信仰心などの行動から狂気さが滲み出ており、この映画のスパイスとなっていて良かったと思う。 (女性 20代) 謎解きや張り巡らされた伏線がとても面白くドキドキしました。 聖杯や絵画など宗教学や聖書、ヨーロッパの歴史などが好きな人にはたまらないはずです。 トム・ハンクスが頭脳明晰で落ち着いた雰囲気のラングドン教授にピッタリ。 最後の晩餐の解釈など本当にそうだったら…とロマンをくすぐられ、見た後はもっと聖書やキリスト教の歴史などを勉強したくなる。 ルーブル美術館や礼拝堂などヨーロッパの歴史的建造物や街並みの美しさも見どころの一つ。 宗教絡みの作品で難しさはあるがミステリーサスペンスで重厚感がありハラハラ、ワクワクできるとても面白い作品。 (女性 30代) キリスト教に関するサスペンス・ムービー。 キリスト教関連の難解なワードがたくさん出てくるので、一つに拘って考えているとすぐに話に置いていかれてしまう。 二回目以降の方がスムーズに飲み込めるかも知れない。 ラングドン教授の知性の深さや機転によって謎が解けていく瞬間は、目を離せないハラハラ感がある。 徐々に深まる謎に加え、今回はアクションシーンも多めだった。 ソフィーがキリストの子孫というオチにはかなり驚いたが、いいラストだったと思う。 (女性 20代) 関連作品 次作 ヨーロッパ世界を理解するためには、宗教、つまりキリスト教を知らなければならない。 大学でヨーロッパの文化を学んでいた時に実感しました。 日本人には、キリスト教はなじみが薄いものですが、物語としての魅力があると思います。 世界史や美術が好きな人にもおすすめです。 中世ヨーロッパの十字軍遠征やコンスタンティヌス帝の話など興味深い。 そして、なによりもダ・ビンチが描く「最後の晩餐」の謎解きがわくわくします! フィクションではあるが、こういった宗教シンボルの解釈や読み方ができるのなら、聖杯が女性の象徴というのも納得できます。 これまでの生き方が役に反映され、年々渋みが増してくる俳優トム・ハンクス。 彼の魅力は、役や映画を選ぶのではなく、なにか見えない糸で映画の世界に導かれているかように思います。 本作は、ロン・ハワード監督と再び挑んだ知的ミステリー。 冒険物語としても、緊張感や新しい知の扉を開いてくれる秀作です。 原作本を読んでから観ると、さらに理解が増しますよ。 ただ、謎が解ける瞬間が早い!天才すぎます! ルーブル美術館の全面協力で撮影が進んだといわれており、ルーブル美術館とそこに展示している絵画の魅力にも注目して下さい。 2009年には、シリーズ第2弾の「天使と悪魔」が公開されました。 カルメンゴ役のユアン・マクレガーの怪演も話題になりましたが、本作よりアクション性が強くなっています。 クリスマスの時期が近づくと、小さい頃にサンタクロースを信じていた事を思い出します。 もし、自分が信じるものが事実と違っていたら?と考えると怖いですよね。 聖杯が女性を象徴し、しかもマグダラのマリアとキリストは夫婦関係にあったというのですからワクワクします。 イタリアを旅する機会があれば、ダ・ビンチの絵画をじっくり観たくなりますね。 本作の魅力は、物語としての面白さとラングドン教授の人間性の相乗効果にあるのではと思います。 ぜひ、原作も併せて読んで下さい。 映画だけだと、キリスト教世界になじみのない日本人はとまどうところが多いです。 そこも含めて、一緒に謎解きが楽しめるのがいい。 ただ、あまりにラングドン教授の解答が早すぎて、もう解けちゃったの?と思うシーンもあります。 相棒役が「アメリ」の主人公を演じたオドレイ・トトウ。 上品な印象です。 ジャン・レノ演じる、ファーシュ警部はイマイチな感じがしますが、豪華な俳優陣の共演にも注目して下さい。

次の

ダヴィンチコード(映画)無料フル動画情報!Dailymotionやパンドラも調査|映画TIMES

ダヴィンチコードあらすじ

天使と悪魔のネタバレあらすじ2 そんな中ローマの素粒子研究所の研究員の男性研究者(60~70代くらい)が研究所の一室で眼球を刳り抜かれて死んでいるのが発見される。 そして反物質という強大なエネルギーを持った物質が盗難に遭っていた。 この物質はごくわずかでも莫大な爆発力があり、バチカンを壊滅させられるほどです。 ラングドンは、殺された研究員の同僚であるヴィットリア・ヴェトラと伴に捜査を開始する。 イルミナティの仕業ではないかという疑いを強め更なる捜査を続ける。 そんな中訪れた工事中の教会(カペラ・デッラ・テーラ礼拝堂)の床下から誘拐された内の一人が下半身を床下に埋められた状態で発見される。 天使と悪魔のネタバレあらすじ3 更に捜査を続けると遺体発見現場と十字架が関係している事に気づく。 さらには、投票結果発表場所であるサンピエトロ広場では結果を心待ちにする民衆が夜空の下で今か今かと待ちわびている。 そんな会場である少女が持っていたぬいぐるみを落としてしまう。 少女は、ぬいぐるみを拾おうとしゃがんだ。 天使と悪魔のネタバレあらすじ4 更に間髪いれずに3人目の被害者が出てしまう。 3人目はサンタ・マリア・デッラ・ビットリア教会で火によって殺される。 ラングドン達は次の犯行場所をこの教会と特定しすぐさま現場へ駆けつけるが時すでに遅し、被害者は教会の真ん中に吊され叫びもがき苦しんでいた。 その下には真っ赤に燃えさかる炎が。 ラングドン達は必死で助けようと試みるが名案が全く浮かんでこない。 肩を落とすがそうこうしても居られない。 4人目がまだ見つかっていない。 すぐさま駆けつけるとバッジア枢機卿がまさに犯人達によって噴水に落とされる瞬間であった。 被害者は木のいすに括り付けられてその椅子には爆弾が仕掛けられていた。 ラングドン達は必死で犯人を追うが乗ってきた黒いバンで逃げられてしまう。 犯人を諦めてバッジア枢機卿を噴水から救い出し応急処置を施すと幸運にも彼は無事だった。 天使と悪魔の結末 反物質の場所も特定され、ラングドン達がその場へ向かうもすでに時間切れのため爆発が避けられない状況になっていた。 カメルレンゴは反物質をその場から持ち去り、ヘリコプターに乗り天高く上昇していった。 上空で大爆発するもバチカンは壊滅から救われることになります。 寸前で脱出したカメルレンゴはパラシュートで降り立ち、称賛されます。 では、犯人は?その犯人はイルミナティではなくバチカン内部にいたのです。 犯人は幹部中の幹部カメルレンゴであった。 英雄となり新教皇に選出されることが彼の真の目的だったのです。 そんなカメルレンゴは、ラングドン達に追い詰められサンピエトロ大聖堂中央の天蓋の階段を降りたところで焼身自殺をする。 事件も無事解決?したところでコンクラーベが実施され、バッジア枢機卿が選出され、新ローマ教皇として民衆にお披露目されるのだった。 以上、映画「天使と悪魔」のあらすじと結末でした。 ダ・ヴィンチ・コードシリーズのあらすじ一覧 (2006年) (2009年) (2016年).

次の