ポリリズム 歌詞。 ポリリズム 歌詞 Perfume ※ uk.mylively.com

Perfumeのポリリズムについて! ポリリズムの歌詞の中に、「あぁ...

ポリリズム 歌詞

【ポリリズムってどんなリズム?】 あの有名曲にも実際に取り入れられているあの音楽リズム。 どんなリズムなの? 「ポリリズム」という音楽用語があります。 有名な音楽ユニットさんの曲で有名になったので、言葉をご存知の方も多いと思います。 しかしこの「ポリリズム」。 もともとはけっこうマニアックな音楽用語なんですよ。 今回はそんなポリリズムのご紹介。 ポリリズムとはどんなリズムでしょうか? まず、ポリとは「複数の」という意味です。 なので「複数のリズム」ということですね。 つまりポリリズムとは 複数の異なるリズムや拍子が同時進行している音楽のことなんです。 この技術はあの有名曲にも実際に組み込まれているんですよ。 音源をお持ちの方はぜひ聞いてみて下さい。 1回目のサビが落ち着いたあたりです。 これがポリリズムです。 またベースをず~っと聞いてみましょう。 実はポリリズムはアフリカやインド、ジャワなどの民族音楽にもみられます。 インドではターラと呼ばれるリズム体系が発達しています。 インドのポリリズムはかなり複雑に発達しているんですよ。 クラシックの有名曲でも「木星」の冒頭など、実はあちこちで使われています。 メロディーやハーモニーも素敵ですが、 リズムを掘り下げた音楽というのもあるんですね。 興味のある方はぜひ色々聞いてみて下さい。 きっとかなり奥深い世界が見えてきますよ。 関連記事 リズム感で悩んでいる方必見!リズムのオモテとウラを感じよう! 太鼓で「ザーーーッ」なんて音を一体どうやっているのか、アナタは想像できますか? 倍音って言葉は知っているけど、いまいちピンこない方。

次の

歌詞 「ポリリズム」Perfume (無料)

ポリリズム 歌詞

エコロジーというタイトルの曲の歌詞で使われるプラスチックの意味が「エコ」で共通させるのは繋がりの流れとしても発想的に自然ですし。 作る音楽は「クラブで客の反応が良かった音楽を作る」のが中田ヤスタカスタイルだとして本人が語ってます。 だから、「作られる音楽が飽和されて再利用ばかりになってきてしまった2000年以降の軽さ」や「2000年代の"エコ"という単語の流行」を「今流行ってるから」と「プラスチック」に例えて、自分でもその例え方が気に入って使っているのではないかとも考えられます。 これが一番中田ヤスタカの哲学とマッチしてると思います。 やたら毎回インタビューで客に合わせて作る音楽変えてるみたいに言ってるので、時代に合わせるの好きなのかなみたいなこと思ってしまいます。 かなり強引にこじつけると、まずプラスチックの一種であるペットボトル(=プラスチック)の再利用マークは三角形です。 そしてポリリズムも典型的なイメージは三拍子系のと四拍子系との絡まりです。 つまり「あのペットボトル再利用マークは、ポリリズム的」ともイメージ的には繋がらなくもないです。 ポリリズムが最初に放映されたACのCMでもその再利用マークが出てきています。 歌詞までそうでした。 「~のふり」とか入れてましたし、やたら渋谷系の一要素であった「洗練された軽薄」的な雰囲気を踏襲していました。 なのでもしかしたら小西康陽がわりとキーワードとしてた「レディメイド(既製品、量産型)」的な概念をそのまま踏襲し、そしてさらに小西康陽が活躍していた当時よりもさらに薄ーくなってしまった現代を「プラスチック」という、より軽薄でポップな概念としてキーワードとしてゴミになるまで使いつくそうとしてるんじゃないだろうかと想像できます。 中田ヤスタカはperfumeのポリリズム内での他に、プラスチックという単語を「プラスチックポップ」「プラスチックスマイル」「プラスチックガール」という曲でも使っています。 これはレディメイド的な、渋谷系的な、ピチカートファイヴがやっていた軽薄な使い回し的な雰囲気のパクリ(軽薄な使い回しをパクルことでさらに軽薄感が出るし一石二鳥)をしてるんじゃないか的な。 ですが全然あり得ると思います。 「恋する惑星」というタイトルは映画でも曲でもあって、良いタイトルだと思います。 恋するプラスチックじゃダメだし、プラスチックな恋、プラスチックみたいな恋、今度使おう」的なことを考えてて持ってきたってのもありえない話じゃないです。

次の

「Perfume」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

ポリリズム 歌詞

【ポリリズムってどんなリズム?】 あの有名曲にも実際に取り入れられているあの音楽リズム。 どんなリズムなの? 「ポリリズム」という音楽用語があります。 有名な音楽ユニットさんの曲で有名になったので、言葉をご存知の方も多いと思います。 しかしこの「ポリリズム」。 もともとはけっこうマニアックな音楽用語なんですよ。 今回はそんなポリリズムのご紹介。 ポリリズムとはどんなリズムでしょうか? まず、ポリとは「複数の」という意味です。 なので「複数のリズム」ということですね。 つまりポリリズムとは 複数の異なるリズムや拍子が同時進行している音楽のことなんです。 この技術はあの有名曲にも実際に組み込まれているんですよ。 音源をお持ちの方はぜひ聞いてみて下さい。 1回目のサビが落ち着いたあたりです。 これがポリリズムです。 またベースをず~っと聞いてみましょう。 実はポリリズムはアフリカやインド、ジャワなどの民族音楽にもみられます。 インドではターラと呼ばれるリズム体系が発達しています。 インドのポリリズムはかなり複雑に発達しているんですよ。 クラシックの有名曲でも「木星」の冒頭など、実はあちこちで使われています。 メロディーやハーモニーも素敵ですが、 リズムを掘り下げた音楽というのもあるんですね。 興味のある方はぜひ色々聞いてみて下さい。 きっとかなり奥深い世界が見えてきますよ。 関連記事 リズム感で悩んでいる方必見!リズムのオモテとウラを感じよう! 太鼓で「ザーーーッ」なんて音を一体どうやっているのか、アナタは想像できますか? 倍音って言葉は知っているけど、いまいちピンこない方。

次の