失業 保険 いくら。 失業保険っていくらもらえるの?生活できる金額?【2019年8月~2020年7月】

失業保険はいつからいくらもらえる?受給条件や金額、期間をわかりやすく解説!

失業 保険 いくら

それは「 基本手当」といって、「求職者給付」のなかの一部分で、それ以外に「 就職促進給付」、「 教育訓練給付」、「 雇用継続給付」があります。 失業保険を受けようとする者は「働く意欲があり、就業先を積極的に探している人」が対象ですから、離職したがすでに次の就職先が決まっているという人は対象外です。 では、雇用保険のおさらいをしておきましょう。 5%を納めます。 (事業主の負担は0. 85%です。 手続きが遅れると受給できる期間が短くなってしまいます。 今回は、失業保険(基本手当)についてご説明します。 賞与は含みません。 離職直前の賃金が高いとそれに比例して基本手当日額も高くなる。 離職前の数カ月間に残業が多かった人は、受給額が増えるというわけです。 ですから、年金と違って納めた保険料に対して支払われる額が決まるわけではないので 、 10年間保険料を払っていた人も1年間しか払っていない人も、離職前6ケ月分の賃金で基本手当日額が決まります。 (なんか不公平ですよね・・・) また、雇用保険料は比較的安いので、例えば賃金が20万円だった人の場合(自己都合退職、35歳、10年間勤務)は、月の雇用保険料は1000円ぐらいです。 そうすると年間約12,000円、10年間で約120,000円を納めたことになりますが、離職後は、120日分で約57万円がもらえますので、支払った保険料のわりに受給額が多いです。 1年間だけ働いて離職した人も、同じ給与額なら、基本手当が同額なので90日分で約42万円がもらえます。 これは生活できる水準を考慮しているためで、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みです。 離職前の賃金が高かった人ほど給付率が低く、賃金が低かった人には高い給付率が適用されるというわけです。 給付日数はどうやって決まる? 「給付日数」についてですが、これは「離職理由」によって違ってきます。 離職理由は 「自己都合」によるものと 「会社都合」とに分けられます。 「自己都合」とは、会社が嫌になったので辞めて転職したいとか海外へ行くためなど「自身がその会社で働くことを希望しない」という人です。 会社都合による離職とは「働き続けたかったが事情があって離職せざるをえなかった」という人で、さらに 「特定受給資格者」と「特定理由離職者」に分けられます。 「特定受給資格者」 会社が倒産して解雇された人や、有期契約で3年以上働いており本人は継続して働きたかったが、会社が契約を更新しなかったという人のこと。 「特定理由離職者 」 有期契約や派遣契約で継続して働くことを希望していたが、会社が契約を更新しなかった人や病気や出産、家族の介護、または転居により通勤が不可能となった人や人員整理で希望退職者に募集して離職した人など「正当な理由のある離職者」のこと。 また、加入期間が1年未満は「給付なし」です。 年齢が高く、加入期間が長くなるほど給付日数が増えます。 最高は330日です。 会社都合で離職すると半年間働いただけで90日の給付が受けられるというわけです。 加入期間が5年以上の人または45歳以上の人は、離職理由によって給付日数が大きくかわります。 なお、 8ケ月間働いて離職し、その次の会社で4ケ月働いて離職した場合 加入期間が通算されますので、2年間さかのぼって、11日以上働いた月が12回以上あれば、対象となりますので、短期的なお仕事であっても雇用保険に加入していれば「離職票」を発行してもらいましょう。 雇用契約書では週20時間未満の労働条件となっていても、実際にはそれ以上働いているという実態がある場合 会社に話をして是非、雇用保険に加入してもらいましょう。 言い換えれば、長期的に働いていなくても給付が受けられるお得な保険であるということです。

次の

国民健康保険:社会保険から切替えると保険料はいくら?計算方法を確認

失業 保険 いくら

あわせて読みたい 失業保険の手続きには、会社から届く離職票がないと進められません。 「いつ届くの!?」という方は、下記のページを読むとだいたい分かると思います。 「仕事をやめて家賃が払えない…」という方は、住居確保給付金を調べてみてください。 国が家賃を出してくれるかも。 自分はあまり詳しくないので、厚生労働省のリンクだけ貼っておきます。 以下、失業保険に関連する記事です。 もしよければ読んでみてください。 退職時の年齢:32歳• 賃金日額 :4,200円• 所定給付日数をもとめる 退職時の年齢と退職理由、勤続年数によって、所定給付日数が変わります。 基本手当日額が同じ4,000円でも、所定給付日数が90日なら36万、120日なら48万…って感じですね。 ちょっとむずかしいですが、下記から 自分の所定給付日数を探してください。 32歳で会社都合により退職、勤続年数が3年の方なら、赤枠の部分になります。 会社都合でやめた方は上の表、自己都合の方は下の表を参照(心身に障害がある等、就職困難者の表は割愛) 4. 失業保険の総額をもとめる あとは、基本手当日額と所定給付日数をかけあわせると、失業保険の総額をもとめることができます。 ちなみに、就職先が早く見つかると基本手当が打ち切られ、かわりに再就職手当をもらえます。

次の

国民健康保険の保険料っていくらになるの?

失業 保険 いくら

まず最初に・・・ これから国民健康保険料の計算仕方を細々と書いていきますが、あなたが住んでいる市区町村の役所の国民健康保険課に問い合わせをすれば保険料がどれぐらいになるのか1~2分で計算してくれるので、自分で計算するのが面倒な人はこの記事を特に見る必要はありません。 前年の所得を算出する まずは保険料のもとになる「 前年の所得」を算出します。 前年の所得が分からない場合は、会社を退職時に交付された源泉徴収票、個人事業主などで確定申告をしたことがある方なら確定申告書Aに記載されているので確認して下さい。 前年の所得から基礎控除額を引く 前年の所得が分かればそこから基礎控除額の33万を引き算して下さい。 その額のことを「 基準総所得金額(基準額)」と呼びます。 所得が33万円以下であれば基準額は0円になります。 住んでいる市区町村を確認 国民健康保険の保険料は所得が同じでも、住んでいる市区町村によって保険料が異なりますので、自分の住民票を置いている市区町村を確認して下さい。 まー、考えなくても分かりますよね・・・ 笑 4. 保険料を算出する 保険料を算出する材料は揃いましたので、ここからは具体的に保険料の算出をしていきます。 保険料の算出方法は各自治体によって異なりますが、ここでは大半の自治体で行われている方法で算出していきます。 3つのカテゴリから保険料は成り立っている 基本的には「 医療分」「 支援分」「 介護分」の3つの保険料を合せた保険料を支払うことになります。 それぞれの詳細は説明しませんが、覚えて欲しいこととして介護分に関しては40歳~64歳までの介護保険第2号被保険者しか該当しませんので、それ以外の被保険者は支払う必要はないです。 保険料の賦課方法 保険料の賦課方法は、これも各自治体によって異なりますが「 所得割」「 資産割」「 均等割」「 平等割」の4つの賦課方法があり、3つのカテゴリでそれぞれ計算します。 所得割 所得割は先ほど計算した所得に応じて発生する保険料です。 所得が多い人ほど所得割分の保険料は高くなります。 資産割 資産割は持っている土地や家の価値によって保険料が変わります。 資産を持っていなければ0円です。 均等割 均等割は所得に関係なく被保険者一人に平等にかかる保険料です。 ですので嫁や子供を扶養としている場合でもそれぞれに均等割分の保険料が発生します。 会社の健康保険の様に扶養が増えても保険料が変わらないといったことがないのが、国民健康保険のデメリットとも言えますね。 平等割 平等割は1世帯辺りにかかる保険料です。 ですので、一人暮らしの場合でも5人暮らしの家庭でも平等割の保険料は同じです。 各自治体により保険料率は異なる 各自治体(市区町村)によって保険料率が異なります。 ネットで「 〇〇市 国民健康保険料」などの検索ワードで検索すれば簡単に調べることは可能です。 但し、保険料率は毎年変わるので出来れば市や区のホームページから見た方が確実です。 保険料には限度額がある 国民健康保険の保険料には限度額が存在します。 限度額は毎年見直しされていますが、基本的に下がることはありません・・・泣 ちなみに平成26年度は年間67万円(介護保険第2号被保険者は81万円)になります。 例を挙げてみよう 言葉だけズラーッと書いても分かりにくいので例を挙げてみます。 ここでは浪速の街「大阪市」で考えてみましょう。 大阪市の保険料の算出方法はこの様になります。 (平成26年度) 【医療分】 所得割 8. 遊び盛りの若者 【23歳扶養者なし、前年所得:320万円】 医療分• 09%• 均等割:19,879円• 平等割:32,949円 合計:285,011円 支援分• 79%• 均等割:7,038円• 平等割:11,665円 合計:98,776円 介護分 合計:0円 年間の保険料 383,787円 1. 結婚を夢見るOL 【33歳扶養者なし、前年所得:430万円】 医療分• 09%• 均等割:19,879円• 平等割:32,949円 合計:374,001円 支援分• 79%• 均等割:7,038円• 平等割:11,665円 合計:129,466円 介護分 合計:0円 年間の保険料 503,467円 1. 一家を支える大黒柱 【54歳扶養者2人、前年所得:500万円】 医療分• 09%• 平等割:32,949円 合計:470,389円 支援分• 70%• 平等割:11,665円 合計:158,869円 介護分• 79%• 平等割:9,525円 合計:140,000円(上限) 年間の保険料 769,258円 高くない?? この計算結果を見たほとんどの人がそう思っているでしょう。 私もサラリーマンを辞めて自営業を始める際に、国民健康保険に加入して最初の請求が来たときはその金額を見て腰が砕けそうになりました。 まー、他の自治体に比べて大阪市は税率が高いので他の地域だともうちょっと安くなる可能性の方が高いですが、それでもサラリーマン時代の健康保険料に比べるとかなり割高になります。 保険料を支払うのが困難な場合は、自治体によっては減免制度もあるので支払うことを諦めずにまずは役所に行って相談してみましょう。

次の