引越し web 見積もり。 【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引越し web 見積もり

引越しが決まったらまずは引越し業者をどこにするか、選びますね。 ネームバリューのある大手を選びますか?それともクチコミで評価の良い地域密着型の業者を選びますか? いろんなクチコミサイトなどを見ていたら良いことも書いてあれば悪いことも書いています。 引越し業者選びはギャンブルのようなものです。 正直、良いスタッフに当たるか悪いスタッフに当たるか…なんてわかりません。 そんな中で最も着目したいのが 引越し料金の部分ですね。 引越し料金なんてあって無いようなものと良く聞きますが、一体 引越し料金の基準はどんな風に決まるかを見てみましょう。 荷物量 単純に引越し時の荷物量です。 この 荷物量を少なくする事が引越し費用は抑えるコツです。 単身など荷物量が少ない場合、各引越し会社が定めるボックス1個に入りきれば格安で手軽に引越しをする事が可能です。 搬出の難易度 エレベータなしのアパート3階から荷物を運ぶなど、荷物搬出・搬入が困難でないか。 また、玄関からトラックまでの輸送距離も関係してきます。 もちろんこれらが 簡単であればあるほど引越し料金を割引きしてもらうチャンスです。 輸送距離 輸送コスト(燃料費)の事もあるので、短距離の方が引越し料金は安くなります。 長距離の場合もトラックではなく、貨物列車を利用して荷物を輸送する 「コンテナ便」などを上手く組み合わせて使えば格安な料金で引越しが可能です。 引越し作業日時 引越しをする日は「大安」や「休日」がいい!という人が多くこの日は引越しの申込みが集中します。 そうなるともちろん引越し料金もグンと跳ね上がります。 六曜にこだわりが無い場合は「仏滅」や「平日」を選べば安くなる業者が多いです。 特殊な荷物 グランドピアノや超大型な家具などは玄関から出す事が出来ない場合が多いです。 普通では運び出せない荷物があるか無いかでも引越し料金は大きく変わってきます。 同一市区内の短距離輸送でも 最低20,000円以上のオプション料金がかかる事もあります。 引越し料金の内訳、実は決まっている? 引越し料金を決める要素は上の表のとおりですが、実は各業者が国土交通省に 「引越運送約款」の届け出を出しています。 これは簡単に言うと「引越しする時のルール」です。 この届け出をしていな業者もありますが、その時は国が定める「標準引越運送約款」が適用されます。 ルールを作っておかないと滅茶苦茶な料金を請求してくる引越し会社が出てくるからでしょうね。 この引越運送約款には様々な決まり事が書かれていますが、その中に 「基礎運賃・基礎作業料金」という項目があります。 基礎となる時間制と距離制の基本ベースがあり、法律によって決まっているのでこの部分を極端に高くしたり安くしたりはできません。 そんな引越し料金とは、下の3項目の合計で算出されます。 基礎運賃・基礎作業料金(値引きしにくい部分)• 引越し作業や燃料、資材などの実費• 付帯サービス(オプション) 実費とオプションの部分で引越し業者との値引きバトルとなりますね。 値引き交渉にヒートアップし過ぎて「1000円にしろ!」なんて迫らないで下さいね。 法的に無理なお話なので(笑) では法的に決められた範囲内で出来るだけ 安い引越し料金の業者を失敗せずに選ぶ方法とは何か見てみましょう。 失敗しない引越し業者の選び方とは? 失敗しない引越し業者選び、と簡単に言いますが実際に探そうと思ったらかなり大変です。 何が一番大変かというと、どの引越し業者も 引越し料金を明確にしていないからです。 なぜかというと引越しというのは人によって色んなパターンがあって、それにより引越し料金が変動してくるからなんです。 荷物量にしても小さい冷蔵後を運ぶのか4ドアの大きな冷蔵後を運ぶのかで料金は大きくかわります。 要するに 見積もり取るまでは引越し料金が不明という事なんです。 じゃぁ見積りを取ればいいじゃない? はい、その通りでございます。 見積もりを取ってしまえば問題は解決なんです。 でも引越しの見積りって結構面倒で、どんな荷物が何個あるかなどの詳細を正確に伝えないと引越し業者も料金を割り出せません。 普通なら3社目くらいで面倒になってくるし、引越しの準備もしないとダメだから時間もあまりありません。 そんな面倒な作業も 「一括引越し見積サイト」を使えば非常に要領よく見積もりが取れます。 使い方はとっても簡単!引越しの条件(旧居、新居、荷物量、引越し日など)を入力して「一括見積」ボタンを押すだけです。 その情報がたくさんの引越し業者伝わり、自分の条件にあった引越し業者から後日連絡が入ります。 その中から自分が 一番気に入った引越し業者を選んで決める事ができるというシステムです。 これを使えば、今まで知らなかった激安でサービスの良い地域密着型の引越し業者と出会えるかもしれません。 一括引越し見積りサイトは何種類か知っていますが、個人的にはという一括見積サイトがオススメです。 オススメなポイントは3つあります。 さて、自分の引越し条件に合った業者を見つけましたか? うん!見つかったヨ!ここに決めるねっ! ちょっとまったー!!! 早まらないで下さい! ここからが本番なのでっ! 取り敢えず自分の条件に合った引越し業者の見積りをいくつか準備しましょう。 引越し料金も同じくらいの方がいいですね。 その中の1社を呼びつけて値引き交渉開始です。 ここで値引き交渉のコツとして ジワジワ攻めるという事です。 獲物を弱らせてから確実に仕留める!という狩猟の鉄則です。 後、自分で出来そうな作業は自分でするよ!と、引越しに前向きな姿勢を見せると値引きをして貰いやすくなるかもしれませんね。 ある程度まで値切ったら、ここで最終兵器の登場です。 他社の見積もり金額を耳元で囁いてください。 すると営業マンが「あぁ、きたか…」と腹をくくると思います。 そこから先は引越し業者の努力次第でしょう。 その値切りを成功させる為にも、交渉材料となる 他社の見積結果は多い方が良いです。 そんな時に役立つのが引越し一括見積もりです。 簡単な操作だけでたくさんの引越し業者から一括で見積もりが取れるので便利ですね。

次の

クロネコヤマト引越し料金の見積もり相場はどのくらい?

引越し web 見積もり

引越しをするとき、多くの人は引越し業者へ依頼します。 このとき、「訪問見積もりなしで依頼できないのか」「部屋が汚いのでメールのみで見積もりを完了したい」「女性なので、部屋に男性(営業マン)を入れたくない」などのように考える人もいます。 実際のところ、メールなどネットのみのやり取りで引越しの見積もり金額を出すことは可能なのでしょうか。 結論を述べれば、訪問なしで見積もりを出すこと自体は可能です。 ただ、正直なところおすすめしません。 高確率で何万円ものお金を損するからです。 なぜ、メールのみの見積もりでは高額なお金を損してしまうのでしょうか。 これには、当然ながら理由があります。 ここでは、訪問見積もりなしの引越しを選択したために何万円ものお金を損してしまった実例を含めて解説していきます。 もくじ• 訪問見積もりなしは嫌がられる 引越し業者に見積もりを依頼する場合、電話であれメールであれ、まずは「いつ訪問しましょうか?」と聞かれます。 あなたの家に行くことで、見積もり金額を算出しようとするのです。 引越しでは、基本的には訪問見積もりになります。 実際に家に行って荷物の量や引越しプランを聞かなければ、見積もり金額を算出することができないからです。 訪問したとき、荷物の量やハンガーにかかっている衣服、大型家具・家電製品の量を確認されます。 その後、引越しプランを聞くことで正確な金額が算出されます。 ただ、荷物の量だけ伝えればいいのであれば、電話のみであっても問題なく見積額を算出できそうな気がします。 しかし、実際は「ろうかを荷物が通れるか」「エレベーターの有無」「階段の幅」なども含めて営業マンは総合的に確認しています。 電話のみ・メールのみでは分からない情報がたくさんあるため、これらを含めて見積もり金額を算出していると考えてください。 メールのみだと必ず追加料金が必要になる もちろん、メールのみで見積もり金額を出してもらい、当日に引越しをしてもらうことは可能です。 例えば、以下は私の友人が引越しをしたときに「メールだけのやり取りで業者と打ち合わせをしたときの様子」です。 このように、運びたい荷物をメールで送るのです。 ただ、この場合だとほぼ確実に追加料金を徴収されるようになります。 この理由には、いくつかのパターンがあります。 ・荷物の量を過少申告していた 訪問見積もりがある場合、営業マンが現場を目視確認したうえでトラックを頼むことになります。 適切な大きさのトラックを依頼することで、問題なく旧居から新居へ荷物を運搬できるようになるのです。 ただ、素人が確認してもどれくらいのサイズのトラックを依頼すればいいのか分かりません。 また、基本的にメールだけで荷物の量を伝えるにしても、一般的には少ない数の荷物量を伝えがちになります。 その結果、 当日になってトラックに荷物がすべて乗らないという事態に陥ります。 トラックに積み切りできない場合、もう一台のトラックを呼ばなければいけません。 当然、これには追加料金が必要になります。 ・オプション代が必要 引越し業者に依頼するとき、基本的にあらゆる引越しでオプション代が必要になります。 「初めて実家から出て一人暮らしをする」という単身引越しのように、極端に荷物が少ないケース以外はオプション代が必要になると考えてください。 ほとんどの人で発生するオプションとしては、例えば洗濯機があります。 洗濯機のセッティングはオプションになります。 実際、訪問見積もりをしてもらうと以下のように見積書へ記載されるようになります。 他には、ベッドの分解・組立もオプションです。 これらの解体作業は非常に手間で時間がかかるため、オプションとなるのです。 引越しでのオプションは他にもあります。 「エアコンの取り外し・取り付け」「食洗器の解体・設置」「荷物の吊り下げ・吊り上げ」など、その種類は多いです。 訪問見積もりを行う場合、こうしたオプションまで含めた総額で料金を算出します。 ただ、当然ながら 電話口やメールのみだと引越しの内容を伝えきれていないので、オプション代が入っていない金額となります。 オプションがないため、引越し業者から提出される料金は当然ながら安いです。 ただ、引越し日の当日にオプション代を請求されるようになるため、結果として高額な費用になります。 総額の引越し金額を比較するのが正しい 安い費用での引越しを実現するためには、複数業者から見積もりをもらって比較する必要があります。 ただ、このときの金額は 「引越しに適切なサイズのトラックを頼み、オプション代を含めた総額」で比較しなければ意味がありません。 訪問を実施せず、ネットのみのやり取りで出される見積もり金額は当然ながら激安です。 多くの人は荷物を過少申告しますし、オプション代が含まれていないので当然です。 ただ、メールのみの見積もりだと当日にトラックの荷台に荷物が乗りきらなかったり、オプション代を正規料金で請求されたりするため、結果として当日に支払う引越し費用が異常に高くなってしまうのです。 格安引越しを考えていたにも関わらず、結果的には料金が高額になります。 訪問なしで費用が高額になった実体験 前述の通り、私の友人はメールのみで見積もりを出せる業者とやり取りをして、その業者に引越しを依頼しました。 以下のように、「訪問見積もりで家に伺わない代わりに見積もり金額を安くしている」というものでした。 こうしたやり取りをして、引越し代金は25,000円となりました。 荷物量の少ない引越しであり、近距離なのでこうした値段になったようです。 ちなみに、訪問見積もりをしてもらった大手引越し業者の料金は32,400円でした。 これと比較すると、見積もり時点の金額自体は7,400円もの開きがあります。 ・引越し料金が軽く倍以上になる そうして引越し日の当日、私も手伝ったわけですが到着して第一声目に言われたのが「荷物量が多い」ということでした。 大きめのトラックを呼ぶことになり、これには33,000円の値段がかかります。 そのため、その時点で訪問見積もりしてくれた大手業者よりも値段が高くなりました。 また、その引越し業者は東京を起点に活動している個人事業主だったのですが、個人事業主なので養生はありません。 ただ、引越しをしている途中で不動産の管理会社から「養生をしてくれ」と忠告されました。 管理会社と新居の賃貸マンションが非常に近かったので、養生していないことが簡単に分かってしまったわけです。 そこで養生をすることになったのですが、養生代のプラス料金は15,000円です。 もちろん、他にも当日になって追加料金がかかるものが出てきます。 洗濯機のセッティングオプションが必要になったのはもちろんのこと、実際には大きめのトラックでも全部を積むことができなかったので往復するなどトラブルが続出しました。 そうして、結果的に 引越し費用は71,000円となりました。 近距離引越しで荷物が少なめにも関わらず、非常に高額な引越し代になってしまったのです。 「メールだけ(ネットのみ)のやり取りで完結したい」という考えをもっているのであれば、 悪いことは言わないのできちんと訪問見積もりをしてもらうようにしましょう。 これだけで適正価格での引越しを実現できます。 訪問見積もりであれば、トラックのサイズが小さくて積めなかったのは営業マンの責任です。 あなたが悪いわけではないため、いくらでもクレームを入れることができます。 ただ、メールのみだとそうしたことはできなくなり、必ず追加料金が必要になってきます。 部屋が汚い状態でも問題ない 訪問見積もりを嫌がるケースとして、多いのは「自分の部屋が散らかっていて汚い」というものがあります。 特に女性であると、汚い部屋を営業マンに見られるのは嫌です。 確かに、部屋が汚い状態だと人を部屋に招き入れるのは嫌です。 ただ、そのような恥は捨ててください。 どうでもいい恥を捨てて、 10分ほどの訪問見積もりを受けるだけで引越し金額は非常に安くなるからです。 変なプライドのために、無駄に高額な引越しをしてはいけません。 当日に高額な追加料金を請求され、引越しで失敗しないためにも「メールのみでの見積もりは可能か」などは考えないようにしましょう。 訪問なしを考える人は多くの場合、荷物の少ない一人暮らしの単身者です。 荷物量が少ないと、ネットのみのやり取りで問題ないと考えてしまうのです。 ただ、 単身引越しであっても訪問見積もりは必須です。 安い引越しを実現するためにも、メールのみでのやり取りはしないようにしましょう。 なお、たとえ部屋が汚かったとしても問題なく正確な見積もり金額を出してくれます。 さすがにゴミ屋敷のような状態だと微妙ですが、床が少し見えない程度の汚さであれば特に問題ないと考えてください。 それでも嫌な場合の対処法 ただ、女性であると特に部屋が汚くなかったとしても、男性の営業マンに部屋を隅々まで見られることに抵抗のある人は多いです。 そうしたことが嫌な場合、どのようにすればいいのでしょうか。 まず、訪問見積もりのときに 女性の営業マンがいるかどうか聞くようにしましょう。 引越し業者では女性の営業マンもいるため、そうした人に来てもらうようにすれば問題ありません。 もし男性営業マンしか派遣できないと言われた場合、その業者の訪問見積もりは断るといいです。 引越し業者は他にもたくさん存在します。 一括見積もりを含め、複数業者へ依頼するのが基本なので一社くらい断っても問題ありません。 また訪問見積もりで見られて嫌なものについては、あらかじめお風呂場やベランダなどへ一時的に避難させるようにするといいです。 洗濯機のサイズを確認するため、洗面所は見られてもお風呂場の中までは見られません。 また、ベランダまで営業マンが行くことはありません。 こうしたことを考慮しながら、見積もりの料金を出してもらって比較するといいです。 決して、訪問なしを選択してはいけません。 訪問なしを避け、見積もりに来てもらうべき どのようにすれば、メールのみで見積もり費用を出してもらえるのか考える人は多いです。 ただ、電話口やメールだけで金額を聞いたとしても、その価格の通りに引越しが進むことはまずありません。 必ず当日になって追加料金が発生することになります。 訪問見積もりがなければ、正確な荷物量や引越しプランがわかりません。 新居にエレベーターが付いていないだけでもオプション代が必要になるため、実際のところ営業マンにどのような引越しを実現したいのかその場で話さないと「正確な見積もりができることはない」と考えてください。 「単身パックを検討している」「一人暮らしで荷物が非常に少ない」など、いろんなケースはありますが訪問なしは避けた方が無難です。 部屋が汚くても問題ありませんし、男性営業マンの訪問が嫌でも女性営業マンを頼めばいいです。 代替案はいくらでもあるため、メールのみではなく訪問見積もりを受け、引越し準備を進めるようにしましょう。 引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。 引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。 そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。 例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。 このとき、最高額は438,264円でした。 一方、 最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。 複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。 ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。 そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。 一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。 こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。 SUUMO引越し見積もりでは 「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。 電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。 引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は 30秒で終わります。 無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。 さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。 最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。 おすすめの人気記事 ・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術 引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。 見積もりを比較するのは当然として、 例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。 また、同じ日であっても 午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。 こうした価格交渉術について解説しています。 ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。 引越しには定価が存在しないからです。 この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。 格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。 追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。 ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。 またどう接すればいいのでしょうか。 引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。 そこで、 ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。 ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。 利用方法に違いはあるのでしょうか。 これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

次の

引越し見積もりはネット?電話?特徴と注意点まとめ【2018最新版】

引越し web 見積もり

1位 Akabou(赤帽)引越 77. 19点 2位 サカイ引越センター 74. 25点 3位 引越しは日通 74. 03点 4位 ハトのマークの引越センター(弊社提携会社) 73. 83点 5位 アート引越センター(弊社提携会社) 73. 54点 出典: 1位:Akabou赤帽引越 単身者に人気の、赤帽の引っ越し。 赤帽は運送会社のイメージが強いと思いますが、引っ越しサービスも提供しています。 画像出典: 赤帽の引っ越しの料金は、基本的に上記のように13,750円。 たしかに安いですよね。 そのためスタッフは基本的にドライバー1人で、すべての荷物を運び出し・搬入してくれるわけではありません。 つまり、依頼主も引っ越し時の作業要員として動かなければならないということもあるのです。 荷物が少ない単身の方でしたら、専門会社に頼まず赤帽や宅配便などで安く引っ越すことも可能です。 しかしその場合でも、 ・荷造り・荷解きなどのオプションサービスがない ・物が壊れても補償はない ・家を養生してもらえない ・段ボールが無料でもらない 引っ越し専門会社なら提供している、こちらのようなサービスを受けられない点については、十分理解しておきしょう。 2位:サカイ引越センター サカイ引越センターは、大阪府堺市堺区に本社を置き、東証一部に上場している引っ越し会社で、引っ越し業界(専業者)としては国内No. 1の売り上げ規模 (2018年度、東京商工リサーチ調べ) を誇ります。 北は北海道札幌から南は沖縄県沖縄市まで、全国に190以上の支社を設置しており、スタッフの数も現場作業だけで全国で3,000名、さらにアルバイトを含めると繁忙期は5,000~7,000人に上ります。 サカイ引越センターで引っ越しを検討するならば、見逃してはいけないのがこちらの「お得な引越カレンダー」、こちらでは、お得に引っ越しできる日が色分けしてわかりやすく掲載されています。 色分けは3種類あり、日付が赤くなっている部分がお安く引っ越しできる日を表しています。 赤い日付はほとんどが平日になっていますが、混雑している日は無地(白色)になりますので、その日を避けることでリーズナブルに引っ越しができそうです。 お得な引越カレンダー 3位:引っ越しは日通 国内最大手の物流会社で、戦時物資の円滑供給を目的とした「国営企業」を出発点として1937(昭和12)年に設立された日本通運。 同社が提供する引っ越しサービスで特にお得感を感じられるのは、「引っ越し単身パック」ではないでしょうか。 単身パックL 料金はSが16,000円~、Lが18,000円~とリーズナブルな料金となっており、さらにパソコン、モバイル、スマートフォンから単身パックを申込むと、1件につき2,000円が割引となる「WEB割引」なども通年で実施しています。 この他にもマイルやPontaポイント、楽天ポイントなどが貯まるサービスやエリア限定の各種割引なども随時実施しており、マメにチェックすることでよりお得に引っ越しが出来るかもしれません。 4位:ハトのマークの引越センター(弊社提携会社) ハトのマークの引越センターはフランチャイズ制をとっており、全国統一の料金体系や営業指針、補償規約などを採用している組織(正式名称は「全国引越専門協同組合連合会」)です。 従って「関東だから引っ越し料金が高い」「田舎だから安い」ということはありません。 ファミリー世帯向けに安さ重視の「節約プラン」、一番人気の「標準プラン」、楽をしたい方向けの「楽々プラン」の3つが用意されているので、予算と意向に合わせたプランをチョイスできます。 このうちコスパ重視の「節約プラン」は、小物類の梱包・資材の準備・荷造り・荷解きはお客様自身で、大型家具類の荷造り・荷解きは、ハトのマークの引越センターが行います。 出来る作業はご自身で行うことで、見積もり費用がグッと下がりますので、ぜひ検討してみては? 5位:アート引越センター(弊社提携会社) 引っ越し業界の老舗と言えるアート引越センター。 同社のの特徴は、世帯やシチュエーションに応じたプランが充実していることです。 また、同社では無料サービスに力を入れていることもポイントの1つ。 ・ 引っ越し後、3ヶ月以内であれば1回無料で不要になったダンボールを引き取ってくれる「ダンボールお引取サービス」 ・新居のご近所さんに「よろしく」の気持ちを込めた挨拶品を配ってくれる「 ふたつよろしくサービス」 ・引っ越し後、1年以内であれば1回に限り、家具移動を無料で利用できる「家具移動サービス」 など、これらのサービスをうまく使えば、引っ越し後のトータルコストもぐっと抑えることができます。 【注意】引っ越し料金は時価!一番安い会社は時期や状況で異なる さて、ここまで2020年度引っ越し会社コストパフォーマンスのランキングTOP5を見てきましたが、冒頭でもお伝えしたようにこのランキングは、「どの引っ越し会社の料金が安いか」を比較したものではありません。 その上サービス内容やオプションの豊富さも会社ごとに異なるため、一概に「料金の安さ」を比較することはできないのです…。 引っ越し料金を決める3つのこと これも繰り返しになりますが、 引っ越し料金を決めるものは、「荷物量」「移動距離」「引っ越し日時」の3つです。 引っ越し料金は、繁忙期には高くなり、閑散期には安くなります。 また移動距離が長くなるほど、荷物が多くなるほど、料金は高くなるのが基本です。 ただ、各社トラックやスタッフの空き状況は常に変動するもの。 そのため会社によって、「この日は近距離の引っ越しなら安くできる」「この時間帯のこのエリアで、単身者の引っ越しなら安くできる」などの都合があります。 その時々で一番安い見積もりを出してくれる引っ越し会社は異なるわけですから、大事になってくるのは、複数の会社に見積もりを取ることです。 相見積もりを取って一番安い引っ越し会社を探そう とは言え、複数の会社を相手に値段や日程などを交渉するのはなかなか手間がかかるもの。 そこでおススメさせていただきたいのが、弊社が運営している「引越しラクっとNAVI」。 こちらのサービスでは、弊社のお客様選任コンシェルジュがお電話で引っ越しの日程やご予算、お荷物状況などをヒアリングさせていただき、その情報をもとに複数の引っ越し会社と交渉。 最適なお見積もりをご案内させていただきます。 さらに、コンシェルジュがお客様の引っ越しにおける全ての窓口を務めさせていただくことで、引っ越し会社の窓口業務を一部削減!その分お客様に安価な見積もりをご提示することが可能となっています。 もちろん引っ越し会社との価格交渉も、お客様に代わって粘り強く行いますので、ぜひお見積もりご依頼時に、ご予算状況や希望の料金をお伝えいただければと思います。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひ下記フォームからお見積もりをご依頼ください。 引っ越し費用をなるべく安くする方法 続いて、引っ越し費用をなるべく安く抑える方法についても、 「荷物量」「移動距離」「引っ越し日時」の3つの要素別に見てみましょう。 荷物量について 引っ越しの荷物量が増えると、見積もりの料金はその分高くなります。 というのも、荷物の量が増えると、荷物を運ぶために必要なスタッフの人数が増えたり、荷物を運搬するトラックのサイズが大きくなったりするからです。 現地スタッフは、1人あたりで人件費がかかっているので、必要人数が増えればその分人件費が増えてしまいます。 またトラックについては、少ない荷物量であればミニバンや軽トラックなどでも運べますが、運搬に必要なトラックのサイズが大きくなるにつれて、車両のチャーター料金が高くなります。 そのため、引っ越し料金を安くするためには、引っ越し前になるべく不用品を処分して、荷物の量を減らすことをおすすめします。 なお、弊社提携先でもあるトレファク引越さんのように、引っ越しと同時に不用品の買取や処分を行ってくれる引っ越し会社さんもあります。 「引越しラクっとNAVI」では、こうした不用品処分サービスを行っている引っ越し会社の見積もりだけをまとめて取ることもできますので、詳しくは弊社コンシェルジュまでご相談ください。 また、荷物量が少ない方には、先述の「単身パック」の利用もおススメ。 なお「単身パック」は日通のサービス名称で、クロネコヤマトでは「単身引越サービスパック」、三八五引越センターでは「シングルパック」、サカイ引越センターは「小口便引越サービス」など、それぞれの会社によってサービス名称と専用ボックスのサイズが異なっています。 なお、各社のこうしたサービスを利用したいと思っても、運ぶ荷物の量が多かったり、大きなサイズの家具などがあったりすると、専用ボックスに積載が難しい場合があります。 例えば日通「単身パック」であれば下記のように、ホームページに積載できる荷物の目安が記載されていますので、ご検討時の参考にしてください。 移動距離について 引っ越しの移動距離については、荷物量と違ってなかなか自分たちで調整することが難しいですが、長距離の引っ越しの場合は、「混載便」や「コンテナ便」「帰り便」などを使うことで、引っ越し料金が安くなる可能性があります。 費用を格安にしたいのなら「混載便」 メリット デメリット ・1件あたりの運送料を抑えることができる ・日時を指定しにくい ・荷物が傷つく可能性も 引っ越しは一件あたり一台のトラックをチャーターしておこなうのが一般的ですが、荷物がトラックのサイズとピッタリ一致していない場合は、トラックの荷台に空きがある状態で運搬することになります。 こういったトラックの空きスペースに別の依頼者の荷物も積み込み、一緒に輸送することで運送費用を抑えるプランが「混載便」です。 ただし、同じ方面へ引っ越しをする人がいなければ、この「混載便」は成立しないため、他の希望者が現れるまで待たなければならない場合もあります。 特に転居する方が多い東京、大阪などの主要都市以外への引っ越しでは、希望者がなかなか集まらない可能性がありますので、引っ越し日時については柔軟に考える必要があります。 また、積み下ろし回数が多くなってしまうこともあるため、荷物に傷がついてしまう可能性もありますので、その点も注意しましょう。 大量の荷物を安く運びたいなら「コンテナ便」 メリット デメリット ・運送料金が半額以下になることも ・配送に時間がかかる コンテナ便とは、列車での運送です。 コンテナと呼ばれる大きなボックスに荷物を詰め、貨物列車に運んでもらいます。 人件費や燃料費を抑えることができるので、比較的格安なことがメリットです。 ただし、貨物列車の運行スケジュールに合わせないといけないため、引っ越しに日数が余計にかかってしまう可能性があります。 引っ越すスケジュールに余裕がある場合におすすめです。 時間的に余裕があるなら「帰り便」 メリット デメリット ・荷物が傷つかない ・超特価になることも ・手配している会社が少ない 帰り便とは、片道運搬のことです。 積み荷をおろした後のトラックの空きスペースを利用し、荷物を運んでもらうことを指します。 「帰り道の途中でついでに運んでもらう」というイメージですね。 積み荷をおろしたトラックは、「空車回送」という空の状態で帰路につくことになります。 この状態が非常に「無駄」ということで発案された帰り便ですが、取り扱っている引っ越し会社は多くありません。 うまく取り扱っている引っ越し会社を見つけることができれば、格安価格で引っ越しをしてくれる可能性は大きいといえるでしょう。 引っ越し日時について 引っ越しにおいては、一年を通じて変動する「料金の相場」があります。 例えば弊社「引越しラクっとNAVI」のデータで、単身の方の平均引っ越し料金を月別に集計したところ、一年の内で最も引っ越し料金相場が安い時期は1月、逆に最も料金が高くなるのは、入学・転勤などのシーズンとして一般的に「引っ越し繁忙期」と呼ばれる、3月末~4月上旬となりました。 また、相場以外に引っ越しの搬出作業を開始する時間によっても料金が変わります。 一般的に、引っ越し会社は一日の作業時間帯を「午前便」「午後便」「フリー便」の三つに分けていて、このうち一番安い見積もり料金になるのが「フリー便」です。 フリー便とは、引っ越しをする日にちだけを決めておいて、作業の開始時間は引っ越し会社の都合に合わせるプランです。 現場のトラックや作業員の状況に合わせるため、価格を抑えることができますが、作業の開始時間は午後からになることが多く、場合によっては夕方や夜からとなる場合もあるため、時間に余裕を持っておきましょう。 詳細は下記記事でも解説していますので、もしよろしければご参照ください。 まとめ 今回は、引っ越し会社のコストパフォーマンスランキングを紹介しました。 ひとつの目安として活用してください。 何度もしつこく申し上げて恐縮ですが、引っ越し料金は変動します。 引っ越し料金が安い引っ越し会社を見つけたい場合には、その時、その状況における各社の引っ越し料金を比較するようにしましょう。 また、本記事では引っ越し料金を安く抑えるテクニックについてもご紹介させていただきましたが、各条件に合わせた引っ越し会社をお探しの際は、ぜひ弊社「引越しラクっとNAVI」にご相談ください。 納得のいく引っ越し会社探しを、最後までサポートさせていただきます。 引っ越し料金を抑える術はこちらから•

次の