現在 類語。 「recently(recent)」の意味!他の「最近」との違い

【英語学習】語源や類語を調べ、語彙を増やすには辞書アプリ「コリンズ英語辞典+シソーラス」が役に立ちます!

現在 類語

Contents• 晴耕雨読の意味とは まずは、 晴耕雨読の読み方と意味を辞書でしっかり確認していきましょう。 読み方ですが、 「せいこううどく」と読みます。 意味は• 晴れた日には畑を耕し、雨の日には読書を楽しむこと。 悠々自適の生活をいう。 (明鏡国語辞典参照)• 晴れた日は外に出て耕し、雨の日は家にいて書を読むこと。 田園に閑居する自適の生活にいう。 高齢者の方たちと関わっていると、本当にこんな老後に憧れを持ってしまいます(笑) 晴耕雨読の語源・由来について 晴耕雨読の語源や由来について探ってみましたが、故事成語に多い中国由来の言葉ではないようです。 では、どこから来たのかと言いますと、明治期の中国文学者・ 塩谷節山(しおのやせつざん)という方の漢詩が語源であると言われています。 ただし、明確に【塩野節山が作り出した言葉だ!】といった記載はどこにもなく、今でもそのハッキリとした語源や由来については分かっていません。 日本で作られた言葉である、ということだけは間違えないようですね。 結果はといいますと・・・ のんびり過ごす時間をつくりましょう 他人に気を使いすぎです と書いてありました。 どの言葉にも共通して言えるのは、 自分以外の人に干渉されないこと 回りを気にせず【自分のペース】で物事を進めることができる事 ですね! ・・・他人に気を使いすぎる私達だからこそ、この 晴耕雨読のような生活を今こそすべきなのかもしれません ーー; 対義語・反対語をチェック! 次は、 晴耕雨読の対義語を見ていきましょう! 「65歳までお父さんは会社で働けたんだけど、家の農業を継がなきゃいけないって、60歳で退職したの。 農業って、休みもないから、苦労人だなと思って・・・ 晴耕雨読の生活をさせてあげたいなぁ。 」 「でも、ある意味会社で縛られてたところから、フリーになったんだし、案外気楽に晴耕雨読の生活していると思うよ?」 「それもそうかぁ。 」 会社では、どうしてもその会社を動かすためのコマとして働くことが求められます… ですが、農業を始めとした自営業は、 自分がオーナーとなって、全てを運用していく必要があります。 それはそれで、かなり大変ですよね・・・。 生きるのは、本当に難しい! 「都会の喧騒から離れたら、晴耕雨読の生活ができるのかしら。 」 「少しはできるんじゃないかな? でも、環境だけを変えるんじゃなくて、自分の考え方を根本から変える必要があると思うよ。 」 現状を変化させるには、環境を変えることは非常に効果的です。 晴耕雨読。 私たちの忙しい生活にも生かして、もっと幸せな毎日を送りましょう!.

次の

【徹底解説】「リテラシー」の意味や種類、使い方、類語まで紹介

現在 類語

公開日: 2018. 11 更新日: 2018. 11 「昨今」の意味と使い方、類語「最近・近年・今日」との違い、英語表現 「昨今」という言葉をご存知でしょうか。 「昨今の国際状況は..... 」「昨今の日本では.... 」などとニュースや新聞記事などでも見聞きしたことがあると思います。 日常的に使う言葉ではないですが、ビジネスシーンでは頻繁に使われます。 どんな意味であるかは分かっている、という方も多いかもしれませんが、「昨今」は正しく使わないと相手に誤解を与えてしまいます。 ですので、今一度意味について確認するのも大切です。 そこで今回は「昨今」の意味や使い方、「最近・今日」との違い、類語について解説していきます。 「昨今」を適切に覚えて、上手く使うようにしましょう! 「昨今」の読み方と意味(具体的な期間は?) 「昨今」は <さっこん>と読みます。 「さくこん」「さくいま」とは読まないので注意しましょう。 「昨」は音読みで「サク」と読みます。 「昨」は「むかし。 以前」を意味します。 「今」は音読みで「コン・キン」、訓読みで「いま」と読みます。 「今」は「いま。 現在」を意味します。 「昨今」の意味は 「きのうきょう。 この頃。 近頃」です。 現在に近い過去から現在までを含めた、漠然としたものが「昨今」となります。 例えば、「昨今の医療技術は著しい」と言ったら「だいたい数年程度」、「お店が開店したばかりで昨今は忙しい」としたら「約1ヶ月程度」のことになります。 「昨今」の使い方と例文 「昨今」は、現在に近い過去〜現在までを含めて表すときに使います。 「ここ最近は」「このところは」「近頃は」と言いたい場合は、「昨今」とします。 例えば、「昨今の情勢」といった場合は「この頃・近頃の情勢」という意味になります。 他にも、「昨今の日本」「昨今の若者」「昨今の経済状況」などと使うことができます。 ただ、「昨今」はなかなか期間がはっきりとしていないため、できるだけ「一ヶ月前は」「この間お会いした日は〜」などと具体的に書くことが望まれます。 「昨今」は少々堅い表現なので、日常会話ではほとんど使われません。 主に、スピーチや文章などで使われます。 ですので、例えば、友人との会話で「昨今は色々と忙しくて本当に疲れる」といったような使い方は適しません。 この場合は「この頃・近頃」などと言い換えるのが良いでしょう。 例文 ・昨今の政府のやり方には大いに不満がある。 ・昨今の失業率の現状は、非常に悩ましい問題である。 ・昨今の若者はSNSに依存しすぎている。 ・昨今の国際情勢は全く不安定である。 ・昨今は日本の医療技術が著しくなってきた。 ・昨今の情勢の下で、かつてないほどの人々が自立困難な状況に置かれている。 ・昨今はスマートフォンを持つ人が多く、ガラケーを所持している人は少ない。 ・インターネット上で昨今の出来事を面白おかしく伝える。 ・昨今の弊社の業績は、とても良い方向へと上がってきている。 「昨今」と似ている言葉との違い 「昨今」と「今日」の違い 「今日」は 「(現在の)この日。 こんにち」を表します。 「今」は「いま。 現在」、「日」は「 一昼夜。 ひ」を表します。 基本的に、「今日はテストだ」といったように「今過ごしている。 この日」という意味で使います。 他に、「今日」は「来年の今日お会いしましょう」といったように「その日と同じ日付や曜日の日」という意味で用いることもできます。 一般的に「今日」は<きょう>という読みで使いますが、 <こんにち>と読むこともできます。 「今日(こんにち)」とした場合は、 「今の時代。 現在」という意味になります。 「今日(こんにち)の世界情勢」「私が今日(こんにち)のあるのは.... 」などと言います。 」 このように、「今日」の方が「昨今」よりもニュアンスとしては少々広く、大まかな意味であると言えます。 例文 ・大会は今日行われる。 ・今日は仕事が休みなので、家でゆっくりすることができる。 「昨今」と「近年」の違い 「近年」は 「最近の数年。 この年頃。 近ごろ」を表します。 「近」は「現在にちかい。 ちかごろ」、「年」は「一二か月を単位とする時間」を表します。 例えば、「彼は近年大きな病気にかかったことはない」といった場合は「彼はここ数年間大きな病気にかかったことがない」という意味になります。 「昨今」は「きのうきょう。 この頃。 近頃」 「近年」は「最近の数年間。 ここ数年」を表します。 ですので、過去3年ほどを振り返る場合には「昨今」ではなく「近年」を使うのが良いでしょう。 例文 ・近年にない寒波が日本を襲う。 ・近年になく、魚がたくさんとれる。 「昨今」と「最近」の違い 「最近」は 「基準とする時日・位置にもっとも近いこと」「近ごろ。 近来」を表します。 「最」は「もっとも。 いちばん」、「近」は「現在にちかい。 ちかごろ」を表します。 例えば、「最近何もかも順調なんだよ」といった場合は「近頃は何もかも順調なんだ」という意味になります。 「昨今」と「最近」はどちらも「近い過去から現在」を表していて、ほぼ同じ意味になります。 ただ、 「昨今」は少々堅い表現なので、一般的に「最近」が使われることが多いです。 例えば、「最近仕事が忙しく毎日クタクタだよ」とは言いますが、「昨今仕事が忙しくて毎日クタクタだよ」とは言いませんよね。 例文 ・最近、彼女はなんだか元気がない。 ・最近、彼とはさっぱり会わなくなってしまった。 「昨今」と「今般(こんぱん)」の違い 「今般」は 「このたび。 こんど。 今回」を表します。 「今」は「このたび。 この」、「般」は「ある局面。 回」を意味します。 最近決定した事や行われたばかりの事を表す場合に「今般」を使います。 例えば、「今般、左記へ転居いたしましたことをお知らせいたします」といった場合は「今回、左に書いてある通りの場所に転居しましたのでお知らせします」という意味になります。 「昨今」は「きのうきょう。 この頃。 近頃」 「今般」は「このたび。 今度」を表します。 意味が異なるので、しっかりと区別しましょう。 例文 ・今般、左記へ転居いたしました。 「昨今」と「直近」の違い 「直近」に関しては別の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください! 「昨今」の類語 このところ (意味:ちかごろ。 ここのところ) 「このところ、雨が降る日が続いている」 以前 (意味:今より前の時点。 現在から見て近い過去) 「彼とは以前会ったことがある」 この間 (意味:この前。 ちょっと前に) 「この間は突然お邪魔したにも関わらず、ありがとうございました」 先ごろ (意味:今日から少し前のころ。 このあいだ。 せんだって) 「先ごろ、彼女に関する変な噂を聞く」 前々 (意味:以前。 かねて。 ずっと前) 「前々から、あなたの髪型は変だと思っていたよ」 現下<げんか> (意味:現在。 目下) 「現下の世界経済情勢のなか、こうした投資は大事である」 刻下<こっか> (意味:ただいま。 目下) 「刻下の急に応じた策をとる」 当座 (意味:さしあたっての、その場。 目下のところ) 「とりあえず借金をして当座をしのぐ」 当節 (意味:この時節。 このごろ。 現今) 「このような商売は当節、全然儲かりません」.

次の

【英語学習】語源や類語を調べ、語彙を増やすには辞書アプリ「コリンズ英語辞典+シソーラス」が役に立ちます!

現在 類語

」ほとんどの方が一度は使ったことのある表現ではないでしょうか。 「今のところ」と言われると「今っていつまでのことなの」「いつ変わるのか」と、人によってはそのあいまいさに不信感を示す人もいますが、大変に便利な単語で、さまざまな場面・年代で広く使われています。 読んで言葉のままの意味合いの時もあれば、少々何かを含ませた意味合いであったり、ネガティブな要素が隠されていたり、さまざまな意味で非常に日本的と言える表現です。 この便利な単語は敬語として、ビジネスシーンで使うのに問題ないのでしょうか。 あまり気にせず使っている方もいらっしゃるでしょうが、この機会に「今のところは」のビジネスの場面での使い方、敬語的表現、敬語と用いる際の注意点を改めて確認しておきましょう。 「今のところ」ってどういう意味? 「今のところ」の意味 「今のところ」なんとなくのイメージで掴んでいる方も多いでしょうが、ほぼそのままの言葉どおりの意味と考えて良いです。 「現在」の状態のことを広く表しますが、「この後はどうなるかわからない」「今後も今と同じ状態とは限らない、言い切れない」という時に登場します。 特に何かしらかの質問の返事をするときに、文頭や、接続的に多く使われます。 状況が変わってしまった時のために相手に心構えをしておいてもらう、という相手のために使われることもあります。 また、特に今後良くない方向に進む可能性がある、その確率が高い時などに強調的に用いられることも多く、予定とは違うことになってしまった際に、相手に責められないようにするための一種の【リスクヘッジ】や【保険】のように使われる単語です。 「今のところ」の類語 「今のところ」自体は敬語的表現ともそうでもないものとも言えません。 しかし「今のところ」はビジネスシーンのみならず、学生や、仲間同士の会話などでも使われるため、敬語というよりは少々カジュアルな表現と感じる人も多いでしょう。 「今のところ」でも決して間違いとは言えませんが、ビジネスシーンの中でも公の場など堅い表現が求められるときであれば「今」ではなく「現在のところ」や「現状」などの表現を使うのが良いでしょう。 また、「今のところ」は口語的な表現のため、使用するのはメールやメモ程度にとどめておきましょう。 敬語には、相手の立場を持ち上げる尊敬語的な形と、自分の側を下げる謙譲語的な形があります。 「今のところ」は相手に対しても自分に対しても使用することができます。 つなげる動詞やその他表現を尊敬語、謙譲語など敬語にすることにより、それぞれを表します。 「今のところ」の使い方 「今のところ」の例文 【「今のところ」の敬語】自分の行動に使う時 前述のとおり「今のところ」には敬語という概念はなく、前後の文脈によって相手の行動に対する言葉なのか、自分の行動に対するものなのか、という使い分け方をします。 自分の行動に対して用いる時には、続く後に謙譲語や丁寧語などの敬語表現を使うことによって、文章全体を相手に対しての表現となるように調整していきます。 【例】 ・「今のところ問題ありません」 ・「今のところ順調に進んでおります」 ・「今のところは変更ございません」 【「今のところ」の敬語】相手の行動に使う時 反対に、相手の行動に対して用いる時には、続く後に尊敬語や丁寧語などを使うことで敬語 的な文章とします。 ただし、うやうやしすぎる尊敬語に対して「今のところ」という口語表現は少々アンバランスに感じられることもあり、そういった場合は前後の敬語に合わせてほかの類語表現から違和感の少ないものを選択して組み合わせます。 相手にも自分にも同じ履歴の残るメールは、昨今のビジネスシーンにおいて時に口頭よりも正確な情報伝達手段となることがあります。 今や欠かすことのできないビジネスツールと言えます。 メールはその手軽さやゆえ、つい軽く考えられがちです。 しかしメールは、手紙や通知文などと同様の「ビジネス文書」として、そのマナーも実は細かに決められているものでもあります。 誰に見られても問題のないように恥ずかしくない言葉を使うようにしましょう。 「今のところ」をメールで使う時 ご存じのとおり、メールは送信日時が残ります。 そのため、「今のところ」の「今」が指すタイミングが大変わかりやすく、大変適した使い方と言えます。 口頭では「あの話いつ聞いたっけ」となってしまうこともありますが、メールであれば基本的に「今のところ=メールの送信日時」という暗黙の了解がありますので、のちのトラブルを避けることができます。 また、「今のところ」を付け足しておくことにより、なにかあった際に相手がメールを見返した時には争いを避けることができます。 詳しい時間が決定いたしましたら、またご連絡を差し上げます。 」 ・「今のところでの進捗状況をお知らせいたします。 添付ファイルをご確認ください。 」 ・「今のところこちらで確認できましたのは、下記のとおりです。 」 ビジネスでの「今のところ」の使い方の注意点 シチュエーションや前後の敬語に合わせて言葉をチョイス 前述したとおり、「今のところ」をビジネスで使用するのは間違いではありません。 しかしその場やシチュエーション、相手、そして前後の敬語の程度などによって「今のところ」では軽い印象になりすぎる場合があります。 前後の文脈の敬語の使い方や、口語文語などに合わせて、ほかの類語を選んで使うようにしましょう。 リスクヘッジだけの使い方は逆効果! のちの不要なトラブルを避ける効果もある「今のところ」、しかしながら自分のリスクを軽減するためだけに使っていることが相手に伝わってしまっては逆効果になりますので注意が必要です。 「何か変わってしまってもクレームは受け付けません」という保険の要素が前面に出ないよう、敬語など言葉の形だけでなく、その使い方のニュアンスにも気を付けましょう。 相手のために現状を伝える、というスタンスでないと、相手に不快感や不信感を持たれてしまう可能性があります。 「今」の置き所を正確に また、ビジネスでは事実を間違いなく伝えることが必要です。 忘れてしまいがちですが、それによってのちの不要なトラブルを避けることができる可能性があるためよく確認をしましょう。 例えば、メールで「今のところ」を使用する際には、一般的には「今」はメールの送信日時を暗に指します。 口頭であれば「口から出た時」が「今」となります。 また、「今」はそのポイントといったイメージが強くありますが、「今」がある程度の長さで続くことが確定している場合には「当座」「当面」とすることで相手に対しても安心感を与えることができます。 「今のところ」の「今」が指すニュアンスは本人にしかわかりません。 相手にも伝わるように表現を工夫するとより良い報告になります。 「今のところ」をうまく使ってよい関係を築こう.

次の