日本 ベーリンガー インゲル ハイム 株式 会社。 ベーリンガーインゲルハイムとは

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社・ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

日本 ベーリンガー インゲル ハイム 株式 会社

新型コロナウィルス感染症拡大の影響による外出自粛のため、家で過ごす時間が長くなり、高齢者には「動かないこと(生活不活発)」による健康への影響、中でも筋力の低下が危惧されています。 65歳以上の事故の77. 5%が転倒・転落によるものであるとの報告があります1。 そのため、家で過ごす時間の長期化に伴う筋力低下により、高齢者の転倒事故の増加が心配されています。 転倒などにより頭を打った場合、思った以上に重症化することがあります。 抗血栓薬を飲んでいる患者さんは血が止まりにくくなっているため、特に注意が必要です。 転倒直後は普通に会話ができて一見軽症に見えても、急速に意識障害が進行して深刻な状態に陥ることがあります。 頭部にケガを負った65歳以上の重症者のケガの原因は、交通事故よりも転倒・転落の方が多く、原因の半数以上を占めているという調査結果があります2。 そのため、抗血栓薬を服用している患者さんとそのご家族は、転倒・転落のリスクおよび万が一転倒・転落してしまったときの適切な対処方法について知っておくことが大切です。 本Web市民公開講座では、抗血栓薬服用中の患者さんが転倒した際の危険性と対処方法について、国立病院機構 九州医療センター 脳血管センター 部長 矢坂正弘先生にわかりやすく解説いただきます。 特設サイトからご登録ください。 登録締切は2020年7月17日(金) 正午です。 主催 :日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 参加に関するお問合せ:「Web市民公開講座事務局」 TEL:050-3628-8349 受付期間:2020年6月10日(水)~7月17日(金) 受付時間:平日 9:00 ~21:00 参考情報 抗血栓薬を飲んでいる方の転倒対策. jp ()について 抗血栓薬には「ケガをしたときに血が止まりにくくなる」リスクがあります。 そのため、抗血栓薬を服用している患者さんに特に気を付けてほしいことについて、抗血栓薬服用患者さんとそのご家族に分かりやすい情報を掲載しています。 1885年の創立以来、ベーリンガーインゲルハイムは、株式を公開しない独立した企業形態を維持しています。 将来のヘルスケアにおける課題を見据え、ベーリンガーインゲルハイムが最大限の力を発揮できる分野で貢献できるよう、長期的な視点をもって邁進していきます。 ベーリンガーインゲルハイムは、世界有数の研究開発主導型の製薬企業として、51,000人以上の社員が、医療用医薬品、アニマルヘルスおよびバイオ医薬品受託製造の3つの事業分野において、イノベーションによる価値の創出に日々取り組んでいます。 2019年度、ベーリンガーインゲルハイムは約190億ユーロの純売上高を達成しました。 研究開発に約35億ユーロを投じてイノベーションに注力し、生命を救いクオリティオブライフ 生活の質 を向上させる新しい医薬品の創出に注力しています。 ベーリンガーインゲルハイムはパートナーシップを重視し、ライフサイエンス分野における多様な知見を活かして科学的な可能性を広げていきます。 様々な協働を通じて、現在そして未来の患者さんの生活を変えるような画期的な治療法を提供していきます。 詳細は、下記をご参照ください。 (ベーリンガーインゲルハイム) (ベーリンガーインゲルハイム ジャパン) アニュアルレポート 英語 Reference 1. 独立行政法人 国民生活センター 医療機関ネットワーク事業からみた家庭内事故-高齢者編- 2. 頭部外傷データバンク.

次の

「甘くみてはいけない“転倒”」 抗血栓薬服用の患者さんとご家族にWeb市民公開講座を 7月18日(土)開催

日本 ベーリンガー インゲル ハイム 株式 会社

- 義援金として1億円を拠出 - マッチング・プログラムを通じ、社員と共に約5,300万円を寄付 - 医療用医薬品、一般用医薬品、動物用薬を無償提供 2011年4月27日 日本/東京 ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鳥居正男)は、同社グループの東日本大震災による被災地・被災者支援を発表しました。 この度の東日本大震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。 また、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復旧・復興を願っております。 ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループは3月に、義援金として1億円を、日本赤十字社を通じて寄付しました。 また、震災後には被災地・被災者支援として、同グループ社員とのマッチング・プログラムを開始し、3月末までにグループ全社員3,000名中約1,700名の社員から総額2,600万円を超える寄付の申し込みがありました。 同グループは社員の寄付申込金額と同額を拠出し、合わせて約5,300万円を日本赤十字社や特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォームを通じて寄付します。 また、マッチング・プログラムは、社員からの継続要望が強く、4月1日以降も引き続き実施しています。 更に同グループは、被災地に自社製品の無償提供も行っています。 同グループで事業を担う日本ベーリンガーインゲルハイム、エスエス製薬、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン各社から、被災地で要望の高い約8,000万円相当の医療用医薬品や一般用医薬品、動物薬を提供しました。 今後も引き続き、被災地や被災された方々のニーズに合わせて、義援金、マッチング・プログラムを通じた寄附や自社製品提供だけでなく、弊社グループ社員のボランティア活動をサポートすることを検討しています。 ベーリンガーインゲルハイムについて ベーリンガーインゲルハイムグループは、世界でトップ20の製薬企業の1つです。 ドイツのインゲルハイムを本拠とし、世界で145の関連会社と42,200人以上の社員が、事業を展開しています。 1885年の設立以来、株式公開をしない企業形態の特色を生かしながら、臨床的価値の高いヒト用医薬品および動物薬の研究開発、製造、販売に注力してきました。 2010年度は126億ユーロの売上を示しました。 日本ではベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社が持ち株会社として、その傘下にある完全子会社の日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(医療用医薬品)、エスエス製薬株式会社(一般用医薬品)、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン株式会社(動物用医薬品)、ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社(医薬品製造)の4つの事業会社を統括しています。 日本のグループ全体で約3,000人の社員が、革新的な医薬品の研究、開発、製造、販売に従事しています。 日本ベーリンガーインゲルハイムは、呼吸器、循環器、中枢神経などの疾患領域で革新的な医療用医薬品を提供しています。 また、グローバルな研究・開発の一翼を担う医薬研究所を神戸に擁しています。 エスエス製薬は、ベーリンガーインゲルハイムの優れた経営資源を最大限活用し、スイッチOTC薬の開発・導入など、日本市場への新しい価値の提案を行っています。 長期的には、同グループにおけるコンシューマーヘルスケア分野の担い手としての成長を視野に入れ、アジア市場への進出も見据えた取り組みを進めています。 ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパンは、日本の動物用医薬品市場で、豚、牛、家禽といった畜産分野、及び、コンパニオンアニマルの健康分野に注力し、製品の開発、マーケティング、販売を展開しています。 ベーリンガーインゲルハイム製薬は、日本における医薬品の製造拠点として、その卓越した生産および包装技術を発揮しています。 詳細は下記をご参照ください。

次の

「甘くみてはいけない“転倒”」 抗血栓薬服用の患者さんとご家族にWeb市民公開講座を 7月18日(土)開催

日本 ベーリンガー インゲル ハイム 株式 会社

- 義援金として1億円を拠出 - マッチング・プログラムを通じ、社員と共に約5,300万円を寄付 - 医療用医薬品、一般用医薬品、動物用薬を無償提供 2011年4月27日 日本/東京 ベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:鳥居正男)は、同社グループの東日本大震災による被災地・被災者支援を発表しました。 この度の東日本大震災によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。 また、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復旧・復興を願っております。 ベーリンガーインゲルハイム ジャパン グループは3月に、義援金として1億円を、日本赤十字社を通じて寄付しました。 また、震災後には被災地・被災者支援として、同グループ社員とのマッチング・プログラムを開始し、3月末までにグループ全社員3,000名中約1,700名の社員から総額2,600万円を超える寄付の申し込みがありました。 同グループは社員の寄付申込金額と同額を拠出し、合わせて約5,300万円を日本赤十字社や特定非営利活動法人 ジャパン・プラットフォームを通じて寄付します。 また、マッチング・プログラムは、社員からの継続要望が強く、4月1日以降も引き続き実施しています。 更に同グループは、被災地に自社製品の無償提供も行っています。 同グループで事業を担う日本ベーリンガーインゲルハイム、エスエス製薬、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン各社から、被災地で要望の高い約8,000万円相当の医療用医薬品や一般用医薬品、動物薬を提供しました。 今後も引き続き、被災地や被災された方々のニーズに合わせて、義援金、マッチング・プログラムを通じた寄附や自社製品提供だけでなく、弊社グループ社員のボランティア活動をサポートすることを検討しています。 ベーリンガーインゲルハイムについて ベーリンガーインゲルハイムグループは、世界でトップ20の製薬企業の1つです。 ドイツのインゲルハイムを本拠とし、世界で145の関連会社と42,200人以上の社員が、事業を展開しています。 1885年の設立以来、株式公開をしない企業形態の特色を生かしながら、臨床的価値の高いヒト用医薬品および動物薬の研究開発、製造、販売に注力してきました。 2010年度は126億ユーロの売上を示しました。 日本ではベーリンガーインゲルハイム ジャパン株式会社が持ち株会社として、その傘下にある完全子会社の日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社(医療用医薬品)、エスエス製薬株式会社(一般用医薬品)、ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパン株式会社(動物用医薬品)、ベーリンガーインゲルハイム製薬株式会社(医薬品製造)の4つの事業会社を統括しています。 日本のグループ全体で約3,000人の社員が、革新的な医薬品の研究、開発、製造、販売に従事しています。 日本ベーリンガーインゲルハイムは、呼吸器、循環器、中枢神経などの疾患領域で革新的な医療用医薬品を提供しています。 また、グローバルな研究・開発の一翼を担う医薬研究所を神戸に擁しています。 エスエス製薬は、ベーリンガーインゲルハイムの優れた経営資源を最大限活用し、スイッチOTC薬の開発・導入など、日本市場への新しい価値の提案を行っています。 長期的には、同グループにおけるコンシューマーヘルスケア分野の担い手としての成長を視野に入れ、アジア市場への進出も見据えた取り組みを進めています。 ベーリンガーインゲルハイム ベトメディカ ジャパンは、日本の動物用医薬品市場で、豚、牛、家禽といった畜産分野、及び、コンパニオンアニマルの健康分野に注力し、製品の開発、マーケティング、販売を展開しています。 ベーリンガーインゲルハイム製薬は、日本における医薬品の製造拠点として、その卓越した生産および包装技術を発揮しています。 詳細は下記をご参照ください。

次の