手首 の 骨 名前。 橈骨

人間の骨の一覧

手首 の 骨 名前

この記事の目次• 人の手首の骨 手首は 前腕(ぜんわん)にある 尺骨(しゃっこつ)と 橈骨(とうこつ)、それと手の根元にある 手根骨(しゅこんこつ)で構成されています。 橈骨は高齢者が骨折しやすい部位(高齢者の四大骨折のひとつ)で、特に遠位(肘関節ではなく手首に近い方)の骨を折る 橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)は有名です。 ちなみに高齢者ではありませんが、ニューヨークヤンキースで活躍されていた松井秀喜さんが外野の守備中に骨折したのは橈骨です。 手根骨は、• 豆状骨(とうじょうこつ)• 三角骨(さんかくこつ)• 月状骨(げつじょうこつ)• 舟状骨(しゅうじょうこつ)• 大菱形骨(だいりょうけいこつ)• 小菱形骨(しょうりょうけいこつ)• 有頭骨(ゆうとうこつ)• 有鉤骨(ゆうこうこつ) で、その中で 手関節に関わるのは三角骨、月状骨、舟状骨の3つです。 【手関節の骨を手の平側からみた画像】 【手関節の骨を手背側から見た画像】 スポンサードリンク 人の手首の筋肉 次に手関節の筋肉をみていきましょう。 長掌筋(ちょうしょうきん)• 橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)• 尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)• 深指屈筋(しんしくっきん)• 浅指屈筋(せんしくっきん)• 長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)• 長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)• 短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)• 尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)• 総指伸筋(そうししんきん)• 小指伸筋(しょうししんきん)• 長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)• 短母指伸筋(たんぼししんきん)• 示指伸筋(じししんきん) これ以外にも前腕の運動に関与する回内筋(かいないきん)や回外筋(かいがいきん)、肘筋(ちゅうきん)があります。 【手関節の手の平側の筋肉(浅層)】 【手関節の手の平側の筋肉(中間層)】 【手関節の手の平側の筋肉(深層)】 【手関節の手背側の筋肉(浅層)】 【手関節の手背側の筋肉(深層)】 手首の筋肉の特徴は 筋肉は小さいが長い腱があるということです。 また手首だけに関わっているのではなく、全ての筋肉が指の運動にも関わっています。

次の

手首の骨の突起

手首 の 骨 名前

上腕は上腕骨 じょうわんこつ 、前腕は橈骨 とうこつ と尺骨 しゃっこつ 、手部は27個の小さい骨によって構成されています。 上腕骨の構造とは? 上腕骨は1本の長くて太い骨です。 上腕骨の上の丸い部分を 上腕骨頭 じょうわんこっとう といい、肩甲骨と接地することで 肩関節 肩甲上腕関節:けんこうじょうわん関節 を構成します。 上腕骨頭の外側には、 大結節 だいけっせつ と 小結節 しょうけっせつ という山のような出っ張りがあります。 この大結節や小結節には重要な筋肉である ローテーター・カフがつきます。 ローテーター・カフは肩関節を安定させるためのインナーマッスルとして働きます。 ローテーター・カフの4つの筋肉 ・棘上筋 きょくじょう筋 ・棘下筋 きょくか筋 ・小円筋 しょうえん筋 ・肩甲下筋 けんこうか筋 上腕骨の真ん中あたりには 三角筋粗面 さんかくきんそめん があり、名前からも想像がつくようにこの部分には三角筋がつきます。 上腕骨の下側にある内側と外側の出っ張りを、それぞれ 内側上顆 ないそくじょうか 、 外側上顆 がいそくじょうか といいます。 上腕骨の下にある真ん中の部分が、 上腕骨小頭 じょうわんこつしょうとう と 上腕骨滑車 じょうわんこつかっしゃ です。 内側上顆の後ろには尺骨神経が通る 尺骨神経溝 しゃっこつしんけいこう があります。 肘の内側をデコピンすると腕がジーンと痛くなりますよね。 みなさんも一度は体験したことがあるのではないでしょうか。 これが尺骨神経です。 ここまでご紹介してきた部分は、最低限上腕骨で抑えておきたい構造の部分になります。 前腕の構造とは? 次に前腕の骨の構造についてご説明します。 前腕の骨は 橈骨 とうこつ と 尺骨 しゃっこつ から構成されています。 手のひらを上にした時に親指側にある骨を橈骨、小指側にある骨を尺骨といいます。 橈骨の上は 橈骨頭 とうこつとう という丸い部分になり、この周りに靱帯がつくことによって安定しています。 橈骨頭の周りの有名な靱帯には 橈骨輪状靭帯 とうこつりんじょう靱帯 があります。 橈骨頭の下には 橈骨粗面 とうこつそめん があり、ここには上腕二頭筋が付着します。 尺骨には 尺骨粗面 しゃっこつそめん があり、上腕筋が付着します。 手部の構造とは? 手部は27個の骨が集まることによって構成されています。 手根骨8個、中手骨5個、基節骨5個、中節骨4個、末節骨5個の計27個です。 このように多くの骨が集まることで構成されます。 中手骨と基節骨の間の関節は手根中手関節、基節骨と中節骨の間の関節は近位指節間関節、中節骨と末節骨の間の関節は遠位指節間関節です。 まとめ 上肢は上腕と前腕、手部に分けられ、上腕上腕骨、前腕は橈骨や尺骨、手部は27個の骨によって構成されています。 上腕骨や橈骨、尺骨、手部の骨は基礎として重要なため、しっかりと抑えておきましょう。 イメージするとわかりやすいため、みなさんもイラストを見ながらイメージしてみてくださいね!.

次の

手首の骨折による症状と治療について!

手首 の 骨 名前

数日前から手首のど真ん中らへんの骨が突起し始めました。 具対的には、左手の手首を少し曲げて、手の甲の2の指から手首までの細い骨をたどっていくとちょうど手首のところで硬い突起ができました。 数週間前から、ある日突然押してみると骨っぽい硬いものが上記で説明した手首らへんで突起し始め、少し痛かったので親に聞いてみたが特に相手にされず、放っておいたら、痛みは収まったのですっかり忘れていました。 だが、最近また痛くなってきまた親にみせたら今度は少し真剣になりましたw 突起がひどくなったのでしょうか!? 原因と言ったら、ちょうど数週間前からギターの練習をし始めたことしか思い当たりません。 手首に結構負担かけていた気もします。 手首を回すのは普通にできるし、ひどく曲げなければ 主に内側に 特に痛くもなりません。 しかし、触ってみると左手と右手で明らかに大きな差があります。 右の手首は何もなくスベスベです…。 突起を軽く押すと少し痛いのでこれはやはり病院に行ったほうがいいのでしょうか? 親指らへんの突起ではないので、茎状突起炎? ではないと思うんですが…。 何かの病気 骨折とか だったりするんですか? よくわからないのでどなたかアドバイスくださるとありがたいです;;.

次の