ピクルス 液 残り。 ピクルスの漬け汁、再利用レシピ「揚げない!簡単!チキン南蛮」

ピクルスの漬け汁、再利用レシピ「揚げない!簡単!チキン南蛮」

ピクルス 液 残り

以前、ピクルス作りにハマっていました。 色んな食材を漬けました。 一番のお気に入りはうずらのゆで卵。 美味しかったなぁ。 また食べたい・・。 で、当時の私も考えました。 この汁、もったいない。 何かに使えないかなぁと。 思いつきませんでした。 酢と唐辛子ですもんね。 味が独特すぎる上にキュウリなんかの水っぽい野菜を漬けると特に水分出ちゃって、漬け汁自身が薄まって2度漬け無理。 当時は捨てていましたが。。 コレを書いているときにふと魚いけないかな?とか思っちゃいました。 近々やってみようかな。 m(__)m ピクルス達人・リメイク達人からの書き込み、私も期待しますxxx.

次の

富士酢醸造元 飯尾醸造

ピクルス 液 残り

残ったピクルス液はおいしく活用できる! カラフルな常備菜「ピクルス」。 野菜を食べきったあとは、大量にピクルス液が残りますよね。 実はこのピクルス液、旨みも栄養素もたっぷり! 料理に使って、新しい魅力を発見してみましょう! 基本のピクルス液の作り方 まずは、基本のピクルス液のレシピをおさらいしましょう。 【材料】 酢…250ml 砂糖…大さじ5 塩…大さじ1 唐がらし(輪切り)…1本分 A 水…250ml A 昆布…2g お好みのスパイスやハーブ…適宜 【作り方】 【A】を鍋に入れて加熱し、沸騰直前に昆布を取り出します。 他の調味料を加え、ひと煮たちさせればピクルス液の出来上がり。 粗熱をとって保存容器に入れ、冷蔵庫で2週間ほどストックできます。 保存瓶やジップ付きの袋に野菜を入れ、ピクルス液を注ぐだけ。 漬け置き1日目はサラダ感覚の浅漬け、2~3日を目安に食べきります。 一度漬けたピクルス液に野菜を足すのは、1回までにします。 残ったピクルス液は、野菜の水分が出て薄まり、少し濁った状態。 ちょっと不安に感じるかもしれませんが、そこには野菜の旨みや栄養素が染み込んでいます。 鍋にうつして中火で4~5分加。 軽く煮詰めてリメイク料理に活用しましょう。 ピクルス液には、野菜のビタミンCが豊富に含まれています。 ビタミンCは熱に弱いと言われますが、損失してしまうのは1~2割ほどなのです。 加熱よりも気にしておきたいのは、むしろ水溶性ということ。 つまりピクルス液は、体に美味しいビタミンの宝庫! 残さずいただきましょう。 揚げずに作る、鮭の南蛮漬け 鮭は揚げずに、フライパンで焼くだけで手軽にできる南蛮漬け。 タラ・サバ・鶏肉でもOKです! 翌日までマリネすると、鮭の身が引き締まり、しっかり味に仕上がります。 体の芯から温めてくれるほっこりおかずです。 豆板醤を入れてキンと辛味をきかせたタレがたまりません。 ごはんもビールもすすむ1品です。 ピクルスを作ったら、ぜひ普段の料理に取り入れてみてはいかがでしょうか? 「リメイク料理」の記事をチェック! このコラムを書いたNadia Artist スペイン料理研究家 加瀬 まなみ キーワード.

次の

富士酢醸造元 飯尾醸造

ピクルス 液 残り

以前、ピクルス作りにハマっていました。 色んな食材を漬けました。 一番のお気に入りはうずらのゆで卵。 美味しかったなぁ。 また食べたい・・。 で、当時の私も考えました。 この汁、もったいない。 何かに使えないかなぁと。 思いつきませんでした。 酢と唐辛子ですもんね。 味が独特すぎる上にキュウリなんかの水っぽい野菜を漬けると特に水分出ちゃって、漬け汁自身が薄まって2度漬け無理。 当時は捨てていましたが。。 コレを書いているときにふと魚いけないかな?とか思っちゃいました。 近々やってみようかな。 m(__)m ピクルス達人・リメイク達人からの書き込み、私も期待しますxxx.

次の