イワナ 種類。 【イワナの種類】これを読めばもう迷わない!イワナ4亜種の見分け方や生態を詳しく紹介!|TSURI HACK[釣りハック]

イワナ

イワナ 種類

目次 スクロールします• 【質問1:体にある点が全部白くて大きい場合は?】エゾイワナ(アメマス) 名前 エゾイワナ(アメマス) 分布 東北・北海道 外見の特徴 斑点は全て白く、黄色やオレンジの斑点は無い 下の写真のように、体にある点や模様が全て白色で、かつ眼球くらいに大きい場合、エゾイワナ(アメマス)に分類出来るでしょう。 北海道で釣れたエゾイワナ また、エゾイワナが一度海に降るとアメマスと呼ばれ、背びれと尾びれの先が黒くなります。 【質問:白い点が無い場合は?】ヤマトイワナ 名前 ヤマトイワナ 分布 東海地方と琵琶湖への流入河川 外見の特徴 白い斑点は無いもしくは目立たず、黄色やオレンジの斑点がある 白い斑点が無い、もしくは目立たないイワナであれば、ヤマトイワナに分類して問題ないでしょう。 滋賀県の東側で釣れたヤマトイワナ 長野で釣れたヤマトイワナ 特に東海地方に多いイメージで、滋賀の東側ではこのヤマトイワナが多く、西側にはニッコウイワナが多いと言われていました。 しかしヤマメやアマゴと同様、放流が盛んに行われているので場所による分類方法はかなり怪しいです。 【質問:頭に虫食い模様がある?】ゴギ 名前 ゴギ 分布 中国地方 外見の特徴 頭から背中にかけて虫食い模様がある。 白い点はエゾイワナに似ているが、虫食い模様と生息域(エゾイワナは北国、ゴギは中国地方)で分類できる。 中国地方にのみ棲息しているゴギは頭にニョロニョロした模様が入っているイワナです。 頭部に特徴的な模様があるゴギ 鼻先まで模様が入っています もともと山口県にはゴギは住んでいなかったそうですが、戦後広島あたりから移植されたものが住み着いているのだそうです。 ゴギと比較するため、他のイワナの頭部の模様も見てみましょう。 頭部に模様が無いヤマトイワナ 【質問:北海道で釣れた&白以外の点がある】オショロコマ 名前 オショロコマ 分布 日本では北海道のみ 外見の特徴 体の横に黄色やオレンジの小さな点がある。 白い点は、存在したとしてもエゾイワナのように眼球ほど大きくない。 北海道の河川の上流部にのみ棲息するイワナで、斑点はカラフルで体の色は黒い個体が多いようです。 北海道で釣れたイワナで黄色やオレンジの斑点があれば、オショロコマに分類して良いでしょう。 honda. エゾイワナ(アメマス)との違いは白い点の大きさで、眼球くらい白点が大きければエゾイワナ、黒目くらいのサイズならニッコウイワナという感じで分けて良さそうです。 名前 ニッコウイワナ 分布 東北から近畿、一部山陰地方 外見の特徴 背中に小さな白い点があり、横には黄色やオレンジの点がある。 福井で釣れたニッコウイワナ 東北雄物川で釣れたニッコウイワナ さらにマニアックなイワナ軍団 ここまではイワナの中でもメインストリームを行く、言うならば野球部やサッカー部の連中を紹介してきましたが、ここからは卓球部や弁論部員のイワナたちを紹介します。 然別湖だけに住むミヤベイワナ 以上、イワナの中で別のグループに分類されるとする4タイプをご紹介しました。 これら以外に、北海道の然別湖に生息するオショロコマの別種である「ミヤベイワナ」がいます。 トローリングに掛かったミヤベイワナ 鈴鹿周辺の流紋イワナ 体の横に斑点があるのがイワナの特徴ですが、鎖のような模様が入っているのが流れ紋イワナです。 滋賀県と三重県の間に位置する鈴鹿山の川に棲息しているイワナだそうです。 滋賀県愛知川で釣れた流紋イワナ 奈良の絶滅危惧種・キリクチ 日本で最も南に棲息するイワナが奈良の十津川水系におり、「キリクチ」と呼ばれています。 斑点が薄くお腹が強いオレンジ色です。 キリクチの写真は最後にご紹介する白石勝彦氏の「イワナの顔」にて紹介されています。 イワナの顔では1990年頃のイワナの分布が日本地図で整理されています。 なので分類しにくいイワナは「わからない」ものとしてそのままにしておくと、それはそれで魅力的では無いかと思います。 また、イワナの分類については現在も激しく論争がされており、日本人とアフリカ人を同じ種として扱うように、例えばヤマトイワナもニッコウイワナも同じグループとして扱ったほうが良いのでは?という意見もあるようです。 最後に参考書籍をご紹介します。 1993年に出版されたイワナに特化した本で、各川におけるイワナの分布を徹底的に調べ上げた一冊です。 釣り記録としてもめちゃくちゃおもしろいです。 よく閲覧されている記事• 11,489件のビュー• 9,479件のビュー• 5,803件のビュー• 5,220件のビュー• 4,725件のビュー• 4,412件のビュー• 3,921件のビュー• 3,480件のビュー• 3,430件のビュー• 2,922件のビュー 地域・魚種ごとのページ• 2 私の渓流釣りスタイル.

次の

【イワナの種類】これを読めばもう迷わない!イワナ4亜種の見分け方や生態を詳しく紹介!

イワナ 種類

川の源流に住むイワナの種類についての基礎知識 日本に生息するイワナ( comaenis)の種類をご存知でしょうか? イワナ( comaenis)とはサケ目サケ科イワナ属に分類される魚に与えられた 種名です。 現在、日本に生息するイワナは1種類です。 繰り返しますが、 イワナという魚は、1種類なんですよ。 冒頭からややこしい話にしてしまい恐縮です。 そもそも適切な日本語になっていませんね。 皆さんがご期待されている内容は、実は 「種類」ではなく 「亜種」レベルの議論になってきます。 しかし、種として同じ遺伝子を持ちながら、住む環境の違いによって、身体や習性に特色が現れた結果、明らかに確認できる違いを持つものがいます。 「亜種」とは、近年になり研究が進んだことにより、同じ1種の動物や植物でも、大きさや色、食べ物や生態などが違う場合があり、種より下の階級を作る必要に迫られ誕生した 分類学上もっとも下位の階級です。 現在、日本に生息するイワナは4亜種に分類されています。 ・大柄な白い斑点だけならばエゾイワナ• ・白い斑点が全くなければヤマトイワナ• ・頭まで白い模様があればゴギ• ・どれにも当てはまらなければニッコウイワナ 今回の記事では、この4亜種の見分け方や生息地、生態など詳しく解説させていただきます。 ちょっとややこしくて、未解明な部分が多いイワナの世界へ! いざ出発です。 生息地からも分かるようにイワナ4亜種の中では最も冷水を好みます。 「はっきりとした白色の丸い斑点」が、エゾイワナおよびアメマス最大の特徴です。 後ほど紹介するニッコウイワナとは、黄や橙色の斑点がない事で見分けることができます。 また、通常エゾイワナは生後約2年間の河川生活の後に、海へ下るものと河川に残留するものに分かれます。 しかしながら、大きな滝や砂防ダムなどによって海に下れない個体群もあり、これら 陸封型と呼ばれるものに エゾイワナという標準和名が与えられています。 降海型を「アメマス」と呼ぶ 画像提供:TRANSCENDENS・土井慧祐 標識放流によって、毎年産卵の為に遡上と降海を繰り返す個体も確認されています。 同じく標識放流により、9歳魚で80cmまで成長することが明らかとなっています。 ちなみに、 アメマスがイワナ4亜種の中でもっとも大きくなります。 富士川から紀伊半島にかけての太平洋側の河川の源流域に生息しています。 ヤマトイワナは、アメマスと違い海に下ることはありません。 ヤマトイワナは、大きい物で全長35cm程度まで成長しますが、25cm程度が平均的でしょう。 イワナ釣りでは尺(30cm)が一つ大きな目標ですね。 シーバスでいうところのランカーと言ったところでしょうか。 ヤマトイワナは源流域の中でも最奥にひっそりと暮らしています 「どこに川があるの?」ってくらい水の少ない環境にヤマトイワナは残されています。 とにかく 源流の極みを攻めるのがヤマトイワナ探しの楽しみです。 残されているという言葉を使う理由は、最後に説明しますね。 頭の天辺まで白い模様が特徴 ゴギ( Salvelinus leucomaenis imbrius) ゴギの見分け方は頭の模様 エゾイワナの頭部には白い模様が無かったのに対して、ゴギは 「鼻先までしっかりと白い模様」が入ります。 これはゴギだけに見られる特徴なので、鼻先までしっかり白い模様があればゴギ確定です。 ゴギは、瀬戸内海に流出する岡山県吉井川から山口県錦川までの源流域と日本海側における島根県の斐伊川から高津川にかけて生息しています。 ゴギもヤマトイワナ同様に海に下ることはありません。 小柄というのもゴギの特徴です イワナ4亜種の中で、平均的な大きさが最も小さいのもゴギの特徴と言えるでしょう。 概ね20cm前後の個体が多く、大きさを求める釣りではなく、雄大な自然に身を置く時間を楽しみましょう。 また、白い斑点はエゾイワナに比べて小さい傾向にあります。 生息域は、太平洋側では山梨県富士川、日本海側では鳥取県日野川以北の本州各地と考えられていますが、古くからさまざまな河川に人為的に放流されているため、正確な生息域は未だに明らかとなっていません。 一部のニッコウイワナは降海・降湖します ニッコウイワナは、アメマスと同様に一部の地域で海や湖へ降りることが知られています。 川を下り始めると、この魚のようにに各ヒレが透き通った色に変化し、体色もシルバーになります。 この状態を銀毛(ぎんけ・スモルト化)と呼びます。 降海型のニッコウイワナ 新潟県や山形県の一部の河川では、降海型のニッコウイワナを狙って釣ることができます。 降海型のニッコウイワナはアメマスのように研究が進んでいない為に、産卵回数や年齢と大きさの関係など未だに分からないことが多い魚です。 降海型のニッコウイワナ追いかけた僕の感想ですが、遡上は5月中旬ごろから始まり、ニッコウイワナ特有の黄や橙色の斑点は消えてしまっています。 ニッコウイワナには黄や橙色の斑点が少ない個体もいる イワナを見慣れていないと一見エゾイワナかと思ってしまいますが、良くみると橙色の斑点が所々に見られます。 この場合、エゾイワナは白色単色という特徴があるため、エゾイワナの線は却下されニッコウイワナと判断するわけです。 ニッコウイワナには白い斑点が少ない個体もいる こちらは一見ヤマトイワナのような雰囲気を持っていますが、ほんの少し白色の斑点が確認できます。 ヤマトイワナは白色の斑点を持ちませんので、ニッコウイワナと判断しましょう。 ニッコウイワナは人為的放流により日本各地に広がってしまっていますので、どの河川でもニッコウイワナを疑いましょう。 このニッコウイワナの放流活動が、種を見分ける上でとても厄介なんですね……。 ちなみに、この魚はニッコウイワナとヤマトイワナの交雑個体と考えられます。 多くのイワナ釣り師は、このような個体をニッコウイワナや交雑個体として扱っています。 番外編・オショロコマ( Salvelinus malma malma)はイワナとは別種です 日本在来のイワナの仲間にはもう一種類 「オショロコマ( Salvelinus malma malma) 」と言う魚がいます。 日本では北海道にのみ生息し、一部のオショロコマは降海します。 エゾイワナ(アメマス)との見分け方は、白い点のみのアメマスに対し、オショロコマは 「パーマークと朱点(赤い点)があること」から見分けることができます。 また、北海道の然別湖にのみ生息する ミヤベイワナ( Salvelinus malma miyabei)は、約1万5千万年前にオショロコマが陸封され独自の進化を遂げました。 イワナの見分け方が難しいワケ 本来、自然の力では隣の川へ移動することが困難であったため、イワナは何十万年という月日をかけて、川ごとに独自の違いを生み出してきました。 しかし、近代になり漁協や漁(猟)師、釣り師など様々な人間が積極的にニッコウイワナを全国各地に放流するようになり、各地で交雑が起きています。 ひとたび、ヤマトイワナの生息地にニッコウイワナを放流してしまうと白い斑点を持つニッコウイワナの川に徐々に置き換わってしまうのです。 現在では写真のような完全に白い斑点を持たない純粋なヤマトイワナは、人目につかないごく限られた源流域にしか残っていないのです。 このままでは、恐らく近い将来、イワナに亜種という考え方はなくなってしまうかもしれません。 ヤマトイワナを探して釣り歩いていると「沢山釣りたい、もっと食べたい、もっと儲けたい。 」という考えだけで無暗に魚を放流することの惨さを感じます。 イワナは奥が深すぎて出られない(笑) 最後はかなり主観的な文章となってしまいましたね。 失礼いたしました。 イワナの世界は色んな方向性があってどの道も奥が深いのです。 海外釣行のガイドとしても腕を振るう。 釣りに留まらず、ガサガサや漁業者と協力してまでも、まだ見ぬ生き物を追い求め、日々水辺に立っている。 どえらい魚を獲った!もはや釣りを越えて!色んな人と繋がって!特大天然メコンオオナマズ! 240 cm175 kg 捕獲です!!ホント色んな人に助けられてこの魚と出会うことができました!メコンオオナマズに関わる全ての人に感謝でいっぱいです!! — 山根ブラザーズ 兄 kimi chillkimi 関連記事.

次の

【イワナの種類】これを読めばもう迷わない!イワナ4亜種の見分け方や生態を詳しく紹介!|TSURI HACK[釣りハック]

イワナ 種類

イワナは、サケ目サケ科イワナ属の魚で、日本のイワナ類は、そのほとんどが淡水で過ごします。 夏でも水温の低い河川の最上流などに生息し、体型はサケに似た側扁で、体色は黄褐色から灰色、背部から側面には白い小斑点が散在しています。 多くの種類は食用できて渓流釣りの対象としても人気があります。 生態 イワナは肉食性の魚。 小型魚や水棲昆虫、落水する虫、動物性のプランクトンを捕食します。 2年魚以降の個体で、約20センチほどの大きさに成長し、数年に渡り繁殖行動を行います。 産卵期は10~1月ごろ。 自然魚の寿命は大よそ6年とされています。 日本記録の大きさは? 日本記録として登録されている大きさは、長さ(参考)92cmの個体と、重さでは7. 30キロの個体がJGFA(Japan Game Fish Association)に登録されています。 いずれも北海道で釣り上げられています。 陸封型の大きさでは、新潟県奥只見湖(銀山湖)にて未登録の大きさではありますが、1メートルを超える個体が釣り上げられたとされています。 エゾイワナ(アメマス) 分布:東北・北海道 外見: 斑点は全て白く、黄色やオレンジの斑点は無い 体にある点や模様が全て白色で、かつ眼球くらいに大きい場合、エゾイワナ(アメマス)• 北海道で釣れたエゾイワナ• アメマス イワナ エゾイワナが一度海に降るとアメマスと呼ばれ、背びれと尾びれの先が黒くなります。 ・ ヤマトイワナ 分布: 東海地方と琵琶湖への流入河川 外見: 白い斑点は無いもしくは目立たず、黄色やオレンジの斑点がある• 滋賀県・ヤマトイワナ• 長野県・ヤマトイワナ ・ ゴギ 分布: 中国地方 外見: 頭から背中にかけて虫食い模様がある。 白い点はエゾイワナに似とい る 虫食い模様と生息域(エゾイワナは北国、ゴギは中国地方)で分類でき• 中国地方にのみ棲息しているゴギは頭にニョロニョロした模様が入っているイワナです。 ・ オショロコマ 分布:日本では北海道のみ 外見: 体の横に黄色やオレンジの小さな点がある。 白い点は、存在したとしてもエゾイワナのように眼球ほど大きくない。 ・ ニッコウイワナ 東北を除く本州で釣れたイワナで、白い点があればニッコウイワナという感じでエゾイワナ(アメマス)との違いは白い点の大きさで、眼球くらい白点が大きければエゾイワナ、黒目くらいのサイズならニッコウイワナという感じで分けて良さそうです。 分布: 東北から近畿、一部山陰地方 外見: 背中に小さな白い点があり、横には黄色やオレンジの点がある。

次の