クラム チャウダー 英語。 チャウダーの意味とは?英語ではどんな料理のことを表す?

「シチュー」の「とクラムチャウダー」の違い・意味と使い方・使い分け

クラム チャウダー 英語

Contents• チャウダー・シチュー・ポタージュの定義は? チャウダー チャウダーとは、魚介類、じゃがいも、ベーコンなどがたっぷり入ったアメリカ発祥のスープのことです。 ハマグリやアサリなどの二枚貝が入ったクラムチャウダーが有名ですよね。 その他にも白身魚のフィッシュチャウダー、スイートコーンのコーンチャウダーなどもあります。 クラムチャウダーと言えば、牛乳ベースの白いクリームスープを思い出しますが、ニューヨーク風のクラムチャウダーは赤いトマトスープになるそうです。 シチュー シチューは英語で煮込み料理を意味します。 本来は、野菜や肉、魚介類をダシやソースで煮込んだ料理の総称です。 日本でシチューと言えば、クリームシチューかビーフシチューのいずれかのことを指します。 どちらも、小麦粉を炒めて作ったルーを加えたとろみのあるものが定番です。 ポタージュ ポタージュはフランス語でスープ全般のことを指します。 つまり、フランス語では、コンソメ、ブイヤベース、ヴィシソワーズ、ビスク、ポトフなどはすべてポタージュになります。 でも、私たちは「ポタージュ=スープ」の意味では使いませんよね。 日本では、澄んだコンソメースープに対してとろみのある不透明なスープのことをポタージュと言っています。 違いはなんなの? 具の大きさを見ると、分かりやすい違いがあります。 シチューとチャウダーを比べると、シチューのほうが具が大きくなります。 シチューは元々、煮込み料理。 ということは、具がメインなので必然的に大きくなるのでしょう。 チャウダーはスープなので、シチューよりも具が小さいのかもしれませんね。 具を小さく切ることによって、短い加熱時間で手軽に作ることができます。 ポタージュは具入りのものもありますが、裏ごしをしていて具がないものが多いです。 スポンサーリンク チャウダーの素とシチューの素は代用できる? スーパーを見てみると、シチューの素と並んでクラムチャウダーの素もいくつか販売されていました。 ですが、品数は圧倒的にシチューのほうが多かったです。 クリームシチューの素でチャウダーを作っている方はたくさんいるようです。 また、メーカーからもシチューの素で作るチャウダーのレシピを提案されています。 同じように、クラムチャウダーの素でシチューを作ることもできます。 シチューを作るつもりが間違ってチャウダーの素を買っていたとしても、慌てなくて大丈夫ですよ。 どちらの素で作っても、美味しくできるということですね。 ただし、 シチューの素のほうがチャウダーの素に比べるととろみがあります。 そのため、分量どおりで作ると、シチューの素で作ったチャウダーはとろみの多いものに、チャウダーの素で作ったシチューはさらさらしたものになります。 もちろん、そのまま作ってもかまいませんが、水分量を調節したり片栗粉や小麦粉を使ったりしてお好みのとろみにしてもいいですね。 最後に.

次の

クラムチャウダーのチャウダーって何語?

クラム チャウダー 英語

まずはじめに、貝同士をこすり合わせ、流水であさりを洗ってから鍋に入れ、そこに 水200mlと酒大さじ3を合わせます。 中火にかけて蓋をして、すべてのあさりの口が開くまで火にかけ(沸いたら少し火を弱めるとよいです)、 あさりに火を通しつつ、スープをとります。 同時にフライパンで野菜を炒めます。 フライパンを中火で熱し、バターを入れて切った具材をすべて加えて炒めます。 具材を炒めるのは、 バターやベーコンの脂に野菜やにんにくの風味を移すためで、仕上がりのスープの味わいがよくなると思います。 3~4分炒めて、じゃが芋などの大きな野菜に透明感が出てくればOKです(後から煮るので完全に火を通す必要はありません)。 具材を炒める途中でも、あさりの口が開いたらお皿やバットに取り出しておきましょう(火を通しすぎるとあさりの身が硬くなるため)。 炒め終われば、あさりの出汁がでたスープに具材をすべて加え、中火にかけます。 もしアクが出たら取り除き、沸いたら火を少し落として 4~5分かけてじっくり具材に火を通します。 じゃが芋やにんじんなどの根菜にしっかりと火が通れば、ここで 牛乳ときのこを投入します。 再び中火にして沸くのを待ち、沸いたら火を弱めてきのこに火を通します。 最後にあさりを戻し入れます。 殻を取り除いて入れると食べやすいですが、好みで殻ごと加えても、どちらでもOKです。 あさりが温まるまで火にかけ、最後に塩気を味見をして確認して(必要があれば塩少々を足し入れて)、できあがりです。 ぜひ具材たっぷりで盛り付けてください。

次の

私と英語のMonterey Bay Aquariumとクラムチャウダーの思い出

クラム チャウダー 英語

マンハッタンクラムチャウダー 東海岸のが発祥地で様々な類がある。 ニューイングランド風はをベースとした白いクリームスープでありボストンクラムチャウダーとも呼ばれる。 風(あるいは風)は赤いトマトスープである。 作り方が簡単なため、家庭でよく作られるほか、のや、の洋食レストランでも供されることの多いのである。 現代では、缶に濃縮したクラムチャウダーを詰めた物が、一般的にで販売されており、に中身をあけを加えながら温めるだけで作れる。 近年では、乾燥させ粉末状にしカップに入れた物もあり、同様、お湯を入れるだけで作れる。 作り方 [ ] 必要な食材 二枚貝の剥身、、、などが必須の素材だが、それ以外はいろいろなレシピが存在する。 野菜として、、などを使うものや、を使うレシピもある。 使用する貝 貝は、本場アメリカではとしてよく食べられている(英語:)を使用する。 日本ではになってとしてやなどに定着しているが、や以外ではホンビノスガイがあまり流通していないため、やなどで代用するのが通例である。 ニューイングランド風クラムチャウダー [ ] 以下にニューイングランド風クラムチャウダーの作り方を記す。 貝と小さめの賽の目切りした野菜を(ベーコンを使う場合はその油でも可)で軽く炒める。 (薄力粉)を加えて、粉っぽさがなくなる程度まで炒める。 (ならなお良い)でのばして、全体がクリーム状になったら濃度と味を調整して出来上がり。 食べる際にや砕いたを浮かせることもある。 マンハッタン風 [ ] マンハッタン風クラムチャウダーは、牛乳の代わりにコンソメと水を入れて煮、トマトピューレと刻んだトマトを加えて仕上げる。 には、「風クラムチャウダー」または「風クラムチャウダー」と呼ばれていたもので、「マンハッタン風」と称されるようになったのは初頭とされる。 マンハッタン風クラムチャウダーは、夏は冷製仕立てにされる。 ロードアイランド風 [ ] この他に、仕立ての「風クラムチャウダー」があり、上の2種類ほど有名ではないが、などにある歴史の古いホテルやレストランでは今でも清汁仕立てのチャウダーが食べられる。 一説によれば、ニューイングランド風クラムチャウダーに牛乳やクリームが必ず入るようになったのは、産業と関係があるという。 北米内陸部からの観光客は、二枚貝独特の風味に慣れていないため、クリームを入れて二枚貝の味を和らげたチャウダーが好まれる。 かつてはチャウダーを清汁仕立てで供し、客が各自の好みでクリームを入れるようにしたレストランもあったが、今日ではごく稀となった。 その他 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 アメリカ西海岸のでは、名物の(酵母と共に乳酸菌を用いた酸味のある)をくり貫いてクラムチャウダーをよそったもの(チャウダー・インナ・サワードウ Chowder in a Sourdough)の屋台が名物である。 注釈 [ ]• 21世紀研究会編『食の世界地図』文藝春秋・73P.

次の