心の傷を癒すということ ドラマ 出演者。 「心の傷を癒すということ」最終回の4話あらすじ・ネタバレ!感想・評価評判や見逃し動画の無料視聴方法をチェック♪

心の傷を癒すということ再放送・見逃し動画を無料フル視聴・テレビ以外でネットスマホで見る方法!

心の傷を癒すということ ドラマ 出演者

安 克昌 あん かつまさ 精神科医・1960年大阪市生まれ。 神戸大学医学部卒業。 兵庫県立尼崎病院、湊川病院、神戸大学附属病院精神科勤務などを経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。 阪神・淡路大震災直後より全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行い、「被災地のカルテ」と題し産経新聞夕刊に約1年にわたり連載した。 震災一年後に臨床報告としてまとめた「心の傷を癒すということ~神 戸・・・365 日~」で第18回サントリー学芸賞を受賞。 PTSD(心的外傷後ストレス障害)の若き研究者として治療活動に尽力するも、2000年12月肝細胞癌のため39歳で死去。 スポンサーリンク 安 克昌 あん かつまさ さん肝細胞癌の闘病と、最期の様子 安克昌先生は、阪神淡路大震災の被災地・神戸の街で、精神科医として被災者の心の傷を癒すということにも尽力なさっていました。 そんな中、安克昌さんの奥様が3人目のお子さんを妊娠中に、安克昌さんに肝細胞癌が見つかり、すでに末期だったということです。 安克昌さんは、入院を最小限に抑えて代替療法を受けながら、奥様と2人のお子さんと、間もなく生まれてくる赤ちゃんと共に自宅で余生をお過ごしになられました。 具合が悪い中でも、命の限りは家族と一緒に過ごしたい。 3人目のお子さまが生まれるまでは何とか、という思いがあったそうです。 出産の日が近づき、ご自宅でいよいよ産気づいた奥さんを産院に送り出したあと、タクシーで安克昌さんご自身も闘病していた病院に向かいました。 ご自身がお辛い中、ギリギリの限界まで奥さんと生まれてくる子のためにそばにいてくださったのですね。 2日後に安克昌さんは39歳の若さでこの世を去りました。 最期を看取った母親に、「頼む」と、託したそうです。 お母さまは「立派な死でした。 あんなみごとな死はありません」とおっしゃいました。 最期まで尊敬すべき生き方だった安克昌先生です。 スポンサーリンク 安 克昌 あん かつまさ さんの言葉・ガン患者にとって辛い2つのこと 安克昌さんは 「ガン患者には2つの辛いことがある」、とおっしゃったそうです。 死を覚悟したあとに治癒の可能性がある治療法を示されること 安克昌さんはご友人の医師「」に打ち明けました。 死を覚悟したあとに「こんな治療法があるよ」と示されるのが辛いとおっしゃったそうです。 その言葉によってやっと平穏になった心がまた揺れるから。 心が揺れるというのは欲が出る、そして怒りも出てくる、それが辛い。 これは実際に末期ガンを経験された人じゃないと気が付かないことだと思いました。 欲や怒りという感情と、死を覚悟した平穏な状態とは両極にあるものなんだと気が付きました。 怒りも欲も「生きる」ことへ向かうベクトルであり、死を覚悟した人間にとっては辛いことであるのだと。 精神科医・安克昌さんの最期の闘病生活や、遺された言葉「ガン患者にとって辛い2つのこと」のまとめ 安克昌先生の遺された言葉や著書は、阪神淡路大震災のあとも頻繁に起こるようになった災害の被災地で、多くの医療従事者や関係者に読まれて今も語り継がれています。 特に遺された言葉「ガン患者にとって辛い2つのこと」は、私自身、家族にガン患者がいていろんな治療法や、代替療法にばかり目が向いていましたが、心情にまでは寄り添っていなかったな、と思い知らされました。 安克昌先生から大切な事を教わったと思っています。 ありがとうございました。 安克昌先生、本当に無念だったと思います。 まだまだ大切なご家族のために、そして患者さんのために尽力したかったと思います。 彼とは1980年韓国のYonsei大学に語学留学に来られた時同じ夏を過ごした。 僕は上智の学生で彼は1つ下の神戸大の医学部生で当時から精神科医になりたいと言っていた。 同じ在日で同じ悩みを抱えてお互い短いながらお互い在日の友人もなかったせいか直ぐに仲良くなり毎日非常に楽しく濃い時間を過ごした。 グッチャンという韓国名で呼んだのは僕が初めてだと言っていた。。 一つ差だったが先輩風を吹かして授業の後よく連れ出して遊び回った。 いつか連絡とりたいと思いながら自分の怠惰に任せ帰国後、音信不通になってしまった。 人生60になり人生の棚卸しを考えた昨今、このドラマの事を知り彼がもう20年も前に亡くなった事がわかった。 ドラマで見るアンくんは当時そのままの雰囲気で立っていた。 後悔先に立たず、という言葉があるがなんで留学後連絡を取らなかったのかを凄く悔やんでいる。 若い頃は先ばかりを見て中々後ろを振り返らない、と言うのは言い訳に過ぎないだろう。。 今更ながら惜しい友人を亡くしたと感じる。 心から改めてかれのご冥福を祈りたいと共に3名いらっしゃるという彼のお子さんたちに彼の20歳の夏は悩みながら韓国人としての誇りを持った素晴らしい時間を過ごしたとお伝えしたい。。

次の

NHKドラマ「心の傷を癒すということ」精神科医・安克昌「ガン患者にとって辛い2つのこと」

心の傷を癒すということ ドラマ 出演者

精神科医 安克昌氏のプロフィール 1960年大阪市生まれ。 神戸大学附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。 阪神・淡路大震災直後より、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行う。 震災一年後に臨床報告としてまとめた「心の傷を癒すということ~神戸・・・365日~」で第18回サントリー学芸賞を受賞。 PTSD 心的外傷後ストレス障害 の若き研究者として治療活動に尽力するも、2000年12月死去。 共訳に「多重人格性障害-その診断と治療」などがある。 「心の傷を癒すということ」製作は? 製作統括は 大河ドラマ北条時宗の演出を手掛けたり、 連続テレビ小説「カーネーション」をを製作統括した 塩谷厚司さんです。 「心の傷を癒すということ」音楽は? 「心の傷を癒すということ」の音楽を手掛けているのは、1983年1月4日生まれで日本の映画音楽作曲家でもあり、シンガーソングライターでもある 世武裕子さんです。 パリのエコールノルマル音楽院の映画音楽学科を首席で卒業し、安藤裕子など他の歌手などに楽曲提供もしている作曲家です。 チャットモンチー、くるり、plenty、Mr. Childrenなどのライブでコーラスなどで参加しており、シンガーソングライターとしての活動もしています。 「心の傷を癒すということ」あらすじは? はにかみ屋の若手精神科医の安和隆(柄本佑)はプロ級のジャズピアノの腕前を持ちレコードと読書をこよなく愛する青年です。 幼いときに両親が韓国生まれと知ってから、自らの居場所を探し続ける青年期を過ごしていました。 やがて、在日としての悩みを共有する明るい終子と出会い恋に落ちます。 第一子が誕生後、しばらくして阪神・淡路大震災が発生し、精神科医としてできることを模索している和隆は、被災者に寄り添い耳を傾けることで、精神科医ができることは被災者の治療よりも治癒力を回復させる手助けをすることだと気づいていきます。 精神科医として目の当たりにした被災地の様子を記した著書が賞を受賞した矢先、39歳となった和隆に癌が発覚します。 「心の傷を癒すということ」登場人物 ドラマ「心の傷を癒すということ」の登場人物を紹介します。 安和隆(主人公。 精神科医)/柄本佑 ジャズピアノはプロ級の腕前。 神戸大学医学部附属病院の精神科で働いている時に阪神・淡路大震災が起きる。 柄本佑 プロフィール 1986年生まれ 東京都出身 身長182㎝ B型 安終子(和隆の妻)/尾野真千子 映画が好きで、偶然の出会いで和隆と恋におちる。 持ち前の明るさで常に懸命に和隆を支え続ける妻。 安哲圭(和隆の父)/石橋凌 和隆の父。 大阪在住の在日韓国人一世で辣腕の事業家。 息子たちの将来に期待を寄せていたが、精神科医になるという和隆の決断に反対する。 朴美里(和隆の母)/キムラ緑子 和隆の母。 在日韓国人二世で、優しくおおらかに夫や家族を包みこみ支え続ける。 三人兄弟にとって最大の味方である。 安智明(和隆の兄)/森山直太朗 和隆の兄。 幼い頃から努力を惜しまない優等生で、父にとっては自慢の息子。 東京大学卒業後に渡米し、原子力研究開発の第一人者になる。 安壮介(和隆の弟)/上川周作 和隆の弟。 二人の兄の背中を追って育つ。 父の事業を一手に引き継ぐことに。 湯川浩二(和隆の親友)/濱田岳 和隆と青春時代からずっと一緒に過ごしてきた唯一無二の親友。 和隆と同じ精神科の道に進み、共にジャズバンドを組むように。 担当楽器はサックス。 谷村英人(新聞記者)/趙 日報新聞社文化部の記者。 阪神・淡路大震災の二日後、「精神科医から見たことを内側から書いてほしい」と和隆に連載を依頼する。 ジャズ喫茶のママ/濱田マリ 和隆・湯浅が学生時代から通っていたジャズ喫茶「スクルド」のママ。 北林医師(和隆の後輩医師)/浅香航大 和隆の後輩医師。 新人研修医として和隆の元で学び、憧れの先輩として慕い続ける。 不器用ながらも真面目で心優しい性格で、和隆と共に被災地の心のケアに奔走する。 新島看護師(同僚看護師)/平岩紙 和隆の同僚看護師。 震災時に病院の倒壊を経験し、避難所に応援に出て看護活動をする中で和隆と出会う。 永野良夫(和隆の恩師)/近藤正臣 日本を代表する精神医学の権威。 大学生の和隆が精神科医への道を決めるきっかけとなった憧れの恩師。 「心の傷を癒すということ」まとめ 2020年の1月からスタートのドラマ「心の傷を癒すということ」楽しみですね! また気になるドラマを紹介したいと思います。

次の

阪神大震災のドラマ NHK土曜ドラマ 「心の傷を癒すということ」(2020年1月18日土曜日)の出演者 #心の傷を癒すということ #尾野真千子

心の傷を癒すということ ドラマ 出演者

~あらすじ~ 精神科医の安 克昌さんは1995年に神戸市内の病院で働いている際に阪神・淡路大震災を経験。 震災で大変な中、全国から集められた精神科ボランティアを統括し、避難所などでカウンセリング・診療を行いました。 被災した人々の「心の傷を癒すまで」奮闘した一人の意思の物語です。 実際の安医師は、その経験からエッセイ本 「心の傷を癒すということ」やその他著書を執筆されており、「心の傷を癒すということ」は サントリー学芸賞を受賞されています。 今回のドラマはエッセイ本のドラマ化ではなく、オリジナルストーリーです。 安 克昌さんはガンを患い39歳という若さで亡くなられてしまいましたが、精神科医として尽力した安先生に感謝の気持ちを記すとともに、被災後25年という節目を迎えるため映像化される作品です。 脚本・演出は? 出典; 今作の脚本担当は、NHK FMシアター 「冬の曳航」で文化庁芸術祭優秀賞・ギャラクシー奨励賞の受賞経験のある 桑原 亮子さんが担当されます。 制作統括は 「カーネーション」や 「不惑のスクラム」を担当されていた 城谷 厚司さん! プロデューサーは 「その街のこども」や 「LIVE! LOVE! SING! 2018年9月1日に公開された 「きみの鳥はうたえる」で「第73回毎日映画コンクール」の男優主演賞を受賞した、実力派の俳優です。 — 2020年 1月月9日午前4時33分PST 柄本さんが演じられる役は若手精神科医 「安 和隆」です。 ジャズピアノがプロ級にうまく、レコードと読書がとても好きな人間。 幼い頃に両親が韓国生まれと知ってしまい、ずっと悩みを抱きながら過ごしていました。 そして大人になり神戸大学医学部附属病院の精神科で働いている時に阪神・淡路大震災が起きる・・・という役どころ。 出典; 安 哲圭 【石橋 凌】・・・和隆の父 在日韓国人一世で仕事ができる事業家。 出典; 朴 美里 【キムラ 緑子】・・・和隆の母 在日韓国人二世で、和隆の父と和隆たち三兄弟を優しく支える。 出典; 安 智明 【森山 直太朗】・・・和隆の兄 幼い頃から優等生で、父「哲圭」の一番自慢の息子。 出典; 安 壮介 【上川 周作】・・・和隆の弟 二人の兄の背中を見て育つ。 父「哲圭」の事業を引き継ぐ。 出典; 湯浅 浩二 【濱田 岳】・・・和隆が唯一悩みを打ち明けられる親友。 出典; 趙珉和(ちょうたみやす) 【谷村英人】・・・和隆の取材を行う新聞記者。 和隆に連載を依頼する。 出典; ジャズ喫茶のママ 【濱田 マリ】・・・和隆が通うジャズ喫茶のママ。 出典; 片岡 心愛 【清水 くるみ】・・・和隆の患者で多重人格と診断される。 出典; 結城 理恵 【谷村 美月】・・・和隆の患者で地震の影響で精神不安定になる。 実際に神戸市内のでは目撃情報も・・・! 昨日子供を大倉山公園に連れて行ったらドラマ撮影中の柄本佑、尾野真千子、キムラ緑子がいた!阪神大震災の時に精神科医として奔走した実際の人物がモデルになったドラマらしい。 東京でもそんなん見たことなかったのにまさかこんな地元で。 笑 — Kobayashi Shiho shiho1001 また、 神戸大六甲台本館でも撮影が行われたという情報があります。 (募集終了)では、 神戸市長田区内や 神戸市中央区の三宮でも撮影されたそうです。 映画音楽作曲家やシンガーソングライターとしてご活躍されています! 独特の雰囲気で心に染み入る感じがします。 17神戸」が放送されました。 また、それまでもいろいろな局や内容で震災を題材にしたドラマが放送されてきましたね。 震災のドラマは苦手・恐怖心がある方もいらっしゃるかと思います・・・。 ですが、実際にドラマを見ると 「震災のことを忘れない」「教訓にする」「生かされた側が深く考えらせられる」といった口コミで、深い内容のドラマである場合が多いです。 井浦新さん主演の「BRIDGE はじまりは1995. 17神戸」というドラマを見た。 震災の後、水道もガスもでない苦しいときに、助け合って生きる姿に感動した😭 今と違う時代背景の中を描く作品はあまりないので、より現実味が伝わった。

次の