セックス 漫画。 【2020版】エロシーンがある一般漫画のおすすめ作品を紹介する。下手なエロ本よりもエッチな一般漫画

【無料試し読みあり】セックスするのが普通の家族~やだ…ご飯食べてる途中で挿入れないで!~

セックス 漫画

世継ぎを産むため、姫様は初夜の練習! 『浮世艶草紙』は、江戸時代の性に関するさまざまな風俗をテーマにした1話読み切り型の短編集。 武家、大奥、商人、町人、隠密……などなど、職業や身分も幅広いキャラクターが登場する。 たとえば、嫁入り前の武家の姫様。 結婚すると男の子の世継ぎを生まなければいけない。 しかし、姫様はまだ男の身体を知らない乙女。 いざその時がきても、アタフタするばかりだと殿の気が削がれてしまう。 そのために……なんと、ばあやの手ほどきで、女中と初夜の練習をするのである。 春画を教本に行為のなんたるかを学ぶ姫。 なんでも良家では性教育の教本として、春画が嫁入り道具になっていたのだとか。 また、実践練習時の ばあやのアドバイスが実用的すぎる。 殿方が乗っかってきたら こっそり局部に唾をつけろ、巻き込むと痛いので 毛をあらかじめ短く切っておけ……。 生々しくて思わず頭を抱えてしまいそうな助言の数々!しかしこれもまた世継ぎを産むための武家の御息女の勤めでございまするぞ。 姫様あっぱれ。 果たして姫は夫婦和合の極意を知り、その日を迎える事ができるのか……。 若夫婦の行為を年増が側でサポート!? 世継ぎが必須なのは武家にかぎったことではない。 大きなお店にも世継ぎは必須だ。 さて、とある呉服店の若夫婦。 妻が嫁いできたはいいものの、どうにも最近よそよそしい。 心配した父が理由を尋ねると、初夜がうまくいかず、双方が気まずいまま解決策を見出せないでいるようで……。 初夜ができねば子どももできぬ。 父親が呼び寄せたのは、「介添女」と称する熟女だった。 若夫婦の間で性行為がうまくいかない時、江戸時代での裕福な商家では 、なんとなんと「介添女」なる年増を呼んで、閨でのあれこれを現場でサポートさせていたそうな。 介添女、わかりやすく例えると「性技術の家庭教師」。 妻の目の前で一度、旦那とコトに及び、そのやり方を妻や旦那に「見て習え」させるのだ。 「女子の身体を触るときは桃の身を撫でるように、煮た黒豆を摘むように」と具体的でスパルタめな介添女。 プレイの一環ならまだしも、どんなワークショップやねん! ……とはいえそこは価値観の違う江戸の頃。 実際この「介添女」は、井原西鶴の『好色一代女』にもしっかり記述が残っているらしいというから、江戸時代には特殊な専門職が多くいたのだなと実感させられる。 江戸時代のエロトリビアにやたらと詳しくなれる きちんとしたシナリオライターがいて、当時の文献などにも言及されているこの作品、読めば「へええ〜」とか「ほおお〜」とか、思わず唸ってしまうようなエロトリビアに満ち溢れている。 たとえば、大奥など身分の高い女性が自慰に使っていたという張型、 庶民は大根や人参をアレでナニな形に削って使っていたとか。 しかも、そのままだと冷たいので、紙で包んで火鉢に入れ、人肌に温めてから使うのだ、とウンチクを傾ける作中のおじさん。 また、西日本を中心に近代まで続いていたのは夜這いの文化。 夜、人目を忍んで 女の家に上り込む時、扉を水で濡らしておけば静かに開けられるとか。 夜這いの作法は地域性があって、人妻はNGだけど後家はOKな場合があるとか。 みなさ〜ん!ここ、日本史のテストにでませ〜〜〜〜ん! でも、でも、なんでしょう、この蠱惑的でロマンに満ち溢れたムダ知識の数々。 ご先祖さまたちはこんなに奔放だったのか、なんて考えるうちに、永久に失われてしまった価値観やライフスタイルがどこか懐かしく、愛おしくさえなってくる。 いやしかし、それにしても、この漫画を読む以外にこんなこと知る人生ある? エロ要素は少なめ、歴史物ととしても楽しめる漫画 1話完結のオチとしてだいたい情事が入ってくるのだが、エロ要素は少なくあっさり読めるのがいい(とはいえ八月薫先生が描く体はすごく生っぽくて美しいのでそれは必見)。 ぜひ当時の人々はどんなふうに生き、どのように触れ合っていたのか、その実態を覗いてみてはどうだろうか。

次の

パブリック・セックス|無料漫画(まんが)ならピッコマ|理原

セックス 漫画

2016年09月25日 22時00分 エロスに対する人類の追求心の強さを目の当たりにするオランダの「セックス博物館」に行ってきました 世界には など、 が存在しますが、オランダ・アムステルダムには人類の「性」をテーマにした「 セックス博物館」が存在します。 どんな場所なのか気になったので、実際に行ってみました。 Sex Museum in Amsterdam Amsterdam. info 「セックス博物館」と聞くとアングラなイメージですが、 の近く、通りに面したところにあります。 カフェのすぐ横にある建物に「SEX MUSEUM」の文字を発見。 まずはチケットを購入します。 1人4ユーロ 約450円 ですが、16歳未満は入館できません。 半券を手に建物の中へ。 建物に入ると、両側に大きなショーケースがあり…… 左側には人類の営みを描いた絵画などが展示されています。 右側では等身大マネキンが数々の器具を身につけて出迎えてくれました。 矢印に従って進んでいきます。 展示はショーケースに収まらず至る所に。 階段もお尻と胸のオンパレードでした。 2階に上がってすぐの吹き抜けスペースには大きめの絵画などが飾られていました。 ここは主に同性愛作品などを飾っている場所のようで、女性同士・男性同士の抱擁や性行為などの写真・絵画が壁にずらりと並んでいました。 男性同士の性愛に関する作品が多く並んでいた以下のショーケースには…… クリスタル男性器。 スペースの端っこには使用用途が謎の置物もありました。 さらに部屋の中へ。 ここにはさまざまな時代・土地に由来する性愛に関するアイテムたちが陳列されていました。 非常に美しい作りのパイプや…… 古代ローマの時代に作られたという男根像。 世界史の教科書にのっていたのとはちょっと違う古代アイテムたちが並びます。 1950年代のセックス・シンボルであるマリリンモンローのマネキンも置かれていました。 この棚には…… 音楽とリズムに合わせてコートを開け閉めする露出狂人形。 ベッドの上で男女がまぐわう様子がリズミカルに表現されるオモチャも。 かつての人はこれらのオモチャを娯楽として楽しんだのかもしれません。 また、写真がずらりと飾られたパネルもありました。 写真の一例はこんな感じ。 以下の画像に写っている写真は最も控えめなもので、撮影するのもはばかられるような過激なものもたくさんありました。 かつて使用されていた もあります。 使用方法についてはイラストで解説。 帯の部分にトゲがついているのがわかります。 展示室の隣にあるトイレも、単なるトイレに留まりませんでした。 中に入ってみると、個室が3つと、洗面所。 女性器をモチーフにした洗面台は自動で、手を差し出すとこんな感じで水が流れます。 個室の中はこんな感じ。 向かって左側は男性用の便器で、奥にあるのが女性でも使用できる便器となっています。 どんどん探索していきます。 続いての部屋にあったのは…… 巨大な男性器に挟まれたベンチ。 ここは撮影スポットと化していて、喜々としてベンチに座って撮影したり、男性器に抱きついて撮影している人たちを見かけました。 さらに階段を上っていきます。 ここにあったのは「SNEAK PREVIEW 」という文字が書かれた木製の箱。 覗き窓に顔を近づけてみると…… こんな感じの写真が見えました。 当時はこれがセクシーな映像として動いていた様子。 木箱の隣にはショーケース。 ここに実際に使われていたフィルムなども展示されていました。 マリリン・モンローの人生の一部を再現するマネキンはここにもありました。 手前にあるタッチパネルを操作すると、仕掛けを動かすことができます。 部屋を出ると、向かいにある屋根裏部屋では背中をのけぞらせた女性がぐるぐると回転していました。 続いての部屋には…… コンドーム膨らまし機という謎の機械が。 ここにも数々のオブジェが並んでおり…… いつ、どのタイミングでつけるのだろう……?と不思議に思ってしまうようなアクセサリーもありました。 アムステルダムの歓楽街「赤灯地区」を再現したスペースを発見。 衣装などから見て、現代ではなく、過去の赤灯地区を再現している様子 当時使われていた下着なども飾られており、興味深いです。 エロティックなマンガや…… 「CRAZY AMSTERDAM クレイジー・アムステルダム 」と名付けられた、実際にアムステルダムで撮影された写真集も。 アジアな雰囲気の民芸品が並べられているショーケース。 さらに奥の部屋には…… 真ん中に緊縛されたマネキンが飾られていることからもわかるように、SMをテーマにした写真などが展示されていました。 博物館はじっくり見ても1時間ほどで回れる規模で、平日にもかかわらず男性・女性ともに多くの人が訪れていました。 ダークでアングラな雰囲気はなく、あらゆる年齢層の人がきゃっきゃしながら記念撮影するような明るい雰囲気なので、アムステルダムを訪れて時間が余った時にフラッと訪れてもよさげ。 カップルや友人と来てわいわい見ることも可能ですが、1人でじっくり見てエロスの世界のあまりの奥深さに神妙な気持ちになることもできる場所でした。 ちなみに、セックス博物館に行った後の帰り道はあらゆるものが男性器のメタファーに見える呪いにかかりました。

次の

瀧と三葉のその後のお話♡「君のその後は。」作品特集

セックス 漫画

世界が闇に覆われ始めていた世界。 辺境の小国ナーガラの次期当主・アルクは、剣の修行に勤しみつつの平和な日々を過ごしていた。 彼には、両想いだった従姉のアウレリアがいたが、彼女は政略結婚するためにアルクとは一緒にいられなくなってしまった。 アルクはこのことをきっかけにして力を求めるようになる。 力を手に入れたアルクは、この力を使ってハーレムを作りつつ、激動の世界に身を投じていく。 『終末のハーレム ファンタジア』は、剣と魔法の世界での、エロティック&ダークファンタジー漫画となっている。 男子高生・太多陽太は高校の教室から、 校庭を歩く不気味なズタボロの巨大人形を目撃した。 そして、次の瞬間には陽太の目の前に現れ、陽太を窓から突き落とした。 意識を失った陽太が目を覚ますと、そこはドラゴンが飛び交い、赤と青の月が夜空をきらめく異世界であった。 しかも、ここはただの異世界ではない。 この世界には、何千年もの間、ずっと男が1人もいなかった。 そこで始めて出会った女の子である、聖騎士ルーミに導かれて、一緒に旅をしていくことになる。 女の子たちも、ただの女の子ではなく、男である陽太に触れられると体調に変化が生じる特徴があった。 世界唯一の男として冒険をしていく、ハーレム系の異世界ファンタジー漫画である。 映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「AV女優」パピコを中傷する張り紙だった。 彼はこの嫌がらせ行為を許せずに、町中で張り紙を剥がして回る。 そんな 零の様子を見つけて声をかけてきたのは、憧れの人・パピコであった。 出会うはずのない2人が出会ったときに物語は動き出す。 しかし、この作品はただのボーイ・ミーツ・ガールではない。 人間界に侵攻してきた魔王ディアボロを勇者レイは倒した。 主人公のルーシュの父は、「マクロドライバー」と呼ばれる世界最速の運び屋であり、世界中を超高速移動魔法で飛び回り、勇者の仲間として勇者レイをサポートしていた。 そんな父を誇りに思っていたルーシェであったが、姉や幼馴染と暮らす平和な日常は、 彼の目の前に勇者レイが現れたところから一変する。 勇者レイは、世界を救ったときとは別人のようになっていて、父と同じく「マクロドライブ」を使うルーシュの姉をさらっていってしまった。 勇者レイに何があったのか? 「マクロドライブ」の力に隠された秘密は? 少年ルーシュとその仲間たちの冒険が始まる。

次の