長尾 景虎 fgo。 長尾景虎

【FGO】長尾景虎の評価と再臨素材

長尾 景虎 fgo

越後 自由気ままに旅する男 立香 時は戦国、信長、武田、北条となのあるもの達が競い合い天下をとらんとするこの時代に血なまぐさいのが嫌といい旅する、我ながら臆病者だとは思う そこらの野党とかを何人か切りはしたが、まぁ善意でした訳では無い 折角越後に来たのだから何か面白そうなものを拝借したい、返り血が目立たないよう黒い服 土方第三再臨 にしているがさすがに1度洗いたい 「ん?」 何やら大層な屋敷がある、カンカンと木刀がぶつかる音がする木刀の撃ち合いの音が激しい以外は普通だ 激しくやりあってるのが理想だがこれは一方的に打ち込む音じゃないか? 少し覗いまてみたら白髪長髪の女性が男性を圧倒している、嬉嬉として ?「アッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!! 」 背筋が凍るかと思ったが、このままでは女性に男性が殺られる、いや殺られるというよりかは確実に怪我をする、柵をとびこえ懐から刀を鞘ごとぬき女性の木刀を止める 周りが驚く顔をする中立香は目の前の女性の目をみて戦慄した模擬試合だろうがあれは確実に殺す目だ、弱いものは死んで当たり前というような見たものを凍りつかせるほどの冷たい目だ 撃ち合いをしていた男性は後退りをしている、受け止めただけなのに冷や汗が止まらない ?「何者ですか?」 「!! 」 声には何ら不思議な感覚はない、いやあるのは体が恐怖を感じる。 このままでは木刀だろうと殺される、口が開けなかった どうするかを考えていた時だ ?「あれ?誰ですか?」 いきなり目の色が元に戻りきょとんとする、いきなりタガが外れたのか年相応の可愛らしさがでていた どうやら彼女の兄である人から話を聞けば彼女は長尾景虎、彼女はあのように模擬試合をしては兄弟を負かし、挙句嬉嬉として追い詰めているらしく、手を焼いているとのこと オマケに戦では嬉嬉として戦っており、恐れられている、ヤバいのに手を出したなと後悔しながら立ち去ろうとしたら「景虎の世話をしてくれんか」と言われた さすがにあの眼光を目にして怯まなかったのを評価されたのかどうかは分からないがみな彼女が怖いらしくどうしたらいいか分からず俺に仲介人をしろという、根無し草の旅人に何をと断ろうとしたが 景虎「そなた、ちょっとこちらへ」 まさかの本人からの呼び出しだ 部屋に招かれればそこに座ると座らされた、わざと胡座を書いて無礼を働く 景虎「そなた…名は?」 「立香と申します」 頭をぺこりと下げる、打首かなぁと覚悟を決める 景虎「歳は」 「18にございます」 景虎「どこから割って入ったのですか」 「柵の所から覗かせて頂きました、先程の手合わせ、見事なものにございましたが、あのまま行けば兄上殿が怪我をすると考え、景虎様の刃を止めさせていただきました」 お虎「何故とめたのです?」 「たしかに戦ならば死です、ですがあのような所で実の兄弟を殺すのはいささか不味いかと」 景虎「アッハハハ!殺す気などありませんでしたよ」 思わずどの口がいうかといいたくなったがあの目はもう見たくないものだ 景虎「しかし我が屋敷に無断で入ったことに関しては」 「承知でございます切腹の覚悟を」 景虎「では今日からそなたは私の側近です」 「…は?」 側近?え?は? お虎「何やら旅もしていた様子、それに服が返り血を帯びています、既に何人か切っておりますね?腕もたつならなお側近に欲しいです、あっ3食寝床ありですよ」 「ようは…遊び相手がほしいと?」 お虎「…何ゆえきずかれましたか、まぁ兄上達と稽古をしてもつまりませんからね」 まぁ周りから見れば彼女に関わりたくないだろう、おそらくは父親ですら… 「分かりました」 景虎「引き受けてくださいますか!これも毘沙門天の加護ぞあればですね!」 こっちは厄介な人生になるから加護もへったくれもないですがね、といいたかったが3食食えるのはありがたいので黙っておく、野草生活とはしばらくおさらばだ 翌朝 寝起きは良い方なため日が昇る頃には起きる、だが物音がしないためもう少し寝ようとした時だ お虎「さあ起きなさい立香!! 朝です!支度なさい!」 ダイナミックおはようございますと言わんばかりの勢いで廊下を走ってきた景虎 「支度ってどちらへ!? 」 景虎「早起きは三文の徳です!徳を積むことに意味があるのです!さあ早く起きなさい!」 布団から放り出され眠気さっぱりした、急いで着替えて景虎の部屋に向かう 「遅くなりました」 景虎「今度からはもう少し早く起きるように、では朝餉ができるまで私の仕事を手伝ってください」 昨日まで浪人だった人間に領地や兵糧などの仕事をしろと? 景虎「なかなか終わらなくて、ちょうど人手が欲しかったのですよ」 「あいつらァ…」 まぁ恐らく彼女を恐れて報告だけとかそんなんなんだろう…やり方がさっぱりだができる範囲で手伝うことにしたが…ここからかなりのハード生活がはじまった 景虎「立香!どこですか!! 将棋をしませんか!! 」 「景虎様!! 今厠ですから入って来ようとしないでください!! 色々と危ないですから!主に周りの目が!」 … 景虎「はっ!」 「ぐっ!」 早い、振る速度か早すぎる、そのため受けだけで精一杯だが反撃で蹴りを容れる わかっていたがかわされるのと反撃するんじゃなかったと後悔する 景虎「にぃ…」 あれはまさに獲物を見つけた野獣の目だ、今後の稽古が嫌な予感しかしない … 景虎「戦から戻りました、皆休むといいでしょう」 家臣「景虎様お見事です」 景虎「立香はどこです?」 「呼びましたか?」 景虎「立香ー!! あー疲れましたお酒とお塩の用意をお願いします、あと」 「景虎様、抱きつく前に風呂に入って来てください、あと抱きつかないでください、というかなぜ抱きついた」 … 景虎「アッハハハ!久しぶりの狩りはたのしいですね!」 「付き合わされる身にもなってください景虎様!! 貴方と私では体力に違いがですね」 景虎「日頃から鍛えてないのがいけにゃいのです」 「鍛えれてはいますよあなたが振り回しているせいで」 … 景虎「あぁ…美味しい」 「景虎様飲みすぎです」 景虎「そなたも飲みなさい」 「私が飲んだら誰が貴方の介抱するんですか」 … 景虎「いただきます!」 「私の魚!」 景虎「ふふん油断大敵!! 」 … 半年後 いつものように朝井戸にて顔を洗う、最近では景虎より早くに起きるようになってしまった 「景虎様たしかかなり飲んでたよな、もうしばらく寝ているだろう」 家臣「お前景虎様の側近だな?」 半年いるが顔を覚えていない家臣が話かけてきた 「なんでしょう」 家臣「お前あの方が怖くないのか」 「何故ですか」 家臣「戦場で嬉嬉として戦い、兄弟にすら恐れられてる、あの冷徹な御方なのになぜ貴様はそう景虎様を」 「…あんた家臣辞めたら?」 家臣「なっ!? 」 「景虎様が怖い怖いいいながら家臣するならあんた向いてないよ、むしろ景虎様は愛を知らずに育ったからあぁなったんじゃないか?あんたらがあの人を少しでも許容していたらあの御方も少しは変わったんじゃないか?」 家臣「貴様はあの御方の真の怖さを知らんから」 「この時代に怖いだのなんだのって言う必要あるか?」 家臣「なっ」 「明日死ぬか今日死ぬかだぞ、あんたそんな日常に景虎様が生きてる中あんたここでのうのうと帰り待ってるだけだろ、せめて景虎様に何かできることぐらい考えていたらどうだ」 桶の水を被り部屋に戻る、すぐ側で聞いていた者がいたとも知らずに 翌朝 「さて、顔洗って…」 いつものように井戸に向かえば景虎がいた 「景虎様、お早いですね」 景虎「おや、おはようございます立香」 「また昨日お酒飲んでましたよね、1人で」 景虎「少し考え事をしてました」 「なんです?考え事って」 景虎「うりゃ」 桶の水を頭からかぶさった、何のイタズラか、やった景虎本人は大笑いしている 景虎「アッハハハ!変な顔!」 「景虎様ァァァァ…」 景虎「ほんの戯れです許しにゃさい」 「猫被ってもダメですからね」 景虎「まぁまぁいいではないですか」 「よくないですからね?! 」 いつも見たく振り回されてると思いながらも景虎を見れば明らかに様子がおかしい 「景虎様?」 景虎「そなたには礼を言わねばなりませんね」 「?」 景虎「そなただけです、私に色々教えてくださったのは」 「…別に私はただ貴方様のお世話をしていただけですよっ」 景虎に向かって井戸水をぶちまける、不意打ちだったのといきなりだったためポカーンとしている 「貴方様にそんな落ち込んだ顔は似合いませんよ」 景虎「やりましたねこのー!! 」 そこから互いに水ぶっかけ合戦がはじまった、朝餉の用意ができるまでぶっかけ合戦は続いた 景虎「やりますね…!立香!! 」 「景虎様こそ…息上がってますよ!! 」 景虎「なんのこれしき…!」 「朝餉の時間ですからこの辺りにしません?」 景虎「むっ引き分けですか…ならば決着は夜に!」 「いやしませんからね!? 水かなりぶちまけちゃいましたし」 景虎「あー…こりゃ川からとってくる必要ありますね…」 「これがホントのビショ濡れ天」 景虎「…そなた…戯言の才能がないな?」 「うるさいですよ」 ちなみに2人して着替えていたせいで朝餉に遅刻した 景虎「そうです、今夜もまた酒盛りするので私の寝室に今宵来なさい」 「わかりま…寝室…?」 景虎「これまでの礼も兼ねてです」 夜、月明かりに照らされ、廊下がよく見える、以前から景虎が泥酔した時はよく彼女の寝室に放り込んだなぁと思いながらつまみを持って部屋に行く 「景虎様、入りますよ」 景虎「先に始めていますよ」 「景虎様、最近飲みすぎてますから程々にってぇ!」 そこにいた景虎は酔っているのか服が乱れており、いつもみなが恐れるような也は身を潜め1人の女になっている 景虎「入って来て良いんですよ?」 「景虎様!服!服!! 」 景虎「そなたと私だけですからさ、こちらに」 手招きしてはいる、持ってくれよ俺の理性 景虎「おっ今日のつまみも最高です」 「…」 見えてしまう、いや見える、彼女の女性としての肉体が、今までそんなこと考えたこと無かったはずなのに 景虎「おや?そなたもしや私に興味があるのかな?」 「景虎様、お願いしますから服を」 景虎「鈍感ですね、ソナタは」 「へ?」 直後目の前が肌色になる、口の中に何か流し込まれている すぐさま口を離せば景虎の口から酒が垂れている 景虎「まだ飲ませきれてませんのに」 「いや何考えてるんですか景虎様!! 」 景虎「そなたの考えてる事のまんまですよ」 ニヤリと笑みを浮かべ迫ってくる、再び口に酒をいれ、接吻をする、酒を流し込まれ飲み込んでしまう、少し飲んだだけなのに頭がクラクラする 「あっちょっと景虎様!」 景虎「今宵は私のことはお虎と呼びなさい」 「へ?」 景虎「立香、私を唯一愛してくれた者よ、今宵は私もそなたを愛しましょう」 「景虎様…」 景虎「ですがソナタはなかなかの堅物とみた!もはや問答無用!大人しくしろー!」 「ぎゃああああ景虎様お待ちください!」 景虎「お虎というまでやめません!言ってもやめません!! 一緒私の物にしてあげます!」 「待って!これ以上は持ちませんから!」 景虎「あと一押しというわけですね? よろしい!増量だぁ!」 「景虎様ァァァ!! 」 景虎「お虎と呼びなさい!」 拝啓 父上、母上、私は今日、女というのが怖いということを思い知りました 朝 また井戸水で頭から水を被る、おお毘沙門天よ、なぜ彼女はこんなつよいのでしょう 景虎「おはようございます…」 「おはようございます景虎様」 珍しく目を擦りながら歩いてきた 景虎「そなた…見かけによりませんね」 「景虎様、貴方のせいですからね」 景虎「2人の時はお虎と言いなさい」 「何故ですか」 景虎「そちらの方がいいでしょう?」 「…お虎…様」 景虎「様無しで」 「お虎さん…」 景虎「よろしい、あっ定期的に聞きたいので頻繁にお虎と呼ぶように」 「いまさら雇用条件増やしたんですか」 景虎「許しにゃさい」 「はい、許します」 景虎「…これからもよろしく頼むぞ立香」 「はい、お虎さん」 その時見た景虎の顔は最初に見た冷徹な目ではなく、満面の笑みを浮かべた1人の人間だった 蛇足 「夢か…」 なんか随分長い夢だなと突っ込みながらも起きようとした お虎「ぐー」 となりでお虎さんがねていた、そうだ、悪酔いしたお虎さんを介抱したら引きずり込まれたんだっけ…服が乱れてるのは間違いなく暑いからと脱いだからだろう 手は出てないては出てない 「お虎さん」 お虎「むにゃむにゃ立香ぁ…」 「!」 名前を呼ばれドキッとする、いやあれは夢だあれは夢だ俺じゃない俺じゃない そういい聞かせ深呼吸する よし、部屋に戻るかと立ち上がろうとしたら袖を引っ張られる 「お虎さん?」 お虎「むにゃ…」 寝ぼけてるのかどうかは分からないが離す気がなさそうである 仕方ないからしばらくいるか、と座る 「お虎さん、お酒は程々にね」 聞こえてはいないだろうが、忠告する あれは夢、でももし彼女と同じ事態にいたなら俺は同じことをしただろうと思った 「お虎さん…これからもよろしくね」 聞こえてないだろうしこれは夢の返答だ 我ながらロマンチストだなぁとちょっと顔を赤らめながら反省する すぐ側でその言葉を聞いている本人がいると知らずに お虎「よろしくお願いしますね、立香」.

次の

『FGO』イベント“ぐだぐだファイナル本能寺”が復刻

長尾 景虎 fgo

メインクエストを進行すると、イベント限定サーヴァント星4ランサー「長尾景虎」が期間限定で加入します。 アニメーション制作:A-1 Pictures イベントの進め方 期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」では、「登用イベント」というクエストをクリアするとサーヴァントが配下に加わり、クエスト開始前のサポート選択画面で選択できるNPCサーヴァントが増えます。 クエストによっては、適したNPCサーヴァントを選択することが攻略の糸口となることも。 クエストで活躍しやすいNPCサーヴァントのアイコンには 「適役」と表示されているため、積極的に活用していきましょう。 さらに一部のサーヴァントは、 「絆ポイント獲得量がアップ」のボーナスも得られます。 イベントアイテム交換 イベント収集アイテムは、ターミナル画面右上の「イベント報酬」ボタンをタッチすると表示される「イベントアイテム交換」画面より、以下のアイテムと交換できます。 また、イベント開催期間中のみ交換可能です。 霊衣を開放するには、霊衣開放権に加え、いくつかの条件を満たす必要があります。 2騎のサーヴァントがピックアップで新規実装 期間限定「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019ピックアップ召喚」が登場。 期間中は、新登場の星5アヴェンジャー「魔王信長 織田信長 」、星3バーサーカー「森長可」に加え、がピックアップ。 期間限定概念礼装として星5「群雄割拠」、星4「軍神」、星3「鬼の茶会」が登場! 上記3種の概念礼装は装備することで、期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」におけるイベントアイテムのドロップ獲得数がアップします。

次の

【FGO】長尾景虎の評価|再臨素材とスキル上げ優先度

長尾 景虎 fgo

メインクエストを進行すると、イベント限定サーヴァント星4ランサー「長尾景虎」が期間限定で加入します。 アニメーション制作:A-1 Pictures イベントの進め方 期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」では、「登用イベント」というクエストをクリアするとサーヴァントが配下に加わり、クエスト開始前のサポート選択画面で選択できるNPCサーヴァントが増えます。 クエストによっては、適したNPCサーヴァントを選択することが攻略の糸口となることも。 クエストで活躍しやすいNPCサーヴァントのアイコンには 「適役」と表示されているため、積極的に活用していきましょう。 さらに一部のサーヴァントは、 「絆ポイント獲得量がアップ」のボーナスも得られます。 イベントアイテム交換 イベント収集アイテムは、ターミナル画面右上の「イベント報酬」ボタンをタッチすると表示される「イベントアイテム交換」画面より、以下のアイテムと交換できます。 また、イベント開催期間中のみ交換可能です。 霊衣を開放するには、霊衣開放権に加え、いくつかの条件を満たす必要があります。 2騎のサーヴァントがピックアップで新規実装 期間限定「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019ピックアップ召喚」が登場。 期間中は、新登場の星5アヴェンジャー「魔王信長 織田信長 」、星3バーサーカー「森長可」に加え、がピックアップ。 期間限定概念礼装として星5「群雄割拠」、星4「軍神」、星3「鬼の茶会」が登場! 上記3種の概念礼装は装備することで、期間限定イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」におけるイベントアイテムのドロップ獲得数がアップします。

次の