卓球 世界 ランク 女子。 卓球女子世界ランキング(3月発表)|ハンガリーOP優勝の伊藤美誠は3位キープ

卓球日本代表

卓球 世界 ランク 女子

卓球ジュニア日本代表 所属連盟 ITTF 、 ATTU 協会 JPN 男子、女子 男子1位、女子1位 初出場年 2003 サンティアゴ 男子最高成績 1 2005,2016 女子最高成績 1 2010,2016 初出場年 1964 ソウル 男子最高成績 1 1964,1967,2007 女子最高成績 1 1964,1967 初出場年 2006 北九州 男子最高成績 1 2016 女子最高成績 1 2014 ( ) 卓球ジュニア日本代表は、によって選出され、18歳以下の国際大会に派遣されるの日本の年代別のである。 主な出場大会として、、、、がある。 本項では同じく年代別のナショナルチームであるカデット 15歳以下 卓球日本代表も取り扱う。 カデットの主な出場大会として、アジアジュニア卓球選手権と同時期・同会場で開催されるがある。 概要 [ ] は国際大会派遣の選考基準を大会ごとに発表しており 、や国際大会、国内大会などに実績に基づいて日本代表として派遣している。 ユースオリンピック、ジュニアの出場資格は開催年に18歳の誕生日を迎える選手までが対象となる 2017年開催の場合は、1999年1月1日生まれ以降。 カデットの出場資格は開催年に15歳の誕生日を迎える選手までが対象となる 2017年開催の場合は、2002年1月1日生まれ以降。 ユースオリンピック日本代表 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 シンガポール 金 ベスト8 銅 南京 銀 ベスト4 銀 ブエノスアイレス 銀 銀 銀 世界ジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 サンティアゴ 金 銅 銅 銅 銀 神戸 銅 金 銅 銅 銀 リンツ 銀 銅 銅 金 銅 カイロ 金 銅 銅 銀 銀 銅 パロアルト 銀 銅 銅 銅 マドリード 銅 銅 銅 銅 石川佳純 銅 銀 石川佳純 銅 石川佳純 カルタヘナ 銅 銅 銀 ブラチスラヴァ 銀 金 銀 銀 金 銅 マナーマ 金 銅 銀 銀 銅 ハイデラバード 銅 銅 銀 銀 ラバト 銅 銅 銀 銀 上海 銀 銀 銀 銀 ケープタウン 金 銅 銀 銀 銀 金 金 リーヴァ・デル・ガルダ 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 ベンディゴ 銀 銅 銀 銀 銀 銅 アジアユースゲームズメダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 混合 シンガポール 銅 銅 銅 アジアジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 金 金 金 うちの くみよし 金 銅 金 金 金 金 銀 銀 おおひら さとし 銀 銅 おおひら さとし いそがい ゆきお やました ひろし 銅 銅 いそがい ゆきお 銅 やました ひろし 銅 金 銀 銅 銅 銅 金 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 金 銅 銀 銀 銀 金 銅 銀 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 金 銅 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 アジアカデット卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 男子 女子 銅 銅 銀 金 銅 銅 銅 銀 金 銅 金 金 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銀 銅 銀 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銀 銀 金 銀 銅 金 銅 銅 銀 銅 脚注 [ ] []• 1896:• 1900:• 1904:• 1906: 注1• 1908:• 1912:• 1916: 注2• 1920:• 1924:• 1928:• 1932:• 1936:• 1944: 注2• 1948:• 1952:• 1956: 注5• 1960:• 1964:• 1968:• 1972:• 1976:• 1980:• 1984:• 1988:• 1992:• 1996:• 2000:• 2004:• 2008:• 2012:• 2016:• 2020: 注3, 注4• 2024: 注4• 2028: 注4• 2032: 注4.

次の

卓球女子・世界ランキング最新版

卓球 世界 ランク 女子

・使用用具 シェケットを使用しており、フォア側に裏ソフトラバー、バック側に表ソフトラバーを使用しています。 ・プレースタイル 前陣(台の近くで戦う)で戦い、打球点が早いのが特徴。 多彩なレシーブをしながら相手を崩し、代名詞とも言える 美誠パンチ(スマッシュ)を繰り出します。 通常だと注意を受けるだろぅ打ち方ですが、早さ・コンパクトを追求するとああなるのかもしれないですね? 又、脅威的なのは、バック側に使っている表ソフトラバーからバックドライブを打つのが凄いです。 表ソフトは裏ソフトに比べ回転を掛けにくい構造になってきます。 (表ソフトでも裏ソフト並みに回転かけれるラバーもありますが、、、そこは置いといて) そんなラバーから質の高いバックドライブ、受けた相手も抑えきれずオーバーしているのを見てただただ凄いの一言です。 トが相当速いんだろうと思います。 ここまででも十分強いのですが、そこから中国選手に何故負けるのかを追求し、辿り着いたのが基礎のレベルアップを行う事に至ったようです。 普段ないがしろにしがちな基礎レンですが、基礎が一番大事だなと気づかされました。 元々、多彩なレシーブと打点が早い攻撃を持ち合わせていましたが、唯一ラリーになると後手に回る事が多くなっていたようです。 基礎を徹底的に鍛え上げ、今ではラリーでも盛り返せるようになり基礎レンの成果が表れてます。 故障だけには気を付けて、頑張って欲しいです。 TOP10に中国選手が6人いますが、この中で2位、、、これは凄い事です。 オリンピックのは、選出された3人のランキングで架空の対戦をし国別のランキングを出すようです。 中国のランキング1位はゆるがないので、決勝までに中国と当たらないようにする為には、日本はランキング2位に入らないといけません。 3位以降は運が良ければ決勝まで当たりませんが、決勝前に当たる確率もあります。 男子は特に2位争いが白熱しているので油断が出来ない戦いが続いていますね。 国ごとのランキング争いも楽しみの一つです。 男子の方は、壮絶です。 tori1616.

次の

卓球世界ランキング:伊藤美誠が日本勢最高位の2位浮上|4月16日発表

卓球 世界 ランク 女子

卓球ジュニア日本代表 所属連盟 ITTF 、 ATTU 協会 JPN 男子、女子 男子1位、女子1位 初出場年 2003 サンティアゴ 男子最高成績 1 2005,2016 女子最高成績 1 2010,2016 初出場年 1964 ソウル 男子最高成績 1 1964,1967,2007 女子最高成績 1 1964,1967 初出場年 2006 北九州 男子最高成績 1 2016 女子最高成績 1 2014 ( ) 卓球ジュニア日本代表は、によって選出され、18歳以下の国際大会に派遣されるの日本の年代別のである。 主な出場大会として、、、、がある。 本項では同じく年代別のナショナルチームであるカデット 15歳以下 卓球日本代表も取り扱う。 カデットの主な出場大会として、アジアジュニア卓球選手権と同時期・同会場で開催されるがある。 概要 [ ] は国際大会派遣の選考基準を大会ごとに発表しており 、や国際大会、国内大会などに実績に基づいて日本代表として派遣している。 ユースオリンピック、ジュニアの出場資格は開催年に18歳の誕生日を迎える選手までが対象となる 2017年開催の場合は、1999年1月1日生まれ以降。 カデットの出場資格は開催年に15歳の誕生日を迎える選手までが対象となる 2017年開催の場合は、2002年1月1日生まれ以降。 ユースオリンピック日本代表 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 シンガポール 金 ベスト8 銅 南京 銀 ベスト4 銀 ブエノスアイレス 銀 銀 銀 世界ジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 サンティアゴ 金 銅 銅 銅 銀 神戸 銅 金 銅 銅 銀 リンツ 銀 銅 銅 金 銅 カイロ 金 銅 銅 銀 銀 銅 パロアルト 銀 銅 銅 銅 マドリード 銅 銅 銅 銅 石川佳純 銅 銀 石川佳純 銅 石川佳純 カルタヘナ 銅 銅 銀 ブラチスラヴァ 銀 金 銀 銀 金 銅 マナーマ 金 銅 銀 銀 銅 ハイデラバード 銅 銅 銀 銀 ラバト 銅 銅 銀 銀 上海 銀 銀 銀 銀 ケープタウン 金 銅 銀 銀 銀 金 金 リーヴァ・デル・ガルダ 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 ベンディゴ 銀 銅 銀 銀 銀 銅 アジアユースゲームズメダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 混合 シンガポール 銅 銅 銅 アジアジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 金 金 金 うちの くみよし 金 銅 金 金 金 金 銀 銀 おおひら さとし 銀 銅 おおひら さとし いそがい ゆきお やました ひろし 銅 銅 いそがい ゆきお 銅 やました ひろし 銅 金 銀 銅 銅 銅 金 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 金 銅 銀 銀 銀 金 銅 銀 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 金 銅 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 アジアカデット卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 男子 女子 銅 銅 銀 金 銅 銅 銅 銀 金 銅 金 金 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銀 銅 銀 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銀 銀 金 銀 銅 金 銅 銅 銀 銅 脚注 [ ] []• 1896:• 1900:• 1904:• 1906: 注1• 1908:• 1912:• 1916: 注2• 1920:• 1924:• 1928:• 1932:• 1936:• 1944: 注2• 1948:• 1952:• 1956: 注5• 1960:• 1964:• 1968:• 1972:• 1976:• 1980:• 1984:• 1988:• 1992:• 1996:• 2000:• 2004:• 2008:• 2012:• 2016:• 2020: 注3, 注4• 2024: 注4• 2028: 注4• 2032: 注4.

次の