いとこ 英語 発音。 いとこの発音

英語 はとこ ふたいとこ

いとこ 英語 発音

Relatives are people that are connected to you by either blood or marriage. You will also have close and distant relatives. An example of a close relative is your sister and a distant relative can be your third cousin. I always stay with my relatives whenever I visit Canada. When someone is connected to you by blood or marriage, the terms "relative" or "family" would be appropriate to describe them. Sam is my only living blood relative. We share a mother but not a father. When someone is related to you by marriage, they are usually referred to as an "in-law". For example: My wife has 4 brothers, but Sam is my favorite brother in law. We're very close. 血のつながりや結婚などで親戚関係にある人のことを、"relative" や "family"というのが適切でしょう。 しかし、もっと詳しく自分とどのような関係にあるのか、例えば兄弟のような血のつながりのある人のことを、 "blood relative"と言います。 例:Sam is my only living blood relative. We share a mother but not a father. サムは唯一の血縁者だ。 母親が同じだけど、父親は違う。 結婚をして親戚関係にある人のことは、法律上のという意味の "in-law"を使います。 例:My wife has 4 brothers, but Sam is my favorite brother in law. We're very close. 私の妻は4人兄弟がいますが、サムは私の大好きな義理の弟です。 とても仲がいいです。 「親戚」は英語で「relatives」といいます。 もっと具体的に言いたいなら、「cousins」(いとこ)や「uncles and aunts」(おじさん、おばさん)などの言い方も使えます。 I met my relatives for the first time in ten years. (10年ぶりに親戚と会った。 (私は親戚の事が好きじゃないからお正月は必ず一人で過ごす。 ) My relatives live in Hokkaido. (私の親戚は北海道に住んでいます。 ) I rarely see my relatives because they live abroad. (私の親戚は海外に住んでいるから滅多に会わない。 ) A relative is somebody that is a part of your family, but does not describe how they are related to you. as you.

次の

親戚って英語でなんて言うの?

いとこ 英語 発音

センター試験で恒例の 発音問題について、 勉強法・ 対策・ 攻略法・ コツを教えてほしいという相談をよく受けます。 「アクセント」については法則を覚えることがが非常に有効ですが、それに比べると「 発音」は、残念ながら一つ一つ覚えるしかないという側面が強いです。 しかしそんな中でもある程度の法則性はあり、覚えておくことによって正答率は間違いなくアップします。 今回は、覚えておく価値のある 発音の法則を厳選してご紹介します。 発音記号を読めない方は、先に以下の記事に目を通しておくことをオススメします。 【関連記事】 また、アクセントの法則については以下の記事でご紹介していますので併せて参照してください。 【関連記事】 目次• ルール1:「ローマ字」か「アルファベット読み」のどちらか まず 大原則として、英語の母音の読み方には、「 ローマ字読み」と「 アルファベット読み」の2つがあることを理解してください。 表にすると以下の通りです。 「 アルファベット読み」とは、「a, b, c …」を「エイ、ビー、スィー」と読むように(「a」は「エー」ではないことに注意!)、「a」を「 エイ」、「i」を「 アイ」、「u」を「 ユー」、「e」を「 イー」、「o」を「 オウ」と読む読み方のことを言います。 大事なことは、英語の母音の発音は基本的に、この 「ローマ字読み」か「アルファベット読み」のどちらかしかないということです。 つまり「メジャー」と読むことはありえないのです。 このルールは、多くのカタカナ英語の誤った発音をを避けることができるという意味でも有効です。 後述(「」を参照) ルール2:サイレントe の直前はアルファベット読み これも前項の大原則の続きと言ってもいいようなルールです。 例えば tak e という単語は、もちろん「タケ」ではなく「テイク」と発音します。 brok e は「ブロケ」ではなく「ブロウク」と発音します。 このように、英単語では 語末に発音しない e があることが多く、この e のことを「 サイレントe」と呼びます。 ここからが本題です。 例えば t ake の場合、 a をローマ字読みの「ア」ではなく、アルファベット読みの「 エイ」と発音し、 br oke の場合は、 o を「オ」ではなく「 オウ」と発音することに注目してください。 これは「 サイレント e の直前にある母音はアルファベット読みをする」ルールによるものです。 以下の表を見てください。 また、このルールを知っていれば、初めて見る単語でも 発音を推測することができます。 例えば Speke という人名を読めるでしょうか?この語は語末がサイレントe です。 正直なところ、このルールは例外も多く(have, live, love など)、また入試では原則通りのものよりも例外的なものの方が好まれるので、出題頻度は高くはありません。 しかし、逆に言えばこれは 知ってて当然の原則であり、出題されたときに正しく読めなかったらアウトです。 しっかり理解しておいてください。 下線部の発音が他と異なるものを1つ選べ• comm it 2. str ipe 3. prec ise 4. t ype 正解. の waist [weist](腰)は、後述の「母音の連続は『アルファベット読み』+『無視』」の原則通り「エイ」と読む。 カタカナ英語の「ウエスト」と読まないよう注意 3. の said について、原形の say [sei] では ay ai を上記の原則通り「エイ」と読むが、活用した says [sez] と said [sed] では「エ」と読み、不規則であることに注意 ルール3:「アー」はスペルが「ar」か「それ以外」かで区別 例題. 下線部の発音が異なるものを1つ選べ 1. p urchase 2. f arm 3. h eard 4. det ermine 5. w orld これら5つの単語の下線部は、カタカナで表すといずれも長母音の「 アー」になります。 まずはこのことをしっかり確認してください。 もし選択肢を見た時点で「アー」と発音しなさそうなものがあったら、それはこのルールの対象外です(例えば、同じ ear のスペルでも h eard は「アー」で、w ear は「エア」)。 その意味では、この中で一つ注意してほしいのは 5 の world です。 or のスペルは、原則「オー」と発音しますが(例:fork)、w- がついた w orld などは「アー」と発音します(詳しくは、後述する「」を参照)。 ということで、これらが全て「アー」と読みそうであることを確認したら、 スペルに注目し、「 アー」の部分が「 ar」なのか「 それ以外」なのかで区別します。 よって、上の例題の正解は 2(farm)となります。 ただし、このルールには 超重要な例外が2つがあります。 それは heart と guard です。 heart については、一文字違いの h eard との区別に十分注意してください。 下線部の発音が他と異なるものを1つ選べ• f ar 2. f irm 3. f irst 4. 例えば、 r ain の場合、 a と i という2つの母音が連続しています。 カタカナ英語の「ボート」ではないことに注意してください。 ただし、この「 母音の連続は『アルファベット読み』+『無視』」はそれなりに有効なルールではあるのですが、全体的にみると例外が多いのと、見ればなんとなく読めるものが多いので、あえてテーマ化していません。 その中で、 oa については特に 出題率が高い上に 正答率が低く、また例外も少ないので、こちらを代表としてテーマ化することにしました。 余裕がある人は「母音の連続は『アルファベット読み』+『無視』」が原則であるということは覚えておいてください。 迷ったら all を「 オール」と読むことを思い出してください。 このルールにもまた例外がありますが、「オー」と「オウ」の区別はとにかく頻出ですので、覚えておく価値があります。 この読み方自体は難しくないと思います。 皆さんは正しい発音で読んでくださいね。 とは言え、これらの区別が紛らわしいことは間違いありません。 以下の表をよく眺めて、スペルと発音の関係をしっかり頭に入れてください。 覚えにくいルールと思うかもしれませんが、実は皆さん、このルールは son(息子)、 come(来る)、 love(愛)などの基本単語で自然に実践しているのです。 これらの発音は、それぞれ「 サン( ソン)」、「 カム( コム)」「 ラヴ( ロヴ)」ですね。 悩んだらこれらを思い出してください。 これらはいずれも カタカナ英語と実際の発音が異なるものです。 カタカナで正しい発音を表すと、「 フロント」ではなく「 フラント」、「 ロンドン」ではなく「 ランドン」、「 オニオン」ではなく「 アニャン」、「 グローブ」ではなく「 グラヴ」、「 オーヴン」ではなく「 アヴン」です。 「 シャベル」についても、「 ショベル」ではないことを確認しておいてください。 ただし、このルールにも例外があります。

次の

英語で【従兄弟(いとこ)】【姪(めい)】【甥(おい)】をなんという?『家族構成図一覧表(イラスト)』つき義理の家族までのフレーズまとめ

いとこ 英語 発音

Relatives are people that are connected to you by either blood or marriage. You will also have close and distant relatives. An example of a close relative is your sister and a distant relative can be your third cousin. I always stay with my relatives whenever I visit Canada. When someone is connected to you by blood or marriage, the terms "relative" or "family" would be appropriate to describe them. Sam is my only living blood relative. We share a mother but not a father. When someone is related to you by marriage, they are usually referred to as an "in-law". For example: My wife has 4 brothers, but Sam is my favorite brother in law. We're very close. 血のつながりや結婚などで親戚関係にある人のことを、"relative" や "family"というのが適切でしょう。 しかし、もっと詳しく自分とどのような関係にあるのか、例えば兄弟のような血のつながりのある人のことを、 "blood relative"と言います。 例:Sam is my only living blood relative. We share a mother but not a father. サムは唯一の血縁者だ。 母親が同じだけど、父親は違う。 結婚をして親戚関係にある人のことは、法律上のという意味の "in-law"を使います。 例:My wife has 4 brothers, but Sam is my favorite brother in law. We're very close. 私の妻は4人兄弟がいますが、サムは私の大好きな義理の弟です。 とても仲がいいです。 「親戚」は英語で「relatives」といいます。 もっと具体的に言いたいなら、「cousins」(いとこ)や「uncles and aunts」(おじさん、おばさん)などの言い方も使えます。 I met my relatives for the first time in ten years. (10年ぶりに親戚と会った。 (私は親戚の事が好きじゃないからお正月は必ず一人で過ごす。 ) My relatives live in Hokkaido. (私の親戚は北海道に住んでいます。 ) I rarely see my relatives because they live abroad. (私の親戚は海外に住んでいるから滅多に会わない。 ) A relative is somebody that is a part of your family, but does not describe how they are related to you. as you.

次の