ロック アップ 映画。 【ロック・アップ / スペイン 女子刑務所】キャスト・あらすじ・全話ネタバレ感想

シルベスター・スタローンが最凶刑務所に…アクション大作『ロックアップ』放送

ロック アップ 映画

の紹介:1989年アメリカ映画。 模範囚フランクは出所を半年後に控えていたが、ある日突然、軽警備刑務所から重警備刑務所に移転させられてしまう。 それはフランクに恨みを持つ所長ドラムグールの独断だった。 彼は、フランクを処刑しようと様々な罠を張る。 フランクは妻の身の危険が近付いた時、脱獄を決意する。 スタローン主演のアクション映画。 監督:ジョン・フリン 出演:フランク(シルヴェスター・スタローン)、メリッサ(ダーラン・フリューゲル)、ドラムグール(ドナルド・サザーランド)、メイズナー(ジョン・エイモス)、ブレイドン(ウィリアム・アレン・ヤング)、チンク(ソニー・ランダム)、エクリプス(フランク・マクレー)、ダラス(トム・サイズモア)、ファーストベース(ラリー・ロマーノ) 目次• ロックアップのネタバレあらすじ:第1幕 刑期を後半年残したフランクは、仮出所も許可された模範囚として軽警備刑務所に収監されていました。 看守からも他の囚人からも慕われ、残りの刑期も問題ないと思われて居ましたが、それが突然夜中に移送され、重警備刑務所へ収監されてしまいます。 その刑務所には、かつて収監されていた刑務所で所長をしていたドラムグールが所長に就任していました。 かつてフランクは、死に際の父親への面会、外出を求めましたが、それが却下されたされたが為に脱獄し、刑期を延長されていました。 そしてドラムグールはその責任を取らされ、この悪名高いゲートウェイ刑務所に左遷させられていました。 それを恨みに思っていた彼は廃止された電気椅子も復元し、フランクをこの刑務所で葬る気でした。 収監初日からフランクは命を狙われます。 大物受刑者のチンクがドラムグールの指示で彼を殺そうとしますが、ドラムグールのやり方に反発する看守、ブレイドンが妨害します。 フランクはダラスという脱獄志願の男に声を掛けられ、所内勢力構造の説明を受けます。 一部の受刑者と看守の大半はドラムグールの支配下にありますが、ブレイドンや無愛想な看守長のメイズナー等はドラムグールに反発し、真っ当に職務を遂行しているようです。 ダラスはフランクを自動車整備工場の職に推薦しますが、そこのボス、エクリプスは、有名人はトラブルの元だと彼を拒絶しました。 ロックアップのネタバレあらすじ:第2幕 妻であるメリッサが、突然の移送を抗議するように刑務所にやってきますが、定期の移動だと誤魔化されてしまいます。 フランクがボイラーの錆び取り作業をしていると、ダラスが何処から持ってきたのか、刑務所の青写真をもってやってきます。 ダラスは彼なりの脱獄プランを披露しますが、フランクはそれを無理そのものと一蹴し、青写真を丸めて下水道に捨てました。 しかし未練があるのか、ダラスが不貞腐れて行ってしまうと、その丸めた青写真を覗き込みます。 フランクはひょんな事からファーストベースと渾名された若い受刑者等、孤独でいる受刑者達に積極的に声を掛け、刑務所にも馴染み始めました。 そんな時チンクがファーストベースを挑発し、アメフトに誘います。 狙いはフランクだと見え見えだったので、彼は仕方がなく代わりにクウォーターバックを引き受けます。 ほぼ四面楚歌で味方もフランクを守らず、彼はタックルを何度も喰らいますが、それでも負けずに立ち向かっていきます。 それを見かね、エクリプスが助っ人に入ります。 それによりフランク側は有利になり、二人のコンビネーションでタッチダウンを決めることが出来ました。 面白くないチンクは、腹いせのようにフランクが身に付けていたメリッサとの絆であるネックレスを奪い取ります。 エクリプスはフランクを整備工場の仕事に誘います。 フランクはそこでボロボロの古い名車を見つけます。 二人は意気投合してその名車の修理を始めます。 その修理の輪は次第に広がり、ダラスやファーストベース等、フランクと懇意にしている受刑者達も参加してきました。 そして、車は新品同様に復活します。 ファーストベースは今まで人生を振り返り、全てが中途半端だったと嘆きます。 車の運転もです。 フランクはそれに同情し、車を押してやって運転を教えてやります。 その内ファーストベースはエンジンの音を聞きたいと言い出します。 ほだされたフランクはエンジンを掛けてやりました。 皆は驚いてエンジンを切るように言いますが、ファーストベースは今切ったら二度と掛けられないと、アクセルを踏み込んで工場の外に飛び出します。 車は所内を走り回ります。 看守が銃撃を始めますがメイズナーがそれを止め、車も停車させます。 この騒ぎをドラムグールも聞きつけて来ます。 彼はチンクに車の破壊を命じ、フランクには6週間の懲罰房行きを与えました。 そんな光景を見て、サングラスの奥に隠れたメイズナーの顔から溜息のようなものが漏れます。 ロックアップのネタバレあらすじ:第3幕 懲罰房へ送られたフランクは、ろくに睡眠も、食事も与えられない過酷な仕打ちを受けます。 ドラムグールの配下が言い掛かりをつけてフランクに暴行を加え始めると、流石にメイズナーが割って入り懲罰を終了させます。 監房に戻されたフランクは、ブレイドンからベッドを見ろと言われます。 そこには、ドラムグールの指示で抜かれていたメリッサからの手紙の束が忍ばせてありました。 フランクは工場に戻ります。 そこには鉄屑にされた車がありました。 皆この処遇に不満を感じていましたが、フランクはここは刑務所で囚人なのだからどうにも出来ないと説きます。 情け無い姿を見せたフランクですが刑期はあと3週間、問題なく過ごしたいのです。 フランクが一人食堂で食事を取っているとチンクが挑発してきます。 しかし仲間が集まって来て、彼を慰め、勇気付けます。 ドラムグールは焦りだし、チンクに発破を掛けてフランクの始末を急がせます。 ファーストベースは看守に汚れていないジムの掃除を命じられます。 不思議に思ってそこで過ごしていると、チンクが仲間を連れてやってきました。 危険を感じたファーストベースは抵抗しますが、チンク達は彼をベンチプレスの台に押さえ付け、バーベルを落としました。 重症を負い、殺されたファーストベースの話はすぐにフランクの耳に入り、フランクはチンクに飛び掛り、殴り倒してファーストベースと同じ目にあわせようとします。 しかし寸で思い留まり、ネックレスを奪い返すまでで済ませました。 その時、フランクは別な受刑者から背中を刺されました。 入院したフランクにメリッサとの面会が認められ彼女が病棟にやってきます。 しかし面会は許可したドラムグールの指示ですぐに打ち切られます。 その夜、明日出所するという謎の受刑者が奥さんを襲うと宣言してきます。 フランクの出所は明後日に近付いていました。 ロックアップの結末 フランクはダラスに脱獄の段取りを行わせ、医務室から脱出します。 そして、排水溝から脱獄しようとダラスの案内で地下に向かうとそこには看守達が待ち構えていました。 ダラスは自分の刑期を短縮して貰う約束でフランクを罠に嵌める片棒を担いでいたのです。 謎の囚人も看守でした。 しかし刑期の話は嘘でダラスは看守達に半死半生にされます。 看守達はフランクを蒸気で焼こうとしますが、一瞬の隙を突いて逆転します。 最後にリーダーが格の看守が残ります。 ダラスはフランクへの償いにその看守ごと感電死して果てました。 警報が鳴り、フランクの脱獄が全体に露見します。 フランクは、最初にダラスが提案した経路を辿りますが屋上からは脱出できない事を知ると、最後には下水溝へ向かいました。 看守達がそこに駆け付けると下水溝の蓋が開いており、そこから脱獄した形跡がありました。 その報告を聞き焦るドラムグールは、所外の探索を命じて自分は警備室に入ります。 そこに背後からフランクが忍び寄り、ドラムグールを捕らえます。 フランクはドラムグールを処刑室に連れて行き、電気椅子に座らせます。 そこにメイズナー達看守が駆け付けます。 フランクは電気椅子の作動準備を整え、彼らの前でドラムグールの悪事を激白します。 命の危険を感じたドラグロームは、それが真実だと告白しました。 フランクはもう用済みだと電気椅子のスイッチを入れました。 ですが、椅子に電流は流れませんでした。 フランクはあらかじめヒューズを抜いて置いたのです。 メイズナーはフランクを拘束し、そしてドラムグールも逮捕しました。 出所の日、フランクはメイズナーに感謝をし、心残りを一つ語ります。 メイズナーがそれは何だと尋ねると、フランクは彼の笑顔だと答えました。 そう言われ、いつも無愛想な顔のメイズナーは笑顔を浮かべてみせ、刑務所の扉を開かせます。 その向こうにはメリッサが待っていました。 フランクは無事出所し、彼女の下に帰って行きました。

次の

シルベスター・スタローンが最凶刑務所に…アクション大作『ロックアップ』放送

ロック アップ 映画

彼の出ている作品の大半はアクション映画なんですけども、珍しくSF映画にも出演しているという情報を聞きつけ、観てみました。 ちなみにいくらネットで探しても画像が見つからなかったのですが、レンタルでのジャケットはこんな感じ。 まるで 『 トロン:レガシー 』を彷彿とさせる、ザSFってカンジの宇宙スーツを着たアドキンスが何だか気の抜けるフォームで銃を構えるジャケットとなっております。 もう観る前から香ばしい匂いがプンプンと漂ってきていますが、いいんです。 僕は映画を観ることが好きなので…はい。 そういえばこの映画、劇場未公開作品ではあるんですが、レンタル流通前にWOWOWで先に放映されてたみたいで。 その時は 『 スペース・ロック 』というタイトルでやってたみたいです。 『 スペース・ロック 』の感想で当ブログに行き着いた方も間違いではないので安心して読み進めてくださいね…それでは早速作品情報からどうぞ!• 作品情報 主なスタッフ 監督: エリク・サラゴサ ・カム・ジガンディ主演 『 スーサイド・ミッション』 2007 などの映画に助監督として参加。 短編を除き、長編映画を監督としての立場で担当したのは本作が初。 主な出演作に 『 デッドロック』シリーズ、2012年公開の 『 エクスペンダブルズ 2』がある。 しかしある時、アメリカからの査察であるCIA構成員ライザーの随行者で医師のストーンは不手際により彼らの脱獄を許してしまい、基地を占拠されることに。 ライザー、ストーン、尋問担当官のキングスリー、シャトル操縦士ブリッジスの4人は、ロシアへの基地墜落計画を進める彼らへの対応に追われるのだが、 その最中にライザーが発した「アーガンは組織の宣伝担当だ」という発言を受け、ブリッジスは彼への不信感を募らせた。 脱獄後の指揮一つを見ても、アーガンがただの宣伝担当とは到底思えなかったからだ。 当時のCIAは新しい運営モデルのサンプルとして基地に強い興味を抱いており、真実を明かして尋問が打ち切りになることを憂慮。 しかし、今になって自分たちが情報を独占することが自国の利益に繋がると方針を変え、基地が真実を明かしてしまう =出資国全体が情報を得る 前に尋問を打ち切ろうと、閉鎖を企んだのだ。 この事実は一行を動揺させ、キングスリーを囚人たちへの単身突撃へと突き動かした。 結果、捕縛された彼は基地の操縦を無理強いされ、墜落計画は更に加速してしまう。 これには「工作活動は未遂とは言え、ライザーは告発すべき敵だ」と考えていたブリッジスたちも状況打開のために、彼と協力して囚人に立ち向かった。 C 2018 Incoming Productions, LLC. All rights reserved. 3人は一人、また一人と敵を屠ると、隙を見て切断されていた通信回線を復旧し、基地の運営理事会に事態報告を完了。 キングスリーの命は救えなかったが、その後、囚人の殲滅に成功するのだった。 しかし、基地はこの時既に大気圏への突入を目前に控え、墜落計画の完遂を恐れた理事会によって発射された迎撃ミサイルはすぐそこまで接近していた。 告発を免れようと、2人を出し抜いて足早にシャトルに向かうライザー。 ストーンはそんな彼を格闘の末に撃破すると、ブリッジスと共にシャトルに乗り込み、地球への生還を果たすのだった。 序盤で脱獄した囚人たちが「自分たちは宇宙に居るんだ…」と気づくシーンでも、衝撃の事実!!とばかりに引きで撮った銀河の映像が流されていましたが、んなこと鑑賞者は既に知っているワケで…。 どうにもこの監督、 「鑑賞者は誰の立場から物語を観進めるのだろうか…」とかをよく理解もせずに、 行き当たりばったりで作品を撮っているように思えてなりませんでした。 話をうまく進められないなら、 「せめてアクションシーンだけは頑張ってくれよ…」と思ったものの…それすらも叶わず。 本作のスコット・アドキンスの役柄を強キャラに設定しなかったのはどのような考えによるものなのか、敵とのタイマン勝負においても 彼の高い身体能力を生かした妙技の一つも見せてくれないSっぷり。 予算の問題からか宇宙基地が舞台なのに無重力表現もないし、武器もスタンバトンやメリケンサックといった現代的なものばかりなんだから、 せめてあのジャケットのようなね…馬鹿でかいレーザー銃で交戦するシーンの1つでもあれば、ちょっとしたSF感も得られるし、ガンアクションという幅が生まれるのになぁ。

次の

映画 ロックアップ ネタバレ感想 スタローン主演の監獄ドラマ

ロック アップ 映画

上司だった会社社長の恋人の指示に従って、勤務先の会社から金を着服してしまったのだ。 しかし彼は罪に問われず、マカレナは起訴されて拘禁されてしまう。 刑務所という閉鎖的で特殊な環境を生き抜いていくマカレナ。 その中で彼女は、それまでとは全く違う世界を知ることになる。 (Hulu) といった内容。 法を犯すつもりはなかったけど相手に騙されて刑務所行きになってしまった主人公のマカレナ。 付き合う相手がわるかったですね。 今までは普通の女性として生きてきた彼女ですが、これからはクセ者たちが数多く存在する刑務所で生きていかなければなりません。 その刑務所でマカレナが どのようにして成長していくのか、いちばんの見どころといっても過言ではないでしょう。 あとは何と言ってもクセ者受刑者たちの存在。 物語を盛り上げてくれる事は間違いないのでそこにも注目です。 ウェントワース女子刑務所で言ったらビー的存在のキャラクター。 刑期は7年で1日でも早く刑務所から出たがっている。 家族には捕まったことをいっておらず、旅行へ行っていると嘘をついている。 ソレ(マリア・イサベル・ディアス) マカレナと同じ房。 ジョークを言って周囲を笑わせるなどユーモアがあって優しい一面がある。 捕まった理由は長年夫に暴力を振るわれて苦しんでおり、その夫が別の女性と浮気しそれを知って2人を焼き殺したため。 ヨランダ(ベレン・クエスタ) マカレナと同じ房。 初日の夜に涙を流していたマカレナにお守りのネックレスをあげるなどして慰めるいい人。 3週間後に出所予定だったが、その日の夜に残酷な運命をたどることに。 アナベル(インマ・クエバス) マカレナと同じ房。 早く出所したがっているマカレナに弁護士をつけると約束するがアナベルには別の目的があった。 エステファニア(ベルタ・バスケス) 皆からはリソスと呼ばれている。 マカレナを気に入っており恋人にしたがっている。 スレマ(ナイワ・二ムリ) マカレナの最大の敵になると思われる人物。 ウェントワースでいうフランキー的存在。 恐らく刑務所内で一番力を持っており、看守の弱みを握っている。 またヨランダの死に関与している可能性もあり。 サライ(アルバ・フローレス) スレマとよく共に行動しており同じ房に住んでいる。 リソスの元恋人でもあり今はマカレナと仲良くなろうとしているから焼きもちを妬いている。 テレ(マルタ・アレド) 清潔感がまるでない受刑者で、誰にでも平然と話しかける。 多分ハイ。 アントニア(ラウナ・バエナ) 受刑者でマカレナの敵になるのか味方になるのか今後に注目。 スレマの手下。 ミランダ(クリスティーナ・プラサス) 刑務所の所長。 パロマ(アナ・ラボーデタ) 看守の代表者。 スレマと裏で繋がっており、脅されている。 ファビオ(ロベルト・エンリケス) 元警官で現在は刑務所で看守を担当している。 妻と2人暮らし。 パラシオス(アルバート・ヴェラスコ) ファビオと共に看守として活動している。 独身で、母と猫と同居生活中。 バルブエナ(ハーリーズ・ベセラ) 看守を担当しており、ファビオとは仲が悪く問題を起こしている。 カルロス(ラミロ・ブラス) 刑務所の医者で、呼び名はサンドバル。 自らの欲望を満たすためにマカレナに近づきいかがわしい行動に出る。 カスティージョ(ヘスス・カステホン) 警官でファビオの元同僚。 刑務所で事件が発生した時にやってくる。 レオポルド・フェレイロ(カルロス・イポリト) マカレナの父親。 元治安警備隊の経験を生かし刑務所にいるマカレナを援護する。 エンカルナ(マリア・サルゲイロ) マカレナの母親。 ロマン マカレナの兄。 レオポルドと共にマカレナに協力する。 リディア・オスボーン ロマンの妻。 シーズン2で判事だということが判明する。 カロリーナ ファビオの妻で第3話から登場。 視力を失っておりファビオが警官を辞めた理由はそこにある。 ハンバル スレマの恋人。 カリム・アル・サイード エジプトの祖父。 エジプトとよく行動している。 シーズン2で目立つ存在になります。 バンビ シーズン2で登場する新たな収容者。 プリズンブレイクがその代表作と言っても過言ではないでしょう。 しかしここ最近ではウェントワース女子刑務所の影響で女子版の刑務所ドラマの人気が飛ぶ鳥を落とす勢いで上がってきています。 そんな女囚人たちが 刑務所内で生き残るためのサバイバルゲームのようなもの。 恋人に騙され刑務所入りしたとはいえ無実が証明されるまではずっと刑務所。 暴力や権力争いなどは日常茶飯事。 そのような環境に対応するためにマカレナがどのような方法で生き残っていくのかに注目です。 クセ者囚人たちです。 刺激的でスリリングなストーリーが求められる刑務所ドラマにおいてクセ者囚人たちは必要不可欠な存在です。 いつ喧嘩になってもおかしくないぐらい攻撃的な者ばかりで、ドラッグで相手を利用したり、看守を脅すものまで存在します。 そんな囚人たちとマカレナは戦っていかなければなりません。

次の