ほんま る 歯科。 予約|ほんま歯科・小児歯科クリニック|新潟県新潟市東区秋葉通

札幌市東区の歯科医院 ホンマ歯科のホームページ

ほんま る 歯科

はじめまして。 仙台市若林区の歯医者、ほんま歯科 院長の本間 一弘(ほんま かずひろ)と申します。 当院では、患者さまとのコミュニケーションを重視した、患者さま目線の丁寧な治療を行うことをモットーに、歯周病治療、小児歯科治療、予防歯科に力を入れた診療を行っています。 私は仙台で生まれ育った一人で、ここ仙台で歯科医院を開院できたことに誇りをもっています。 大学病院時代は詰め物や被せ物、入れ歯について実際に自分でつくり、大学院時代は患者さまにストレスを与えない歯科治療について学んできました。 私は、皆さまがいつまでも美味しく食事ができ、年を重ねてもお口美人でいられるような治療を目指しています。 歯科医師は、トラブルを起こした歯の治療だけでなく、年齢に応じて、胎児期から生涯を通じて皆さまに寄り添うものと考えています。 例えば、幼児期に当たる1歳半から3歳までは、保護者の方からの虫歯菌の感染が起きやすく、そこで感染した菌は、一生、その子の歯から離れません。 従って、保護者の方のお口のクリーニングが大切になります。 また、食生活の変化に伴い、お口の正しい成長が難しくなっているという現状から、お子さまの成長に合わせた適切なアドバイスを行う診療も実践しています。 実際に、文明から隔絶された土地の住人に文明国の食生活が普及するにつれて、彼らの歯並びが悪化したとの報告もあるのです。 体の健康はお口の健康から。 お口のトラブルは、糖尿病、心血管系の血栓、認知症、関節リウマチ、肺炎にかかわってくることもあるため、歯科先進諸国では予防歯科の考えが普及しています。 その結果、予防歯科に取り組む国では、歯を失う第一原因は、虫歯や歯周病から歯の破折(はせつ/割れたり欠けたりすること)に代わってきました。 しかし、日本では歯を失う原因の6割以上が、まだ虫歯や歯周病です。 これに対し、予防歯科に力をいれている当院では、患者さまの歯を失う原因は、歯科先進諸国のように歯の破折によるものがほとんどです。 SバンクのSさんも、3カ月に一度歯科に通っていることを某雑誌で語っています。 皆さまもぜひ当院に通われて、歯のみならず全身の健康長寿を目指してみませんか。 検診だけでもかまいませんので、ぜひお気軽にご来院ください。

次の

院長・本間 一弘のご紹介

ほんま る 歯科

また、すでにご予約いただいている患者様で下記のどれかに当てはまる方は、お電話にてご予約の変更をお願いいたします。 ・発熱又は呼吸器症状(せき、息切れなど。 軽症の場合を含む。 )をお持ちの方。 ) ・ご来院の際はマスクの着用をお願いします ・受付の際は検温にご協力お願いします (37. 5度以上の場合は、診察をお断りさせていただく場合がございます。 ) ・ユニットへの案内後は、うがい薬でのうがいにご協力をお願いします ・受付にはビニールカーテンを設置しております (受付でもマスクとグローブを着用して対応させていただきます。 ) ・待合室のキッズスペースは現在利用できません (おもちゃ、雑誌、絵本、マンガ本などは感染予防のため利用を中止しております) ・マスク、グローブ、ゴーグル、フェイスガードを着用して診療しております ・治療用器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さんごとに交換し、消毒滅菌をしております ・口腔外バキュームを使用しております ・次亜塩素酸水でユニット周りやドアノブなどの清拭しております 新しいホームぺージができました。 医療法人ハピネス ほんま歯科 次亜塩素酸水の無料配布について 新型コロナウイルス感染症予防のためにアルコール消毒液が恒常的な品不足となっている事から、当医院では近隣の皆様を対象に、ウイルス除菌に効果がある次亜塩素酸水の無償配布を行っております。 ・専用ボトルを 一本あたり税込み150円で購入していただきます。 詳細は来院の際ご説明致します。 その他、日曜日と祝日はお休みです。 連休中、お困りのときは 5月連休期間中、仙台市福祉プラザ 12階にて緊急歯科診療を行っております。

次の

【気になる評判】ほんまる歯科医院

ほんま る 歯科

はじめまして。 仙台市若林区の歯医者、ほんま歯科 院長の本間 一弘(ほんま かずひろ)と申します。 当院では、患者さまとのコミュニケーションを重視した、患者さま目線の丁寧な治療を行うことをモットーに、歯周病治療、小児歯科治療、予防歯科に力を入れた診療を行っています。 私は仙台で生まれ育った一人で、ここ仙台で歯科医院を開院できたことに誇りをもっています。 大学病院時代は詰め物や被せ物、入れ歯について実際に自分でつくり、大学院時代は患者さまにストレスを与えない歯科治療について学んできました。 私は、皆さまがいつまでも美味しく食事ができ、年を重ねてもお口美人でいられるような治療を目指しています。 歯科医師は、トラブルを起こした歯の治療だけでなく、年齢に応じて、胎児期から生涯を通じて皆さまに寄り添うものと考えています。 例えば、幼児期に当たる1歳半から3歳までは、保護者の方からの虫歯菌の感染が起きやすく、そこで感染した菌は、一生、その子の歯から離れません。 従って、保護者の方のお口のクリーニングが大切になります。 また、食生活の変化に伴い、お口の正しい成長が難しくなっているという現状から、お子さまの成長に合わせた適切なアドバイスを行う診療も実践しています。 実際に、文明から隔絶された土地の住人に文明国の食生活が普及するにつれて、彼らの歯並びが悪化したとの報告もあるのです。 体の健康はお口の健康から。 お口のトラブルは、糖尿病、心血管系の血栓、認知症、関節リウマチ、肺炎にかかわってくることもあるため、歯科先進諸国では予防歯科の考えが普及しています。 その結果、予防歯科に取り組む国では、歯を失う第一原因は、虫歯や歯周病から歯の破折(はせつ/割れたり欠けたりすること)に代わってきました。 しかし、日本では歯を失う原因の6割以上が、まだ虫歯や歯周病です。 これに対し、予防歯科に力をいれている当院では、患者さまの歯を失う原因は、歯科先進諸国のように歯の破折によるものがほとんどです。 SバンクのSさんも、3カ月に一度歯科に通っていることを某雑誌で語っています。 皆さまもぜひ当院に通われて、歯のみならず全身の健康長寿を目指してみませんか。 検診だけでもかまいませんので、ぜひお気軽にご来院ください。

次の