ついった動画ランキング。 「いってらっしゃい」 日常戻るまで走り続ける無料バス [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【iPhone】動画編集の人気アプリランキング|無料のビデオ編集ツールとは

ついった動画ランキング

見たい動画が多いサービスを選ぶのが一番だよ 数年前まではDVDやブルーレイをレンタルして自宅で観るというのが一般的でしたが、最近は動画配信サービスが普及してきたため、自宅から出なくても好きな映画やアニメ・ドラマを見れるようになりました。 ただ、動画配信サービスの種類が多くて、どれを選べばいいかわからないですよね。 そんな方のために動画配信サービス大手10社を比較しました。 月額料金や各サービスの特徴なども説明しながら、ランキング形式でわかりやすく紹介します。 動画配信サービスの選び方 動画配信サービスは、自分の見たい動画のジャンルが充実しているものを選ぶのが一番です! 映画をたくさん見たい方は映画の配信が豊富なサービスを、アニメが見たい方はアニメに特化したサービスを選びましょう。 ジャンル別のおすすめ動画配信サービスは、この記事の後半に記載しています。 取り扱いジャンルのバランスも良いので、動画配信サービスの鉄板と言ってもいいくらい。 色々なジャンルの動画を見たい• 家族みんなで共有して楽しみたい という方にはおすすめのサービス。 個別課金にはなりますが映画の最新作の配信も早いので、今までレンタルショップでよくDVDやブルーレイをレンタルしていた方にとっても、満足できるラインナップではないかと思います。 月額1,990円(税抜)と、料金だけ見ると動画配信サービスのなかでも高いと思われがちなのですが、実は 月額料金1,990円のうち1200円分がポイントとして還元されるので、実質790円ということになります。 毎月付与される1,200円分のポイントは、個別課金タイプの最新作を見るときに使ったり、漫画を読むのに使うことができます。 さらには、 提携している映画館でポイントを使うことも可能。 動画視聴以外にも使えるのでお得感がありますね。 ついでといってはなんですが、U-NEXTに登録している方であれば70誌以上の雑誌も読み放題になります。 ちなみに、大人の男性向けのジャンルも扱っている数少ない動画配信サービスなので、そういう面でも人気はありますね。 動画のダウンロードにも対応しているので、Wi-Fi環境で動画をダウンロードしておけばオフラインでも動画を楽しめます。 このダウンロード機能を利用して、通勤・通学のスキマ時間に活用する方も多いですね。 複数端末で同時視聴できるのも、U-NEXTの強みと言えます。 デメリットを挙げるとすれば、見放題作品だけ見ようと思っている方にとっては月額料金が高く感じるといったところでしょうか。 では初回登録に限り、31日間の無料体験を行っていますので、気になる方は実際に試してみるといいかと思います。 無料トライアル期間中であれば、無料で動画が見放題、雑誌も読み放題。 加えて600円分のポイントが付与されるので、最新の動画1作品を視聴、もしくは漫画・書籍を1冊読むことができます。 関連記事: 2位 Hulu フールー 無料期間 2週間 月額料金 933円(税抜) 動画配信数 60,000本以上 画質 HD対応 ダウンロード 〇 対応デバイス テレビ パソコン スマートフォン タブレット ゲーム機(Wii U、PlayStation4など) 月額料金933円 税抜 で利用できる「(フールー)」。 最大の特徴は、配信されている作品すべてが見放題ということ。 この点はちょっと残念。 日本テレビグループが運営しているサービスなので、日テレのドラマ・アニメ・バラエティが豊富で、見逃し配信も行っています。 「」でも紹介していますが、名探偵コナンなどの日テレ系アニメに関してはHuluが断然おすすめですね。 独自のオリジナルコンテンツもあり、日テレドラマのスピンオフ作品やオリジナルストーリーも独占配信しているのは、Huluの強みです。 海外作品では、ウォーキングデッドなどを中心とする海外ドラマがかなり充実。 FOXチャンネルはもちろん、話題の海外ドラマをリアルタイム配信していたり、日本初上陸となる作品もいち早く配信しています。 「海外ドラマが見たいならHulu一択!」というくらい満足度の高いラインナップなので、 海外ドラマ目当ての方はHuluを選んでおけば間違いなしです。 デメリットを挙げるなら、U-NEXTと比べて新作映画が少ないことですね。 メインのサービスではないのに、豊富なラインナップには驚かされます。 年会費一括払いなら、月々408円くらいで利用できる計算。 動画配信サービスを目当てに登録するのならあまりオススメはしませんが、Amazonでよく買い物する方なら登録しておいて損はないと思います。 ちなみに、Amazonプライム会員なら• 特定の配送オプションが無料• Kindle、Fireタブレットが4,000円引き• 本を聞くサービス「Audible オーディブル 」が3ヶ月無料• オムツやおしりふきが15%OFFになる「Amazonファミリー」 などなど上記はほんの一部ですが、かなり充実のサービス内容が利用可能です。 やなどの大手サービスにない動画が、意外とで配信されていたりすることもあり、なかなかあなどれません。 登録から30日間は、プライムビデオを含むAmazonプライム会員特典すべてが無料で利用できます。 現在、Netflixの1ヶ月無料体験は行っていません。 CMでもよく見かけるので名前を知っている方も多いと思いますが、日本でサービスが開始されたのは2015年と、わりと最近です。 Netflixはオリジナルコンテンツが多いことでも知られています。 全体的に海外の作品が多く、日本の番組は少なめ。 日本の作品だと、アニメ作品が意外と豊富です。 あとは「テラスハウス」や「あいのり Asian Journey」などは人気コンテンツです。 月額料金400円(税抜)で2300作品以上のアニメが見放題なので、アニメ好きには必須のサービスと言ってもいいくらいのラインナップ。 私もアニメをよく見ますが dアニメストアに登録しておけば、ほとんどのアニメが視聴できます。 ドコモが運営しているサービスですが、dTVと同じようにドコモユーザー以外も利用可能。 アニメだけでなく、アニメ作品をもとにした舞台やミュージカル動画が視聴できたり、アニソンまで聴き放題です。 かなりアニメに特化したサービスなので、デメリットはアニメ作品以外が見れないことですね。 ちなみにドコモユーザーはキャリア決済可能なので、クレジットカードがなくても登録できます。 月額料金1,070円 税込 で利用でき、有料会員は毎月500円分のParaviチケットがもらえます。 Paraviチケットは、有料動画を視聴する際に使用可能。 TBSのドラマやWOWOWのドラマなどParaviでしか見れない作品も多いです。 「KAT-TUNの世界一タメになる旅! ドラマ好きなら一度は利用しておきたい動画配信サービス。 初めて利用する方は30日間無料で利用できます。 ディズニープラスは、月額料金700円 税抜 でディズニー、ピクサー、マーベル作品などが見放題です。 ディズニー公式というだけあって、配信ラインナップがかなり充実しています。 ディズニーなどの人気作品は、他社の動画配信サービスでは有料配信されていることがほとんど。 それが月額700円 税抜 で好きなだけ視聴できるのは大変お得です。 「ディズニー、ピクサー、マーベル作品を見るなら一択」と言えます。 の魅力はなんといっても月額料金の安さ。 料金の安さを重視したい方にはおすすめのサービスです。 反対に、配信動画のラインナップを重視する方にはdTVは物足りないと思います。 デビットカードで支払いができたり、ドコモユーザーであればキャリア決済ができます。 クレジットカードなしでも契約できるというメリットはありますね。 フジテレビ系のドラマ・アニメ・バラエティの動画が充実していて、昔の名作から最新作まで幅広いラインナップ。 FODでしか見れない独占タイトルがほとんどです。 FODプレミアムではサービス内で使えるポイントがあり、下記のような方法でポイントを貯めることができます。 FODプレミアムへの会員登録で100ポイント付与• 毎月8のつく日(8日、18日、28日)にログインして400ポイントをゲット 貯まったポイントは個別課金タイプの動画を視聴するのに使ったり、書籍や漫画の購入に使えます。 初月なら最大1,300ポイント、それ以降も毎月1,200ポイントもらえるので、動画なら2作品、コミックなら3冊が実質無料なので活用しない手はないですね! FODのデメリットは、動画のダウンロードができないこと。 ほとんどの動画配信サービスがダウンロードに対応してきているなかで、これはちょっと不便ですね。 アニメの作品数が多いのは、ダントツで です。 ただ、dアニメストアはアニメ系の動画しか見れないのが欠点。 映画やドラマなど、アニメ以外のジャンルも見たい方は、やをおすすめします。 U-NEXTやAmazonプライムビデオは、家族で楽しめる動画配信サービスなので、子供向けアニメも充実しています。 詳しくは「」という記事でまとめているので、あわせて参考にしてみてくださいね。 まとめ 大手10社の動画配信サービスの料金やメリット・デメリットなどを比較してみました。 初めて利用する方は、1位~3位の動画配信サービスを契約しておけば間違いないと思います。 あとは、少しずつ使ってみて使いやすいサービスに切り替えていくのがおすすめですね。 新しい配信作品がどんどん追加されていくのも動画配信サービスの魅力のひとつなので、自分にぴったりの動画サービスを見つけて、動画を思いっきり楽しみましょう!.

次の

南野陽子 涙はどこへいったの 歌詞&動画視聴

ついった動画ランキング

この4つを抑えれば迷わない!動画配信サービスの選び方 まずは、自分に合う動画配信サービス選ぶ方法から解説していきます。 重要なのは以下の 4点です。 見たい作品は配信されているか?• 料金はお得か?• コンテンツは見放題or単体購入?• ダウンロード機能や対応デバイスは? それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。 いくら料金がお得でも、見放題作品が多くても見たい作品がなければ意味がありませんよね。 そうとも限らないよ。 「ダウンロード機能」があれば事前にコンテンツをダウンロードして、 オフライン環境でも視聴できます。 旅行での移動中や新幹線の中など、オフライン環境でも映画やアニメが存分に楽しめるので便利です。 また、 さまざまなデバイスでの視聴に対応していると便利です。 基本的にどこもパソコンやスマホ、タブレットでの視聴は可能ですが、その他にもゲーム機やクロームキャスト、Apple TVなどに対応しているかもチェックしてみましょう。 『』は 新作映画に強い動画配信サービスです。 月額1,990円と料金は少しお高めになっていますが、 毎月単体購入作品に使える1,200円分のポイントがもらえます。 劇場公開されたばかりの新作映画もポイントで視聴可能です。 また、作品数は 約14万本と豊富なのも魅力の1つです。 ダウンロード機能も備わっていますし、さまざまなデバイスで視聴できます。 総合的に見てもさまざまな要素が充実したサービスといえるでしょう。

次の

都道府県対抗PR動画ランキング!結果発表|生活ガイド.com

ついった動画ランキング

最新映画の配信スピードもピカイチでDVD販売開始よりも早く配信される場合もあることも。 韓国系・アジアドラマ・アニメ・アダルトの見放題も豊富で、雑誌も70誌以上読み放題だったりします。 最大4人同時に視聴が可能なので、家族で共有して利用できるので便利なんですよ。 アダルト動画は一般作品の履歴に残らないので、こっそり楽しむことができるのもU-NEXTならでは。 ダウンロード機能や倍速・低速機能もあり、テレビで視聴できる対応端末も多く機能面でも優れている特徴があります。 ただ、 料金が高めの1,990円+税!! でも、毎月1,200円分のポイントが貰えるので 毎月、新作を2〜3本見れるのと、コンテンツ内容を考えると納得できちゃいます。 31日間の無料期間があるのでじっくりお試しできるのもポイント。 特に海外ドラマが豊富で、日本初上陸のドラマをまとめたHuluプレミアムというコンテンツや、FOXチャンネルというリアルタイムで最新の海外ドラマを楽しむことができるチャンネルを楽しむことができます。 それに、Huluは日本テレビの子会社ということもあり、 日本テレビ系のドラマやバラエティー、アニメもバッチリ。 最新映画は追加料金で視聴できるVODより 配信は遅めですが、他社だと課金しないと見れない作品をHuluでは見放題できるということも多いです。 無料期間が2週間と短いので、ササッとどんな感じか確認しておきましょう。 海外ドラマのオリジナル作品が多く、体感的に7割ぐらいはオリジナル作品じゃないかと思うぐらい。 アニメのオリジナル作品も面白くて映像にこだわりがある感じ。 もちろん一般的な作品も豊富で十分楽しめます。 Netflixは、追加料金が要らないVODなので、新作映画などは見ることができないのと、国内ドラマは期待できない感じです。 料金プランについては、画質や同時視聴できる人数によって変わってくる仕組みです。 4Kまで対応しているプランもありますが、個人的にはHD画質で十分かなと思いますね。 あと、全ての作品をダウンロードできるわけではないですが、ダウンロード機能や同時視聴できるのは使い勝手がいいです。 ただ、 面白い作品は多いものの、作品の絞り込みがしにくいので、似たような作品がラインナップされてしまうのが残念なところ。 月額500円(年間プラン408円)と低価格で、プライムビデオが利用できるだけでなく、 Amazon商品の送料無料や100万曲の音楽を聞き放題など多くのプライム特典を利用できます。 プライムビデオは、オリジナル作品も多く、 民放のテレビでは放送できない、尖ったバラエティー番組を見れるのも魅力の一つ。 最大3台まで同時視聴ができるのと、ダウンロードも全ての作品に対応している感じなので、家族で共有しながら楽しむこともできます。 それに、もし学生ならPrime Studentに加入すると、 半額の月々250円でプライムビデオを利用できちゃいますからね。 ただ、有料作品も多く、見たいものが有料ということもしばしば。 それに作品数が多い割には、見たい作品を絞り込みにくく、 他のVODより使いにくい面もあります。 といっても、低価格なので、お子さんに見せるために使うなど、特にこだわりがないならAmazonプライムビデオで十分。 U-NEXTより早かったりすることもあります。 もちろん新作の配信も早く、配信予定もあるのでわかりやすいです。 倍速機能やダウンロード機能を利用すればオフラインで、どんどん気になった作品を楽しむことができます。 オリジナル作品も豊富で、バラエティー番組から 音読マンガなど変わった作品も見放題で楽しめますよ。 あと、dTVの特徴としては、音楽関係のプロモーションビデオやライブ動画、それにカラオケなどのコンテンツがガッツリ楽しめます。 ドライブ中にカラオケなんかも面白いかもしれませんね。 ただ、同時で視聴はできないので、 家族で共有するなら、少し不向きかも。 無料期間も31日間あるので、他のVODと比較してみるのもいいと思いますね。 見放題作品が他のVODより少なめですが、比較的新しい作品が見放題できます。 5年以上古い作品になると極端に少なくなる感じ。 全体的にどのジャンルの作品もあり、月額562円で 毎月540コイン 540円分相当 が貰えるので、新作を1本分楽しむことができます。 ただ、 全ての作品にコインが使えるわけではないので注意です。 あと、ダウンロード機能があるものの、作品に対応していない作品も多くオフラインで利用するには不向きです。 「auマンデイ」と「auシネマ割」の特典もついてくるので、映画館での料金が安くなるメリットもあるんですよ。 月額933円で 毎月1,080ポイント(1,080円分)が貰えるので、新作を2本ほど見ることができますが、TSUTAYATVもビデオパスと同様で、全ての作品にポイントを利用することはできません。 (利用できない作品はビデオパスと同じ作品) いろいろなコンテンツがあり、慣れるまで 使い勝手はあまり良くないですが、アダルト作品もガッツリ見放題できる数少ないVODでもあります。 一般作品が豊富でアダルト作品も楽しめるのはU-NEXTとTSUTAYATVぐらいですからね。 U-NEXTは料金的に厳しい場合は、新作も見れるTSUTAYATVもありかも。 ダウンロード機能はないものの、5台までなら同時視聴できるので、家族で共有して利用できるのもポイント。 プレミアムプランは、月額500円で540ポイント(新作1本分)が貰える仕組み。 新作やマイナーだけが見たい人におすすめで、 Huluなど、見放題しかないVODと相性が良いいので、両方利用するといった使い方もできます。 見放題プランは、月額980円で540ポイント+見放題作品が約2万本見れます。 +480円で2万本の作品を見放題できるわけですが、 正直微妙な作品が多いです。 ただ、見放題作品には、韓流作品やホラー作品は多くあり、この2ジャンルはガッツリ楽しめる感じ。 特に韓流ドラマは、VODの中でもトップクラスの見放題の作品数なんですよ。 なので 韓流やホラー好きの人には見放題プランはお得だと思います。 ドラマやバラエティ番組以外にも、アジアドラマやアニメも豊富。 人気のワンピースやノイタミナ作品をガッツリ楽しめちゃいます。 他社よりも動画本数は少ないものの、 100誌以上の雑誌も読み放題でき、マンガも大量にあるので、コンテンツとしては充実しています。 FODプレミアムは毎月100ポイントと8日、18日、28日に400ポイント貰えるます。 毎月1,300円分のポイントをGETできるので、好きな動画やマンガを見たり読んだりできるのもいいところ。 ただ、ダウンロード機能や倍速機能がないのと、細かくジャンル分けされていないので、 使いやすさは正直微妙な部分もありますね。 スポーツジャンルの配信にも力を入れており、 プロ野球や世界テニスのライブ配信も楽しめます。 ただ、TBS・テレビ東京の局以外の作品は見れない感じで、 洋画や海外ドラマなどの一般作品が他のVODより弱く期待できません。 毎月貰えるチケットを使えば、300円以下の作品を1作品タダで楽しめます。 お試し期間中はチケットは貰えませんが有料会員になるとお得といった感じです。 見放題作品数比較表 ジャンルごとに見放題できる作品を分けるとこんな感じす。 全体的に見放題作品が豊富で作品の質も高かったのは でした。 ただ、この表はあくまで見放題できる作品数なので、作品数が多いから楽しめると言うわけではないです。 中には マニアックな作品が多くて一般的な作品が少なかったというVODもありましたからね。 ジャンルごとに詳しく知りたい場合は、 を参考にしてくださいね。 有料レンタルから見放題作品になるのが早いVODは?ジャンルごとに比較 見放題になる早さはVODやジャンルによっても違ってきます。 アニメや国内ドラマは、見逃し配信があるので放送中のものもVODによっては見放題できますが、 基本的に映画の新作は有料扱いです。 映画の作品が 見放題として見れるようになるのは、だいたい1〜2年ほど経ってからの作品が多い感じ。 有料作品から見放題になる早さは、作品によって正直バラバラですが、感覚的に早く配信しているな〜と感じたVODをまとめてみました ジャンル 見放題になるのが早いVOD 洋画 韓流・華流ドラマ 作品によって見放題になる早さはバラバラですが、これらのVODは特に早いなと感じましたね。 で、見放題作品で注意してほいしのが、国内ドラマです。 国内ドラマは、放送局によって見れる見れないがハッキリしているので、国内ドラマを主に見るなら を参考にしてくださいね。 動画配信サービスの機能面や使いやすさを比較 動画配信サービス(VOD)を選ぶ上で重要なポイントと言えば、見放題作品数や料金そして無料期間がどれくらいあるのか。 だと思います。 ただ、それ以外にも機能面や使いやすさも重要なポイント。 見たい動画にたどり着くのに時間がかかるなど、使いにくいと感じたらストレスを感じてしまいますからね。 機能面と実際に使って思った使いやすさを比較を比較しました。 動画配信サービスの機能面を比較 機能面を比較するとこんな感じです。 同時視聴ができて、ダウンロードや倍速機能も利用できるのは だけでした。 4K対応の作品はまだまだこれから! 画質に関しては、U-NEXTやビデオマーケットでも4K作品を視聴できますが、作品数が少なくまだまだこれからといった感じです。 TSUTAYATVは、HD画質もあるのですが、基本見放題作品はSD画質。 なのでテレビ視聴する場合は画質は良くない感じです。 といってもスマホなど画面が小さい場合は、そこまで違いはわからないので、テレビ視聴しないのならそこまで気にしなくてもいいと思いますね。 ダウンロード機能があるとオフラインで視聴できる スマホやタブレットに作品をダウンロードすることで、外出先でも通信料を気にせず楽しむことができます。 ただ、全ての作品に対応しているわけではなく、VODによって視聴期限や保存できる作品数が違ってきます。 頻繁にダウンロードするのであれば、 や 辺りはストレスなく利用できますよ。 関連記事: アカウントを共有するなら同時視聴できるVODがおすすめ アカウントを共有して使うなら、同時視聴ができる動画配信サービスがおすすめです。 同時視聴できれば、子どもがテレビで映画やアニメを見ていても、同時にパソコンやタブレットで映画やドラマを視聴することができますからね。 家族で使う予定があるならチェックしておきたいところですね。 関連記事: 倍速機能や低速機能はデバイスによって利用できない場合もあるので注意 倍速機能を利用すれば、1.4倍速や1.5倍速など普段見ている速度より早く見ることができます。 いろんな作品を一気に見たい場合は、時短になるので何かと便利な機能で、スロー再生もHow-To系の動画に使えたりと意外と便利。 ただ、この機能が使えるVODは少なめで、アプリのみの対応など一部でしか使えない場合もあります。 低速機能が使えるVOD• 両方の機能が使えるのは、U-NEXTとTSUTAYATVといった感じですね。 動画配信サービスの使いやすさを比較 VODごとに使い勝手は違っており、どうしても使いやすいVODと使いにくいVODがあります。 PCやスマホなどでも使い勝手が違うなど、デバイスによっても違います。 利用する人によって感じる部分は違いますが、僕が利用して思ったのはこんな感じでした。 機能面や操作の使い勝手を比較して一番使いやすいと感じたのはやはり、U-NEXTですね。 テレビ視聴できる端末を比較して思ったこと!FireTVStickがおすすめ 基本的にスマホやタブレットで視聴するのならほぼ問題ないですが、テレビ視聴する場合は、対応しているか確認しておきましょう。 もし、テレビが対応していないなら、HDMLに端末を接続すれば、簡単に視聴できます。 ほとんどのテレビにHDMLは付いているのでテレビ視聴はできるのですが、端末によっては対応していないVODもあるのでチェックしておいたほうがいいポイントです。 主にテレビ対応している端末は、 こんな感じで、FireTVStickやChromeCastなどの端末やPS4などのゲーム機から視聴するケースが多いです。 で、この中でも総合ランキングのすべてのVODに対応している端末は、FireTVStickです。 プライムビデオ専用の端末なので、プライムビデオよりには作られていますが、こだわりがなければ十分といった感じです。 それに料金も他の端末より安めですからね。

次の