食品衛生 の 窓。 一般社団法人 川崎市食品衛生協会|神奈川県川崎市

食品衛生責任者 資格者養成講習会のご案内

食品衛生 の 窓

食品衛生責任者とは 食品衛生責任者の設置義務 食品衛生責任者は既述の通り 食品の製造・販売を行う営業所、店舗に必要な資格です。 営業許可証1枚につき食品衛生責任者が1名必要…すなわち 店舗毎に最低1名と覚えておきましょう。 大規模な製造所の場合、代わりに 食品衛生管理者が必要になる場合も多いので注意が必要です。 詳しくは後述しますが、ざっくり 飲食店なら食品衛生責任者で、メーカーでは食品衛生管理者という認識で大丈夫です。 食品衛生責任者の設置義務等は 都道府県が管轄です。 飲食店の営業許可、食品衛生責任者の任命は 都道府県の条例毎に細かく定められており、お住まいの地域の保健所等に問い合わせましょう。 【参考】 食品衛生責任者の仕事内容 食品衛生責任者の仕事は、そのままですが 『店舗の衛生管理』です。 最悪、食品衛生責任者を任命しておけば、保健所のチェックが入るまでは営業できるわけですし…しかしそんなのは問題外! 具体的な業務として…• 設備の点検、不衛生箇所の是正• 従業員の健康管理(体調不良者を働かせていないかなど)• 衛生管理表の作成(手洗い、清掃、冷蔵庫温度のチェック表など)• 食材の管理とチェック(加熱温度や保管場所など) が挙げられます。 全て自分でやる必要はなく、従業員に任せることも出来ますが、上記を含めた 作業場の衛生管理がちゃんと履行されているか管理、指導することが大切です。 加えて実務講習の定期的な受講が必要ですが、それは後述します。 食品衛生責任者資格の取り方 食品衛生責任者は、所定の資格を持つ人か、要請講習を受けた後に 自治体に申請して初めて任命されます。 要請講習の受講者は有資格者になるだけで、まだ食品衛生責任者ではないのです。 ここでは、有資格者になる方法を解説します。 講習を免除できる人 一般の方は各自治体で開催される 養成講習の受講が必要ですが、以下の場合は免除されます。 大学で所定の単位を取得した人• 学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において 医学、 歯学、 薬学、 獣医学、 畜産学、 水産学、 農芸化学の課程を修めて卒業した者• 以外で養成施設として認められた大学 上記に該当する人は講習を免除できます。 ただし、この場合、 『農学科はダメなの?』 『水産学部ではないが、水産系の単位はいくつか取ったけど…』 といった質問が挙がりますね。 簡単に言うと 『大学に問い合わせてください』としか言えません。 上記の過程がそのまま学部・学科名になっている場合(医学部、薬学部、農芸化学科)はまず大丈夫ですが、それ以外は 養成認定を受けている大学の所定学部・学科を卒業する必要があります。 酪農学園大学、 日本大学等の食品関係学部がそれに当たります。 大学の教務課に問い合わせましょう。 所定の資格を持つ人 医師、歯科医師、薬剤師、調理師、船舶料理士、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生指導員もしくはその経験者、食品衛生監視員の資格を持っている人は講習が免除されます。 いずれも難関資格だったり、実務経験や特定の職種に従事している必要がある資格ですね。 上記の資格を持っていない方は、1日で終わる養成講習を受けるのが手っ取り早いです。 次の章では講習内容等について解説します。 食品衛生責任者の講習について 食品衛生責任者の養成講習 講習日程等 要請講習は都道府県などの自治体や保健所等が主催しており、ほぼ毎月開催されています。 ただし、受講者が非常に多い講習なので、直前に申し込むと定員オーバーで受講できない可能性が高いです。 講習日程を確認し、 1ヶ月程度前に申し込めばほぼ確実に受講できると思います。 東京では 東京都食品衛生協会が主催しており、講習の空席は以下で確認できます。 【リンク:】 日程や開催場所は各都道府県における保健所等のサイトをご確認ください。 講習内容 講習の内容は決まっており、以下の3科目となっています。 費用はほぼ全国一律で1万円です。 衛生法規:食品衛生法の基礎、食品衛生責任者の責務など(2時間)• 公衆衛生学:衛生管理や作業環境管理など(1時間)• 食品衛生学:食中毒の対策、食品表示、設備管理など(3時間) 講習では、おそらく全国共通で上記のテキストが配られます。 テキストに沿って講義が開かれますので、寝ないように注意しましょう笑 このテキストは体系的にまとまっており、 参考書としては完璧です。 講習時にもらえるので絶対に無くさないように! ただ、店舗や製造現場の衛生管理手法など、実務に活用できるかと言うと少し物足りないですね。 実務に近い衛生管理が学べるテキストは後述します。 講習の終わりには 修了証書がもらえます。 修了証書は 講習受講の証明書になり、飲食店の営業許可を申請する時に必要です。 紛失後の再発行が面倒なので、無くさないように注意しましょう。 資格取得後の実務講習 飲食店の開業許可、食品衛生責任者の任命が終了し、実際に働き出した後も定期的に 衛生関連の講習を受講することが推奨または義務となっています。 飲食店を開業する自治体ごとに異なるので、開業の際に確認しておきましょう。 義務といっても 数年に1回程度であることが多い為、負担は小さいです。 ただ、衛生関連の知識は定期的に確認しておくべきでしょう。 食品衛生責任者と食品衛生管理者の違い 食品衛生管理者の具体的な内容は下記に書かれているの、ここでは端的に比較しましょう。 【リンク:】• 食品衛生管理者は 全粉乳等の乳製品、ハムなどの魚肉製品、その他食肉製品、食用油脂や添加物の製造・加工を行う施設で必要な資格です。 食品衛生管理者になれば、 食品衛生責任者の資格も得られますが、逆は無理です。 また、開業の際は責任者の申請が必要なことに変わりありません。 食品衛生責任者は養成施設(大学等)の卒業や養成講習の受講によって有資格者となれますが、 食品衛生管理者は 任用資格なので、 1. の仕事に従事して初めて有資格者となれます。 食品衛生管理者も特定の大学を卒業し、1. の仕事に従事すれば有資格者となれますが、講習を経て資格を得る場合、 費用は35万円かかります。

次の

様式一覧|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

食品衛生 の 窓

2019年06月25日 福祉保健局 平成30年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要 このたび、食品衛生法に基づく「平成30年度東京都食品衛生監視指導計画」の実施結果について、概要を取りまとめましたのでお知らせします。 平成30年度は、食品関係営業施設(特別区、八王子市及び町田市の対象施設を除く。 )に対し、延べ404,331軒の監視指導を実施し、食品の衛生的な取扱いなどの指導を行いました。 また、食品等について、109,942項目の検査を実施した結果、表示に記載のない添加物を検出した洋菓子等、16項目(14検体)の違反を発見し、必要な措置を行いました。 平成30年度 主な監視指導の結果 1 食中毒対策 食肉の取扱施設や社会福祉施設に対する監視指導…延べ8,363軒• 鶏肉の生食等を原因としたカンピロバクター食中毒の増加や大規模食中毒の発生を受け、飲食店等に対し、夏期及び歳末の一斉監視事業を中心に延べ3,653軒の重点的な監視を行い、十分な加熱調理等について監視指導を行いました。 腸管出血性大腸菌食中毒の対策として、重症化するおそれのある高齢者等に食事を提供する社会福祉施設等延べ2,355軒に対して、非加熱で提供する生野菜の殺菌等について監視指導を行いました。 ノロウイルス食中毒の対策として、学校給食等の大量調理施設や社会福祉施設等延べ2,355軒に対して、食品の適切な取扱い等について監視指導を行いました。 医師からの食中毒の届出や、都民等から寄せられた体調不良等の情報をもとに、1,231件 【注】の事案について調査を行いました。 その結果、187件 【注】(平成29年度132件)を食中毒と断定しました。 【注】都・特別区・八王子市・町田市の合計値 2 食品表示対策 食品関係営業施設に対する表示監視…延べ253,650軒• 延べ253,650軒の食品製造・流通・販売業者等に対し、食品表示法及び米トレーサビリティ法に基づき850,577品目の表示検査を行った結果、3,230件の不適正表示を発見し、適正な表示に改善させるなど必要な措置を行いました。 食品の適正表示推進者育成講習会を2回開催し、760名の事業者が参加しました。 3 輸入食品対策 都内流通する輸入食品等の検査…47,124項目• 基準値を超える残留農薬を検出したショウガ等8項目(6検体)の食品衛生法等の違反を発見し、輸入者を管轄する自治体へ通報しました。 輸入者に対して延べ285軒の立入りを実施し、事故発生時の管理体制等を把握するとともに取組状況に応じた指導や取扱食品の検査を行いました。 4 HACCPの取組支援 制度周知のための講習会…284回• HACCPに沿った衛生管理について、講習会を284回開催し、11,116名の事業者に周知しました。 一般飲食店におけるHACCP導入を支援するため、食品関係団体等と協力し、具体的な例示やカレンダー形式の記録票等を盛り込んだ衛生管理ファイルを策定しました。 結果概要の入手方法• 各都保健所、健康安全研究センター、市場衛生検査所、芝浦食肉衛生検査所でも配布します。

次の

平成30年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要|東京都

食品衛生 の 窓

食品衛生責任者とは 食品衛生責任者の設置義務 食品衛生責任者は既述の通り 食品の製造・販売を行う営業所、店舗に必要な資格です。 営業許可証1枚につき食品衛生責任者が1名必要…すなわち 店舗毎に最低1名と覚えておきましょう。 大規模な製造所の場合、代わりに 食品衛生管理者が必要になる場合も多いので注意が必要です。 詳しくは後述しますが、ざっくり 飲食店なら食品衛生責任者で、メーカーでは食品衛生管理者という認識で大丈夫です。 食品衛生責任者の設置義務等は 都道府県が管轄です。 飲食店の営業許可、食品衛生責任者の任命は 都道府県の条例毎に細かく定められており、お住まいの地域の保健所等に問い合わせましょう。 【参考】 食品衛生責任者の仕事内容 食品衛生責任者の仕事は、そのままですが 『店舗の衛生管理』です。 最悪、食品衛生責任者を任命しておけば、保健所のチェックが入るまでは営業できるわけですし…しかしそんなのは問題外! 具体的な業務として…• 設備の点検、不衛生箇所の是正• 従業員の健康管理(体調不良者を働かせていないかなど)• 衛生管理表の作成(手洗い、清掃、冷蔵庫温度のチェック表など)• 食材の管理とチェック(加熱温度や保管場所など) が挙げられます。 全て自分でやる必要はなく、従業員に任せることも出来ますが、上記を含めた 作業場の衛生管理がちゃんと履行されているか管理、指導することが大切です。 加えて実務講習の定期的な受講が必要ですが、それは後述します。 食品衛生責任者資格の取り方 食品衛生責任者は、所定の資格を持つ人か、要請講習を受けた後に 自治体に申請して初めて任命されます。 要請講習の受講者は有資格者になるだけで、まだ食品衛生責任者ではないのです。 ここでは、有資格者になる方法を解説します。 講習を免除できる人 一般の方は各自治体で開催される 養成講習の受講が必要ですが、以下の場合は免除されます。 大学で所定の単位を取得した人• 学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において 医学、 歯学、 薬学、 獣医学、 畜産学、 水産学、 農芸化学の課程を修めて卒業した者• 以外で養成施設として認められた大学 上記に該当する人は講習を免除できます。 ただし、この場合、 『農学科はダメなの?』 『水産学部ではないが、水産系の単位はいくつか取ったけど…』 といった質問が挙がりますね。 簡単に言うと 『大学に問い合わせてください』としか言えません。 上記の過程がそのまま学部・学科名になっている場合(医学部、薬学部、農芸化学科)はまず大丈夫ですが、それ以外は 養成認定を受けている大学の所定学部・学科を卒業する必要があります。 酪農学園大学、 日本大学等の食品関係学部がそれに当たります。 大学の教務課に問い合わせましょう。 所定の資格を持つ人 医師、歯科医師、薬剤師、調理師、船舶料理士、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、食品衛生管理者、食品衛生指導員もしくはその経験者、食品衛生監視員の資格を持っている人は講習が免除されます。 いずれも難関資格だったり、実務経験や特定の職種に従事している必要がある資格ですね。 上記の資格を持っていない方は、1日で終わる養成講習を受けるのが手っ取り早いです。 次の章では講習内容等について解説します。 食品衛生責任者の講習について 食品衛生責任者の養成講習 講習日程等 要請講習は都道府県などの自治体や保健所等が主催しており、ほぼ毎月開催されています。 ただし、受講者が非常に多い講習なので、直前に申し込むと定員オーバーで受講できない可能性が高いです。 講習日程を確認し、 1ヶ月程度前に申し込めばほぼ確実に受講できると思います。 東京では 東京都食品衛生協会が主催しており、講習の空席は以下で確認できます。 【リンク:】 日程や開催場所は各都道府県における保健所等のサイトをご確認ください。 講習内容 講習の内容は決まっており、以下の3科目となっています。 費用はほぼ全国一律で1万円です。 衛生法規:食品衛生法の基礎、食品衛生責任者の責務など(2時間)• 公衆衛生学:衛生管理や作業環境管理など(1時間)• 食品衛生学:食中毒の対策、食品表示、設備管理など(3時間) 講習では、おそらく全国共通で上記のテキストが配られます。 テキストに沿って講義が開かれますので、寝ないように注意しましょう笑 このテキストは体系的にまとまっており、 参考書としては完璧です。 講習時にもらえるので絶対に無くさないように! ただ、店舗や製造現場の衛生管理手法など、実務に活用できるかと言うと少し物足りないですね。 実務に近い衛生管理が学べるテキストは後述します。 講習の終わりには 修了証書がもらえます。 修了証書は 講習受講の証明書になり、飲食店の営業許可を申請する時に必要です。 紛失後の再発行が面倒なので、無くさないように注意しましょう。 資格取得後の実務講習 飲食店の開業許可、食品衛生責任者の任命が終了し、実際に働き出した後も定期的に 衛生関連の講習を受講することが推奨または義務となっています。 飲食店を開業する自治体ごとに異なるので、開業の際に確認しておきましょう。 義務といっても 数年に1回程度であることが多い為、負担は小さいです。 ただ、衛生関連の知識は定期的に確認しておくべきでしょう。 食品衛生責任者と食品衛生管理者の違い 食品衛生管理者の具体的な内容は下記に書かれているの、ここでは端的に比較しましょう。 【リンク:】• 食品衛生管理者は 全粉乳等の乳製品、ハムなどの魚肉製品、その他食肉製品、食用油脂や添加物の製造・加工を行う施設で必要な資格です。 食品衛生管理者になれば、 食品衛生責任者の資格も得られますが、逆は無理です。 また、開業の際は責任者の申請が必要なことに変わりありません。 食品衛生責任者は養成施設(大学等)の卒業や養成講習の受講によって有資格者となれますが、 食品衛生管理者は 任用資格なので、 1. の仕事に従事して初めて有資格者となれます。 食品衛生管理者も特定の大学を卒業し、1. の仕事に従事すれば有資格者となれますが、講習を経て資格を得る場合、 費用は35万円かかります。

次の