バーベナ 花 言葉。 バーベナ(ビジョザクラ)の育て方!花の時期や花言葉など9つのポイント!

バーベナの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

バーベナ 花 言葉

バーベナの花言葉 バーベナの花言葉は、全部で8種類あります。 花の色によって花言葉が違いますので、注意しましょう。 【1】バーベナの花言葉 魔力 【2】バーベナの花言葉 魅了する 【3】バーベナの花言葉 忍耐 【4】バーベナの花言葉 勤勉 【5】赤色のバーベナの花言葉 団結 【6】白色のバーベナの花言葉 私のために祈って下さい 【7】ピンク色のバーベナの花言葉 家族愛 【8】紫色のバーベナの花言葉 後悔 花の色に関係ないバーベナの花言葉 花の色に関係ないバーベナの花言葉には、「魔力」や「魅了する」という言葉があります。 バーベナは宗教や魔力に関連する花とされ、予言や魔法の力を強くすると信じられてきました。 このことから、「魔力」や「魅了する」という花言葉が生まれました。 「魔力」という花言葉は人に贈る機会のない花言葉ですが、「魅了する」という花言葉は、男性には性格を褒める時に使え、女性には美貌を褒める時に使える良い意味の花言葉です。 また、 花の色に関係ないバーベナの花言葉には、「忍耐」や「勤勉」という言葉もあります。 「忍耐」や「勤勉」という花言葉は、バーベナの花が連なった様子が傘に見え、炎天下にも負けずに咲くことから生まれた花言葉。 どちらの花言葉も褒め言葉として使えるので、真面目な人に贈ると良いでしょう。 赤いバーベナの花言葉 By 赤色のバーベナの花言葉は「団結」です。 両親や祖父母といった家族に向けて贈るのに適した花言葉です。 また、団体スポーツをしているチームにもピッタリなので、団結して行動したい相手に贈ると良いでしょう。 白いバーベナの花言葉 By 白色のバーベナの花言葉は「私のために祈って下さい」です。 少し傲慢に捉えられるかも知れないので、人に対してやや贈りにくい花言葉。 「応援して上げるよ」という意味合いを込めて、手紙と共に贈るのもありだと思います。 ピンク色のバーベナの花言葉 By ピンク色のバーベナの花言葉は「家族愛」です。 「家族愛」という花言葉の通り、家族に贈って欲しいとても素敵な花言葉。 可愛らしいピンク色の花も素敵です。 紫色のバーベナの花言葉 By 紫色のバーベナの花言葉は「後悔」という花言葉です。 「後悔」という花言葉は、人に贈るのに適さない花言葉なので、紫色のバーベナをプレゼントするなら花の色に関係がないバーベナの花言葉を添えるようにしましょう。 バーベナ以外の花言葉を調べたい場合 バーベナの花言葉があなたの希望する意味ではない場合、以下のリンクからバーベナの花言葉以外の花言葉を調べることができます。 花を指定して花言葉を探したい場合… へ• 花言葉を指定して花を選びたい場合… へ バーベナという植物について バーベナという植物は、どんな植物なのか、どんな花を咲かせるのかなどを詳しく解説致します。 クマツヅラ属という生物分類に属しているバーベナ By バーベナを分類すると、一年草タイプと多年草タイプ 宿根バーベナ に分類することができます。 熱帯~亜熱帯が原産地のため、基本的には寒さに弱いという欠点があります。 日本国内で宿根バーベナを育てる場合、冬越しには注意が必要で、霜で枯れる恐れがあるので霜にだけは注意する必要があります。 立ち性と匍匐性があり、花壇やグランドカバーに重宝されるバーベナ。 園芸用としてそこそこ人気があります。 また、バーベナはエディブルフラワー 食用花 やドライエディブルフラワーとしても有名です。 苦味などがないため、小花をそのまま食べても問題ありませんが、エディブルフラワーケーキ 食用花ケーキ にして食べるのが一般的です。 誕生日の花としてのバーベナ バーベナは、以下の月日の誕生日の花です。 そのため、以下の月日の誕生日の人に、花言葉を添えてバーベナの花をプレゼントすることは良いことです。 しかし、バーベナ以外で同じ月日の誕生月の花や誕生日の花をお探しの場合は、以下のリンクからその月日のバーベナ以外の誕生花を調べてください。 バーベナの英語と名前の由来 バーベナの英語とその英語の由来、またバーベナの和名とその和名の由来をご紹介致します。 バーベナは英語でVerbena。 その言葉の由来とは? バーベナの英名は、学名のVerbenaと同じです。 ヘブライ語で「良い植物」を意味するherbebonaが語源で、宗教や魔法に関係する花とされています。 バーベナの和名は、美女桜 びじょざくら。 その言葉の由来とは? バーベナの花の形は、 の花びらに少し似ています。 そして、その美しさを美女に例えたことにより、美女桜 びじょざくら という和名になりました。 バーベナの種類について 約250種類あるバーベナの中で、有名な品種は以下の通りです。 バーベナ・ボナリエンシス 別名:三尺バーベナ By バーベナ・ボナリエンシスは、高性種 草丈が高くなる品種 で宿根性のバーベナ。 別名、三尺 サンジャク バーベナや柳花笠 ヤナギハナガサ とも言います。 紅紫色の小さな花が連なって咲き、個々の花の大きさは3cm~4cm程度になります。 バーベナ・テネラ By バーベナ・テネラは、ブラジル南部原産の匍匐性のあるバーベナ。 葉に切れ込みがあるのが特徴。 花の色は赤色や白色やピンク色や紫色などです。 バーベナ・ピンクパフェ バーベナ・ピンクパフェは、 ピンク色やピンク系のグラデーション色の可愛らしい花を咲かせる品種です。 バーベナ・タピアン バーベナ・タピアンは、サントリーフラワーズが開発した品種。 バーベナ・テネラの花つきを良くしたもので、グランドカバーに用いられます。 バーベナ花手毬 バーベナ花手毬は、花房が大きいのが特徴。 日本でも暖地であれば、冬越しは比較的容易です。 バーベナの花の色や形や開花時期 By バーベナの花は、小さな花が密集して咲きます。 花の色は品種によって様々。 赤色、ピンク色、白色、紫色、青色などの色です。 開花時期は5月~10月になります。 カテゴリー• 467• 212• 142• 1,007• 379• 366• 615•

次の

バーベナの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

バーベナ 花 言葉

バーベナは、大正初期に西洋から入ってきた一年草・多年草の園芸植物です。 「Verbena」 の名は、属名の学名がそのまま英語他の言語で花名になっており、日本でも英語読みのまま「バーベナ」と呼んでいます。 バーベナ属は世界に250種余の品種があります。 花の色形、大きさ、草丈など様々に違い、園芸店でも多様なタイプが見られます。 現在人気のある園芸種は南アメリカ原産種の改良種が多いですが、アジアやヨーロッパの熱帯から温帯にかけてのエリアでも大昔から自生していました。 不思議と、どの文化でも神聖な植物として扱われ、宗教儀式や呪術、民間のおまじないなどに使われてきた歴史があります。 各国の花言葉にも、何か人々や社会に有効なイメージが反映された言葉が目立ちます。 ひとつひとつの花は、真ん中に切れ込みのある5枚の花びらで、桜に似ているので、 「美女桜(ビジョザクラ)」 という和名が付けられています。 古代のハーブ Verbenaの語源は、ヘブライ語の「herbabpna(よい植物)」という説があります。 アメリカ大陸でも地中海世界でも、バーベナは古代からハーブとして利用されてきました。 日本に自生していた「クマツヅラ」という品種も、生薬として使われていました。 残念ながら、科学的に効能が立証されてはいませんが、時に咳や喘息、婦人病や下痢、黄疸などの薬として、また他の薬草の効果を高めるために併用されるなど、利用されてきました。 現在は、バーベナ属は、薬草としてではなく、エディプルフラワーとして小さな花がケーキの飾りやサラダに使われています。 日本では、食用のバーベナは、フランス語で「ヴェルヴェーヌ」と呼ばれることも多いようです。 花言葉の由来 神聖な花 ハーブとしての効能は、医学的な意味だけでなく、悪いものを払い、善なるものを導く、神秘の力が宿っていると信じられていました。 あるいは、神聖な花とされていたからこそ、薬草としても効果があると思われていたのかもしれません。 アメリカ大陸の先住民の世界では、シャーマンや魔術師が呪術に使いました。 古代エジプトでは女神イシスに捧げる花でした。 ギリシャ神話では愛と美の女神アフロディーテと関連づけられています。 ケルト人は「魔女の薬草」と呼び、魔法や呪術による医療に使いました。 キリスト教では、イエスが十字架に架けられた時に、ゴルゴダの丘に咲いたと伝えられ、中世の教会では、聖水をかける時にこの花を使いました。 各地で悪霊除け、魔除け、災害除けのために家の中に飾る習慣もありました。 『魔力』 『魅力』 『enchantment(魔力、魅力)』(英) 『sensibility(感性)』(英) 『Sie haben mich verhext(あなたの魔法にかけられた)』(独) 『encanto(魅力)』(西) 『incantesimo(呪文)』(伊) これらの花言葉は、そんな神秘性のイメージから生まれました。 花の輪は人の和の印 『family union(家族連合)』(英) 『Ne doutez pas de moi(私を疑ってはいけない)』(仏) 『団結』 『私のために祈ってください』 『家族の和合』 花輪の円は、人々の結びつきを象徴するものと解釈されていました。 そこから、人の和や結束、信じあう心を表現した花言葉になりました。 『忍耐』 『勤勉』 日本語のこの花言葉は、.

次の

バーベナ

バーベナ 花 言葉

バーベナの育て方スケジュール 種まきは発芽温度に合わせて3月〜4月、9月に行います。 開花期間が春から秋までと長いので、時期がきてすぐに育てれば長い間花を楽しむことができます。 種まき 3月〜4月、9月 植え付け 3月〜5月 開花 4月〜11月 バーベナがよく育つ土の性質 バーベナは水はけの土を好むので、地植えで育てる場合は庭の土に腐葉土をしっかり混ぜて水はけをよくしておきます。 自分で土を配合する場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な組み合わせか、川砂を加えるとさらに水はけがよくなります。 バーベナに必要な肥料 植え付けをするときに元肥として緩効性肥料を加えます。 生育中はあまり肥料はやらないようにします。 花つきや生育の状況を見て、液肥を軽く与えてください。 バーベナを植える時のポイント タネを植える時 タネの発芽温度は20度前後です。 春と秋に適温になったときに、種まきをして乾燥に気をつけながら育ててください。 タネは直播きで育てても、一度ポットで育ててもどちらでも大丈夫です。 苗を植える時 バーベナは横に広がって育つので、ある程度間隔をあけて育てないとすぐに株が重なってしまいます。 地植えの場合は20cmほど間隔をあけて植え付けましょう。 ハンギングや植木鉢に植え付けると、鉢からあふれるようにこんもり育ちます。 バーベナを育てるのに適した場所 バーベナは夏の暑さにも強いので、時期を問わず日当たりの良い場所で育てて大丈夫です。 日当たりの良い場所で育てることで、花つきもよくなり丈夫に育ちます。 バーベナの水やりの頻度 植え付けの時に水やりをしっかりして根付かせてください。 地植えの場合 植え付けの時以外は基本的に水やりは不要ですが、夏は気温も高く土も乾燥しやすいので、雨の降り具合と土の状況を見て、乾燥がひどい場合は水やりをします。 プランター・植木鉢の場合 プランター・植木鉢・ハンギングなどで育てる場合は、土の量が限られているため土が乾燥しやすくなっています。 夏の間は特に乾燥しやすいので、土の表面が乾いているのを確認してから水やりをしてください。 多湿を嫌うので、水のやり過ぎには注意しましょう。 バーベナは花が咲き終わったら切り戻しをする バーベナは花が咲き終わったら、茎の根元から切り戻しをします。 咲き終わった花をそのままにしていると、タネをつけようとして栄養を奪うので早めに切り戻しをすることで次の花を咲きやすくします。 バーベナは寄せ植えやハンギングに最適 バーベナは草丈も低く、横に広がって育つので寄せ植えやハンギングで育てると、ボリュームも出て豪華な見た目になります。 夏の暑さにも強いので育てやすく初心者の方におすすめできる花です。 ぜひ一度バーベナを育ててみてはいかがでしょうか。

次の