スナップ えん どう レシピ 人気。 スナップエンドウのゆで方、ゆで時間は?筋の取り方、レンジでは?しわしわを防ぐには?

風味が引き立つ!豆ごはんのレシピ/作り方:白ごはん.com

スナップ えん どう レシピ 人気

スナップエンドウの保存方法 もともとスナックえんどうと呼ばれていたのが 名前が統一され、「スナップエンドウ」となったのですが、その名前の由来はポキッと折れる音が英語で「snap」ということから命名されています。 そのままでも他の食材と合わせても調理しやすいスナップエンドウ。 ちょっと彩りがほしいときやもう一品付け加えたいなという時にあると重宝します。 そんなスナップエンドウは冷蔵庫で常備できるでしょうか。 あるいは冷凍庫での保存は?それぞれの保存方法を見てみましょう。 スナップエンドウの常温での保存は? スナップエンドウは 鮮度が落ちるのが早い野菜です。 特にスナップエンドウが旬を迎える 4月~6月頃は、少しずつ温度や湿度が上がってくる時期ですよね。 ですので、常温での保存は 避けるのが望ましいです。 乾燥を防ぐために ビニール袋に入れて、野菜室で保存しましょう。 ビニール袋に入れる前に 新聞紙で包んで保存するのもおすすめです。 保存と言っても傷むのが早く持つ日にちは短いいので、 1日~2日で使い切ってしまうのがベストですよ。 茹でたあと冷蔵庫で保存も可能です。 保存期間は1,2日ですが、傷むのも早いので早めに食べてしまいましょう。 そら豆もスナップエンドウと同じように傷むのがとっても早いのをご存知ですか?そら豆の保存は、こちらをご覧ください。 冷凍保存には、下処理をして茹でたあと 保存します。 生で冷凍すると皮の食感が悪く、 味が落ちるのでおすすめしません。 使用する場合は 流水や熱湯などで解凍してから使います。 保存期間は およそ1ヶ月ほど可能です。 冷凍してもスナップエンドウ同士は くっつかないので、彩りに少し欲しい時やお弁当に使いたい時に重宝しますよ。 ちなみに冷凍保存をするのであれば、買ってきてすぐの 新鮮なうちに処理するのがベターです。 スナップエンドウの詳しい下ごしらえや筋の取り方、茹で方やゆで時間などの調理法はこちらもご覧ください。 では、主な栄養素の効果効能を見てみましょう。 また、 免疫力を高めて風邪を予防し、ストレスを緩和する働きもあります。 他にも、体内に摂り込んだ コラーゲンの合成を助け、肌にハリをもたらしたり、メラニンの生成を抑制し シミやそばかすを予防するので美肌効果が期待できます。 また、 脳や神経系の働きを助けたり、 皮膚や粘膜の新陳代謝を促し、健康に維持してくれます。 ビタミンB1が不足すると 脚気という病気になってしまいます。 また、皮膚や髪、爪などの細胞の再生を促す アンチエイジング効果や、 目の疲れを緩和する作用もあります。 脂溶性ビタミンであるビタミンKは 油とともに摂取すると吸収率が上がります。 高血圧や動脈硬化の改善や防止など、 生活習慣病の予防に効果的です。 暗いところでの目の働きを助ける 夜盲症予防効果があります。 ビタミンAの働きとしては、 粘膜の保護や 皮膚の健康維持・新陳代謝の促進などがあります。 また怪我などで出血した際に血を固める 血液凝固作用や神経を鎮め イライラを緩和する効果もあります。 カルシウムは日本人には不足しがちな栄養素のひとつでもあります。 更には 高血圧も予防してくれます。 また、 筋肉の働きを活性化する効果もあります。 腸内環境を改善し、 便通を促すデトックス効果があります。 まさに 美容と健康に欠かせない栄養素が盛り沢山ですね。 ちなみにこれだけの栄養素が詰まっているにもかかわらずカロリーは 100gあたり40kcal程と低カロリーなんですよ。 ダイエット中のおやつにもぴったりですね。 腸内環境を整えて便秘を解消する煮小豆もおすすめです。 煮小豆の作り方はこちらをご覧ください。 その美味しさも栄養も逃さずに食べるためにも、上手に保存して使い切りましょう。 スポンサーリンク•

次の

スナップえんどうのレシピ

スナップ えん どう レシピ 人気

スナップエンドウとは? スナップエンドウはスナックエンドウとも呼ばれる えんどう豆の一種で、絹さやのようにさやごと食べることができる豆です。 元々は アメリカで作られていた品種で日本には1980年代にやってきました。 当時は スナックえんどうと呼ばれていたそうですが、後に スナップエンドウが統一名称となりました。 その名前の由来はポキッと折れる音が英語で「snap」ということからついたそうです。 鮮やかな緑色をしていて、 サクサクの食感が特徴的で、食べてみるとその甘さに驚く方も多いのではないでしょうか?塩ゆでするだけでも十分一品になる優秀食材です。 スナップエンドウの下処理は? スナップエンドウは さやごと食べる豆ですが、調理をする前に絹さややいんげんと同じように口当たりの悪い すじの部分を取る必要があります。 この筋取りは闇雲に引っ張ったりしても意外と固く上手に取ることができません。 ですが、きちんと手順を踏めば面白いほどにするりと取れます。 photo by 暮らしにいいこと 筋が残ると食べたときに歯に引っかかったりして嫌な食感がのこるので、しっかり取っておきましょう。 茹で時間は1分半と少し歯ごたえがあり、2分だと少し柔らかい感じです。 私は1分半で茹でていますが、おいしいですよ。 茹でた後、水にさらすとシャキシャキの歯ざわりになり、色止めにもなります。 一方、 水にさらさずに置くと熱々を食べれて、旨味も凝縮されていますよ。 お好みで使い分けて下さいね。 お塩の代わりに、 砂糖を一つまみや サラダ油・ごま油を少々入れる方法もあります。 仕上がりが違ってきますので一度試してみてくださいね。 こちらでは、筋のとり方から茹で方までを動画でご紹介しています。 わかりやすいので、是非ご確認ください。 【動画: スナップエンドウの茹で方】 電子レンジでゆでる方法は? スナップエンドウはレンジでも加熱ができます。 ただレンジだと 青臭さ、エグミが残るので個人的にはおすすめしません。 レンジで茹でる(?)方法は、下処理して洗ったスナップエンドウをお皿に並べてふんわりとラップをします。 600wで1分半ほどで出来上がりです。 加熱する量によって加熱時間が異なりますので、調整してみてくださいね。 春はえんどう豆がおいしい季節ですよね。 えんどう豆の 保存方法については、こちらをご覧ください。 それは、 次のようなことが原因となっています。 この時期には他の豆類も旬を迎えるものが多いので店頭で選ぶのが楽しくなりますよね。 豆類の美味しさは鮮度に大きく左右されます。 スナップエンドウも例に漏れず 鮮度が美味しさのポイントになってきますよ。 スナップエンドウの保存法、ご存知ですか?冷凍もできるスナップエンドウの保存方法や栄養と効果効能はこちらをご覧ください。 天ぷらやスープに入れてもおいしいスナップエンドウ、食べ方や調理法は意外とたくさんあります。 今回はスナップエンドウを使った簡単でおいしい2つのレシピをご紹介します。 スナップエンドウとゆで卵のサラダ 卵の黄色とスナップえんどうのグリーンが見た目にも鮮やかで美しく、お弁当の一品としても活躍します。 ゆで時間は 1分弱程です。 お好みで粒マスタードを加えてもおいしいですよ。 噛むとスナップエンドウの旨味がじゅわっと口いっぱいに広がります。 ぜひ、試してみてください。 えんどう豆の保存はさやごとがおすすめです。 えんどう豆の保存はこちらをご覧ください。 ビールのお供に茹でた熱々のスナップエンドウが登場すると春を感じますね。 たくさん準備するときには、家族でテーブルを囲んで一緒に筋取りの下ごしらえしても楽しいかもしれません。 栄養価も高く体にもいいのでぜひ旬の季節には楽しんでください。 スポンサーリンク•

次の

スナップえんどうのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

スナップ えん どう レシピ 人気

豆ごはんの下ごしらえ はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。 研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、 2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます。 ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。 えんどう豆はさやから出すと皮が少し硬くなってくるので、 できればさや付きのものを購入しましょう。 2合に対して、さや付きで150g(実だけで75g)が目安の分量で、さや付き200g(実だけで100g)なら具だくさんな仕上がりになります。 実は炊く前にさっと洗って水気を切っておきます。 塩を溶かし終えてから、最後にえんどう豆を上に広げて炊飯します。 ごはんが炊き上がれば、全体を底からさっくり混ぜ合わせて完成です。 ゆでた豆を後から加えるレシピも多いですが、多少色が悪くなっても、 ごはんと豆の風味がしっかり混ざり合うこの炊き方のほうが豆ごはんらしい、美味しい味わいが楽しめると思います。 白ごはん. comの炊き込みご飯全般について言えるのですが、 ご飯だけを食べて美味しいよう、しっかりめの塩気にしています。 塩気を強く感じる、減塩したい場合などは、適宜塩を減らして作ってみてください。 料理屋さんによっては、豆の香りを移すために、豆を取り出した後の「さや」も一緒に炊き込む方法もあるようですが、自家菜園の無農薬のものならまだしも、そこまでやる必要もないように思います。

次の