ハーシー と チェイス の 実験。 生命情報科学の源流

生命情報科学の源流

ハーシー と チェイス の 実験

アルフレッド・ハーシー 1953 生誕 Alfred Day Hershey 1908-12-04 死没 1997-05-22 (88歳) 国籍 研究分野 出身校 主な受賞歴 1958 1969 受賞者 受賞年: 受賞部門: 受賞理由:ウイルスの複製機構と遺伝的構造に関する発見 アルフレッド・デイ・ハーシー(Alfred Day Hershey、 - )はの者で者。 1969年のを受賞した 生涯 [ ] のオーウォソーで生まれ、で1930年に化学の学士号を、1934年に博士号を取得した。 博士号取得後、短期間で微生物学の研究を行った。 彼は1940年に系アメリカ人のと、人のとともにの実験を行い、2つの異なった株のバクテリオファージが1つのに感染すると、2つのはを交換することを発見した。 彼は1950年にのに移り、の遺伝学分野の研究に加わった。 そこで1952年に、彼はとともに非常に有名なを行った。 この実験によって、遺伝情報を保持する本体がではなくであるとする、新たな証拠が加わった。 彼は1962年にワシントン・カーネギー協会の責任者となり、1969年にはウイルスの複製と遺伝機構の解明により、ルリア、デルブリュックとともにを受賞した。 ハーシーには、妻ハリエットとの間に、一人息子のピーターがいる。 ハーシーの死後、ファージ研究者のフランク・ストールは次のように語っている。 「我々がしばしば呼ぶファージ教会には、デルブリュック、ルリア、ハーシーの3人が三位一体で祀られている。 権威的なデルブリュックは、勤勉なルリアは、そしてハーシーはである。 」 参考文献 [ ]• by for the•

次の

アルフレッド・ハーシー

ハーシー と チェイス の 実験

この記事の内容• ウイルスは生き物ではない ウイルスの大きさは 約0. fa-arrow-circle-right関連記事 つまり ウイルスは1個の細胞よりもずっと小さいのです。 ウイルスはそもそも 生き物ではありません。 なぜかというと、ウイルスは細胞でできておらず、また酵素をもたず自分では代謝を行なわないことなどが理由として挙げられます。 代謝というのは、ごく大雑把にいうとエネルギーをつくることです。 ウイルスは自分ではエネルギーを作れないのです。 ウイルスはエネルギーを作れないだけでなく、子孫も自分ではつくれません。 wikipedia. ウイルスが利用する生物のことを 宿主 しゅくしゅ というので、T2ファージの場合は大腸菌が宿主です。 まずT2ファージは大腸菌に付着します。 次に六角形の部分に入っている設計図(DNA)を大腸菌の中に注入します。 するとこのDNAが働き、大腸菌のシステムを使ってT2ファージの子供を作るのです。 つまり、大腸菌のエネルギーを借りて、大腸菌のもっている物質を使って、T2ファージの子供を大量に作らせるのです。 そして最後は大腸菌を破壊して、できたたくさんのT2ファージが飛び出し、それがまた次の大腸菌に付着して、というようにして増えていきます。 このように、 ウイルスは最低限必要なDNAとそれを守る殻(タンパク質)以外を全部捨てた究極の自己複製体です。 バクテリオファージとは T2ファージというウイルスを紹介しましたが、この「ファージ」とは何でしょうか? ファージは英語ではphageと書き、 「食べる」という意味です。 ウイルス以外でも、例えば2016年にノーベル生理学医学賞をとった大隅良典先生のオートファジー autophagyは「自分を食べる」という意味であり、ここにもファージと似たような言葉が使われています。 バクテリア、つまり細菌を食べるから「バクテリオファージ」と名前がつけられました。 少し長いので「ファージ」と省略することが多いです。 T2バファージ以外にもたくさんのウイルスがいます。 それではなぜ高校生物の教科書でT2ファージが取り上げられるのでしょうか? それは ハーシーとチェイスの実験というとても有名な研究で使われたからです。 ハーシーとチェイスの実験の概略 親から子に遺伝するのはDNAです。 fa-arrow-circle-right関連記事 しかし一昔前はタンパク質が遺伝すると考えられていました。 その論争に終止符をうち、DNAが遺伝物質であることを証明したのがハーシーとチェイスという2人の研究者です。 DNAとタンパク質の原子組成を比べると、1箇所だけ違いがあります。 DNA …C、H、O、N、 P タンパク質…C、H、O、N、 S つまり、DNAはP リン があり、タンパクにはS 硫黄 が含まれているのです。 これらを別々に標識 簡単にいえば別々の色を塗るみたいなイメージです し、子孫のT2ファージが標識Pか標識Sのどちらを持っているかを調べることで、DNAとタンパクのどちらが遺伝物質なのかを調べ、DNAが遺伝するということを証明しました。 がんをはじめとする病気やよくある症状などの 医学知識、再生医療などの 生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、 かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。 では、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。 2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。 メールアドレスの登録は 無料で、もちろんいつでも解除することができます。 サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。 生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?.

次の

大腸菌へのT2ファージの感染 ハーシーとチェイスの実験

ハーシー と チェイス の 実験

ハーシー・チェイスの実験(アニメーション) ハーシー・チェイスの実験(アニメーション) 1 バクテリオファージの増殖 バクテリオファージの一種である T 2ファージは、大腸菌を宿主とするウイルスである。 このウイルスは、タンパク質の外殻をもち、頭部にはDNAを保持している。 このウイルスが大腸菌に感染すると、DNAのみを菌体内に注入する。 ウイルスのDNAは、大腸菌のDNAを破壊し、菌体内で翻訳され、大腸菌内に子ファージが増殖する。 大腸菌の細胞壁はファージの増殖によって破れ、子ファージが大腸菌から出て行く。 次のアニメーションは、このファージの増殖の様子を模式的に示したものである。 2 ハーシー・チェイスの実験 1952年、アメリカのA. ハーシーとM. チェイスは、 T 2ファージを使ってDNAが遺伝子の本体であることを明らかにした。 ファージを構成している物質はDNAとタンパク質のみであり、DNAにはP(リン)が、タンパク質にはS(硫黄)が特異的に含まれている。 彼らはPとSの放射性同位体である 32Pと 35Sを使い、ファージのDNAとタンパク質それぞれに標識を付け、大腸菌に感染させた。 感染後、ミキサーで撹拌して遠心分離を行い、沈殿した大腸菌内からの放射能の有無を調べた。 その結果、 32Pで標識したときには沈殿からの放射能が検出され、 35Sでの標識では検出されないことにより、遺伝子として注入されていた物質がDNAであると結論した。 次のアニメーションは、この実験の概念を模式的に示したものである。 (1) 32P で標識する(ラベリング) 32Pをファージに取り込ませることにより、ファージの DNA部分に放射能の標識(ラベル)を付けることができる。 このファージを大腸菌に感染させた後、激しく撹拌 (かくはん)して外殻部分をはずして大腸菌を調べると、菌体内から放射能が検出される。 このことは、ファージが遺伝子として DNAを注入していたことを示す。 (2) 35S で標識する(ラベリング) 35Sをファージに取り込ませることにより、ファージの タンパク質部分に放射能の標識(ラベル)を付けることができる。 このファージを大腸菌に感染させた後、激しく撹拌 (かくはん)して外殻部分をはずして大腸菌を調べると、菌体内から放射能は検出されない。 このことは、ファージが遺伝子として タンパク質を注入していないことを示す。

次の