マック シャカシャカ ポテト。 マックシャカシャカポテト2018第2弾は新作「ワイルドバーベキュー」ロコモコと夏を最高に美味しくしちゃいます!

マックシャカシャカポテトてりやき味はいつからいつまで?感想や口コミを紹介!

マック シャカシャカ ポテト

マクドナルドで2019年9月4日から発売された 「シャカシャカポテト 松茸香るだし(Lサイズ・360円)」。 今さら説明するまでもないが、これは松茸風味の粉末調味料をポテトにかけて袋ごとシャカシャカ振って作るもの。 ほんのり漂う松茸とカツオの香り、そしてパンチのあるしょっぱさがポテトの美味しさをさらに高める一品だ。 そんな中、ふと思いついてしまった。 ポテトがさらに美味しくなるのだから、 他の物をシャカシャカしても美味しくなるのではと。 マックには「シャカチキ」もあるため、揚げ物との親和性が高いのはもう分かっている。 ポテトをシャカシャカしたいのは山々だが、グッと我慢して今はそのままいただく。 揚げたてポテト美味しい〜! ポテトをシャカシャカしなかった「松茸香るだし」たちには、今からある物たちをシャカシャカしてもらう。 それはポテトではなく、 ご飯、お刺身、卵焼き、そしてカップケーキの4種類だ! 果たして、これらの物たちもポテト同様、シャカシャカしたらさらに美味しくなるのか。 まずは 我らが主食・ご飯からシャカシャカしてみる。 しかも、結構まだらになってしまった。 でも、肝心のお味は…… 美味しい! ポテトにあれだけ合うのだからご飯にも絶対合うとは思っていたが、 予想以上に品のある美味しさに仕上がった。 口に運ぶとだしの香りが鼻から抜け、塩加減も程よい。 しかし、振りづらい・まだらになることを考えると、シャカシャカするのはオススメできない。 ふりかけ代わりにするのがベストかもしれない。 続いて、 2戦目はお刺身。 良い感じにお刺身と粉が馴染んでいる! ワクワクしながら、いざ実食。 美味しい〜! ガチでお醤油なしでも美味しくいただける。 「松茸香るだし」の味だけでお刺身何枚でもいけるぞ! お刺身の味は残しつつ、ガツンした風味もある。 これは大当たりだ。 先ほど一生懸命ご飯をシャカシャカして作った「松茸香るだしご飯」との相性も抜群。 だしご飯を食べきってしまい、 白米をおかわりしたほどイケる。 お刺身がより美味しくなったことで勢いづいたまま、 3戦目は卵焼きだ。 シャカシャカするうちに、 せっかく綺麗に焼けていた卵焼きがやや型崩れしてしまった……。 とはいえ、気になるのは味だ。 食べてみると…… おお〜! だしで風味が複雑化して、 凄く手が込んだ味付けをした卵焼きのようになっている。 シャカシャカして型崩れしてしまったのと、表面についた海苔がとても家庭的な卵焼き感を演出しているが、 お味はかなり上級の卵焼きになった。 「松茸香るだし」の粉凄い! ここまで「松茸香るだし」は全戦全勝。 シャカシャカしたものを皆美味しくしてきた。 しかし、万能と呼ぶのはまだ早い。 見た目は 海苔のせいでとてもスイーツには見えない。 そのお味はいったい……いざ、実食。 おお〜、なるほど。 だしの風味が香ってくるカップケーキ、悪くない。 悪くないんだが…… しょっぱすぎる……。 みたらしだんご的な甘じょっぱいスイーツが爆誕するのでは……と期待したが、それにしてはややしょっぱさが強すぎる気がする。 完全なるミスマッチではないが、 何とも言えない「惜しい」味になってしまった。 ・未知なる可能性を秘めた「松茸香るだし」 今回はパッと思いついた4種類の食べ物をシャカシャカしてみたが、4種のうち3種は思っていた以上に違和感なく、まるで 元々だしを効かせて調理されたかのような仕上がりになって大満足な結果となった。 表面に粉がつきやすそうな物であれば何でも試せるので、気になった方はぜひお試しあれ。 身近な食べ物がさらに美味しくなってしまうかも。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

マックのフライドポテト、原料公開で波紋…揚げたイモ、早死リスク増の警鐘広がる

マック シャカシャカ ポテト

【ホットな夏だからこそ!ワイルドバーベキュー登場!】 今年のロコモコのコンセプトは 「アツいぜ!ロコモコ」ということで、ロコモコの新作はスパイシーな攻めを見せてくれていますね。 ポテトSサイズ:243kcal• ポテトMサイズ:434kcal• ポテトLサイズ:544kcal これだけだとちょっとわかりづらいので、2016年から2018年に登場した7作と、いつものレギュラーとで比較してみましょう! サイズはMサイズで比較してみたいと思います。 2016年3月「うめ」:461kcal• 2016年8月「明太マヨ」:461kcal• 2016年11月「バターしょう油」:472kcal• 2016年12月「トマトクリーム」:436kcal• 2017年3月「さくらえびしお」:432kcal• 2017年7月「旨辛ホットチリ」:432kcal• 2018年1月「ダブルチーズバーガー味」:432kcal• 2018年7月「ワイルドバーベキュー」:434kcal• いつものマックポテト:424kcal いかがでしょうか? シャカシャカポテトはパウダーをプラスするだけなので、どのパウダーでもドカンとカロリーがアップすることはないようです。 Sponsored Link 【シャカシャカポテト「ワイルドバーベキュー」のお値段は?】 単品でも注文可能ですが、ランチや夜マックなど、セットを頼むのであれば、バリューセットにプラスするのがおトクかなと思います! 【単品】• Sサイズ:180円• Mサイズ:300円• Lサイズ:350円 【バリューセット】• ただシャカシャカポテトはマックフライポテトが基となっているため、朝マックで食べることはできず、 レギュラーメニューオンリーとなりますのでご注意ください。 期間については、マックフィズと同じように 9月上旬まで楽しめますので、期間としては2ヶ月程度あります。 そこまで急がなくても良さそうですね! 【2018夏はロコモコとブルーハワイマックフィズ、そしてシャカシャカポテト「ワイルドバーべキュー」で決まり!】 梅雨も明け、朝からセミの大合唱が聞こえてくる7月、いよいよ夏本番となってきましたね。 夏はどうしても食欲がなくなってしまいますが、しっかり食べないと夏バテの原因になってしまいます。 今年のロコモコファミリーは、「アツいぜ!ロコモコ」をコンセプトに展開されているので、食欲倍増間違いナシとなっています。 既に気温が高く厳しい夏になりそうですが、ロコモコ2018で乗り切っていきましょう! Sponsored Link カテゴリー•

次の

「シャカシャカポテト てりやきマックバーガー味」発売、YOSHIKI「ポテトに革命起こせる?」/日本マクドナルド|食品産業新聞社ニュースWEB

マック シャカシャカ ポテト

マクドナルドの新しいシャカシャカシリーズ、「シャカチキ」が2014年1月20日から発売開始になったので、早速食べてみました。 マクドナルドのシャカシャカシリーズと言えば、マックフライポテトの「シャカシャカポテト」、チキンマックナゲットの「シャカシャカナゲット」、チキンの「シャカシャカチキン」といろいろあります。 「シャカチキ」は期間限定ではなく、レギュラー販売のようです。 もっとも、チキンを使う「シャカシャカ」シリーズは同時期に1つしか出さないようで、「シャカチキ」のには、「シャカシャカナゲット」の販売終了のお知らせが小さく書いてあります。 「シャカチキ」もいつかナゲットに取って代わられる日が来るのでしょう。 一緒に販売しても問題ないような気はしますが、同じような商品があるとミスが増えるからでしょうか。 なお、キャンペーンページに携帯電話かスマートフォンでアクセスすると、150円の「シャカチキ」を120円で2つまで購入できるクーポンをゲットできます。 片仮名ばっかりで、読みにくくなってしまいました。 「シャカチキ」のには詳しく書いていませんが、によると、 マクドナルドのサクサクした衣の食感が特徴のチキンは、2013年11月15日(金)発売の「チキンフィレオ」以来、女性を中心にお客様からご好評をいただいております。 そしてこのたび、サイドメニューでもサクサクした衣が特徴のチキンをお楽しみいただけるよう、NEW! サクサク「シャカチキ」を新発売いたします。 という記述があります。 使っている材料は、と同じなのでしょう。 シーズニングは「チェダーチーズ」と、「レッドペッパー」の2種類から選べるそうです。 「シャカチキ」は、マクドナルドのシャカシャカシリーズでおなじみの袋に入っており、裏面には食べ方が書いてあります。 シーズニングは、「チェダーチーズ」と「レッドペッパー」の2種類。 裏面には原材料が書いてありますが、読むとかけたくなくなる可能性が高いです。 私が気になったのは、砂糖を含む糖類がかなり入っていることです。 きっと、砂糖で「おいしい」を演出するのでしょう・・・。 中身が気になるので、袋から取り出してみました。 チキンフィレオより、ボリューム感がないかも。 サイドメニュー用にボリュームを調整しているのかもしれません。 2つ買ってきたので、1つはシャカシャカするのをあきらめて半分に切ってみました。 意外とジューシーですね 脂っこいとも言いますが。 「チェダーチーズ」をかけてみたところ。 シャカシャカできないので、どっさりかかっている印象です。 「レッドペッパー」は、きっちりシャカシャカしておきました。 きれいにまぶした感じになりました。 味の方はと言うと・・・ チキンのみ サクサクしたチキンを、おいしく食べられます。 ただし、シーズニングをかけることを前提としているため、薄味です。 マヨネーズつけて食べたらおいしいかも。 一番ジューシー感を味わえる食べ方でした。 チェダーチーズ チェダーチーズをかけると、いきなりマクドナルド味になります。 想像通りですが、チェダーチーズを粉チーズにして、少し砂糖かけた感じです。 個人的には、あまり好きになれません。 レッドペッパー レッドペッパーは、意外と辛いです。 辛いのが苦手な場合は、シーズニングの量を調節した方がいいかも。 食べてると、糖類がたくさん入ってるのが分かります。 最後に、「シャカチキ」のニュースリリースの商品の紹介を引用しておきます。 「シャカチキ」は、サクサクな食感の衣とさっぱりとしたムネ肉にパンチのあるシーズニングを合わせてお楽しみいただく新商品です。 表面に凹凸をつけることで、クリスピーでサクサクな食感にこだわりました。 シーズニングパウダーは、濃厚な「チェダーチーズ」と、辛さがくせになる「レッドペッパー」の2種類からお選びいただけます。 価格は150円、エネルギーはチキンのみで227kcal、チェダーチーズが235kcal、レッドペッパーが233kcalです。 シーズニングをかけるだけで、結構カロリーが上がりますね!.

次の