ほくろ 除去 再発。 ほくろ除去の値段が気になる方必見!様々な除去法と費用を紹介

埼玉でほくろを除去するなら!人気のおすすめクリニック10選

ほくろ 除去 再発

我が子の顔の痣の治療で聞いた話で、また数年前の話なので ウル覚えですから、医学的には「ちょっと違う」かと思いますが。 情報の一つとして・・・・ 皮膚は、何層にもなっています。 そのどこの細胞がどうなっているかで 「ほくろ」と言ったり我が子のように「あざ」と言われたりもします。 我が子の場合、その何層にもなっている層の中間地点の細胞が紫外線に 敏感に反応してしまうことできる「痣」になります。 「では、レーザーで治療ですか?」 と親としては思いますし、現にDrに聞きましたが。 現在の医学のレーザーは 実は、その何層もの一番奥まで届くは届くが、届くだけなんですって。 素人からすると「奥まで届くならば弱めるなりして途中の層の細胞を刺激して」 と思いますが、その点が無理なんですって。 美容整形外科でしてるレーザーは、あくまでその一番奥の細胞の破壊治療には有効 だけれど、その途中の細胞の治療は、無理なんですって。 判ります??? 豆腐を串で差すことをイメージしてください。 現在のレーザーは豆腐を貫くことはできても、豆腐の中間地点で串を止めることが できない ということです。 よって、我が子の皮膚細胞で異常をきたしている細胞を直接刺激(治療)することは 今の医学ではできず。 するならば、その奥までレーザーを届かせることで 通過する刺激???で様子をみるしかない と言われました。 ですが、 「もし上手く行き、綺麗になっても「永久」ではないです。 確実に細胞を刺激 してないので、おそらく数年でまたあざは出てくる」 と言われました。 我が子の場合、「うまく行く」補償もないので、説得し諦めて もらいましたが。 ですから、おそらくレーザーでの治療をされて再発ですか??するとそのレーザーの 良し悪しもあるだろうし、しっかりした検査をして的確な治療だったかどうかによっては 「再発」 はあると思いますけれどね。 Drの話だと、黒い場合は、何層にもなっている皮膚細胞の奥の細胞がやられていることが 多いから、レーザー治療をすることが多いですが、実際は「やってみないと判らない」 というところもあります。 とはおっしゃっていらっしゃいました。 実際、「大きなほくろ」だと思い皮膚科へ。 悪性ではないから、レーザーで消そう!となり 消したが、2年後再発。 結果、微妙なレーザー調整、その前に検査。 もしかすると レーザーでは治せないのかも・・・と言われ、その方は「もうこのほくろと付き合うおう」 と消すことを断念された方もいます。 黒くて小さいからほくろ とも言いかねないみたいですね。 ちょっと判りづらい回答でなんですが。 (申し訳ございません) 「再発」 は、ケースバイケースだと思いますが、「ある」と言う事です。 Q ホクロを取った場所に、またホクロが出来てきました 私のダンナのことなのですが、首の付け根辺りに 直径5ミリくらいのホクロがあり、ちょうどワイシャツの襟が 当たる部分なため、徐々に成長してきてました。 特に痛みとか何も支障はなかったものの、最初は5ミリくらいだったのが だんだん成長してきてるのが気になり、病院で取ってもらいました。 ダンナの話では、直接切り取ったのではなく、いったん冷やして 凍らせたような状態?にしてから、削り取ったような感じだと言ってました。 ちなみに私も5ミリくらいのぷくっとしたホクロを取ったことあるのですが その時は麻酔をしてメスで皮膚を開き除去してから、縫合しました。 で、ダンナがホクロを取ったのが3~4年くらい前なのですが 最近全く同じ場所(ホクロを除去した跡)にまたホクロができ、 徐々に成長してきています。 ホクロって取り除いてもまた同じ場所にできるものなんでしょうか。 少しずつ大きくなってくるのがやっぱり気になるのですが、 放っておいても問題はないものなんでしょうか・・・? また、除去の仕方も、メスで切り取るのと、 冷やして削る?ような方法では違いはあるのでしょうか? 削るような方法だと、皮膚の中のホクロの素?となる何かが 取りきれてないとか(全然分からないので適当な想像ですが^^;)? ホクロを取った場所に、またホクロが出来てきました 私のダンナのことなのですが、首の付け根辺りに 直径5ミリくらいのホクロがあり、ちょうどワイシャツの襟が 当たる部分なため、徐々に成長してきてました。 特に痛みとか何も支障はなかったものの、最初は5ミリくらいだったのが だんだん成長してきてるのが気になり、病院で取ってもらいました。 ダンナの話では、直接切り取ったのではなく、いったん冷やして 凍らせたような状態?にしてから、削り取ったような感じだと言ってました。 ちなみに私も5ミリ... Q 4日前に病院の形成外科にて顔にあるホクロをレーザーで除去しました。 しかし術後の跡が深く彫れていて、綺麗に跡が無くなるか不安です。 出来るだけ綺麗に治す為にどの様に手当てしていけば良いか、詳しいアドバイスをいただければと思い、相談させていただきます。 医者からは、ゲンタシン軟膏(化膿止め)を塗り、小さく切ったガーゼで押さえ、 その上から3M社製のマイクロポアというテープを貼っておくように言われただけなので、 その他の情報は一切知りません。 何日か手当てしていて疑問に思ったのは、 1 傷跡は穴が掘れている様な状態なのでゲンタシン軟膏(化膿止め)は、 傷跡を埋めるようにタップリ塗った方が良いのか、 それとも表面に薄く延ばす程度でよいのか。 2 ウォーキングなど汗をかく運動をしても良いのか。 状況は次の通りです。 ・ホクロは直径3ミリ程度で黒くわずかに盛り上がっていた。 ・ホクロの場所は鼻の下、唇の上。 ・ALEX LAZR(Qスイッチ型アレキサンドライトレザー)というレーザーで除去。 ・傷跡が深く(深さ2ミリほど)、今だに全くかさぶたが出来ていない。 女性で顔のホクロがあり、それが長い間のコンプレックスとなっていて、 やっとの思いで決心して除去したら、今度はその傷跡がコンプレックスになったと言う様にはしたくありません。 私が上記した疑問以外にも、あらゆる知識や情報を広く得たいのです。 深く彫れた傷跡が綺麗に跡が無くなる方法をアドバイスしてください。 4日前に病院の形成外科にて顔にあるホクロをレーザーで除去しました。 しかし術後の跡が深く彫れていて、綺麗に跡が無くなるか不安です。 出来るだけ綺麗に治す為にどの様に手当てしていけば良いか、詳しいアドバイスをいただければと思い、相談させていただきます。 医者からは、ゲンタシン軟膏(化膿止め)を塗り、小さく切ったガーゼで押さえ、 その上から3M社製のマイクロポアというテープを貼っておくように言われただけなので、 その他の情報は一切知りません。 何日か手当てしていて疑問に思... A ベストアンサー ほくろ、シミを、レーザーで治療経験あります。 (切除も経験ありです。 ) ほくろの場合、シミと違って、厚みがあるので、レーザーで焼いた場合は何度も同じ場所を繰り返し焼いているはずなので(少しでも残っていると、また出てくるので)、穴が開いてて当たり前です。 表皮が欠損していますから、普通の擦り傷みたいには、すぐにかさぶたは出来ません。 うす~いかさぶたが出来るまで、何日かかかります。 しばらくは、薄いかさぶたの状態が続くので、見た目は、赤ムケ状態ですが・・・・。 自分の経験では、天ぷら油が顔に飛んで、火傷して、皮がむけてしまった時の感じと、ソックリです。 このときも、しばらく赤ムケ状態でした。 キズの赤み自体は、白くなるまで個人差があり、2,3ヶ月でマシになる人もいますし、いわゆる、瘢痕が出来やすい人(私がそうですが)は、もっと、かかります。 一般的に、口元は顔面の中では、少し、時間がかかっているようです。 傷口の感染さえ起こさなければ、指示通り、普通に軟膏を塗っていれば、大丈夫ですよ。 ) それさえ守ってれば、日にちが経てば、そのうち、穴もだんだん、埋まってきますよ。 根気良く、待ちましょう。 日にちが経てば経つほど、きれいになります。 良く見たら、「皮膚の色がついてないなぁ」って程度です。 あくまでも、自分の経験ってことで、参考までに。 ほくろ、シミを、レーザーで治療経験あります。 (切除も経験ありです。 ) ほくろの場合、シミと違って、厚みがあるので、レーザーで焼いた場合は何度も同じ場所を繰り返し焼いているはずなので(少しでも残っていると、また出てくるので)、穴が開いてて当たり前です。 表皮が欠損していますから、普通の擦り傷みたいには、すぐにかさぶたは出来ません。 うす~いかさぶたが出来るまで、何日かかかります。 しばらくは、薄いかさぶたの状態が続くので、見た目は、赤ムケ状態ですが・・・・。 自分の... Q ほくろ除去後のテープ ほくろを炭酸ガスレーザーで先週の土曜日に取ってきました。 今日で2日目です。 除去後のケアとして除去した部分に張るように言われたテープがあるのですが、 (傷口を湿らした状態に常にしておいて綺麗になおす為だそうです)その肌色のテープの名前って何なのでしょう。 調べたのですが、キズパワーパッドに似ています。 きっと同じようなものなのだと思います。 白いふくらみが出てくるあたりも同じなのです。 1週間はっておくように言われ、もらったテープはその日はりつけてもらったのを除いて3枚です。 今、すでに白い部分が端にまで出てきたのではがしてしまったりでのこり1枚くらいです。 まだ2日目です。 ペース的には1日1枚です。 看護師さんに言われたのは、「はがれそうになるまではってください」ということですが、はがれそうになったので交換しました。 また、これを張り替えるときって傷口を洗ったりするべきなんでしょうか。 ごちゃごちゃしてすみません。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私も2年前に美容外科でレーザーで2箇所取りましたが、テープはもらえなかったです。 開発されたのかもしれませんね。 医療関係で勤務していますが、多分医療機関にしか購入できない特殊なものだと思います。 医師、看護士又は薬剤師でも聞いたら教えてくれるはずです。 私の院でも医師が使用しているのも見たことないですが。 私が受けた美容外科では、ゲンタシン軟膏を常に塗り乾燥させないようにとのことでした。 小さめの絆創膏をドラッグストアで購入し、ゲンタシンを塗りずっと貼ってました。 キズパワーパッドも使用して良いと言われたので切って貼ってましたが、パッドは貼り替えをしないほうがいいし、粘着がすごいので、その付近が荒れてしまい、洗顔時も気持ち悪いので絆創膏にしてました。 用は乾燥や日に当たらない事が重要だと言われました。 マメに洗ってはいけないと言われました。 刺激がないように優しくと。 1ヶ月苦痛でマスクで過ごしましたが…2年現在ほくろ復活です。 レーザーを受けるに当たり1年以内に再出没したら再度とる保証がありましたが、有名な皮膚科の先生に伺ったら、レーザーで完璧な除去は難しいと言われ、皮膚科ではくり抜きで除去するらしく、保険も適用それは1度で確実だと言われました。 質問者様は、きれいに除去できていれば良いですが、再出没時は、少し調べたほうが良いかと思います。 私も2年前に美容外科でレーザーで2箇所取りましたが、テープはもらえなかったです。 開発されたのかもしれませんね。 医療関係で勤務していますが、多分医療機関にしか購入できない特殊なものだと思います。 医師、看護士又は薬剤師でも聞いたら教えてくれるはずです。 私の院でも医師が使用しているのも見たことないですが。 私が受けた美容外科では、ゲンタシン軟膏を常に塗り乾燥させないようにとのことでした。 小さめの絆創膏をドラッグストアで購入し、ゲンタシンを塗りずっと貼ってました。 キズパワーパッ... Q ネットで、実際に除去手術を体験した人たちの話を見ていても、そこには殆どの人が「1~3ヵ月で跡はきれいに消えた」と言っています。 ですがこの間近所の形成外科を訪ね、実際に先生に相談をしたところ、「傷は一生残ります」と断言されました。 とてもショックでした… そりや確かにネットの情報ですけど、じゃあ「傷が消えた」と言っている人は何なんでしょう? 相当腕のいい先生に切ってもらったとゆう事でしょうか? レーザーでの除去になると割とお金がかかるので、できればレーザーは嫌です。 実際にほくろ除去を体験された方、 やっぱり、傷はずーっと残っていますか? 覚悟を決めてレーザー除去にするか、長くても1年程で傷が目立たなくなるのなら切開にしようと思っています。 ご意見お聞かせください。 A ベストアンサー 医療関係者ではありません。 10年近く前に、顔の、盛り上がりがあるほくろ2つを除去した経験があります。 その際、医者から言われたこと、説明されたことを今でも覚えております。 また10年近くたっても、大まかなほくろの除去方法は変わっていないようですし、 説明は一部、質問者さんの状況にもあてはまっているのではと思い、回答させていただきます。 私が説明されたことは、ほくろはほくろの大きさや深さで適切な除去方法が違うということ、 レーザーはほくろが思ったよりも深かった場合再発する可能性が高いが、メスによる除去だとほぼ再発はないこと、 レーザーよりもメスを使ったほうが傷跡が残るケースは多いが、結局のところ、ほくろの状態や場所、その人の体質によって傷跡が残る残らないがわかれること、 完全に傷跡が残るかどうか、どのぐらいの期間残るか誰にも予測はできないこと、10人中9人は傷は消えたと思う程度でも残ったと感じる方もいるということ、 これらのため医者は「傷は残る可能性が大きいです」と説明せざるを得ないこと、 などを言われました。 質問者さんが読んだ「傷跡が消えた」方々は、もともとほくろが傷が残らずに除去できたタイプで、 質問者さんのほくろは、今回のお医者様の見立てでは、傷跡が残る可能性が高いタイプなのではないでしょうか? 私が除去したのは鼻と頬の二か所です。 レーザー以外のメスを使う方法はおおまかに2種類。 くりぬき法と切除縫合法です。 (くりぬき法以外は名前はさまざまですが、やることは同じで、メスで取り除いたあと糸で縫います。 ) 私は鼻はくりぬき法、頬は切除縫合法でした。 くりぬき法は、メスか、細い筒型の刃物で文字通りくりぬく方法です。 これは器具の大きさで制限が決まり、おおむねほくろが5㎜程度以上大きいと適用されません。 それ以下の大きさで盛り上がっている=根が深いほくろの除去に適しているそうです。 くりぬいても皮膚は盛り上がってくる、浅いほくろだと特に元通りになりやすい、が、盛り上がりすぎて跡になることもある、深いほくろで跡が残る場合、盛り上がりが足りなくてくぼみが残る、と言われました。 私の場合、鼻のほうははっきり「浅くなりますが、へこみのような形がずっと残るのではないかと思います。 」と言われました。 質問者さまを診られたお医者さまと表現は少し違いますが、言っていることは同じですよね。 その通り、今でもほんのわずか、少し傷っぽいものとくぼみが残っています。 光を当てて顔を斜めにかしげてみるとそこだけちょっと影の輪郭がくぼむような感じでわかります。 しかし、これだけは断言させてください。 顔の真ん中に、ほんのぽっち程度とはいえほくろがあるのとないのとではまるで違います。 この程度なら「傷は残っていない」と思う性格だということもあり、私は取り除いてよかったと思っています。 頬のほうは、切開縫合法でした。 これについても、先生の説明では、頬のほうは縫ったほうがきれいに仕上がると思う、ただし縫う方向が大事で、顔の筋肉の動く方向にそって縫うことが大事だ、ということでした。 正直、術後には鼻よりもこちらのほうが傷跡が大きく感じましたが(縫い目が傷の周りを囲んでいるため)、治りはずっと早く、2~3か月で見た目はわからなくなりました。 私は、後述しますが、積極的に除去手術を受けたかったのではなかったため抜糸を勝手に遅らせたり手当をしなかったりでお医者さまにも呆れられまして、そういうわけで2か月ほどは「あ~これはけっこう傷、残ったな」と、当時は思いましたが。 見た目ではわからなくなってもその後1年ほど、さわるとしこりのようなものがあり、「お肉を縫い合わせたんだな」という感じでしたが、今では触ってもどこだったのかさっぱりです。 光をどう当てようが、頬のお肉をつまんでひねろうが、傷跡は見当たりません。 それで、なぜ鼻がくりぬきで頬が切除縫合だったかというと、これも説明がありました。 単純に、鼻は肉の部分が薄い・出っ張った部分のため、縫合で寄せるほどの余地がないのだそうです。 寄せると不自然になってしまうため、皮膚が盛り上がる方法が向いていると思う、ただし、薄い肉をくりぬく分、盛り上がりが期待できず、浅いくぼみが残るのではないか…というふうに言われました。 私がご質問を拝見して思ったことは、質問者さんがどの場所にあるどの程度の大きさの、どの程度の深さのほくろを除去したいのか、回答者は見られないということです。 実際にほくろを見たお医者様が「傷は残ると思う」と断言した以上、大きさや深さ、ほくろの位置などがそのようなほくろなのではないか…と思いました。 ちなみに私が通った医者は、皇族が御用達にするような都内の最先端医療を行う大学病院で、はきはきとしゃべる口から頭の良さが溢れておちてるかのような若いお医者さまに説明と施術を受けました。 なので、不信感等はありませんでした。 費用は術前の検査等に5千円、二回目が手術で1万5千円とちょっとだったと覚えています。 私はネットで盛り上がったほくろは一つ1万円、と聞いていたので本当に一つ1万だな、と思いながら支払ったのを覚えています。 (当時も私は一つ3千円でしたよ~とか書いてる人もいましたが) 質問者さんはレーザーはお嫌だそうですが、メスを使う方法は「手術」になるわけですので、手術同意書が必要ですし、局所麻酔も使用しますから、レーザーより安く済むかどうかは本当にほくろ次第かと思います。 そのほくろの診断については医者が診たてることですから、医者がレーザーのほうがいいとか、メスを使ったほうがいいといえば、それに従ったほうが、最終的には質問者さんに満足のゆく結果を得られるのではないかと思います。 ただ、そのお医者様に不信感があるとか、そりが合わないと感じるのなら、ほかのお医者様を探すのも良いと思います。 正直言うと、私は自分で固い意思を抱いてほくろ除去したのではなく、人にくっついていった結果、なぜか大学病院に紹介書をもらって後に引けなくなって受けた、という程度だったので、最初はかなり消極的でした。 でも今では、ほくろ除去して本当に良かった、と思っています。 あの時足を運んだ自分を自分でほめてあげたいwと思うほどです。 ほくろが残る残らないはこれからずっとの話ですので、今の手持ちのお金がない、あるではなく、できるだけ納得のゆく、一番きちんと除去できる方法で除去してほしいなと思います。 だってほくろの除去はやりなおしがききませんからね。 なので、ご自分の性格まで深くよく考えて選択してほしいなと思います。 医療関係者ではありません。 10年近く前に、顔の、盛り上がりがあるほくろ2つを除去した経験があります。 その際、医者から言われたこと、説明されたことを今でも覚えております。 また10年近くたっても、大まかなほくろの除去方法は変わっていないようですし、 説明は一部、質問者さんの状況にもあてはまっているのではと思い、回答させていただきます。 私が説明されたことは、ほくろはほくろの大きさや深さで適切な除去方法が違うということ、 レーザーはほくろが思ったよりも深かった場合再発する可能性が高... A ベストアンサー 看護師です。 右目の下のほくろと、首の後ろと、上唇の上にあったほくろが盛り上がってきたので、思い切ってとることにしました。 私は公立系の病院の形成外科にかかりましたが、そこはレーザー治療は外来手術では出来なかったので、切開で行いました。 局所麻酔をして切り取り、縫合をしただけですので、外来の処置台でその他の手術(首に出来ている皮膚のぷちぷちしたもの)を取るのを入れても、30分くらいだったと思います。 麻酔が切れた後少し痛かったくらいで、当日お風呂に入らないくらいで、翌日からは普通の生活になりました。 傷は肌色の皮膚を寄せるテープを張っていたせいか、最初は赤みがあったものの、半年経ったら傷跡が探し出せないくらい綺麗になりました。 費用は全て込みで七千円くらいだったと思います。 足の裏のほくろが悪いと言われているのは、常に刺激を与えられているほくろか癌化しやすいせいです。 同じ理由で盛り上がっているほくろは、何かとひっかかったりして、刺激が当たるので、取った方がいいかと取ってしまいました。 とって後悔したことはとくにありません。 むしろひっかかる度に気になっていたものがなくなったので、ストレスが減り、楽になりました。 ただ、足の裏のほくろだけは、傷が開かないようにする為に、しばらくはつかないよう何日かは車椅子生活をしている人が多いです。 外来専門の病院がどうしているかは分かりませんが、若い頃の無茶は年をとってから響くので、病院選びのひとつの目安になるかもしれません。 皮膚科より形成外科が皮膚系の手術としては専門なので(というか、皮膚科で手術もするところを私自身は知らないのですが…)出来れば形成外科のある病院をオススメします。 看護師です。 右目の下のほくろと、首の後ろと、上唇の上にあったほくろが盛り上がってきたので、思い切ってとることにしました。 私は公立系の病院の形成外科にかかりましたが、そこはレーザー治療は外来手術では出来なかったので、切開で行いました。 局所麻酔をして切り取り、縫合をしただけですので、外来の処置台でその他の手術(首に出来ている皮膚のぷちぷちしたもの)を取るのを入れても、30分くらいだったと思います。 麻酔が切れた後少し痛かったくらいで、当日お風呂に入らないくらいで、翌日からは... A ベストアンサー こんにちは。 口角のそばにある、直径2mm位、表面に出ている分の高さ2mm位のほくろを除去しました。 1.レーザーメスです。 局部麻酔の後、一発で終わりました。 2.7年以上たっていますが、見た感じではほとんどわかりません。 よく見たら、ほくろのあった位置の皮膚がすこし低いかな程度です。 術後2~3日は傷がありましたが、数日で赤み程度になり、その赤みも早く引いていき、クレーター状になりますが、1ヶ月位で痕跡がほとんどわからなくなりました。 3.私の場合は、ほくろが大きくなっている事、グレーになってきている事から、悪性の疑いのあるほくろという事で健康保険がききました。 初診の分を含めても5000円程度でした。 (その時は2割負担でしたので、現在ならもう少し高くなっていると思います)友人が同じ病院でほくろを取ろうと思って、受診しましたが、ここ数年ほくろに目立った変化がないという事で、保険がきかず、1万円になると言われてました。 4.関東地区在住ではないので、具体的にどの病院がいいのかはわかりませんが、美容外科のみの病院よりも、皮膚科・形成外科もやっているところの方が、ほくろの状況によっては健康保険を利かせてもらえたり、その後の診察なども安心して受診できると思います。 5.ほくろを取るのはそれほど難しい手術だとは思いませんが、術後それなりに疲れますので、体調を整えておきましょう。 手術室に通され、テレビで見るような医療器具(いかにもなライトとか)があり、正直びびりますが、手術自体はすぐ終わるので安心して手術に臨んでくださいね。 こんにちは。 口角のそばにある、直径2mm位、表面に出ている分の高さ2mm位のほくろを除去しました。 1.レーザーメスです。 局部麻酔の後、一発で終わりました。 2.7年以上たっていますが、見た感じではほとんどわかりません。 よく見たら、ほくろのあった位置の皮膚がすこし低いかな程度です。 術後2~3日は傷がありましたが、数日で赤み程度になり、その赤みも早く引いていき、クレーター状になりますが、1ヶ月位で痕跡がほとんどわからなくなりました。 3.私の場合は、ほくろが大きく... Q 一週間前、形成外科にて炭酸ガスレーザーによるホクロ除去をしました。 今回が初めてではありません。 2回目です。 一回目は一年前に目立たないところ(ただし大きさは1センチ以上の大きいもの)で試して、跡の残り具合など見て納得してから、 今回は顔の目立つところを三か所取りました。 (いずれも1センチ前後の大きさ。 一つは隆起したホクロ) 前回と今回は引越しがあったため別の病院です。 しかし今回は前回と様子が違ってかなり焦っています。 ホクロの輪郭がいつまでたっても黒いままです。 不安に思って問い合わせても「レーザーの焦げだから時間がたてば消える」としか答えてもらえません。 前回はすぐに赤いジュクジュクとした状態にはなりましたが、黒い部分はなかったと記憶しています。 三か所やって三か所とも取り残しなんてあり得るのでしょうか。 もし取り残しの場合、再度レーザーを行うとどうなるのでしょうか。 そもそも失敗(取り残し?)したのなら同じ病院にもう一度頼むのは心配にも思えます。 自費診療の自己責任というのは承知しています。 (引越しがあったとはいえ)納得した同じ病院で受けなかった自分を悔やんでいます。 もっと時間がたって様子を見てから考えればとも思うのですが、せっかく思い切って長年のコンプレックスが解消されると思ったのに、今はとにかく気が気じゃありません。 経験者の方、関連のお仕事をされている方、お話聞かせていただけるとありがたいです。 1、術後一週間でも焦げが残る状態なんて普通でしょうか 2、もし再度レーザーを当てる場合、もう失敗したくないという気持ちが一番です。 一刻も早いほうが良いのか、期間を開けるべきなのか、病院を変えるべきか(遠いけれども一年前にやってもらった他県の病院に行くとか)、同じところで納得いく説明とフォローを求めるべきか。 アドバイスなどなんでも教えてください。 一週間前、形成外科にて炭酸ガスレーザーによるホクロ除去をしました。 今回が初めてではありません。 2回目です。 一回目は一年前に目立たないところ(ただし大きさは1センチ以上の大きいもの)で試して、跡の残り具合など見て納得してから、 今回は顔の目立つところを三か所取りました。 (いずれも1センチ前後の大きさ。 一つは隆起したホクロ) 前回と今回は引越しがあったため別の病院です。 しかし今回は前回と様子が違ってかなり焦っています。 ホクロの輪郭がいつまでたっても黒いままです。 Q 何点か質問があり不安でしょうがないので、 質問させて下さい! 3日前にホクロ除去をしました。 一つは炭酸ガスレーザーで 残り六つはRFレーザーという物で、基本は炭酸ガスレーザーと 同じものだそうです。 麻酔をしてレーザーで焼き、 ゲンタシン軟膏と消毒液と茶色のテープをもらいました。 場所は顔中なのですが、特に鼻の下くちびるの近くのところは 穴のようになっており、もう一つは目の近くで他はほっぺたです。 どのホクロも1mm程度の小さいものですが、 凹みが怖いという書き込みを多く読んでしまい、 消毒をする方法や軟膏の方法よりも、 バンドエイドから出ている「キズパワーパッド」という商品の方が いいように感じました。 病院から処方されている軟膏よりもパッドを使用している方の 意見がかなり検索で多いように思えましたので、 自分も試した方がキズがきれいになるのかなと思いつつも、 実際軟膏を使った方がいいのか、パッドの方がいいのかわからず、 不安で緊張しています。 やはりキレイに直したいので、使ってみたいのですが、 効果のほどはありますでしょうか! またパッドが結構大きいので、化粧水などが部分的にしか できないですか? 貼る前に顔全体に化粧水するのでしょうか…。 とりあえず会社へ行っている間はマスクで隠そうと思いますが、 鼻の下はパッドがでかすぎて口に達してしまい、 目の方もまばたきができづらいのですが、 こういう場所にも貼ってしまって平気でしょうか。 (多分小さく切ってしまうと効果に弊害がでてしまいますよね…) 質問がたくさんでごちゃごちゃしてしまい、申し訳ありません!! 何とか出来るだけきれいに直したい気持ちがあり不安でいっぱいです。 皆様のご意見を頼りにさせて下さい! どうぞ宜しくお願い致します!!! 何点か質問があり不安でしょうがないので、 質問させて下さい! 3日前にホクロ除去をしました。 一つは炭酸ガスレーザーで 残り六つはRFレーザーという物で、基本は炭酸ガスレーザーと 同じものだそうです。 麻酔をしてレーザーで焼き、 ゲンタシン軟膏と消毒液と茶色のテープをもらいました。 場所は顔中なのですが、特に鼻の下くちびるの近くのところは 穴のようになっており、もう一つは目の近くで他はほっぺたです。 どのホクロも1mm程度の小さいものですが、 凹みが怖いという書き込みを多く読んで... A ベストアンサー 私も、いびつな形で、盛りあがったもっと大きなホクロがありました。 昔より少しずつ大きくなってきたものでしたが、皮膚科に行ったところ良性と診断されました。 結局取っちゃいましたけど。 私もそうですが、肌が白く刺激に弱い、日焼けしても赤くなるだけの人はホクロが出来やすいそうです。 私も年々増えています・・・。 いつのまにか出来て1年で数ミリになる物もあります。 一般的に30歳くらいまではホクロは増え続けるそうです。 紫外線による刺激もホクロが出来る要因の1つなので、日焼け止めを塗って紫外線を避けるのも、ホクロができるのを防ぐ効果が多少はあるそうです。 顔などに悪性のメラノーマなどが出来ることはかなり稀で、大抵は刺激を受け続けるところ、足の裏などに出来ると言われています。 なので足の裏のホクロは要チェックと言うのが定説です。 また、他の場所でもホクロを弄る癖があったり、男性の場合、ヒゲを剃る際に傷つけるなど刺激を与え続けると、悪性になる?可能性も捨てきれないとも言われています。 刺激を与え続けることによって、良性が悪性に変わることもありうる。 悪性は始めから悪性。 という2つの説があってまだ結論は出ていないみたいです。 勝手な想像ですが、これをはっきりさせるには多くの症例と長期間にわたる経過観察が必要と思われ、そうそう結論は出ない気もしますし、正確に判別する方法はどうなるのか分かりません。 毎回病理検査では治療法も限られますし) 悪性の特徴としては以下のような条件が挙げられる事が多いですが、あくまで参考程度です。 自分で見た限りは、私のホクロもこれに全て当てはまっていました。 」 この条件(計5つ)が当てはまる場合は早急に病院に行ったほうが良いでしょう。 急激に大きくなるようだとかなり怪しいですが、正確に知るためには皮膚科で見てもらう必要があります。 これまで書いたのも私が調べたり、医師に聞いた話を書いただけの一般論です。 心配でしたら、赤いボツボツの件も合わせて(こちらは変な心配は要らないとは思いますが診てもらってはどうでしょう)、1度皮膚科に行って診てもらった方が良いでしょう。 ホクロの治療もメジャーになっていますのでそちらも相談できると思います。 ただ、ホクロの治療を扱っているかどうかは事前に確認して下さい。 以下、もしホクロの治療をしようと思った際に参考になれば。 ちなみにホクロの治療には、大きく分けて、1. メスによる手術(メスで切除・縫合)、2. オープントリートメント(丸くくりぬく)、3. 炭酸 ガスレーザーで焼く、4. ルビー・レーザーなどで色だけ取る の4通りの治療法があります(レーザなどは色々種類がある) どの治療法にも長所・短所があるので、しっかりと説明を聞いて自分(ホクロ)に合ったものを選んで下さい。 (病院、術方によって値段も様々です)部位によって適す適さないもあるので、部位によって治療法を変える事もあります。 レーザー機器は非常に高額なので、病院によっては何かとレーザー治療をすすめ、高額な減価償却費を回収しようとするところもあります。 手術の方が綺麗になる場合も少なくないので、良く話しを聞いて納得してから治療を受けて下さい。 よく美容形成外科で美容目的のホクロの治療を行っていますが、ホクロの治療をする際は、治療と言う意味や費用の点でも皮膚科をお勧めします。 美容形成外科はまずレーザーしかしてくれませんし。 皮膚科は綺麗にならないなんて言う人もいるようですが、形成外科を併設しているところなら、仕上りも悪くないと思います。 行動範囲内で情報収集して下さい。 他の病気でも誤診が問題になっていますが、経験を積んだ医師に見てもらえるかどうかは患者にとって重要なことですから。 私も、いびつな形で、盛りあがったもっと大きなホクロがありました。 昔より少しずつ大きくなってきたものでしたが、皮膚科に行ったところ良性と診断されました。 結局取っちゃいましたけど。 私もそうですが、肌が白く刺激に弱い、日焼けしても赤くなるだけの人はホクロが出来やすいそうです。 私も年々増えています・・・。 いつのまにか出来て1年で数ミリになる物もあります。 一般的に30歳くらいまではホクロは増え続けるそうです。 紫外線による刺激もホクロが出来る要因の1つなので、日焼け止めを塗って紫外...

次の

ほくろって取っていいの?皮膚科医に聞くほくろのこと

ほくろ 除去 再発

もくじ• ほくろ除去する病院の選び方 安さ・サービスどちらを重視するか決める ほくろを取るときに迷うポイントのひとつとして、【ほくろ除去にかかるお値段】かと思います。 病院によっては、ほくろ1つにつき4,000円台で取れるところから、1万円を超えるところまであるので、迷うのも当然のことですよね。 病院のなかでもほぼ最安値(1つ4,000円)のところと、ほぼ最高値(1つ1万円)のところで除去しましたが、 値段の違いはほくろ除去の質ではなく、サービスの質に現れると感じました。 約1万円で取れると、約4,000円で取れるでは、ほくろ除去の質はほとんど変わりませんが、サービスの質がかなり違います。 (それぞれクリックでほくろ除去体験記事にジャンプします。 ) ですので、「安いけどサービスはほどほど」か「高いけどサービスがいい」か、どちらを重視したいかを決めておくのをおすすめします。 そうすることで、「かなり安かったけど、サービスに納得がいかなかった」とか「高かったけど、もう少し抑えてもよかった」のように、費用の面で失敗しにくくなりますよ。 治療をごり押しする病院(先生)は避ける 皮膚科や美容外科などの病院にいって、診療してもらったあと、 ほくろ除去の治療をごり押しする病院(先生)は避けましょう。 病院では、まずほくろの色・形・状態などを診てもらったあとに、今日ほくろ除去をしますか?という相談に入ります。 相談(カウンセリング)だけにしようと思っていたのに、「今日ほくろを取ったほうがいい!」と強く勧誘してくる病院は、かなりのお金儲け主義だと思います。 病院側からすると「ほくろ1つ取るのに迷うなよ」という考えかもしれませんが、私たちに取っては一大事ですよね?? 顔に麻酔をするのも怖いし、レーザーで焼くなんて想像できないし、ちゃんと皮膚がキレイに再生してくれるかも不安。 でも、顔にあるほくろがコンプレックスで、どうしても取りたいと思って、病院に相談に行くんですよね。 それなのに、理由もなく「今日ほくろを取った方がいい」とか「これくらいの治療で迷うなんてあり得ない」という、私たちの悩みを一切理解しようとしない病院で、わざわざ治療を受ける必要はありません。 そういった病院でも、医師の腕は確かなのかもしれません。 ですが、もしその病院でほくろ除去を受けたとして、万が一失敗してしまったら、すごく腹が立つし納得いかないと思いませんか? 「あのとき急かされてほくろを取ったけど、後悔した」なんて、思ってほしくありません。 なので、先生に相談して、納得することができたら、治療を受けることをおすすめします。 再発しないと言いきる先生は避ける ほくろ除去で不安になるのが「跡が残ったりしないか」とか「陥没(クレーター)したりしないか」ということですよね。 私も3つのほくろを取りましたが、取る瞬間や直後は不安になることもありました。 でも、結果的に ほくろを取って、失敗は一度もしていません。 なぜだろう?と考えたときに、ほくろ除去した先生は、 ひとり残らず「再発する可能性があります」と説明してくれました。 の記事で説明していますが、ほくろ除去をするときに、ほくろの細胞を取り残すと、ほくろが再発することがあります。 これだけ聞くと「再発したらまた除去しなきゃいけないじゃん。 ほくろの細胞をぜんぶ取り切ってほしい」と思うのは当然のこと。 ただ、ほくろの細胞をすべて取り切ろうとして、レーザーで深い場所まで削ると、 陥没する確率がグンッと高まってしまいます。 なので、私が病院の先生に「再発するかもしれません」と言われたのは、「陥没しないところまでは削りますが、その下にほくろの細胞があるときは、再発するかもしれません」ということだったんです。 なので、ほくろ除去の相談をするときは、ぜひ 「ほくろが再発する可能性はありますか?」と聞いてみてください。 ほくろがかなり小さい(0. 5㎜~1㎜)場合は、「再発することはほとんどありません」とか「再発の可能性は低い」と言われることもあると思いますが、「まったくない」とは言いきれないはずです。 先生が「再発は絶対にあり得ません。 」と言ったときは、あなたから「どうして再発しないんですか?」「ほくろの細胞が残ることはないんですか?」と聞いてみてもいいでしょう。 おそらく「ほくろの細胞をレーザーで全て取るので」とか「ほくろの細胞は残らないので」とかっていうと思います。 その場合は要注意。 ほかの病院に変えることをおすすめします。

次の

ほくろって取っていいの?皮膚科医に聞くほくろのこと

ほくろ 除去 再発

ほくろとは?できる原因について ほくろは、医学的に母斑細胞母斑 ぼはんさいぼうぼはん もしくは色素性母斑(しきそせいぼはん)といい メラニン色素が一箇所に集中することでできるのですが良性の病変と悪性の病変に分かれてきます。 良性の病変であるほくろについては、 皮膚科や美容整形外科で取ることができ次の3種類に分類されるのです。 単純黒子 たんじゅんこくし 特徴:黒色か茶色の色素性母斑で大人につれて盛り上がるものもあります 治療:メスや炭酸ガスレーザーで切除するのが一般的になっています 色素細胞母斑 しきそさいぼうぼはん 特徴:メラノサイトが幾層にも増殖し茶色や茶褐色で平らな色素班のものから隆起したイボのようなものがあります 治療:メスや炭酸ガスレーザーで切除するのが一般的になっています 老人性色素斑 ろうじんせいしきそはん 特徴:顔や手の甲の日光があたる部分にでき褐色や濃褐色で数個から数十個ほどできます 治療:凍結療法、レーザー、美白剤などでの治療になります ほくろができる原因は、大きく分けて次の2つに分類されます 先天性のほくろ 生まれつきあるほくろと成人までにできるほくろの2通りあり、原因として考えられているのが遺伝によるものなのです。 先天性のほくろは、髪の色や肌の色のようにその人がもって生まれた体の特徴ということになります。 後天性のほくろ 成人してから急にほくろが気になる方が多いと思いますが、後天性のほくろがそれにあたり原因のほとんどが 紫外線によるものになります。 特に夏場のレジャーシーズンでは、海やプールで遊ぶことが多いと思いますが、 肌が日光を沢山あびることで多くの紫外線に肌がさらされますからこの影響が大きいのですね。 私たちの体は、メラノサイトという色素細胞によって 紫外線を吸収するメラニンを生成するメカニズムになっているのですが、メラニンは肌の色を決定する成分ですから紫外線を多く浴びることによってメラニンが増えホクロになってしまうのです。 20歳を超えてから増えだすほくろは、ほぼ紫外線の影響が大きいのですが、その他にもストレス・偏った食生活・睡眠不足などの 生活習慣での原因や 妊娠・出産が原因でほくろが増えることもあったりします。 悪性の病変によるほくろには、特に有名なものが メラノーマと呼ばれる悪性黒色腫の皮膚ガンで生命にかかわることですから 早急な切除手術が必要となります。 ほくろ除去費用は保険が効くの? 結論から申しますと、 美容目的によるほくろ除去については、 保険適用にならず下記の条件が揃ったときに保険適用の対象となります。 保険適用になるホクロ除去手術 1点目:病院 当然のことになりますが保険対応の病院であるかどうか?という点になります皮膚科はほとんど保険対応になっていますが美容外科はほとんどの病院が保険対応していないところが多いと思います。 2点目:ほくろの状態 ほくろの状態によるのですが、メラノーマのような悪性病変であるホクロが基本的には保険対応になります。 あと医師の判断にもよるのですが悪性病変のほくろでなくても保険適用になる場合があったりします。 3点目:手術の方法 メス切除縫合、高周波メス・電気メス切除、くりぬきが保険適用になる手術法になります 保険適用になるほくろ除去をされる方でもキズ跡が残らないような手術方式を望むのであれば保険適用外となってしまうわけなのです。 ほくろ除去費用の相場 代表的なほくろ除去費用についてその相場をまとめてみました。 ほくろを除去するために使う炭酸ガスレーザーは、 肌の細胞水分に反応するレーザーになっていまして、具体的な除去の方法は、 ほくろ全体を蒸散させて削り取るように行っていきます。 レーザーを使って ほくろがある部分を削り、くり抜きますので、施術が終わった後はその部分は穴が開いた状態になりますが、この方法は簡単でキズ跡も残りませんのでオススメなんですね。 大きなホクロの処理では、場合によっては、くぼみが出来てしまうことがありますから、施術は盛り上がりのない、 5mm以下のほくろに向いていると思います。 ほくろがある部分に麻酔をして、そのまま炭酸ガスレーザーをあてて治療を行い、 5~10分程度で終了し、施術後の 腫れや痛みはありません。 たまに液が出たりしてその部分が傷になることもありますが、 約1週間~10日程度で皮膚が再生して治癒しますので心配はいらないのですね。 気になる費用の金額ですが、炭酸ガスレーザーの場合は、 だいたい2,000円~40,000円程度になっています。 切除縫合法 こちらは メスを使ってほくろを切除しその後に縫合する方法で、切除縫合法の場合、 直径6mm超などの少し 大きめのほくろに適しています。 切除縫合法によって除去したほくろは、ほとんどの場合、 再発することはありません。 ほくろの状態によっても変わってきますが、たとえほくろの根が深い場合でも、 完全除去できるのが大きなメリットと言えます。 実際の治療は執刀医にもよりますが、レーザー治療と比べて 仕上りがきれいになりますから、跡が気なってしまうという女性なら 切除縫合法がいいと思います。 ドクターの腕に影響されてくることは、間違いなにので信頼できるクリニック選びがとても大切です。 切除縫合法は、 患部に局所麻酔をした後にほくろを切除し、真皮を縫い合わせた後に表皮を縫い合わせる方法ですので、 手術後は若干痛みが出ることもありますが、痛み止めの処理も行ってもらえますので、大きな傷みを心配する必要はありません。 切除縫合法で除去する場合、 その費用の金額は9,000円~30,000円程度となっていますが、ほくろの状態や位置によって変わりますので、一度相談してみて下さい。 手術をした日は、洗顔、入浴、シャワーなどは禁止で、 手術後1週間程度で抜糸を行い、その後 1~3カ月間程はテープで保護します。 電気メス・高周波メス 電気メス・高周波メスの治療は 高周波を利用した治療法で、盛り上がりのある 直径5mm以下のほくろが治療に適しています。 直径5mm程度のほくろであれば 1回の手術で切除でき、これが大きなメリットと言われているんです。 治療の時間は5~10分程度と短い時間ででき、傷口は目立ちませんので女性の方も安心だと思います。 デメリットとしては、削る部分が浅い場合は傷は残りにくいのですが、ほくろ根が残っているので 再発の可能性があることです。 また ほくろが大きいと陥没することがあるため、見た目にわかってしまうおそれがあるんです。 さらにメスを使用する時に焦げ目ができ、その部分が 黒くなることがあるため、治療後のケアはとても重要なものになってきます。 気になる電気メス・高周波メスの 費用の金額ですが6,000円~30,000円程度で、ほくろの大きさによって変わります。 凍結療法 凍結療法は、本来はイボや魚の目などの治療に用いられていましたが、皮膚の表面に浮き出た物に対しても効果があることから、 ほくろなど隆起した部分の治療にも用いられています。 凍結療法は隆起したほくろに用いられますので、 平らなほくろの場合は行いません。 具体的な除去の方法は、 綿棒にマイナス196度の液体窒素を染み込ませ、それをほくろに押し当てて 焼き切ります。 ドライアイスを触ったときのような感じに似ていて 傷みが少しあるんですが、すぐに治療は終わりますので、痛みが続いてしまうことがないですから、心配はいりません。 凍結療法は1回の施術で終わることはあまりなく多くは 2~4回の施術を行い、1~2週間程度の時間をおきます。 小さいほくろであればすぐにかさぶたになりますが、平均的にはだいたい 1週間程度かかるようです。 凍結療法の費用の金額は、 だいたい1,000円~10,000円程度になっています。 その他の施術方法 Qスイッチレーザー ほくろにレーザーを照射して除去する方法ですが、 メラニン色素にのみ反応するレーザーを使用するのが特徴になります。 メリットとしては、ホクロの細胞だけで回りの細胞には反応しませんからキズ跡が残りにくいという点になりますが、1回の施術では終わらず 数回行う必要があるのです。 Qスイッチレーザー法の費用の金額は、 だいたい2,000円~30,000円程度になっています。 くりぬき法 ほくろよりもひと回りほどの大きさで メスもしくはパンチによってくりぬき切除する方法になります。 再発しないこと、切除したほくろが悪性か良性かを切除したほくろの細胞を検査によって判断できるメリットがある一方で、治るまでに時間がかかったり術後の出血などの トラブルが結構、多いところです くりぬき法の費用の金額は、 だいたい9,000円~30,000円程度になっています。 自分で行うほくろ除去方法 もぐさ 今のようにほくろ除去方法が確立されていない昔からの方法ですが、正直まったくおすすめできません! 火傷のあとのようになったり、何回も行わないといけなかったりとにかく手間がかかりすぎるわりにはキレイにほくろが除去できないので メリットがほとんどありません。 カソーダで除去する カソーダとは、『Heritage』というアメリカの会社で販売されている商品のことで、トウゴマの種子の油でできている「ひまし油」と、「重炭酸ナトリウム」(いわゆる重曹)などの成分でできているものであり、ほくろだけでなくシミやイボ、たこや魚の目にも民間療法にて使用されることがあります。 カソーダに含まれている「重炭酸ナトリウム」は、強いものであれば皮膚を溶かしてしまうほどの力を持つアルカリ性なので、その性質を利用して皮膚を溶かすことでほくろなどの除去が期待できると言われています。 メリットとしては、カソーダの価格は『Heritage社』以外のものも含めて、およそ500円~1500円前後という比較的低価格で購入できること、そして自分で手軽にできることが挙げられるため、ほくろ除去にかける費用を抑えたい方にはぴったりです。 デメリットとしては、体質などの個人差もありますが、ほくろが残ってしまう場合があること、ほくろが目立って大きくなる場合もあること、そして敏感肌の方は肌がボロボロになってしまうなどといったことが挙げられるので、カソーダでほくろ除去を行うのであれば、必ず自己責任で行うようにして下さい。 ほくろ除去クリームを使う方法 ホクロの部分に塗ると細胞が徐々に腐食していくことで、ほくろを除去するのがほくろ除去クリームになります。 シミやイボ、たこや魚の目といった、ほくろ以外の除去にも使えるカソーダと違い、ほくろ専用と謳われているほくろ除去クリームは、カソーダよりも安心のイメージを持ったり、高い効果を期待する方も多くいらっしゃるかもしれません。 細胞は自分の力で治そうとする力が働くためホクロ除去クリームを塗ったところにかさぶたができ、そのかさぶたが剥がれる際に自然にほくろが取れるようになりますので、その時がくるまで待つだけで良いのですね。 使い方もシンプルで、ほくろに塗布することでカサブタとなり、そのカサブタと一緒にほくろも取れるわけですが、火傷を起こしてしまったり、跡が残る、傷が化膿してしまったなどといったトラブルが多く報告されているのも事実あったりします。 できれば安易に使用することは避けるのをお勧めしますが、どうしても使いたいのであれば自己責任で行い、また、いきなり顔のほくろに塗布するのではなく、手の甲や腕などの目立たない場所にあるほくろで試すようにして下さい。 ほくろ除去クリームは商品によってはそれなりに高額となることもあり、場合によっては皮膚科などで除去してもらった方が費用を抑えられることもあります。 手軽に自宅でできることが最大のメリットですが、海外輸入商品しかないのでネット通販でしか購入できないところがデメリットになると思います。 何よりも、皮膚科や美容クリニックなどであればプロのスタッフに任せられるので安心ですし、傷や跡が残ったり、火傷を負うなどといったリスクを最小限に抑えることが可能なので、ほくろ除去クリームを使う前に、他の方法を試すことをお勧めします。 結局、どの除法がおススメか? 手軽さやコスト面からするとほくろ除去クリームのほうがいいかもしれませんが、やはりほくろの跡が残らないキレイな肌になるように除去することを望まれる方が多いと思いますので、 美容外科での施術がいいように思います。 皮膚科に比べると美容外科の方が 症例数が多いこともあり実績面からしてもいいですし、全国展開しているクリニックなら、除去する前に 無料で相談できたり、アフターケアも充実していますので、ほくろが再発してしまった場合の対処も信頼できるものになっています ホクロ除去で有名な品川スキンクリニックの料金は? 品川スキンクリニックは、 ほくろ除去で有名な美容外科で多くの症例数をほこっていますから、ほくろ除去を考えるのであれば、一番最初に検討するといいクリニックだと思います。 ほくろの施術にかかる料金は1mmの場合 1ヶ所で4,860円が基本料金になっていて、直径が1mm以上2mm以下の物であれば1ヶ所除去でで7,000円程度、2mm以上3mm未満であれば8,000円程度と大きさによって料金が異なります。 品川スキンクリニックではメスと電気メスを使用した除去法と、炭酸ガスレーザーを使用して施術をしていく方法がありますが、どちらの方法で施術を行っても料金は1円も変わらず、 ほくろを除去した分だけ料金がかかるという仕組みになっています。 専用のフォームから無料相談ができますから不安に思うことなどをされるのもいいと思います。 品川スキンクリニックのホクロ除去に関する口コミ 品川スキンクリニックは数多くの ホクロ除去に関する口コミが掲載されていますので調べてみました! 「料金に関しては安いのか高いのか分からない」という声もありますが、「顔だけではなく背中にあったほくろを除去してもらった」という人や「クビにあったほくろを取ってもらった」という意見では 満足な治療と感じている方がほとんどとなっており、「ほくろ除去の知名度が高いことで品川クリニックにした」というコメントも多数みられます。 そして、「ほくろを除去する施術では痛みを感じることがなかった」という口コミが多く、 技術的には信頼できるクリニックとして評価が高いようです。 「ほくろを除去してキレイに跡が消えたことでコンプレックスがなくなった」、「顔を見られるのが嫌じゃなくなった」という意見もあり、概ね満足している患者さんのほうが 圧倒的に多いですね また「施術前の医師によるカウンセリングでは施術について詳しく丁寧に教えてもらえた」、「カウンセリングがゆっくりだったので説明が分かりやすかった」という口コミも目立つので、 細かな点もしっかりと相談に乗ってくれているようです。 まとめ ほくろの除去方法は様々ありますが、大切なのは ほくろの位置や大きさと種類によって除去方法をどれを選択すべきかアナタ自信で決定しないといけないということです! 良性のほくろなら問題もありませんが、悪性の場合には最悪生命の危機に直面することもありますから「もしかして?」と思えるなら、専門医に一度、みてもらうことをお勧めいたいます。

次の