いきなりサバ太郎。 いきなりサバ太郎のことならマクロビ「食養館」木の屋石巻水産のサバの削り節スナック を格安通販

いきなりサバ太郎!とは (イキナリサバタロウとは) [単語記事]

いきなりサバ太郎

この記事には、の主人公、ひいては作品そのものに対しての暴言が含まれます。 概要 とは、 の主人公、またはFGOプレイヤーを揶揄する蔑称 通称 である。 「鯖」は「"サーヴァ"ント=鯖」から来たもの(なお、鯖と言う略称自体は、このFGO以前のFate初期から存在する)。 つまり FGOの主人公はサーヴァントに代わりに戦ってもらっているくせに、周りからやたら持ち上げられる、同様のイキッた存在であるというのが「イキリ鯖太郎」の意味である。 なお、主人公はサーヴァントではなくマスターであるため、「イキリ鱒太郎が正しいのではないか?」と言う意見も一部に存在したが、あまり定着はしなかった。 この単語が広まった経緯 TVアニメ第1話放送後にネット掲示板やsnsで「イキり鯖太郎」というワードが呟かれ、に建てられた「【悲報】FGOの主人公さん、イキり鯖太郎だった... 」というスレッドを複数のまとめサイトが記事として取り上げ、それがSNSによって拡散されたことが発端と考えられている。 これに対しFGOプレイヤーや視聴者から批判が沸き上がり、掲示板や動画サイトなどで論争に発展。 それが拡散し取り上げられ、結果多くの人に周知されるようになった。 イキリ鯖太郎と呼ばれる原因• シナリオごとにライターが異なるため主人公の人物像か一致しないためか、主人公がキャラクターに対する不謹慎な発言や蔑称で呼ぶ選択肢が存在する事。 主人公が他のキャラクターから不自然に賞賛されるシナリオが多い事。 なお、ソーシャルゲームにおいてプレイヤーが所有するキャラクターに持ち上げられたりすぐに惚れられる事は別に珍しい話ではないのだが(特に美少女推しゲームはハーレムめいた事になりやすい)、FGOはシナリオを重視したゲームであるためにその不自然さが目立つ。 さらに、この「他のキャラクター」には、FGO以外が初出であるキャラクターも多く含まれる事から、それらの元作品をプレイしている者からの批判も多い。 物事の「善悪」という、多人数が議論すれば必ず反論が起こる難しいものをテーマの一つにしている作品である事。 原作内での発言やユーザーが作中のキャラクターを蔑称で呼ぶようなことが作品内ではネタとして存在しており、それらはいいのに今回だけは許さないのはおかしいという意見。 戦闘能力を持たない主人公のため、ヒロインを盾にしている、または身の丈に合わない活躍をしている風に見えるという意見(実際どうかではなく、そのように一見して見えるという印象)。 なお、ソーシャルゲームにおいて、プレイヤーが戦闘能力を持たない指揮役であるのは珍しい事ではないのだが、アニメではゲームと異なりマスターである主人公が画面に表示される・サーヴァントが(主人公の指示ではなく)自己判断で戦う事が多いと言った事情がある。 にも関わらず、それを工夫なくそのまま描写した結果、そういった印象が強くなってしまった。 が本蔑称と同じ感想を口にした事。 元々問題視されたり嘲笑されることの多かった、「傲慢で威圧的な主人公が特定のキャラクターを貶める」「主人公がやたらと周囲から評価される」という描写をする二次創作とその作者、そのような発言をするユーザーの増加などが考えられ、プレイヤーがイキリ鯖太郎と言われる事も多い。 それに対して「自分達 FGOプレイヤー がバカにされるのは許さないが、なろう系をバカにするのは許されるのか?」「FGO主人公を擁護する為に他作品を貶めるな」などという反発も巻き起こった。 この蔑称が爆発的に広まった原因の一つはこれであると言えよう。 なお、イキリ鯖太郎という蔑称はアニメが始まった途端に言われ始めたため、 原作などの問題点は後付けの理由であり、一部の悪意あるユーザーや悪質なまとめサイトなどの冷笑・嘲笑・煽り目的での発言である、という意見もある。 結果、上記のような原作の問題点なども掘り返されて、より大きく燃え広がり論争になってしまった。 そして次第に作品を盾にイキっているユーザーや作品全体を指すものとしての意味も含みつつある。。 いずれにせよ、ここまで大きく広がってしまったのは、一部FGOプレイヤーが過剰に反応してしまったためである。 こうしたファンの根強い作品が大きく取り沙汰されるSNSでは、個人から有名絵師までが、少しの否定的意見(周回がきつい、ガチャが渋いなどの低レベルなもの)などを目にしただけでリムーブ、ブロックされたなどという話を、界隈にいたものならば一度は目にしただろう。 このため、FGO界隈では「否定はほぼ許されず、辛うじて(公式もネタにしている)ガチャの渋さや爆死、マラソンなどについてなら言及程度は良い」というような論調が定着していた。 結果、これらが長年に渡り続いたことで、FGOユーザーは「極端な作品への称賛的執着と、否定的意見への著しい耐性の無さ」を両立させてしまったと思われる。 今回の騒動においては、上述したような内輪性の高いコミュニティが継続した結果として、過去の「否定意見の排斥」という成功体験を積み重ねていた過激派ユーザー層が、今回のイキリ鯖太郎にも同様の手法(否定意見の排斥、無闇矢鱈な否定意見への反論)を重ねているのが延焼の最大の原因であると考察できる。 (なお、これは否定意見に反論する事全てが問題、と言う意味ではない。 妥当な意見を攻撃したり、過度に排斥したり言った行為のみが、そしてそれが多かった事が問題視されている) これはコミュニティ内、ゲーム内でならユーザー間のトラブルとして圧倒的多数であったファン層で排他的ともいえる自治行為が可能だったのに対して、アニメというマルチなメディアミックス展開により幅広い層が流入し意見を交わす場でこれらの行為を行ったためである。 そもそも全ての人間に受け入れられる作品は存在しないという現実を無視し、徹底排除すれば肯定意見のみになるという方法論を延々と繰り返した結果が、他の太郎ネタとは一線を画した炎上につながったと言えるだろう。 最後に FGOのプレイヤーが全て上記のような性格ではないことに留意したい。 外部リンク• - 関連タグ• :こちらは原作・アニメではなく、二次創作における型主人公を指す言葉。 主にFGO第二部第1章辺りで増えたとされる。 古くはU-1やスパシン、Hachimanなど、型月作品でもSHIKI、EMIYA、SHIROU、ZABIKOなどと呼ばれるものが流行っており、系統としてはそれらの後継だといえる。 :2019年の単語の一つにノミネート。 奇しくも前年のと同じ55位であった。 関連記事 親記事.

次の

いきなりサバ太郎のことならマクロビ「食養館」木の屋石巻水産のサバの削り節スナック を格安通販

いきなりサバ太郎

この記事には、の主人公、ひいては作品そのものに対しての暴言が含まれます。 概要 とは、 の主人公、またはFGOプレイヤーを揶揄する蔑称 通称 である。 「鯖」は「"サーヴァ"ント=鯖」から来たもの(なお、鯖と言う略称自体は、このFGO以前のFate初期から存在する)。 つまり FGOの主人公はサーヴァントに代わりに戦ってもらっているくせに、周りからやたら持ち上げられる、同様のイキッた存在であるというのが「イキリ鯖太郎」の意味である。 なお、主人公はサーヴァントではなくマスターであるため、「イキリ鱒太郎が正しいのではないか?」と言う意見も一部に存在したが、あまり定着はしなかった。 この単語が広まった経緯 TVアニメ第1話放送後にネット掲示板やsnsで「イキり鯖太郎」というワードが呟かれ、に建てられた「【悲報】FGOの主人公さん、イキり鯖太郎だった... 」というスレッドを複数のまとめサイトが記事として取り上げ、それがSNSによって拡散されたことが発端と考えられている。 これに対しFGOプレイヤーや視聴者から批判が沸き上がり、掲示板や動画サイトなどで論争に発展。 それが拡散し取り上げられ、結果多くの人に周知されるようになった。 イキリ鯖太郎と呼ばれる原因• シナリオごとにライターが異なるため主人公の人物像か一致しないためか、主人公がキャラクターに対する不謹慎な発言や蔑称で呼ぶ選択肢が存在する事。 主人公が他のキャラクターから不自然に賞賛されるシナリオが多い事。 なお、ソーシャルゲームにおいてプレイヤーが所有するキャラクターに持ち上げられたりすぐに惚れられる事は別に珍しい話ではないのだが(特に美少女推しゲームはハーレムめいた事になりやすい)、FGOはシナリオを重視したゲームであるためにその不自然さが目立つ。 さらに、この「他のキャラクター」には、FGO以外が初出であるキャラクターも多く含まれる事から、それらの元作品をプレイしている者からの批判も多い。 物事の「善悪」という、多人数が議論すれば必ず反論が起こる難しいものをテーマの一つにしている作品である事。 原作内での発言やユーザーが作中のキャラクターを蔑称で呼ぶようなことが作品内ではネタとして存在しており、それらはいいのに今回だけは許さないのはおかしいという意見。 戦闘能力を持たない主人公のため、ヒロインを盾にしている、または身の丈に合わない活躍をしている風に見えるという意見(実際どうかではなく、そのように一見して見えるという印象)。 なお、ソーシャルゲームにおいて、プレイヤーが戦闘能力を持たない指揮役であるのは珍しい事ではないのだが、アニメではゲームと異なりマスターである主人公が画面に表示される・サーヴァントが(主人公の指示ではなく)自己判断で戦う事が多いと言った事情がある。 にも関わらず、それを工夫なくそのまま描写した結果、そういった印象が強くなってしまった。 が本蔑称と同じ感想を口にした事。 元々問題視されたり嘲笑されることの多かった、「傲慢で威圧的な主人公が特定のキャラクターを貶める」「主人公がやたらと周囲から評価される」という描写をする二次創作とその作者、そのような発言をするユーザーの増加などが考えられ、プレイヤーがイキリ鯖太郎と言われる事も多い。 それに対して「自分達 FGOプレイヤー がバカにされるのは許さないが、なろう系をバカにするのは許されるのか?」「FGO主人公を擁護する為に他作品を貶めるな」などという反発も巻き起こった。 この蔑称が爆発的に広まった原因の一つはこれであると言えよう。 なお、イキリ鯖太郎という蔑称はアニメが始まった途端に言われ始めたため、 原作などの問題点は後付けの理由であり、一部の悪意あるユーザーや悪質なまとめサイトなどの冷笑・嘲笑・煽り目的での発言である、という意見もある。 結果、上記のような原作の問題点なども掘り返されて、より大きく燃え広がり論争になってしまった。 そして次第に作品を盾にイキっているユーザーや作品全体を指すものとしての意味も含みつつある。。 いずれにせよ、ここまで大きく広がってしまったのは、一部FGOプレイヤーが過剰に反応してしまったためである。 こうしたファンの根強い作品が大きく取り沙汰されるSNSでは、個人から有名絵師までが、少しの否定的意見(周回がきつい、ガチャが渋いなどの低レベルなもの)などを目にしただけでリムーブ、ブロックされたなどという話を、界隈にいたものならば一度は目にしただろう。 このため、FGO界隈では「否定はほぼ許されず、辛うじて(公式もネタにしている)ガチャの渋さや爆死、マラソンなどについてなら言及程度は良い」というような論調が定着していた。 結果、これらが長年に渡り続いたことで、FGOユーザーは「極端な作品への称賛的執着と、否定的意見への著しい耐性の無さ」を両立させてしまったと思われる。 今回の騒動においては、上述したような内輪性の高いコミュニティが継続した結果として、過去の「否定意見の排斥」という成功体験を積み重ねていた過激派ユーザー層が、今回のイキリ鯖太郎にも同様の手法(否定意見の排斥、無闇矢鱈な否定意見への反論)を重ねているのが延焼の最大の原因であると考察できる。 (なお、これは否定意見に反論する事全てが問題、と言う意味ではない。 妥当な意見を攻撃したり、過度に排斥したり言った行為のみが、そしてそれが多かった事が問題視されている) これはコミュニティ内、ゲーム内でならユーザー間のトラブルとして圧倒的多数であったファン層で排他的ともいえる自治行為が可能だったのに対して、アニメというマルチなメディアミックス展開により幅広い層が流入し意見を交わす場でこれらの行為を行ったためである。 そもそも全ての人間に受け入れられる作品は存在しないという現実を無視し、徹底排除すれば肯定意見のみになるという方法論を延々と繰り返した結果が、他の太郎ネタとは一線を画した炎上につながったと言えるだろう。 最後に FGOのプレイヤーが全て上記のような性格ではないことに留意したい。 外部リンク• - 関連タグ• :こちらは原作・アニメではなく、二次創作における型主人公を指す言葉。 主にFGO第二部第1章辺りで増えたとされる。 古くはU-1やスパシン、Hachimanなど、型月作品でもSHIKI、EMIYA、SHIROU、ZABIKOなどと呼ばれるものが流行っており、系統としてはそれらの後継だといえる。 :2019年の単語の一つにノミネート。 奇しくも前年のと同じ55位であった。 関連記事 親記事.

次の

いきなりサバ太郎のことならマクロビ「食養館」木の屋石巻水産のサバの削り節スナック を格安通販

いきなりサバ太郎

2017. 25 震災から6年。 石巻・木の屋の「いきなりサバ太郎!」を使う飲食店が増えている。 by 須田 泰成 東日本大震災から6年。 木の屋石巻水産のサバチップス いきなりサバ太郎!を使う人気飲食店が増えている。 東日本大震災から6年以上が過ぎた。 仙台などの都市部は、賑わいを取り戻したかに見えるが、 被害の大きかった沿岸部、原発のある福島など、 まだ震災の爪痕が深く残り、人口が減り、 産業復興もままならない地域が少なくない。 例えば、宮城県の水産業は、年間売上げが、 震災前の四割程度というから、完全な復興とは言い難い。 しかし、そんな中にも希望を感じさせる商品が、 ポツポツと出てきている。 やはり大切なのは、経済の復活。 製造業が元気になり、モノが売れなければ、未来は見えてこない。 「スローなコメディにしてくれ」が注目するのは、 「いきなりサバ太郎!」というユニークなサバのチップス。 伝説のテレビ番組「料理の鉄人」などを手がけ、 食通として知られる、あの小山薫堂さんが、 Fm yokohamaのラジオ番組「FUTURESCAPE」のポッドキャスト収録中に 「いきなりサバ太郎!」を試食して感動。 「最高金賞」に選ばれたという商品。 こちらからで聴けます。 1番下の裏フューチャーのバナーから入ると、 iTunesのプレビューが開きます。 5月13日の放送を聴いてください。 そんな、いきなりサバ太郎!を使う人気飲食店が増えているという。 小山薫堂さんも高評価のサバチップス ビールにピッタリ!ごはんにサイコー! 石巻市の木の屋石巻水産(以下、木の屋)は、 震災の津波によって社屋・工場が流されたが、 埋まっていた泥にまみれた缶詰を掘り起こし、 東京・世田谷の経堂の街の人々と一緒に 希望者に義援金と引き換えに渡す活動を始め、 20数万缶が全国に行き渡り、復興のきっかけとなった会社だ。 2013年に工場を再建、 2015年度に震災前の売上げを復活。 毎年、地元の新卒の若者を雇用して、 地域経済に貢献を続けている。 そんな木の屋が、 2016年8月にオリジナル商品として発売したのが、 「いきなりサバ太郎!」というサバチップス。 基本は、鯖節だから、旨味たっぷり、 パリっとした食感が楽しめ、ピーナッツとの相性も抜群。 ビールのお供に最高で、 冷や奴や、ご飯やパスタにかけても美味と、 じわじわ評判が高まっている。 ちなみに「いきなり」は、宮城県の方言で、「とっても」とか「ものすごく」の意味。 「いきなりウマい」は「すっごくウマい」ということ。 そんなサバ太郎に希望の追い風が吹きはじめている。 食材として興味を持つプロの飲食店が増えている、というのだ。 まずは、木の屋石巻水産さんと震災前から仲が良く、 復興に協力した世田谷区・経堂の街のお店を紹介しよう。 須田 泰成 「スローなコメディにしてくれ」 編集長+プロデューサー+ライター。 世田谷区経堂と全国の地域の生産者と文化をつなぐ を2000年から運営。 イベント酒場をハブに全国のつながりを醸す日々。 東日本大震災の津波で流された石巻の缶詰工場・木の屋石巻水産 の泥まみれの缶詰を洗って売るプロジェクトは、 さばのゆから全国に広まり、約27万個を販売。 工場再建のきっかけとなった実話をまとめた 復興ノンフィクション 『蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜』(廣済堂出版)が 2018年3月に出版された。 その他、経堂こども文化食堂など、ソーシャルな活動も多い。 本業は、著述、映像・WEB制作、各種プロデュース。 著書に『モンティパイソン大全』(洋泉社)、など。 脚本・シリーズ構成に『ベイビー・フィリックス』(NHK), 『スーパー人形劇ドラムカンナの冒険』(NHK)など多数。 『シャキーン!』(NHK)『すっぴん!』(NHKラジオ第一) などの番組立ち上げもいろいろ。 テレビ、ラジオ、WEB、脚本、構成、 執筆、制作、講演などの仕事多数。 お仕事も承っております。 Twitter: facebook:.

次の