忍空 ランキング。 NINKU

忍空の登場キャラクター一覧

忍空 ランキング

1位には、人気アニメ「プリキュア」シリーズの4、5作目となる『Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!』(2007~2008年)が選ばれました。 本作で主人公を務めるのは、キュアドリーム(夢原のぞみ)を中心とする5人のプリキュアたち。 シリーズ3作目までは2人を基本としていたプリキュアが初めて多人数編成になり、チームアクションが導入されるなど、シリーズにおいてターニングポイントとなった重要な作品です。 本作では、この他にもプリキュアのサポート役である妖精が人型に変身するなど、さまざまな取り組みが行われています。 こうした制作側の試行錯誤や約2年という長い放送期間が、多くの視聴者にとって印象深い作品になっている理由なのかもしれませんね。 2位には、近未来の地方都市を舞台に子どもたちが電脳世界で起こるさまざまな事件を解決していく『電脳コイル』(2007年)が続きました。 本作は、そんな少し先の未来をリアルに描いたSF作品として再びメディアなどで注目を集めています。 舞台となるのは「202X年」ですが、私たちが暮らす現実世界もまもなく2020年に突入します。 2007年の放送当時に見ていた人も、今見直すとまた違った印象を抱くのではないでしょうか。 3位にランク・インした『東のエデン』(2009年)は、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の神山健治が原作・脚本・監督を担当したSF作品。 キャラクター原案を『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』でおなじみの漫画家・羽海野チカが担当したことでも話題になりましたね。 日本各地に10発のミサイルが落ちながら、一人の死者も出なかったテロ事件「迂闊な月曜日」。 本作では、巨額の電子マネーがチャージされた携帯を持つ記憶喪失の青年・滝沢朗と卒業旅行先で運命的な出会いを果たす女子大生・森美咲が、失われた記憶と奇妙なテロ事件の秘密を明らかにすべく奔走することになります。 放送当時は予想もつかないストーリー展開と次第に明かされていく壮大なテーマが大いに話題となった本作。 10年を経た現在でも見る人に新鮮な驚きを与えてくれる一本と言えるでしょう。

次の

忍空の登場キャラクター一覧

忍空 ランキング

桐山光侍(キリヤマコウジ)氏が原作漫画を描いた『忍空』は、2005年のSECOND STAGEの方が その名が通っているかもしれません。 週刊ジャンプで掲載されており、多くの人の目に焼き付いたであろう、迫力のあるバトルアクションはテレビアニメでも人気の高い作品です。 ミステリアスな世界観に注目 この作品は、忍術と空手を組み合わせた史上最強の武術『忍空』という未知なる力により、世界に平和をもたらそうとする主人公の風助(ふうすけ)の姿を追うストーリーです。 世界観が、二度の世界大戦を終えた後であること、そして風助には行方不明の母親がいること、などがあります。 忍空隊の解散の秘密などミステリアスな要素も備えています。 最強とも言える実力を持った少年が大きなハンデを抱えながら真相に近づき、成長する姿は画風を裏切るように感動を覚えます。 シリアスで面白い この作品は一見、『ケロロ軍曹』に似たインスピレーションを持っていると思います。 しかし、『忍空』はバトル要素が強く、笑えるくらい真面目に戦闘します。 主人公の風助は実はエリート 12歳にして元・忍空組1番隊隊長「子忍」というキャリアは圧倒的です。 これだけのポテンシャルを持っているからこそ、母が人質にとられているのではないか?なぜ忍空という平和の力がこの世界から姿を消したのか?などの大きなテーマが見えてきます。 とにかく常時ふざけるそぶりもなく戦い続けている風助のキャラクターが圧倒的存在感を示しており隅から隅までが見所です。 絶妙なユーモアセンスがテレビアニメーションの世界でも生き生きと表現されています。 風助が籍を置いていた干支忍の強さと謎に注目です。 豪華な制作陣 忍空の主人公・風助の声優さんには松本梨香さんが抜擢されています。 松本さんはポケットモンスターのサトシ役でも有名であり、観ている視聴者に安心感を与えてくれます。 また、アニメーション制作はスタジオぴえろが担当しており、この会社は1981年の『うる星やつら』をはじめとし、数々の名作を世に送り出しています。 監督の阿部 記之(あべ のりゆき)氏はのらくろクンをはじめとし、ちびまる子ちゃんやナルト、ボルトなどでも絵コンテを任された人物です。 原作者の桐山光侍氏の圧倒的な画力をアニメに実現するためには、こうした類稀な才能が集結することにより実現したのです。 文章:Shinichiro.

次の

忍空VSナルト

忍空 ランキング

桐山光侍(キリヤマコウジ)氏が原作漫画を描いた『忍空』は、2005年のSECOND STAGEの方が その名が通っているかもしれません。 週刊ジャンプで掲載されており、多くの人の目に焼き付いたであろう、迫力のあるバトルアクションはテレビアニメでも人気の高い作品です。 ミステリアスな世界観に注目 この作品は、忍術と空手を組み合わせた史上最強の武術『忍空』という未知なる力により、世界に平和をもたらそうとする主人公の風助(ふうすけ)の姿を追うストーリーです。 世界観が、二度の世界大戦を終えた後であること、そして風助には行方不明の母親がいること、などがあります。 忍空隊の解散の秘密などミステリアスな要素も備えています。 最強とも言える実力を持った少年が大きなハンデを抱えながら真相に近づき、成長する姿は画風を裏切るように感動を覚えます。 シリアスで面白い この作品は一見、『ケロロ軍曹』に似たインスピレーションを持っていると思います。 しかし、『忍空』はバトル要素が強く、笑えるくらい真面目に戦闘します。 主人公の風助は実はエリート 12歳にして元・忍空組1番隊隊長「子忍」というキャリアは圧倒的です。 これだけのポテンシャルを持っているからこそ、母が人質にとられているのではないか?なぜ忍空という平和の力がこの世界から姿を消したのか?などの大きなテーマが見えてきます。 とにかく常時ふざけるそぶりもなく戦い続けている風助のキャラクターが圧倒的存在感を示しており隅から隅までが見所です。 絶妙なユーモアセンスがテレビアニメーションの世界でも生き生きと表現されています。 風助が籍を置いていた干支忍の強さと謎に注目です。 豪華な制作陣 忍空の主人公・風助の声優さんには松本梨香さんが抜擢されています。 松本さんはポケットモンスターのサトシ役でも有名であり、観ている視聴者に安心感を与えてくれます。 また、アニメーション制作はスタジオぴえろが担当しており、この会社は1981年の『うる星やつら』をはじめとし、数々の名作を世に送り出しています。 監督の阿部 記之(あべ のりゆき)氏はのらくろクンをはじめとし、ちびまる子ちゃんやナルト、ボルトなどでも絵コンテを任された人物です。 原作者の桐山光侍氏の圧倒的な画力をアニメに実現するためには、こうした類稀な才能が集結することにより実現したのです。 文章:Shinichiro.

次の