ハニーズ 株価。 【株主優待】3000円 買物優待券 ハニーズホールディングス(2792) 配当+優待利回り 6.0% 【資産株お勧め.98】

株式情報

ハニーズ 株価

You can follow any responses to this entry through the feed. You can , or from your own site. Says: チャートを見れば自然な下げ?といってもいいのではないでしょうか。 日足で5日移動平均線を下抜けたのが気になりますが、 まだまだ25日移動平均線のずっと上だから大丈夫。 きっと。 他人の予想なんて、これほど当てにならないものはありませんが。 Says: 私の楽しみは株主優待。 コレだけはなくさないでほしいです。 Says: say thanks to so mucha lot for your internet site it helps a great deal• Says: Keep up the helpful work and producing in the group! Leave a Reply Name Mail will not be published Website.

次の

(株)ハニーズホールディングス【2792】:株式/株価

ハニーズ 株価

資産株紹介シリーズ第98弾! 過去記事一覧は 10~60代の幅広い女性向けに低価格カジュアルウェアを展開している ハニーズホールディングス 2792 です。 株主優待は100株保有で3000円相当の自社店舗で使える買物優待券がもらえます。 コロナショックの影響をモロに受けているアパレル業界ですが、利回りが高く好財務なので注目してみました。 ここで定期的に買物する方は良さそうな株です。 ハニーズホールディングス 2792 の魅力は以下!• 過去10年、業績変動はありながらも黒字。 直近では減収増益と体質改善がみられる。 事業概要• 財務分析 高配当、優待を維持できる体力がどれだけあるか?• 業績分析 安定して稼げる利益はどれほどか?• 過去 10 年配当の推移 大きく減配していないか• 10年間で資産価値を2. 5倍にした! 資産株ノウハウに従っています。 株式会社ハニーズホールディングス• 1978年設立• 東京証券取引所第一部上場• 事業内容:衣料・服飾雑貨事業、CMPによる服飾 Cutting Marketing and Packing:顧客側が原材料の選定・調達コストを負う取引形態 製造、Eコマース事業展開 福島県いわき市が本社とは東京本社集中傾向とは違って興味深いですね。 CMPという言葉は初めて聞いたので調べました。 アパレルメーカー側は低コストで仕入れられる代わりに利益率の低い商品ができやすいそうです。 この業界は生産を労務費の安い国へシフトし続けるのが課題ですね。 四季報でも中国から撤退しミャンマーに集中とあります。 海外生産に関するひとつの考えですが、人件費を中心に海外生産展開するのはいずれじり貧になる事が見えています。 究極は経済成長するとどの国も人件費に大差が無くなるからです。 同社が中国から撤退しているのはまさにそれでしょう。 そう考えると適地生産、地産地消とそこで生産する事がコスト以外にメリットのある考えで行わないと長期的に生産継続する事は出来ないでしょう。 より抜粋 事業概要• 僕の超絶無頓着領域、服飾BRANDの紹介です• 高感度・高品質・リーズナブルプライスを軸に幅広くバラエティに富んだブランドが売りだそうです• モデルは日本人なのですね。 何というか、クラスや企業にいる少し可愛らしい普通の感じのモデルが良いですね。 庶民的な感じがします。 ハニーズの強みSPAシステム• これは業界は違えど製造業を営んでいる僕からすると相当に強みのある魅力的なシステムです• SPA Speciality store retailer of Private label Apparel=自社企画・製造・販売 システムです。 服飾業界の企画から販売までの期間はブランドもので1年程度と言われているそうです。 旬な業界なので売れなければ在庫は速攻で「減損」適用されるでしょう。 デッド在庫というやつで事業に投下したお金がゼロになってリターンゼロになる最悪の状態です• これに対してファストファッション ユニクロ等 だと 1ヵ月程度が企画から販売までの生産期間だそうです。 その代わり低コストを実現する代わりに基本的には大量生産大量消費という製造業では「昭和時代」のものづくりになります。 大量に作る事で低コストを実現できるのですね。 ハニーズの凄いところはこの中間的な位置づけのものを短期間で販売する仕組みを確立している事でしょう。 旬なブランドで独自性を発揮しながらそれを短期間で必要な量だけ届ける多品種少量生産です。 この製造形態は一般にコスト高になりますが同社はミャンマー製造やデイリー配達物流などと企画・製造・輸送・販売のあらゆるところでコスト低減を図るシステムに仕上げているので低コストで早く店頭に出せるのが強み。 しかも、デッド化を下げるために少量でも安く作れる。 売上の増減に対してスリムな企業体質にしていける仕組み。 言い換えると固定費が少ないビジネスモデル• POSとISとも連携されています。 月次売上はコロナショックが直撃• これは月次売上情報• 服飾業界や小売り業界というのは月次データを公開しているので業績変動が読みやすくあります。 緊急事態宣言緩和で一定回復するでしょうが、その値は…. 他の キングやパレモホールディングスのような同業と比べて収益力が高いのであれば、SPAは本物でしょう。 個人的に超興味がありますし、株式投資のレベルを引き上げる上でも興味があります。 より抜粋 決算説明• 最新の通期決算説明資料を掘り下げます• 国内の 売上高が好調で既存店売上高も伸びているようです• アセアンに生産シフトを拡大し中国を撤退。 中国は店舗も撤退予定だそうです 中国の富裕層は高価格ブランドに行きそうなイメージです。 ふるわなかったのでしょう。 赤字になっていました。 EC事業が順調に伸びていますね• 体質改善が進んでいるようですね。 中国撤退でアセアン集中を図ったからかもしれません• 各ブランドはバランス良い状態で伸長• 販管費は人件費と店舗費に占める割合が高くここの効率化が課題ですね。 コロナの影響は店舗費が高いため結構受けそう• ミャンマーとバングラデシュ比率が伸びていますね。 中国は市場も生産も撤退傾向です• 3つのブランドコンセプトですね。 10代から50代までをターゲットとしています• オシャレ、流動のヤングカジュアル、普段使いも出来るといったコンセプトですね• 来期方針です。 企画から販売までを40日程度で行うSPAモデルの研鑽や売り場リフレッシュ、Eコマース事業の強化・拡大とあります。 ミャンマーに製造拠点の軸を移しており、ここの現場強化に力を入れるです。 泥臭くて真面目で良いです。 色々掘り下げると目立った事はないけど、強みを活かして地道に頑張っている様が見えます。 手堅い良い企業ですね。 より抜粋 2. 各種指標 以下の指標を表にまとめています。 過去3年利益に対する今期配当金予想の配当性向• 1株配当、優待金• 配当利回り• 優待利回り• 指標はアパレル業界では普通ですね。 同業で好財務の の方が資産バリューは圧倒的に割安です。 でも高すぎない水準なので悪くない株価です• 1株利益の変動が業界傾向か激しく、過去3年の配当性向が高い。 株主優待 買物優待券3000円 ハニーズホールディングスの 株主優待は買物優待券3000円がもらえます。 100株保有時 株主優待をもらうには• 5月末日 に100株以上保有している必要があります。 100株保有時が一番利回りが高いですね。 株主優待制度変更:10株未満廃止 改悪 ,300株、500株、1000株以上新設 改良• 19年に株主優待制度が変更になりました。 10株以上で500円券1枚という破格の利回りがあったのですがこれが廃止。 50株以上の500円券2枚の破格利回りも廃止。 代わりに保有枚数が多い株主を優遇するため300株、500株、1000株が新設されるにいたりました• 株式市場は資産が多い人を優遇する流れになるかもしれませんね より抜粋 5年株価チャート• 5年株価 チャートは微妙ですね• 株価的にはINしても良いのですが、過去の推移を見ると、800円台があります。 また高値も20年の 1800円が突き抜けており、それ以外は1400円が高値。 このレンジ幅を見る限り、900円~800円で仕込みたいところですね 100株保有は余裕です。 よりチャート転載 3. 高配当や優待を維持できる体力がどれほどあるのか• 体力は過去から増え続けているか 高配当と優待を維持しながら体力増強しているか を確認していきます。 株主資本の増加と利益剰余金の増加を見る事で財務体質の強化具合を把握します。 現金等の金額推移をみる事で短期的な配当余力や支払い能力がどれほどあるかも把握します。 から抜粋して独自に加工ています。 業績、配当・自社株買いの項目も同様 財務分析• 業績変動はありつつも常に黒字ですが14~18年は 利益剰余金が若干減っている年もあります。 1株益がマイナスの年もあったので厳しい時だったのでしょう。 売上高• 営業利益• 経常利益 の推移を見ていきます。 黒字を維持できるか を第一に見ます。 次いで、効率的な経営が出来ているかを見るために• 営業利益率、経常利益率 を見ます。 ここ10年の業績は上下動が激しくばらついています• 中国市場、工場が振るわずにミャンマーなどアセアンにシフトしている10年だったのかもしれません。 20年予想は中国市場・工場から撤退しているので業績予想は良くなっています。 スリムな体質になってからコロナショックになって良かったですね。 改革中であれば資金繰りが厳しかったかもしれません。 短期的には難しい。

次の

ハニーズホールディングス(2792)株主優待|優待券でお洋服♪|2020年5月末からは端株優待終了へ

ハニーズ 株価

1 71. 1 2. 6 74. 1 0. 6 111. 4 0. 4 117. 4 0. 4 117. 0 0. 28 情報提供 株価予想 業績予想.

次の