あなたの番です真犯人。 『あなたの番です』黒島は結局何人殺した? 恐怖の殺人リストで振り返る脚本の巧さ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

【あなたの番です】犯人をネタバレ!最終回は衝撃的な結末になる!

あなたの番です真犯人

まず、「将太二重人格犯人説」、ネット上で、あまりの多くの人が唱えているのにビックリですが、絶対にあり得ないと考えています。 私もドラマを視始めた当初、「菜奈か将太のどちらかが怪しいのでは」と考えたのですが、二人が嘘をつくときの癖を視聴者に明示した、しかも、その後も二人が嘘をつくときには、忠実にその癖が出るように演出されているのを見て「菜奈と将太が犯人 黒幕 であることは絶対にない」と確信しました。 なぜなら、これは、製作側が視聴者に向けた「菜奈と将太が嘘をついているときは、必ず分かるようにします」という「ルールですから!」 藤井風なんつって それに、考えてもみてください。 自分の連れ添いが、自分を殺害するほどの二重人格者だということを一緒に生活していて気づかないでしょうか。 しかも、勘の鋭いあの菜奈がですよ! 最愛の妻を、冷酷な殺人鬼に弄ばれるように殺され、しかも、その犯人から挑発を受けた主人公が怒りに震え反撃に出る・・・で、結果、「犯人は、もう一人の自分でした、チャンチャン」って、そんなドラマのどこが面白いでしょう。 じゃあ、あの菜奈の動画を撮った 菜奈を殺した 犯人は誰か? これについては、未だハッキリしたことは言えませんが、人物像としては、「サイコパス」であろうということは、言えると思います。 それ以外、犯人が将太を挑発する理由がないからです。 また、先の方が書いておられる「菜奈の動画を撮影した場所が将太の病室」というのは、かなり鋭い考察だと思います。 菜奈が視線を落とした先には、殺されそうな将太 意識が戻っていない がいて、犯人から「選んでください、 死ぬのは、 象さん 将太 ですかキリンさん 菜奈 ですか?」と選択を迫られた菜奈が「キリン 自分 」を選択、犯人は、「 それなら 最後なんだから・・・」と、動画のシチュエーションが、バッチリ説明できます。 ただし、深夜とは言え、病院でそんなことが可能か?という疑問はありますが また、当初、菜奈は自室で殺されたのかと思いましたが、だとすると菜奈が犯人を自室に招き入れたことになり、そうなると犯人は、黒島くらいしか考えられないとなるところですが、菜奈を将太の病室で殺してマンションに運び、菜奈の持っていた鍵で部屋に入ったと考えれば、犯人は、誰でもよくなります。 黒島は犯人でないと考えているので。 さて、ここで、これまでに実行犯が ほぼ 明らかになっている事件以外の殺人事件を考察してみたいと思います。 共通した特徴を持っているのは、赤池夫婦、浮田、菜奈殺しです。 共通点は、皆さんご指摘の「遺体の口角を上げている」ですね。 これらの事件の犯人は、恐らく同一人物で、このドラマでの「黒幕」ということになると思います。 とすると、それ以外の児嶋、甲野殺しの犯人は、別にいるのかということですが、一つ不可解なのは、児嶋殺しの犯人は、なぜ、足を切り落とした遺体を隠し、足だけを夫に送りつけたのかということです。 児嶋夫婦は、交換殺人ゲームに参加していないので、早苗による山際殺しのときの首のように、次の交換殺人を煽るためではないですからね。 とすると、猟奇的な理由しか考えられないですが、やはり、黒幕と同一犯? 何れにしても、この事件については、犯人に繋がる重要なヒントがあります。 それは、児嶋の足が入ったゴルフバックを宅配業者に持ち込んだ人物の目撃証言です。 「20代前半の男」、この条件に合致する住民は、201号室の柿沼、293号室のクオン、そして404号室の江藤ということになるのですが、何れも明らかに170㎝より背が高い。 では、男装した女だったのか? 巷で怪しいと囁かれている尾野も黒島も、さすがに170㎝には及ばないですよね。 遺体の一部が入ったバックを運んだという最重要人物なのに、登場人物の中に該当する人物がいないという謎が残ります。 というか、警察も早く業者に住民の顔写真をぶつけて、当否をハッキリさせろって言うの! まだまだ、分からないことが多いですが、あと10話あるので、ゆっくり考えましょう。 翔太は犯人じゃありません。 いまだ翔太の二重人格説が根強いことに驚いています。 翔太は頭打って入院して昏睡状態だったので、アリバイありますよ。 看護師が気づかないうちに昏睡から覚めた別人格の翔太が、 怯える菜奈ちゃんの動画撮りながらなぶり殺しですか? そして、その様子を最愛の菜奈ちゃん亡くして憔悴する 表の翔太に送りつけると。 ホラーですね。 あり得ないと思います。 寝落ちシーンはそんなに不自然に思いませんでした。 それだけ疲れて、憔悴しきっているんですよ。 頭を打って入院して、昏睡から覚めて間もなくて、体力も落ちているし、 最愛の菜奈ちゃんが亡くなったんですから、精神的なダメージも大きい。 葬儀の後、そのまま寝込んでもおかしくない状況なのに、 なんとか菜奈ちゃん殺した犯人の手掛かりをつかもうとして 気力を振り絞ってるように見えました。 早苗が紙に書いたのは、「管理人さん」だと思います。 隠していた子供のことで脅迫されて、山際祐太郎を殺しています。 早苗を脅迫した人物、また管理人の死との関連ついてはわかっていません。

次の

『あなたの番です』黒島は結局何人殺した? 恐怖の殺人リストで振り返る脚本の巧さ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

あなたの番です真犯人

もし黒島が犯人だったら、最終回までにネタバレするようなこんな展開にならないですよね~。 あくまでも黒島は視聴者を錯乱させる要員だったんだと思います。 同じく19話で幼少期に高知県にいたとわかる尾野、自首した田宮も犯人候補から外れたでしょう。 ではいったい黒幕は誰なのか!? 私が思うに、 黒幕は絶対に第1話に登場している人物です。 内山や南、二階堂、桜木るりなど後から登場してきた人物が犯人という可能性はないでしょう。 現在も続いてる【反撃編】は、いつのまにか翔太が菜奈を襲った犯人捜しという目的にすり替わっています。 【あなたの番です】が始まったころは菜奈たちも、そして私たち視聴者も、交換ゲームの犯人捜しだったはずです。 その事件の発端となったのは、 第1話の交換ゲームだったはず。 あれがなければ、南穂香の事件から何も発展しなかったはずですから。 つまり、第1話に登場している人物に犯人がいると考えるのが普通です。 私は、第1話でものすごい存在感を放っていた 管理人・床島が犯人だと思います!! 【あなたの番です】最終回結末予想!床島が犯人だと思う理由 私が床島が黒幕だと思う理由は2つあります。 床島を演じる竹中直人の登場回数が少なすぎる 一つは床島を演じるのが竹中直人さんだったということです。 竹中直人さんをたった1話だけ登場させるなんて、なんだかもったいないと思いませんか? 第1話で圧倒的な存在感を見せつけ、その後は江藤が赤池幸子に見せたキウンクエ蔵前の忘年会動画しか登場していません。 それ以外は回想シーンなどもなく本当に出番がないんです。 また、第1話で物語が始まる前にゲームについて解説していたストーリーテラーの役割を果たしていたのは、竹中直人さんでした。 あなたの番です第1話のオープニング、竹中直人(管理人の床島)の説明から始まる。 人狼でいうゲームマスター? — ぽっぽ ponponpoppo3 ここも袴田吉彦と久住譲の要素に絡んできてますよね~! 【あなたの番です】第1話冒頭は竹中直人さんで始まり、ドラマが始まると床島として登場していました。 初めて見た時、ちょっと あれ?って思ったんですよね~。 最初は竹中直人本人が名乗るのかと。 わざわざ竹中直人さんにこの冒頭部分を語らせるような演出をしたのは、何か意味があるんじゃないでしょうか? そしてこの演出が生きてくるのは、最終回で竹中直人さんがドラマを総占めしてこそ! マンション名にもなっている キウンクエの意味に引っ掛けて、 【誰でもこういうことはあり得る世の中なんですよ~。 次はあなたの番です。 】と竹中直人さんが語って終わりそうな予感がします。 そして2クールにわたり話題になっていた 【あなたの番です】の真犯人を若手俳優が務めるというのは無理があると思います。 【扉の向こう管理人室】があったら面白いから 床島が犯人だと思う2番目の理由は、床島の【扉の向こう】が開いていないからです。 2019年8月29日現在、Huluオリジナルストーリー【扉の向こう】が配信されていないのは、 103号室田宮淳一郎、302号室手塚翔太だけです。 順当にいけば、 9月1日に田宮の部屋、9月8日(最終回)に翔太の部屋かな?と思います。 でも 【管理人室】という扉があってもおかしくない気がします! 床島はボロアパートに一人で住んでいたことがわかっているので、キウンクエ蔵前に無関係な床島のアパートの扉を開けるわけにはいきません(笑) でもキウンクエ蔵前の【管理人室】なら、開けたら秘密が出てきそうな気がしませんか? 西村が隠れて読んでいた管理人日誌、管理人室にあった白いシュシュ、賃貸部屋のスペアキー、マスターキー、西村君へお詫びの品と書かれた麻雀マット。 管理人室の伏線もこれまでいろいろありました。 白いシュシュは結局尾野の物なのか? どうしてシュシュが置いてあったのか? マスターキーは結局何本あったのか? まだ回収されていない伏線もありますし、第1の事件が起こるまでの管理人室の動きがこれで見られたら面白いなって思います。 【あなたの番です】最終回結末予想!床島が犯人か最新考察! 床島が犯人だったらどんな展開だったのだろうかと推測してみました! まず、キウンクエ蔵前で起こった一連の事件のはじまりは、床島のある言葉がきっかけでした。 思い返してみてください。 床島は住民たちに 【誰でも一人ぐらいいなくなってほしい人っているよね。 】と語り始めます。 それからお互いにいなくなってほしい人を交換して襲えば動機がわからず警察にバレることはないという話になります。 菜奈も意見を求められて【交換すれば疑われることは少ないと思います】と答えていました。 そうしてお互いに誰が居なくなってほしいと思っているか、クリスマスのプレゼント交換の方法で教えあおうということになり、例の妙なゲームへと発展していったのでした。 つまり、床島が【みんなあなたのことを嫌ってますよ】という藤井の言葉にキレなければ、床島が【誰だっていなくなってほしい人の一人や二人いる】という発言をしなければ、一連の事件は起きなかったんです! 私は、床島がゲームを仕掛けた犯人で、一番最初の事件を起こした犯人は床島だったと考えています。 床島をロープで吊るして地面にたたき落したのは、誰でもない 床島自身だったということです。 警察の調べでも、マンションの屋上の手すりに床島の指紋と下足痕があることが確認されています。 つまり、交換ゲームの第一の事件と思われた床島の事件は、 床島による自作自演です!! 床島は脳腫瘍を患っていて、生きる気力を失っていました。 もう自分はどうなってもいいと自暴自棄になっていたことを、麻雀仲間である西村は見聞きしていたはずです。 床島が交換ゲームを提案したのはほんのささいな出来心。 しかし、床島は自分で【管理人さん】という紙を引き、自分が本当に嫌われ者で息絶えてもいいと思っている人間がマンション内にいるということを知り、かなり落ち込みました。 あなたの番です考察 ・床島管理人が紙を開いたとき、少しショックな表情をしている。 ・これは紙に【管理人さん】と自分のことが書かれていたからではないでしょうか。 ・ゲーム前に自分のことを殺したいかと聞いて騒いでいた手前、少し可哀想ですね — キウンクエ風間 itsyourturn12 そして管理人日誌に住民会で起きたことをすべて書き、 西村に後を託したのです。 床島は交換ゲームが始まったかのように偽装するため、自分の体にロープを巻き付けて、自らマンションの屋上へ足を進め、落ちていきました。 床島は西村に自分が引いた紙の【管理人さん】と書かれた紙を掲示板に貼るようにお願いしました。 その真意を聞こうと管理人室に向かった西村は、床島が管理人室にいないことを不審に思い、床島の電話を鳴らします。 ここからが菜奈と翔太が目撃した場面です。 屋上の柵を飛び越えた床島は、一気に地面にたたきつけられたと思い気絶していました。 でも実際にはロープが柵にひっかかっていて302号室のあたりで漂っていたのです。 西村からの電話の着信によって床島が目を覚まし、暴れたことで床島の体は一気に落下。 102号室の児嶋佳世の住む部屋の外に横たわっていたのでした。 西村は管理人から言われた通り、掲示板に【管理人さん】と書かれた床島の引いた紙を貼りました。 床島は隠し部屋にいる総一の存在を抜き打ちチェックで知り、早苗を脅していました。 だから床島は【管理人さん】と書いたのは早苗だろうと考えたのです。 そして西村は床島に頼まれた通り早苗の部屋に脅迫文を送り、ゲームが開始されることを促します。 それからは早苗の供述通りに事が進み、快楽犯と交換ゲームが入り乱れて一連の事件に発展していったのでした。 となると快楽犯は誰になるんだ?という疑問が湧いてきます。 番組プロデューサーの話では、最終回で真犯人と翔太と対峙するそうなので、翔太犯人説はなくなりましたね(笑) 床島とデュエットしたり、表札を作ったと思われる 尾野でしょうか? それとも、仲の良い床島が自ら命を絶つことを選びそれを救えなかった自責の念に駆られている 西村でしょうか? 快楽犯の方もきっと意外な人物に違いないでしょうね!.

次の

【あなたの番です】黒幕・犯人最有力候補と言われる手塚翔太の4つの証拠!

あなたの番です真犯人

納得した。 他のパターンを考えてみても、もし、二重人格とか双子というトリッキーな設定を最後に出すとしたらミステリーとしては掟破りになってしまう。 もしくは、どんでん返しを狙うあまり、中心人物の翔太か菜奈(原田知世)が裏の顔をもつ殺人鬼だったというイヤミス風の結末になったとしたら、半年間の放送で親しみを持ってきたキャラクターに裏切られた気分になっただろう。 折返し地点で予想したとおり、ずっと怪しかった黒島が「ジコチューで行こう!」というノリで快楽殺人を重ねていたというのは、順当な結末だったのではないだろうか(参考:)。 最終話近くまで黒島にたどり着けなかった警察は無能だが、現実社会で起きる猟奇殺人事件でも警察が推理によって犯人を突き止めることはあまりないので、その意味でもリアルと言えるかもしれない。 黒島を演じた西野七瀬の殺人者としては凄みのない、普通の子のような演技も、罪悪感を持てないサイコキラーって案外こんな感じなのかも、とある意味リアリティを感じさせた。 図表1 改めて一連の殺人事件の真相を整理してみると、図表1のようになる。 黒島とその崇拝者である内山(大内田悠平)は殺しも殺したり合計8人。 しかも、最終的にはお互いのことまで手にかけているわけで、このコンビにはまったく救いがない。 迷惑極まりない2人である。 もしかすると、このドラマは20話をかけて、アイドルとその熱狂的ファンの危険な関係を比喩として描いてきたのだろうか。 それとも、黒島という殺人衝動を抱えた異常者に踊らされ、つい人を殺してしまった他の住民の愚かさを描いてきたのだろうか。 舞台となるマンション内で殺人が始まったのは、住民会での交換殺人ゲームで早苗(木村多江)が管理人・床島(竹中直人)の名前を書いてから。 その夜、床島が死んだのは他殺ではなく自殺だったのだが、床島にショックを与えた早苗を許せない西村(和田聰宏)が彼女を脅し始めたのがきっかけになった。 そこから早苗、藤井(片桐仁)、シンイー(金澤美穂)とその仲間、久住(袴田吉彦)へと「あなたの番です」という脅迫状を受け取った人が脅えるあまり、連鎖反応的に殺人を犯していった。 そんな真相が見えてくると、最後に黒島が言ったように「人間、誰しも人殺しになる可能性あるんだな」という人間性のもろさを感じさせ、そこに脚本家の福原充則のたしかな手腕を見て取れる。 ホームドラマや学園ドラマではないサスペンスで、2クールをかけてひとりの連続殺人犯が判明するまでを描くという企画は、日本のドラマでは前例のない試みだった。 後半の「反撃編」だけを振り返っても、木下(山田真歩)、総一(荒木飛羽)、佐野(安藤政信)、尾野(奈緒)、二階堂(横浜流星)と犯人に見える人物が次々に代わって、視聴者を引きつけつつストーリーを巧妙に転がしていった脚本には、拍手を贈りたい。

次の