セキド。 セキド

【楽天市場】DJI製品を中心とした空撮用ドローンのSEKIDO楽天市場店です:SEKIDO RC SELECT 楽天市場店[トップページ]

セキド

昭和31年 関戸電機商会創業 昭和38年 株式会社関戸電機設立 昭和57年 株式会社セキドが売上高100億円を突破 昭和9年 セキドが家電FC8フランチャイズ)契約スタート 平成元年 セキドブランドショップ1号店出店 平成2年 セキドが株式公開(店頭登録) 平成7年 セキドが赤まる市場(群馬県高崎)に出店 平成11年 セキド諏訪ステーションパーク(長野県)に出店 平成12年6月 セキドSuper Select Shop LoveLove相模原店オープン 平成12年11月 セキドSuper Select Shop LoveLove四日市店オープン 平成12年12月 セキドが東証2部上場 平成13年7月 セキドSuper Select Shop LoveLoveイオン東浦店オープン 平成13年11月 セキドDigital Netwaok Shop SEKIDO橋本店オープン 平成15年3月 セキドSuper Select Shop LoveLoveイオンウニクス南古谷店オープン 平成15年8月 セキドSuper Select Shop LoveLoveイオン扶桑店オープン 平成15年12月 セキドSuper Select Shop LoveLove太田店オープン 平成17年3月 セキドSuper Select Shop LoveLove館林店オープン 平成17年3月 セキドタリーズコーヒー館林アゼリアモール店オープン(FC1号店) 平成17年3月 セキドSuper Select Shop LoveLove八千代台店オープン 平成17年6月 セキドSuper Select Shop LoveLove浜松市野店オープン 平成18年4月 セキドRUFF and TIGHT錦糸町店オープン 平成19年6月 セキドSuper Select Shop LoveLove柏店オープン 平成19年6月 セキドSuper Select Shop LoveLove小山店オープン 平成21年6月 セキドSuper Select Shop LoveLove大高店オープン 平成21年7月 でんきのセキド昭島モリタウン店オープン 平成21年7月 セキドSuper Select Shop LoveLove高の原店オープン 平成21年8月 セキドSuper Select Shop LoveLove越谷レイクタウン店オープン 平成22年6月 セキド本社を東京都新宿区に移転 平成22年3月 セキドSuper Select Shop LoveLove各務原店オープン 平成22年3月 セキドSuper Select Shop LoveLoveイオン銚子店オープン 平成22年11月 セキドSuper Select Shop LoveLove池袋PARCO店オープン 平成23年3月 セキドSuper Select Shop LoveLoveイオン伊丹昆陽店オープン 平成23年4月 セキドLoveloveアウトレット高倉店オープン 平成23年5月 セキドGINZA LoveLove店オープン 平成23年6月 でんきのセキド川越店オープン 平成24年8月 セキド本社を東京都新宿3丁目へ移転 平成24年10月 でんきのセキド全店舗閉店 平成25年10月 セキドGINZALoveLoveイオンタウン上里店オープン 平成25年10月 セキドGINZALoveLoveイオンタウン山梨中央店オープン 平成26年3月 セキドEC事業部、事業開発部を新設 ・ 高い目標に挑戦:これがセキドの歴史をつくったバックボーンであります。 年商1,000万円の創業時に年商1億円を目指し、年商1億円を達成した昭和43年に次の目標10億円を目指し、更に昭和58年年商100億円を達成して、現在年商1,000億円企業づくりに挑戦しております。 セキドは夢を追い求める無我夢中集団であります。 千里の道も一歩からといいますが、セキドは高い目標を掲げ、従業員一人一人が自らの進歩を求め、一店一点が地域No. 1に挑戦しています。 ・ ウソをつかない:お客様にウソをつかない。 出来ないことは約束しない。 約束ごとは必ず守ることをモットーとしています。 企業が社員に対してウソをつかないことは当然であります。 セキドはお取引先に対し、社会に対してウソをつかないことを信条とし、誇りにしています。 本音で話し合える人間集団セキドこそ、企業成長の根幹であると考えています。 ・ 店頭第一主義:一人のお客様に一つの商品を一人の社員が販売し、サービスを提供する。 これが営業の基本単位であり、すべての経営活動はここを出発点とし、終結点としております。 店頭第一主義をセキドの経営にたずさわる全員の基本姿勢としております。 家電は家庭電器業界から店舗撤退し、今わずかに外商部で販売がされている程度で、現在では売り上げのほとんどがファッション部門です。 多店舗の店頭販売を経営方針として掲げていますので急激な販売高の伸びは期待できないでしょうが、この店頭販売がこの会社のウリとなっており、特徴でもあります。 徹底した自社専門バイヤーによる直接買い付けで、安心の価格形態となっており、長年にわたるファンも多いです。 また、ポメランジェという独自のブランドを立ち上げ、バッグ、財布の開発、製造、販売を自社で行っています。 そして新たに、現在、中国、韓国など世界24ヶ国で大ヒット中のマスクシート(美容液マスク)LEADERS日本総代理店となりました。 マスクシートは低刺激処方コスメシューティカルブランド(機能性化粧品)です。 水分チャージで素肌をリニューアルが謳い文句です。 セキド全店及び全国186の契約店舗、そしてアマゾン、ヤフーショッピングのネットショップなどで好評発売中です。 多店舗販売で依然として攻めの経営を行っているセキドですが、業績は低迷しています。 2012年にはセキドの店舗が入居していたショッピングセンターが破産手続きしたため敷金債権1億2千万円が回収不能に陥り、一旦半分を貸倒引当金に計上しました。 以来、本業の売上高も計画通りに上がらないこともあって、近年4期連続で赤字となっています。 今や、営業力の強化や、コスト削減、人材の強化などの施策は急務であり、一日も早く、黒字体質に戻さなくてはなりません。 既にファッション事業部の売上高は全体の96. 1%を超えており、電化製品販売の影すらありません。 全人材を集中的に収益部門に集め、根幹を固めながら、販売網の拡充に尽力してほしいものです。 内包するエネルギーが大きいだけに期待をするファンも多いです。

次の

(株)セキド【9878】:リアルタイム株価チャート

セキド

セキドのみんかぶ目標株価は「342円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 209円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 543円 と判断されています。 セキドは、【バッグ、時計、専門店】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

セキド新潟上越

セキド

セキドのみんかぶ目標株価は「342円」で【売り】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 209円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 543円 と判断されています。 セキドは、【バッグ、時計、専門店】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の