新 三国志 異 民族。 《三国志12:威力加强版》隐藏要素出现方式分析

《三国志12:威力加强版》隐藏要素出现方式分析

新 三国志 異 民族

『新三國志(しんさんごくし)』 これが「新」の三國志、「真」の育成型戦略シミュレーションゲーム(SLG)! 今までとは一味違う、王道にして超本格派。 深い戦略性と、圧倒的なやりこみ要素が存分に味わえます。 自分だけの最強の布陣を編み出そう。 facebook. youtube. com 『新三國志』総合サポート:herogame yingxiong. , LTD. All rights reserved. All Rights Reserved. , LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. 【価格】基本プレイ無料(一部アプリ内課金あり) 【推奨および対応OS】: iOS 9. 0以降 【対応端末】 : iPhone 5 以降、iPad mini 2 以降、iPod touch 第6世代 【推奨RAM】 : 2. 0GB以上搭載のスマートフォンおよびタブレット端末 【必要RAM】 : 1. 価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。 ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。 サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。 ただし、 一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。 幅200px版.

次の

異民族武将

新 三国志 異 民族

『新三國志(しんさんごくし)』 これが「新」の三國志、「真」の育成型戦略シミュレーションゲーム(SLG)! 今までとは一味違う、王道にして超本格派。 深い戦略性と、圧倒的なやりこみ要素が存分に味わえます。 自分だけの最強の布陣を編み出そう。 facebook. youtube. com 『新三國志』総合サポート:herogame yingxiong. , LTD. All rights reserved. All Rights Reserved. , LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED. 【価格】基本プレイ無料(一部アプリ内課金あり) 【推奨および対応OS】: iOS 9. 0以降 【対応端末】 : iPhone 5 以降、iPad mini 2 以降、iPod touch 第6世代 【推奨RAM】 : 2. 0GB以上搭載のスマートフォンおよびタブレット端末 【必要RAM】 : 1. 価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。 ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。 サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。 ただし、 一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。 幅200px版.

次の

新三國志:育成型戦略シミュレーションゲーム

新 三国志 異 民族

基本的に列伝形式で異民族に関わった人物のストーリーが列挙されていきます。 (所々将軍位解説等のコラム有り) やや『三国志』本編資料だと混乱しやすい人物でも、広くエピソードを集め、その上で読みやすく再整理されており、あまり『三国志』に詳しくないという方でも把握しやすい内容だと思います。 ただし、独自解釈や新資料といった真新しい情報は皆無といってよく、ある程度『三国志』を読み込んだ人だと恐らく読み足りないのでは、と思います。 個人的には異民族の誕生経緯や、風土・歴史といった物の解説に主眼を置かれているのだと思っておりましたので、少し肩透かしでした。 まとめますと、『三国志』に登場する人物を通して、『三国志』に異民族がどのように関わったかを知る書物で、基礎的資料であると言えそうです。 その辺りがまだ難しい、混乱している、という方には理解の一助になるのではと思います。 羌や鮮卑、烏桓と言うキーワードは演義でも出ては来るのですが、 それほどウエイトを置いた存在ではなく、刺身のツマ的な小さな扱いでしかありません。 しかしながら、正史での異民族討伐の難しさは張遼や郭嘉などの伝より読み取ることが出来ますし、 演義では孔明の南蛮征伐が有名で、こちらは孔明自身による物は乏しい物の、 馬忠や李恢、呂凱と言った人物達により行われています。 有名無名の差はありますが、三国志で活躍していた人物からの異民族への記述で、 その人物事に区切られているため、好きな人物から読み始めることも出来ます。 既知の人物より入り込めることにより、 "異民族"と言う字面の持つハードルの高さを下げてくれます。 魏は北方に長大な国境線を持つが故に常に北方よりの異民族進入を警戒せねばならず、 呉は国内の山越討伐に右往左往しながらも、南方へ根回しをし蜀の動きを止め、 蜀は西方の異民族と連携し魏を止める。 動けないが故に異民族を活用し、それにより動けないと言う雁字搦めは、 三国の睨み合いによる物では無く、別の因子も強く係わっていたことを本書では教えてくれます。 また、馬超のように異民族の血を引く者。 王平のように異民族の血を引いているのでは無いかと推察される者。 公孫サンや姜維のように異民族と密接に関わる地域出身の者。 以上の様に直接的に異民族に関係している物から、 曹操、孫権、劉備、諸葛亮らも異民族との関わりは浅からぬ物があり、 その点についても本書では述べられております。 異民族での関わりについて特に面白い人物は、 山越討伐で駆けずり回って戦功を上げ、対魏戦でも活躍し、 ハデ好きで装備も軍船も豪奢に飾り立てたと言う面白いキャラクター性があり、 個人の伝が立てられそこそこ記述量があるにも関わらず、演義では出番が全くない賀斉でしょうね。 対魏戦での戦功もあり、蜀より関羽を裏切って降った糜芳を部下に抱えるなど、 異民族討伐のみでは無い戦功もあるのですが、 (と、言うよりも演義では山越その物がスルーされている。 ) 非常に面白い魅力的な人物であるにも関わらず演義に登場できず、 マイナーなままでいるのには少々惜しい気がします。 タイトルほど"異民族"重視ではありませんが、 演義では殆ど語られず、記述が少なからずある正史でもそれほど記述は多くありませんので、 本書はそんな未知の一端へ導いてくれる一冊です。 しかしながら三国志の知識が乏しい人が呼んでもちんぷんかんぷんでしょう、 ある程度以上三国志慣れしている人にお勧めします。

次の