癇に障る 類語。 癪に障るの正しい意味!使い方や類語も一緒に紹介!

「癇に障る」と「癪に障る」の意味は?例文・類語を解説 | 言葉手帳

癇に障る 類語

「あなたはいつも自分の成績がいいのを 鼻にかけて、 癪に障るのよ」 「なによ、あなたこそ ちょっと可愛いと思って いい気になってるんじゃないわよ! このとんちき!」 「いったわね!」 「おかちめんこ!」 「あっちょんぶりけ!」 「 きいいっ! 癪に障る!!」 つまり、嫌味なことをされたり、 悪口を言われたりしてイヤな気分になることです。 「あっちょんぶりけ」は別に悪口じゃないか。 まあ今どきケンカで こんなセリフ言うのはあまりなく、 ほとんどマンガか小説の中だけの 言葉かもしれませんが、 慣用句としては、こういうことですね。 使うというよりは 本などで見ることのほうが多いかもしれません。 「癪」って何? 「癪(しゃく)」とは 胸や腹が痛むこと、 またそういった症状を起こす病気を表します。 「持病のシャクが~」 なんて言い方がありますね。 これは胸や腹が痛む病気になります。 じわじわと痛むというより 急激なキリキリとした痛みのことで ここから腹が立つという 慣用句に使われたのでしょう。 胃潰瘍、結石、胆石、虫垂炎(盲腸炎) などになったことがあれば イメージしやすいかも。 読み方が奇妙に感じるかもしれませんが、 「積」という漢字も「シャク」 と読むことがあるので、 そこから来ていると考えられます。 「障る」もよく分からないのだけど 「障る(さわる)」は じゃまになる、さまたげられる という意味です。 「障害(しょうがい)」 「障壁(しょうへき)」 という言葉がありますね。 「さわる」と言えば 「触る」が一般的ですが、 これは物理的に手などを当てたり かかわりを持つという意味なので 「障る」とは違う言葉になります。 つまり「癪に障る」で、 痛みを起こす病気のじゃまになる、 ようは痛みを引き起こす ということで、ここから 「腹が立って病気になりそう!」 といった意味で使われるのですね。 スポンサーリンク 癇に障る(かんにさわる) ほとんど同じ慣用句として 「癇に障る(かんにさわる)」 というのがあります。 こっちも腹が立つという意味なので ほとんどというか、 まったく同じといっても さしつかえないかもしれません。 ただ「癇(カン)」という字は 「癪(シャク)」と同様、 病気を表すこともありますが、 たんに「いらだったりする」 という場合もあるので より感情的な意味合いがあると考えられます。 個人的な感覚ですが、漢字のイメージから 強いてふたつの慣用句の違いをあげるなら、 「癇に障る(かんにさわる)」 はどちらかというと もともと少し感情的になりやすい人が 「あいつの話はカンに障るわ~!」 と、 自分の怒りっぽさを 多少はみとめながらも やっぱり腹が立つ、 といった使い方をされることが 多いように感じます。 いっぽうの 「癪に障る(しゃくにさわる)」は 病気を刺激されたら 不快なのが当然のように 「それをされたら 腹が立つのもしょうがない」 といった使い方、たとえば 「あの人の話を聞いていたら 自慢ばかりでシャクに障った」 のように、より明確に 「腹が立つ原因」があるように思います。 まあこれはあくまで たんなるイメージですし、 強いて言えばということなので むりに両者を使い分ける必要も ないかとは思います。 ちなみにふたつの漢字を あわせると 「癇癪(かんしゃく)」 となって、怒り爆発になりますね。 なんでこんな言葉使うのか 最初に言った通り この言葉、じっさいには あんまり使わないでしょう。 腹が立ったときに言うのは あたまにくる かちんとくる むしゃくしゃする むかつく いらつく いらっとする など、わりと年代によって 違うような気がします。 下にいくほど現代的? よく分かりませんけど。 少なくとも、本気で起こったときに 「シャクに障るわ~!」 なんて言う人は少ないと思います。 なんか怒りが伝わらないというか むしろ笑われそう。 でもそれがこの慣用句を 使うメリットにもなる思います。 本気でだれかに怒りを ぶつける必要がある場面って じつはほとんどなく、 怒ったところで かえって悪い結果になることが多いです。 短気は損気(たんきはそんき) なんて言葉があるくらいですから。 でも現実として 腹が立つことはあるわけですね。 それをただ黙ってこらえるのも やっぱりシャクニサワルじゃないですか。 そんなとき、この 「癪に障る」を上手く使えば 怒りを比較的やんわりと 伝えられやすいように思います。 少なくとも「ムカツク」とか 「イラつく」よりは言葉の響きが いくぶんは上品になるので それだけでも使う価値がありそうです。 癪に障ったときは 慣用句としての使い方というよりは ものの考え方の話になりますが、 癪に障るときは なるべく前向きな解決法を取りたいものです。

次の

癪に障るの正しい意味!使い方や類語も一緒に紹介!

癇に障る 類語

「癪に障る」の語源と意味は? 最初に「癪に障る」の語源と意味からみていきましょう。 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」 「癪に障る」の読み方は「しゃくにさわる」となります。 「癪(しゃく)」という字は難しく見えますが、部首「やまいだれ」の中に「積」という字が入った漢字で、「障る(さわる)」は「障害」「故障」などの「障」となります。 「癪に障る」の語源は「胸部に激痛が走る意味の癪」から まず「癪に障る」の語源を把握する上で大切なのは、「癪」という言葉の意味から理解することでしょう。 「癪」とは、胸部や腹部が急にけいれんを起こし激痛が走る病状「さしこみ」または「疝痛(せんつう)」のことを指しています。 人は不快で腹が立つと、胸部や腹部が痛むことがありますが、この症状にちなんで「癪に障る」という表現が生まれました。 「癪に障る」の意味は「不愉快で腹が立つこと」 「癪に障る」とは「不愉快な気分で、腹が立つこと」を意味する言葉です。 何か気に入らないことがあり、気持ちがむしゃくしゃすること、またイライラ、ムカムカする状態を指しています。 そのため、間違っても心は穏やかな状態ではありません。 一般的に「癪に触る」時は、言動が粗野で暴言を吐きがちになることがほとんどでしょう。 もちろん、言葉にもトゲがあり、表情もしかめっ面です。 「癪に障る」は英語で「be irritated」「feel offended」 英語で「癪に触る」を表現するときは、腹が立つ、気持ちがイライラするという意味の「be irritated」や「feel offended」を使うのがよいでしょう。 その他、不快な気持ちを表現するなら「be annoyed」「be frustrated」も状況によって使うことができます。 Her attitude really annoyed me. あの子の態度、本当に癪に障るわ。 癪に触るようなことはするな。 「癪に障る」の使い方で気を付けたい点と例文 続いて「癪に障る」の使い方で気を付けるべき点を挙げながら、わかりやすい例文とあわせて解説します。 「癪に障る」を「癪に触る」と表記するのは誤り もともと「癪」は腹痛を表す「病状」のことで、特定の場所やものを指す言葉ではありません。 そのため、何かに触れるという意味の「触る」を使うのは誤りとなります。 ちなみに「障る」には「差し支える」「支障ができる」という意味があり、この場合はイライラすることによって引き起こされる「癪」という病状が行動に支障をきたすというニュアンスで「障る」が使われていると解釈できます。 「癪に触る」と「癇に障る」を混同しない 「癪に触る」に似た言葉に「癇に障る(かんにさわる」がありますが、この二つは意味が多少異なります。 「癪に障る」は「腹が立ち、気に障る」ことですが、「癇に障る」は「気に入らないことが原因で腹立たしく思う」ことを意味する言葉です。 たとえば、「癇に障る」の例文を挙げると「気取った話し方が癇に障る」「堂々とし過ぎる態度が癇に障る」などになり、純粋に腹が立つという意味の「癪に障る」とはニュアンスが少し異なります。 混同しがちな二つの表現ですが、文章に用いる時は正しい意味合いの方を選ぶようにしましょう。 「癪に障る」を使った例文 「癪に障る」を使った例文をいくつか挙げてみます。 癪に障るようなことをするべきではない。 感情のままに部下を叱る上司が、とても癪に障った。 癪に障るようなことはした覚えがないのに、彼女は一日怒っている。 今日はデートの日。 満員電車で足を踏まれたが、なぜか癪に障らなかった。 「癪に障る」の類語は? 最後に「癪に障る」と言い換えのできる類語についてみていきます。 状況やイライラの度合いによって上手に使い分けをしてみて下さい。 「癪に障る」と言い換えのできる類語は「気に障る」や「鼻につく」 「癪に障る」の類語には「気に障る」「鼻につく」「気分を害する」「不愉快に思う」などがあります。 「癪に障る」には腹立たしく不快な気分になるという意味がありますが、程度によっても表現が少しずつ変わってくるでしょう。 「鼻につく」なら「何となく不快で気になる」程度ですが、「気分を害する」となると「楽しい気持ちが妨害される」という意味になります。 状況によってふさわしい類語を選び、言い換えをするようにしましょう。 不快な気持ちを強く表す類語なら「むしゃくしゃする」や「うっとうしく思う」も 「癪に障る」を特徴的な表現を使って言い換えるなら「むしゃくしゃする」「うっとうしく思う」などが挙げられます。 また、本当にイライラして胸中が不快感だらけという意味では「胸くそ悪い」も類語の一つでしょう。 しかし、言葉が与える印象がやや暴言的な表現であるため、使う相手には十分気を付けるようにして下さい。 まとめ 「癪に障る」は「しゃくにさわる」と読み、意味は「不快に思う」「腹が立つ」となります。 日常ではイラっとしたり、気分を害された時に「癪に障る」という表現をよく使いますが、そもそも「癪」とは胸部や腹部に激痛が走る病状を指し、腹が立った時に胸や腹に不快な痛みのようなものを感じるところから生まれた表現となります。 ビジネスシーンや職場でも「癪に障る」言動に出くわすことがあるでしょう。 その時は大きく深呼吸をして「癪」を鎮めるようにすることも大切です。

次の

「癇に障る」とは?意味や類語!「癇に障る」と「鼻に付く」の違い

癇に障る 類語

「癪に障る」の「癪 しゃく 」は、 不愉快で腹立たしいという意味。 「障 さわ る」が加わることによって、 相手の言動や行動によって腹が立つとなるのです。 簡単に言ってしまえば、「癪に障る」を使う場面は「むかつく」を使う場面と同じ。 自分自身が気分を害した時に、相手へ意思表示するための慣用句といえるでしょう。 注意していただきたいのは、「 触る」ではなく「 障る」だということ。 同じく「さわる」と読みますが、意味は全く違います。 「触る」は実際に手で触れたり、物を動かすなど、動作に使う言葉ですよね。 対して「障る」は 感情に対して使います。 「気に障る」や「体に障る」など、 妨げられた時に使う言葉。 間違えないように注意しましょう。

次の