着信拒否メール。 iPhoneで着信拒否やメール拒否

着信拒否サービス

着信拒否メール

申し込み不要• 無料で使える• 圏外や電源OFF状態でもアナウンスで応答してくれる• 最大30件まで電話番号を拒否できる• 非通知設定の着信も登録できる 迷惑電話ストップサービスは、手続きをしなくてもすぐ開始できます。 こちらの都合で着信拒否が可能になり、もしかかってきたとしても スマホに着信履歴は残りません。 設定後、相手には「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」とアナウンスが流れます。 2回アナウンスが流れたあとは自動で通話が終了します。 一度、拒否設定をしてしまえば解除するまで有効です。 指定の番号から着信通知も着信履歴も残したくないときに使ってみましょう。 迷惑電話ストップサービス設定方法 迷惑電話ストップサービスの具体的な設定方法を解説します。 「My docomo」にログイン• 設定(メール等)• 迷惑電話ストップサービス• 番号を指定して登録• 拒否したい電話番号を入力• 確認する• 内容を確認し「設定を確定する」• 設定完了 個別に手入力して登録する方法のほかに、「最後に着信して通話した番号の登録」も可能です。 直前に通話した相手を拒否したい場合は、この機能を使うと手間がかかりません。 非通知設定でかけてきた番号を拒否する方法 迷惑電話ストップサービスでは、非通知でかかってきた番号も拒否できます。 スマホ画面では電話番号が表示されないので、「最後に着信して通話した番号の登録」の機能を使います。 着信して通話したことが条件になっているため、不在着信状態では設定できません。 すぐに電話を切っても良いので、 一度電話に出て通話する必要があります。 通話を終了させたあと、「最後に着信して通話した番号の登録」で相手の番号の登録が可能です。 もし拒否した相手が非通知設定を解除して電話をかけてきたとしても、拒否設定は有効のままになります。 非通知で何度もかけてくる迷惑電話があったら、この方法を試してみてください。 「144」に電話をかける ダイヤル操作で迷惑電話ストップサービスを設定する方法です。 音声のアナウンスに沿って操作していきますので、スマホの操作が不安な人におすすめです。 迷惑電話ストップサービスは無料で30件まで設定できる• 設定すると着信履歴を残さずに拒否できる• 設定と解除には「My docomo」「144へ電話」「スマホの電話アプリ」の3つ方法がある• Androidはスマホの電話アプリから登録すると、電話番号を引用できて手間いらず• スマホから設定・解除するならMy docomoが直感的でわかりやすい スマホの標準機能でも着信拒否の設定ができる 迷惑電話ストップサービスを利用するほかに、着信拒否をする方法があります。 それは、スマホに搭載されている設定機能を使う方法です。 iPhoneとAndroidで設定後の動作が少し異なりますので、それぞれの着信拒否設定について見てみましょう。 iPhoneの場合 iPhoneの本体設定から着信拒否をすると、相手には話し中の「ツーツー」という音が流れます。 電話はもちろん、メッセージやFace Timeの拒否が可能です。 着信履歴は残りませんが、 不在着信のメッセージが届くことがあります。 何も記録を残したくないときは「迷惑電話ストップサービス」を使うのが良いでしょう。 以下の操作方法はiOS12で動作確認した手順です。 iPhoneで着信拒否を設定する方法 拒否したい番号を電話帳に登録しているか、していないかで手順が異なります。 iPhone・Androidともに本体の設定から着信拒否ができる• どちらも相手には話し中の「ツーツー」という音が流れる• iPhoneの場合、着信履歴は残らないが不在着信のメッセージが届くことがある• Androidは着信履歴が残る• Androidなら非通知設定や公衆電話の拒否設定ができる 非通知設定の着信拒否には「番号通知お願いサービス」 iPhoneでは、スマホの機能で非通知設定の着信拒否ができません。 またAndroidユーザーで、非通知設定の着信履歴は残したくないといった場合もあるでしょう。 そこで使えるのが、非通知設定の着信をすべて拒否できる「 番号通知お願いサービス」です。 番号通知お願いサービスでできること 番号通知お願いサービスは無料で使えます。 番号通知お願いサービスを設定すると、 非通知設定の着信を完全に拒否できます。 相手には「最初に186をつけて発信するなど、電話番号を通知しておかけ直しください」とアナウンスが流れて自動で通話が終了します。 こちらに着信履歴が残らないのが大きなメリットです。 「迷惑電話ストップサービス」は無料で30件まで拒否でき、着信履歴は残らない• 設定と解除はMy docomoが便利• iPhoneもAndroidもスマホの設定から着信拒否ができる• Androidに限っては非通知や公衆電話も拒否できる• スマホ機能の拒否設定だと着信履歴や不在着信メッセージが残ってしまう• 非通知着信を拒否して履歴を残さないには「番号通知お願いサービス」が便利 着信履歴を残さずに、指定した電話番号を拒否するなら「迷惑電話ストップサービス」がおすすめです。 非通知設定からの着信も拒否できますが、一度通話状態にする手間がかかります。 すべての非通知設定の着信をまるごと拒否するなら、「番号通知お願いサービス」も活用してみましょう。 また、スマホの着信拒否機能を使って、迷惑電話をブロックする方法もあります。 それぞれメリット・デメリットはありますが、設定や解除方法は簡単です。 用途に応じてサービスを併用しながら迷惑電話を撃退していきましょう。

次の

iPad で特定のメールアドレスからのメール受信を拒否したい

着信拒否メール

タップできる目次• iPhone本体で着信拒否設定をした場合 iPhone本体で着信拒否をした場合ですが、電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。 なので、着信拒否をした相手の 電話の 着信、及び SMSは履歴に残りません。 携帯キャリアからのお知らせだけ来るようになります。 Android本体で着信拒否設定をした場合 Android本体で着信拒否をした場合ですが、特に設定で選ぶ欄が無ければ、 電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。 ブラックリストの設定をすることで、着信拒否をした相手の 電話の 着信、及び SMSは履歴に残りません。 設定のブロックから拒否したSMS(メッセージ)と拒否した着信履歴は確認できるようになっています。 通常の通知は一切ありません。 Docomoのキャリアで着信拒否設定をした場合 Docomoキャリアで着信拒否をした場合は 通話の着信拒否()と SMSの拒否()は 別々に設定する必要があります。 キャリアで拒否するメリットとしては、本体に履歴が一切残らないので、煩わしさがなくなります。 auのキャリアで着信拒否設定をした場合 auのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、へのオプション加入が必要です。 SMSの拒否は()着信拒否設定とは別で必要になります。 Softbankのキャリアで着信拒否設定をした場合 Softbankのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、へのオプション加入が必要です。 SMSの拒否は通話の着信拒否とは別にが必要です。 まとめ• 各キャリアで 通話の着信拒否をする場合はSMSの拒否設定も別途必要となる。 iPhone本体で通話もしくはSMSの着信拒否する場合は 通話の着信拒否とSMSの着信拒否は同時に設定される。 Android本体で着信拒否をする場合、 機種によって異なるが、基本的には通話拒否とSMSの拒否は同時設定となる。 選択項目がある場合は通話かSMSかのどちらかだけ拒否することも可能。

次の

iPhoneで着信拒否やメール拒否

着信拒否メール

タップできる目次• iPhone本体で着信拒否設定をした場合 iPhone本体で着信拒否をした場合ですが、電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。 なので、着信拒否をした相手の 電話の 着信、及び SMSは履歴に残りません。 携帯キャリアからのお知らせだけ来るようになります。 Android本体で着信拒否設定をした場合 Android本体で着信拒否をした場合ですが、特に設定で選ぶ欄が無ければ、 電話の着信拒否、SMSの着信拒否は同時に設定されます。 ブラックリストの設定をすることで、着信拒否をした相手の 電話の 着信、及び SMSは履歴に残りません。 設定のブロックから拒否したSMS(メッセージ)と拒否した着信履歴は確認できるようになっています。 通常の通知は一切ありません。 Docomoのキャリアで着信拒否設定をした場合 Docomoキャリアで着信拒否をした場合は 通話の着信拒否()と SMSの拒否()は 別々に設定する必要があります。 キャリアで拒否するメリットとしては、本体に履歴が一切残らないので、煩わしさがなくなります。 auのキャリアで着信拒否設定をした場合 auのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、へのオプション加入が必要です。 SMSの拒否は()着信拒否設定とは別で必要になります。 Softbankのキャリアで着信拒否設定をした場合 Softbankのキャリアで着信拒否設定をするには月額100円で追加できる、へのオプション加入が必要です。 SMSの拒否は通話の着信拒否とは別にが必要です。 まとめ• 各キャリアで 通話の着信拒否をする場合はSMSの拒否設定も別途必要となる。 iPhone本体で通話もしくはSMSの着信拒否する場合は 通話の着信拒否とSMSの着信拒否は同時に設定される。 Android本体で着信拒否をする場合、 機種によって異なるが、基本的には通話拒否とSMSの拒否は同時設定となる。 選択項目がある場合は通話かSMSかのどちらかだけ拒否することも可能。

次の