かぐや様 感想 アニメ。 「かぐや様 2期」7話感想/評価まとめ(ネタバレ有り) 今回は強烈!声優の演技力が光ったな!|あふさの館

かぐや様は告らせたい?2期12話最終回の感想とあらすじまとめ

かぐや様 感想 アニメ

白銀とかぐや、期末テストの醜い駆け引きが楽しい 外部入学生である白銀会長はテストで常に1位を取り続けているのですが、その裏では「一夜漬け」ならぬ「十夜漬け」という並々ならぬ努力があるからこそ。 そんな白銀会長に後塵を拝し続ける天才かぐや。 期末テスト1位の座を死守することは白銀会長にとってはいわば「生命線」。 まさに命がけの戦いでもあります。 一方のかぐやはというと、もともと天才であるにもかかわらずいくら本気を出しても白銀会長に勝つことが出来ないという事実はただの「屈辱」。 今回のかぐやは本気も本気。 お互い譲れない戦いなんですね。 誰しも一度は経験しているであろう「全然勉強してない」アピール、あるいは「勉強しなくていいよ」アピールが見にくく繰り広げられることになるんですね。 そしてこの駆け引きのたびに一番被害を受け続けるのが藤原書紀。 恐るべき語学力を誇り、地頭いいにもかかわらず、その素直さのせいで二人の駆け引きによる虚言を真に受けてしまい、その結果どんどん順位が下降していくという。 四宮の名において!かぐや流!石上成績アップ法 期末テスト一週間前、いつも赤点を取り続ける石上会計に危機感を覚えたかぐやはついに強硬手段へと打ってでます。 拉致監禁後、小魚を無理やり食べさせて、苦手な勉強を無理やりさせる。 恐怖のダークサイドかぐやに赤点回避のため無理やり勉強させられる石上には、不登校・ひきこもりという過去があり、もともと進級できなくても全然平気なようですが、かぐやにとっては大問題なんですね。 なぜなら石上が留年したら白銀会長が困るから。 もともと石上は白銀会長が自ら抜擢した人材で、実際石上が抜けることになると白銀だけでなくかぐやも困ることになるんですよね。 そういった理由だけでなく、テスト前の一週間という貴重な時間を使ってまで石上会計の勉強に付き添い続けるなんてなかなかできることじゃないと思います。 四宮の名において は伊達じゃない 石上の勉強に付き添うかぐやを見た女子生徒がヒソヒソと石上について悪く言うシーンがあるのですが、毅然とした態度でたしなめるかぐやの対応が本当に素晴らしかった。 またそんな二人の様子を陰ながら見守っていた白銀会長がイケメン過ぎてヤバイ。 結果、石上会計はなんとかギリギリのところで赤点を免れることになるのですが・・・かぐや様はとてもご不満のようで。 かぐやを見直しかけた石上会計、ダークサイドかぐやに再びガクブル状態に。 しかし、白銀会長はそんなかぐやの「いい部分」にしっかりと気づいているんですね。 白銀会長 ああいうヤツなんだよ、四宮は 自分にウソをつかない アイツが誓うといえば絶対だ 何をしてでも守り通す気高さがある 俺も最初は冷酷なヤツだと思っていた だけど、 そういうのに気づき出すとどうもな・・・ うっかりと自分の気持ちを漏らしそうになる白銀会長。 ラブ探偵チカはその一言を逃さない。 藤原書紀 気づき出すと? 白銀会長 忘れてくれ 昔の話だ 白銀会長とかぐやの間に、どんな過去があったんでしょうね? とても気になります。

次の

[感想]かぐや様は告らせたい アニメ2期 第12話 感動と笑顔の最終回!

かぐや様 感想 アニメ

【かぐや様は告らせたい 第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない】のあらすじ まずはあらすじから。 生徒会のメンバーと花火大会へ行く約束をキャンセルしてしまったかぐやは、暗い自室に一人閉じこもっていた。 落ち込んだ様子を心配した侍女の早坂はかぐやを励まし、屋敷を抜け出す計画があることを告げる。 執事たちの目をかいくぐって、何とか会場に辿りついたかぐやだったが、花火大会はすでに終わっていた……。 皆と一緒に花火が見たかったと涙するかぐや。 そこに「だったら俺が見せてやる」と懐かしい声が響く。 あらすじを見る限り、やっぱり花火を見ることはできないんですね…。 会長のイケメンムーブが楽しみです! それでは早速本題の感想とネタバレをしていきましょう。 というわけで以下、ネタバレ注意です! リンク 花火の音は聞こえない 後編 花火大会で浴衣を着るかぐやが可愛いです。 藤原書記、旅行キャンセルしたのか。 笑 会長は学ランで花火を見にいくんですね。 かぐやが楽しそうでなにより。 と思いきや、藤原書記にメールが。 「なりません」 と、かぐやが花火大会に行くのを止める本家の人間。 最近のかぐやが浮かれていて、警備もできないからという理由で花火大会には行かせられないというのです。 くたばれクソジジイ… と、早坂でなくても思ってしまいますよね。 藤原書記にはかぐやから行けなくなったというメールが送られてきました。 みんなに会いたいというかぐやが切ないですね。 かぐやは泣いてしまいます。 かわいそう…。 Twitterに 「みんなと花火が見たい」と呟くかぐやのアカウント。 早坂が気を利かしたのか、僕はイマイチ分かりませんでしたが、どっちなのでしょう。 わかる方いたら記事下コメント欄から教えてください! そしてかぐやの呟きを見て 「了解」と言う会長がイケメンすぎる。 会長はヘタレだけど、肝心な時はかっこいいですよね。 「みんなと一生会えないんだわ!」 というかぐや。 冷静に早坂はツッコミます。 笑 かぐやがポンコツになってしまいました。 ここで早坂がかぐやに助言します。 「会長に一度も会えなかったのは長期的に見て最善の選択」 早坂は会長を元気付ける為に都合のいいことを言います。 本当にできた従者です。 そして部屋を抜け出すかぐや。 まさかの ラーメン四天王(J鈴木)が現れるとは。 この作品はシリアスにギャグを挟まないとやっていけないのか?笑 面白いからいいですけども! ラーメン四天王の運転するタクシーで花火大会に向かうよう。 早坂がかぐやの変装をして執事を騙したんですね。 そして会長をはじめとした生徒会メンバーはかぐやと合流するために奔走します。 すれ違うかぐやと会長。 タイミングよ…。 ここからのかぐやの独白が良いですよね。 「初めて面倒を見た後輩」 「初めて友達になってくれた人」 「初めてできた気になる人」 泣きそうなかぐやの演技が刺さります。 しかし花火には間に合いませんでした。 絶望感がすごい…。 路地裏でたそがれるかぐや。 本当に悲しい。 「私も見たかった、花火、みんなと」 というかぐやの表情と演技で泣きそうになりました。 「だったら俺が見せてやる」 会長が急に現れ、BGMもトレンディ感溢れるいつものやつがかかります。 勝利BGMですね! ここから会長のイケメンムーブが止まりません。 会長がクサいことを言いますがかっこいい。 そしてまた現れるラーメン四天王J鈴木。 笑 みんなでタクシーに乗り込みます。 会長は海ほたるに向かう様子。 千葉の花火大会を見に行くとのこと。 会長がイケメン。 そしてJ鈴木もかっこよく飛ばしてくれます。 石上のリアクションも良い! トンネルを抜けるとそこは… 花火が上がっていました! かぐやの目的は達せられたのです。 本当によかったね! しかし 「心臓の音がうるさくてもう…花火の音は聞こえない」 ラブコメかよぉ!!(ラブコメです) めっちゃキュンキュンするやん! この作品ってただのコメディじゃなかったんですね。 ラブコメちゃんとしてて、なんか嬉しいです。 かぐや様は避けたくない そして迎えた新学期初日。 しかし後悔で死にそうな会長。 イケメンムーブしてましたが、クサい自覚があったんですね。 笑 テンションがハイになったせいで黒歴史を量産してしまっていました。 会長の中のかぐやから久々の「お可愛いこと」かとが出ると思いきや、 「痛かったですね」とは。 笑 そして現実のかぐやは会長に冷たい態度をとってしまいます。 会長はメンタルがボロボロに。 一方かぐやは 好き避けをしてしまっている様子。 さてどうするのか。 進行ルートが直線の2人。 しかしすれ違ってしまいます。 クロスオーバー。 笑 なんどもクロスオーバーする2人。 そうですそうです。 この作品はこの雰囲気がいつも通りですよね。 2人のクロスオーバーに交わる藤原書記。 まさかのアスタリスクです。 笑 機関車トーマスみたいな飛行機かぐや。 アスタリスクではなくデルタと藤原書記は認識します。 そういう遊びじゃないって。 笑 と思いきや、そこに石上というイレギュラーが。 デルタの布陣を崩してしまいます。 とばっちりで石上撃墜からの『帰宅』です。 そして藤原書記もかぐやに撃墜されました。 撃墜マークがつくのが面白い。 お互いを意識しているという考えにいたる会長とかぐや。 正面から当たってしまいます。 これは胸キュン展開では?! 「会長、花火の日…(箒が当たって)痛かったですよね」 完全に勘違いされました。 そして会長も撃墜。 かぐやは撃墜王になりました。 こうして『かぐや様は告らせたい』も終了です。 EDで逃げる会長と追いかけるかぐや。 登場人物全員集合です。 まさにEDらしい演出で良い感じ。 さわやかな雰囲気で終了しました。 リンク 【かぐや様は告らせたい 第12話 花火の音は聞こえない 後編/かぐや様は避けたくない】感想のまとめ まずは12話単体の感想としては、会長がイケメンすぎて辛い。 多少セリフや振る舞いはクサかったけど、それもかぐやからしたら超がつくほどのイケメンムーブでした。 かぐやも無事生徒会メンバーと花火が見られてよかったです。 そして「花火の音は聞こえない」が胸キュン。 まさかこの作品でキュンとするとは。 構成が素晴らしいですね。 BGMで笑わせにきてるのがちょっと気になりましたが、通してみたらそれも味があってよかったのかも。 結局、散々流してきたトレンディなBGMが最後あの場面で使われるとは予想もしていませんでしたからね。 良い意味で最終回らしくない終わり方だと個人的には思います。 普通に花火だけで終わってもよかったけど、後日談の好き避けをしてしまうかぐやの態度とか見てると 「ああ、かぐやってこういうキャラだよね」というのを再確認できました。 この作品は漫画原作とのことで、もっと話は続いていくでしょうから、この「一旦終わるよ」みたいな終わり方がしっくり来るというか。 胸キュンからの撃墜で一笑い、さわやかなEDで締めという構成は見事でした。 で、作品自体の感想としては たくさん笑った面白いラブコメという印象。 シリアスパートは11話、12話だけに抑えており、あとはギャグでゴリ押すという展開が好みでした。 あんまり深く考えずに見ることができる作品で楽しかったです。 でもやっぱり ラーメン回が一番好きかな。 どの話も面白かったけど、あの回が異質すぎて。 (会長の 「ダァン」で腹よじれたし。 笑) そのほかでは石上と早坂が出ると面白くなる傾向に。 素敵な脇役が多数存在して話をうまく盛り上げてくれました。 石上のキャラは特に視聴者の声代表みたいで、共感しつつ「こいつクズだな。 笑」と思わせてくれます。 いやー楽しかったけど終わっちゃいましたね。 巷では実写映画が話題になっていますが見にいくかなぁ。 ちょっと悩ましいところです。 それよりも原作を読もうかな。 話の続きが気になりすぎる! ぜひ2期を作っていただきたい作品だと思いました。 五等分の花嫁といい、ラブコメで当たりを引き続けられて嬉しい限りです。 次も面白いラブコメ見たいな、と思います。 もし面白いラブコメがあったら記事下コメント欄から教えてください! 純粋に楽しかった。 僕からは以上です! といったところで今回はここまで。 ではでは〜.

次の

【ネタバレ無し】アニメレビュー『かぐや様は告らせたい』感想・評価(73点)

かぐや様 感想 アニメ

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜最終12話まで見た感想 最後まで、マリアージュ! 毎回笑わせてくるキレッキレのギャグは2期になってさらにパワーアップ。 話題となった7話の少女マンガ回などは、腹壊れるんじゃないか!?というぐらい笑っちゃいました。 そこにちょいとホロリとくるシリアスを混ぜてくるのも2期でも健在。 11話の石上回に泣いたという人も多いことでしょう。 かぐや様は告らせたい第2期、2020年春アニメを代表する作品だったのは間違い。 わたくしもこの春一番笑わされたアニメでございます。 ちなみに、アニメ2期では原作5巻~10巻までをアニメ化。 普通なら続きは11巻からとなるのですが、10巻はあのスマホのエピソード以外の8話はすべてアニメ化されていません。 なので、続きを読みたいなら10巻からでいいかなと。 また、アニメ化されてないエピソードもあるので、最初から読むのもアリかなと思います。 わたくしも原作読んでますが、アニメはかなり演出を変えているので、原作読んでても十分に楽しめる内容。 ブログ版、または動画の概要欄では原作漫画を試し読みできるようになってます。 >> >> かぐや様は告らせたいアニメ3期の可能性 さあ、ここからはかぐや様アニメ3期の予想をしていきましょう。 今回は結論から先に言いましょう、ある!と思います。 それも必然と言ってもいい、必然3期と言ってもいいレベルに。 それには3つの理由あり。 ということで、ここからはその3つの理由について解説していきたいと思います。 結果、出まくり まず一番の理由は結果、出まくりだから。 結果、出まくりの作品の続編を制作しない理由はないでございましょう。 Blu-ray・DVDの円盤の発売日は6月24日なので、こちらの数字はまだ分かりませんが、1期が6,000枚近く売れているので、続編になると数字が落ちるとはいえ、大きく落ちなければ3,000枚~4,000枚は売れるんじゃないかなと思います。 それ以上に注目したいのは動画配信、こちらがまたまた絶好調。 有料サイトで日本国内会員数No. 1(具合的には200万人ぐらい)を誇るdアニメストアでは再生回数1位を独走。 無料で最新話などが見ることができるニコニコやアベマでも1位を獲得。 ちなみに、動画配信もYouTubeと同じで、再生数が多くなればなるほど収入が増えます。 それに加えて、数多くの動画サービスで配信しているのでそれぞれとの契約料、さらにアベマとは独占先行配信に加えて、声優の特番はアベマのみで独占配信している。 こういった特別なものはさらに契約料ドン!でございますから、 円盤発売前にすでにけっこうな売上をゲットしているわけでございます。 ラブ進んでないじゃん こういった数字だけじゃない、内容の方もすごいんです。 2つ目の理由は、 ラブコメがまだ全然進んでないじゃん。 アニメ2期を振り返ってみてください。 時折ラブコメあったし、ギャグはキレッキレだったけど、かぐやと会長の恋、ほとんど進展してないんじゃんとw 1期は花火大会という大きなイベントがありましたが、2期はお月見とか体育倉庫のイベントがありましたが、そこまでラブが進展したって感じじゃなかったですよね。 どちらかというと、その後のかぐやが病院に行くなどの笑いの強烈でございましたから。 かぐや様はギャグにも力を入れているとはいえ、タイトルはかぐや様は告らせたいでございますから、そして正式タイトルはかぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜でございますから。 まあ、時間をループさせて関係性が変わらないアニメなんかもありますが、かぐや様はそんなことはございません。 しっかりと時間が経って、しっかりと二人の関係性も変わっていく。 これがね~、ええ話に仕上がってるのよ~ いつものような笑いもありつつも、泣かせてくるのよと。 アニメ派の方に伝えたい。 正直、1期・2期はまだかぐや様、本気出してないんだからねと。 かぐや様は告らせたいのタイトルの意味が効いてくるのはこの先でございますから。 ボリューム的に3期で終わるのか?という問題はありますが、その時はまた4期・5期行きましょう! まだ本気出してないんだからね そして、3つ目の理由は、 本気出してないのはかぐやと会長だけじゃないんだからね。 メインの二人の話はもちろん最高なんでございますけれど、2期の伊井野や石上のように、それ以外のキャラクターも魅せるのがかぐや様。 これがまた、笑いもシリアスもいいのが揃っているんですよ~ 11巻の表紙になってる早坂の話なんかいいの揃ってまっせと。 ちょっと1期・2期だとそこまで見せ場は多くなかったですが、早坂メインの話もどんどん出てきますから。 いつも通り笑わせるのはもちろん、泣かせるやつがあるんでございますけれど、この泣かせる話が特にいいんでございますよ。 これアニメでやったら神回!と、Twitter大盛り上がりでしょうね。 もちろん、 伊井野と石上もまだまだ魅せてくれます。 物語に大きく関わる長編ストーリーがあるのですが、ここで色々と判明してくれるんですけれど、『あっ!あれがここに効いてたのっ!?』という伏線の張り方。 赤坂アカ先生の伏線の張り方は天才かっ!?というぐらい絶妙。 あんな何気ないエピソードがここで効いてくるのか?といった感じで、見えない所から急にパンチが来るみたいな。 二人の新たな一面にここもアニメ化したら、2期の石上回のようにまたまた泣く人続出じゃないかなと。 あと、 『お前誰だよ!』というこの人でございましょうw 1期ではちょっと出番あったけど、2期は全然じゃねえかよ!?というぐらいの謎の女(2期最後のみんなが出てくるところには出てたけど) この子の正体もやっと分かる。 意外なキャラとの濃いつながりあり。 そして、笑いのパンチもトンデモナイものを持ってます。 あとは 意外なところでは応援団の副団長なんかもまだまだ絡んできまっせと。 この副団長、なかなか嵐を呼ぶ女でございます。 そんでもって、あの石上と一緒に応援団員やってたあのキツイ女もまだ出んのかいっ!? かぐや様って、意外とモブキャラで終わらせること少ないよね。 そんでもって、大仏と書いておさらぎさんがわたくしの中ではかなりツボでした。 あきらかに『いや、お前じゃねえだろ!』ということを言われるのですが、『全然そんなことないよ』と謙遜するのかと思ったら、 ふぅ~…テンキュー って。 受け入れるんのかいっ!?そして、言い方腹立つ! あの時は読んでいる人みんなそう突っ込んだじゃないかなと。 日本中のヤンジャン読者が一つになった時じゃないかなと。 かと思えば、またまた赤坂アカ先生がこれも伏線に使ってくる。 『腹立つとか言ってごめんね。 』と、ここでも日本中のヤンジャン読者に一つになったことでしょう。 ちなみに、 ヤンジャン最新話ではアニメの内容とリンクさせて来たりするので、アニメ3期が始まったらヤンジャンも一緒に読んでみるのも面白い。 今回のアニメ2期でも『あっ!』というリンクをさせてきましたから。 そしてそして、忘れちゃいけない藤原書記にもしっかりと…しっかりと… アニメ3期へ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』最終12話まで見た感想・考察まとめ 以上、まとめると、数字も良くて内容的にもまだ本気出してない。 だったら、アニメ3期やるのは必然でございましょう! >> >>.

次の