ライオンキング ラフィキ 歌。 ライオンガード (らいおんがーど)とは【ピクシブ百科事典】

『ライオンキング』あらすじと曲、作品解説(ミュージカル)

ライオンキング ラフィキ 歌

項目 データ 作曲 エルトン・ジョン 作詞 ティム・ライス 脚本 ロジャー・アレーズ アイリーン・メッキ 原作 1994年ディズニー映画 上演 1997年ブロードウェイ 1998年東京 受賞 1998年トニー賞 ミュージカル作品賞 ディズニーの名作アニメ『 ライオンキング』は、1997年にミュージカル化されました。 音楽は巨匠 エルトン・ジョンが担当し、そのミュージカルはまたたくまに世界の人気演目へとなりました。 世界中ではもちろん、日本でも1998年より 劇団四季によりロングラン公演がなされているミュージカル史に残る傑作です。 ここでは『ライオンキング』のあらすじを、曲と対応して解説していきます。 スカー・・オスライオン。 ムファサの弟。 王座を狙っている悪役。 その頃、王座を狙ってるスカーは、象の墓場で" ムファサとシンバの殺害計画"をハイエナたちに話します。 ハイエナたちは、スカーに言いくるめられます。 ヌーの大暴走 The Stampede スカーはハイエナたちに指図し、 ヌーを暴走させます。 スカーは「シンバがヌーの暴走に巻き込まれた」とムファサに伝えます。 ムファサが来ると、 スカーはムファサをヌーの群れに突き落とし、ムファサを殺します。 さらに、 シンバに「ムファサの死」の責任を押し付け、シンバを追放します。 スカーはハイエナたちに「シンバの殺害」を命じます。 ハイエナたちは、実際は殺していないが「シンバは死んだ」とスカーに嘘をつきます。 スカーが国の権力を握る 10. ラフィキの哀悼 Rafiki Mourns ティモン・・ミーアキャット。 陽気で調子者。 追放されたシンバを助け、シンバの親友となる。 プンバァ・・イボイノシシ。 ティモンの相棒。 大食いで虫が大好物。 追放されたシンバを助け、シンバの親友となる。 ティモンとブンバァは、落ち込むシンバを励まします。 やがてシンバは、ジャングルで大人になります。 第2幕:『ライオンキング』のあらすじ スカーが政権を握り、国はメチャメチャになっている 12. ワン・バイ・ワン One by One スカーが政権を握ってから、国の情勢は一気に悪くなります。 干ばつが襲い、食料も無くなってきます。 ナラは国を出ることを決意する 13. スカー王の狂気 The Madness of King Scar スカーは、死んでもなお人気のあるムファサに苦悩します。 ナラ・・メスライオン。 シンバの幼馴染で親友。 そこにナラが、国の不満を訴えにきます。 それに対し、スカーは「おれの子供を産め!」と自分勝手な行動をとります。 シャドウランド Shadowland スカーに絶望したナラは、国を出ていくことを決意します。 皆は彼女の無事を祈ります。 ジャングルで、ナラがシンバと再会する 舞台はジャングルに変わる 15. 終わりなき夜 Endless Night シンバは父ムファサとの約束を思い出し、歌います。 その歌はラフィキまで届き、彼女はシンバが生きていることを確信します。 次の日、プンバァがジャングルでメスライオンに捕まってしまいます。 シンバが彼を助けると、なんと相手のメスライオンの正体はナラでした。 シンバはナラと2人きりになります。 シンバが国に戻ることを決意する 16. 愛を感じて Can You Feel the Love Tonight ナラはシンバに国へ戻るように勧めますが、シンバは罪悪感により国に戻ることを断ります。 しかし次第にナラの強い気持ちに揺れ動かされ、シンバは国に戻ることを決意します。 お前の中にいきている He Lives in You サラビ・・メスライオン。 ムファサの妻。 シンバの母親。 スカーはサラビを呼び、「なぜメスライオンたちは狩りをしないのか」と問います。 サラビがスカーへの不満を口にすると、スカーは彼女を攻撃します。 そこに、怒ったシンバが現れます。 シンバが新たな王となる 18. シンバとスカーの対決 Simba Confronts Scar シンバとスカーは決闘を始めます。 シンバはスカーを捕えると、" 真実を話す(スカーがムファサを殺した)"よう命令します。 しかし、スカーはハイエナたちに責任をなすりつけ、命乞いをします。 優しいシンバが手を緩めると、スカーを再び攻撃をはじめます。 シンバが攻撃をよけると、スカーは崖から落ちハイエナの餌食となります。 皆は" 新しい王シンバの誕生"を称えます。 キング・オブ・プライドロック King of Pride Rock シンバとナラの子が誕生し、誕生が祝われます。 そこにラフィキをはじめとした動物達が集まってきます。 サークル・オフ・ライフ リプライズ Circle of Life 幕開けの音楽 Circle of Life が再び演奏され、ミュージカルは幕が下ります。

次の

【ライオンキング】猿の名前や種類は?ラフィキの歌う歌詞の意味についても

ライオンキング ラフィキ 歌

劇団四季ライオンキング・ラフィキとは? Sponsored Links 老齢の呪術師であり、ムファサ王が統治するプライドランドのシャーマン的な存在です。 王国から去ったシンバに「父はお前の中に生きている」と諭し、精神的支えとなります。 出典: 「サークル・オブ・ライフ」(circle of life)というプライドランドの理念を支える影の立役者ともいえます。 ラフィキ役・青山弥生(あおやまやよい) 皆様これまで支えてくださってありがとうございます。 ラフィキ役の青山弥生です。 16年と7ヶ月ですって!・・・と言う事は3歳の子が成人?さて、私は何歳になったのでしょう?年老いた猿に近づいている事は確かです。 又、劇場でお会いしましょう。 プロフィール(経歴) 昨年6月には、東京タワーの展望台でサークルオブライフを熱唱した青山弥生。 まだまだ現役で活躍されていて、素晴らしいです。 ライオンキング札幌では、 演出スーパーバイザーとしても就任。 ライオンキングには欠かせない重鎮でもあります。 Sponsored Links 3. ラフィキ役・平田曜子(ひらたようこ) 出典: 2012年より開幕したライオンキング大阪公演では、アンサンブルで登場した 平田曜子。 その後、ラフィキ役に抜擢されデビューされました。 今回のライオンキング札幌公演の開幕に向けて、稽古に励まれるお姿を拝見したので、おそらくラフィキかな・・と予想いたします^^ 1997年、創立45周年記念オーディション合格。 『エビータ』で初舞台を踏み、『ライオンキング』ラフィキ、『赤毛のアン』ブルーエット夫人、『クレイジー・フォー・ユー』パトリシア・フォーダー、ボビーの母を演じられています。 まとめ 出典: プライドロックより高い東京タワーでの熱唱を演じた青山弥生。 眼下に広がる大都会・東京は、プライドランドのサバンナのように雄大だったそうです! ラフィキ無くしてライオンキンは成立しないほど、重要なキャスト。

次の

『ライオンキング』あらすじと曲、作品解説(ミュージカル)

ライオンキング ラフィキ 歌

下記クリックで好きな項目にジャンプ• そういえば、シンバが生まれたときも儀式をしていましたもんね~。 ラフィキには独特の謎めいた空気感がありますが、長年アフリカの大自然に住むことで悟りを開いたのかもしれません。 ちなみに、ラフィキもほかのキャラクター同様に名前に意味があるようです。 名前については別記事でまとめていますので気になる方はそちらをチェックしてみてください。 物語中に名前は明かされないと書いていましたが、1度だけしっかりと名乗っていましたので訂正してお詫びいたします。 関連: 関連: 【ライオンキング】ラフィキのモデルになった動物の種類は? 冒頭からラフィキのことを「猿、猿」と書いていますが、どのような種類なのか気になりますよね。 ちなみに、ヒヒ属とマンドリル属は別の動物として区分されているようです。 【ライオンキング】ラフィキの歌や歌詞の意味は? プライド・ランドの祈祷師であるラフィキは行動や言動がいちいち謎めいていますよね。 一見なんの意味もないと思いつつも、大きな意味があったり、深く考えさせられる言葉や行動が多くみられます。 その中でもとくに謎なのが、成長したシンバを迎えに言ったときに歌っていた 謎の歌。 なんて歌ってるかもわからないし、意味が分かりませんよねw ネットでもラフィキの歌の意味について疑問を持っている人が多いようです。 あのラフィキが歌ってる歌の意味が知りたい。 どうにも止められないほどシンバに伝えたい歌は何て言ってるんだww — あい. k amamknil ラフィキさんのお前はヒヒ? みたいな歌の意味が分からないのだけど、ググっても四季のラフィキさんは歌が上手いということしか分からなかった。 まず歌の歌詞からみていきましょう。 調べてみたら彼はどうやら、 「アサンテサーナ、スクワッシュバナーナ、ウエウエヌーギ、ミミミアパナ」 と歌っているようです。 『スワヒリ語』とは、主に 東アフリカで使われている言葉のようです。 上述した歌詞をスワヒリ語と英語で一つずつ訳していくと下のようになります。 ・アサンテサナ asante sana =どうもありがとう ・スクワッシュバナナ squash banana =ぺちゃんこバナナ ・ウエウエヌギ wewe nugi =あなたはヒヒ ・ミミミアパナ mimi miapana =わたしは違う これを繋げて読むと、 「どうもありがとう、ぺちゃんこバナナ、あなたはヒヒ、わたしは違う」 と、なります。 どういう時にこの歌を歌うのかはわからなかったんですが、現地の言葉遊び的なものなのかもしれません。 (それを映画にそのまま取り入れてしまうスタッフも凄いですねw) もしかしてラフィキはこの意味不明な謎の歌で、 シンバの興味を引きたかった?のかもしれませんね。 ラフィキがシンバを迎えに行くシーンもしっかりありますが、ラフィキはまた新たな呪文のような言葉を喋っていました。 上述している「アサンテサーナ・・・」の歌ではなく、民族の言葉的なものだと思います。 まるで本当の 呪文のような言葉で、さらに何を言っているかわかりませんでしたw 字幕版で鑑賞してもその言葉は表示されなかったので意味はわかりませんが、何か特別な思いが込められているのかもしれません。 しかし、全てはプライド・ランドを良くするためのもので、彼の言葉や行動には大きな意味があります。 それに気づいたからこそシンバもプライド・ランドへ戻る決意ができたんでしょうね。 この歌の意味がハッキリした際には追記しますので、気になる方は楽しみにお待ち下さい!.

次の