ゆうゆうメルカリ便送り方。 【手順画像あり】ゆうゆうメルカリ便をローソン(コンビニ)から発送する手順と方法【スマホ操作手順とLoppi端末の使い方を画像ありで詳しく解説】

【ゆうゆうメルカリ便】送料や送り方|メルカリの配送方法

ゆうゆうメルカリ便送り方

出典: らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸が提供する配送(ネコポス・宅急便コンパクト・宅急便)を『メルカリ』で利用できるサービス。 『メルカリ』がヤマトの通常送料との差額を負担してくれることで、お得な値段で発送できる仕組みになっています。 利用条件は、出品者が送料を負担していること 「らくらくメルカリ便」は着払いには対応しておらず、 出品者が送料を負担する場合のみ利用可能。 送料は商品の販売利益から差し引かれる仕組みで、販売価格は300円から利用できます。 ただ、送料が販売利益を上回る場合、販売利益は0円になります。 万が一、送料が差し引かれてマイナスになったとしても、出品者が負担する金額は0円です。 ただし著しく送料の方が販売利益より高い場合には、警告や利用制限の対象になる可能性があるので注意してください。 らくらくメルカリ便のメリット ・購入者に住所や名前を知られずに発送可能(匿名配送) ・宛名書きが必要ない ・到着日数が翌日~翌々日 ・送料が全国一律 ・配送時の紛失や破損などのトラブル時、補償してくれる ・追跡できる 「らくらくメルカリ便」の一番のメリットは、 匿名配送ができることではないでしょうか。 購入者側に住所や名前を知られずに発送できるのは、とても便利です。 他にも北海道や沖縄、どこに発送しても送料が全国一律なところも魅力的。 また配送中に破損などのトラブルがあっても、『メルカリ』が全額補償してくれるので安心です。 らくらくメルカリ便のデメリット ・宅急便の場合、梱包の仕方で割高になる場合がある ・送料を負担しないと利用できない 「らくらくメルカリ便」はデメリットといえるほどのデメリットがありません。 しいて言うならば、梱包の仕方によって対応サイズが変わり、送料が高くなる場合があることぐらいです。 らくらくメルカリ便は送り方が3種類 「らくらくメルカリ便」には、 「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3つの配送方法があります。 それぞれ対応サイズが決められており、出品した商品のサイズに合わせて選ぶのが一般的です。 8cm 以内、厚さ2. 宅急便は梱包素材を含めたサイズで測られるので、梱包の仕方によってサイズが変動する場合も。 そのため商品を梱包するときはピッタリになるよう、適切なサイズの箱や袋を用意しておくことをおすすめします。 もしサイズ変更になった場合でも、その場でサイズ変更の対応をしてくれるので、購入者側と連絡をとる必要はありません。 宅急便も集荷依頼できる 宅急便も宅急便コンパクト同様に、集荷依頼することができます。 こちらも集荷料として30円 税込み が追加で発生。 どのサイズの荷物でも集荷料は変わりません。 160サイズよりも大きい荷物を送りたい場合 「らくらくメルカリ便」は最大160サイズの荷物までしか発送できません。 棚やタンスなど160サイズよりも大きいサイズの荷物を送る場合は「梱包・発送たのメル便」を利用してください。 大きい荷物の発送に対応している「梱包・発送たのメル便」については、下記ページを参考にしてください。 QRコード発行時にエラーが起きる 商品の発送手続きを行う際にエラーが発生し、QRコードが発行できない場合は、 購入者側の住所情報が間違っている場合がほとんど。 購入者側に連絡をして、住所がきちんと記入されているか確認してもらいましょう。 市区町村やマンション名の欄に番地を、番地の欄にマンション名を入力していたり、数字や記号が全角だったりすると、エラーが発生します。 発送場所によってメルカリ便を使い分け 匿名配送あり補償ありで送料も安く、とても便利な「らくらくメルカリ便」とほぼ同じ配送サービスがもう一つあります。 それが 「ゆうゆうメルカリ便」。 日本郵便が提供する「ゆうパケット」「ゆうパック」を通常の送料より安く利用できます。 「らくらくメルカリ便」と発送場所が異なり、ローソンや郵便局から発送可能です。 どこから荷物を送るかで、メルカリ便を使い分けるといいでしょう。

次の

【ゆうゆうメルカリ便「ゆうパケットプラス」】はヤマト宅急便コンパクトとどっちが安い?送り方やサイズは?|ハナの知りたがりブログ

ゆうゆうメルカリ便送り方

この記事は定期的に見直しています。 「メルカリで商品を売ったけれど、送り方が分からない」 「メルカリで売れた商品を発送したいんだけど、一番送料を安く送る方法は何だろう」 と思われてる方いませんか? 実際メルカリには送る方法がたくさんあって、どの方法で送れば一番安く送れるか分かりにくいですよね。 しかし送料を安く抑えることができれば、より多くの売上金を得られます。 大きさ別・重さ別の送料早見表を載せているので、送りたい荷物の送料がひと目で分かりますよ。 定形郵便 重量 料金 25g以内 82円 50g以内 92円 定形外郵便(規格内) 重量 料金 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 2kg以内 取り扱いがありません 4kg以内 定形外郵便(規格外) 重量 料金 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 250g以内 340円 500g以内 500円 1kg以内 700円 2kg以内 1,020円 4kg以内 1,330円 らくらくメルカリ便 ネコポス A4サイズ・厚さ2. 5cm以内 アクセサリー、スマホケース、薄手の衣類などに。 全国一律 195円 税込 宅急便コンパクト 子供服、小型のおもちゃ、雑貨などに。 全国一律 380円 税込 宅急便 厚手の衣類、くつ、大量の食料品などに。 60サイズ 〜2kg :600円 80サイズ 〜5kg :700円 100サイズ 〜10kg :900円 120サイズ 〜15kg :1,000円 140サイズ 〜20kg :1,200円 160サイズ 〜25kg :1,500円 ゆうゆうメルカリ便 ゆうパケット A4サイズ・厚さ3cm以内 アクセサリー、スマホケース、薄手の衣類などに。 しかし地域によっては大型らくらくメルカリ便が使えません。 その場合は下記の方法で送ります。 : 200サイズまで、1個あたり上限は30kg :260サイズまで、1個あたり上限は50kg 260サイズを超える場合はなどで送る必要があります。 厚さ別!送料が最も安い送り方リスト• 1cm以内:ミニレター全国一律62円• 3cm以内:ゆうパケット全国一律175円• それ以上:らくらくメルカリ便全国一律600円~1,500円• 160サイズ以上:大型らくらくメルカリ便orヤマト便その他 ちなみにクレジットカード決済ができないだけで郵便局に持ち込める場合は、普通便の持ち込み割引として120円割引があるので、1,280円で送れます。 郵便局じゃなくてクロネコヤマトはどうなの? 結論から言うと、メルカリ便+ゆうパックスマホ割を使わない場合で営業所に行けるなら、クロネコヤマトはおすすめです。 持ち込み割引 最大150円 を併用して1,457円です。 持ち込み割引 1個あたり最大150円 及び複数個口割引 1個あたり100円 を併用すると、1,314円です。 ちなみに、クロネコヤマトの同一価格の地域かどうかは下記より確認できます。 じゃあ60サイズ~160サイズ以外は? 60サイズ未満の小さな荷物であれば、早見表よりお好みの方法を選択して別の荷物として送りましょう。 160サイズ以上の大きな荷物はとくに割引がありません。 クロネコヤマトであれば持ち込み割引がありますが、営業所に持ち込む手間を考えたら集荷が一番いいかと思います。 別の荷物として送りましょう。

次の

ゆうゆうメルカリ便の送り方│郵便なんでも相談室

ゆうゆうメルカリ便送り方

メルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いって何ですか? 発送の面では、メルカリ便は、ヤマト営業所やファミマなどからの発送になります。 ゆうゆうメルカリ便は、郵便局(ゆうゆう窓口)、ローソンからの発送になります。 料金的には、小物類の発送に適しているメルカリ便のネコポスは、全国一律の195円 税込 です。 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは、全国一律の175円(税込)です。 ネコポスは厚みが2,5cmですが、ゆうパケットは、クリックポストと同じ3cm以内まで可能です。 0,5cmの差ですが、この厚みの部分で今までクリックポストを選ばれていた方は、ゆうパケットも視野に入るのではないでしょうか。 メルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いは、微妙にありますね。 いずれにしても、匿名配送で小物を送りたい時は、全国一律175円(税込)の「ゆうパケット」が安いかと思います。 また、発送する場所や荷物の重量などによっても、メルカリ便を選ぶか、ゆうゆうメルカリ便を選択するか違ってくると思います。 らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違い ゆうゆうメルカリ便の対応郵便局(店舗)はどこですか?発送場所は? ゆうゆうメルカリ便は、専用端末が設置されている店舗で発送可能です。 郵便局は、「ゆうプリタッチ」が設置されている郵便局(店舗)です。 ローソンは、「Loppi」という機械(端末)が設置されている店舗になります。 ゆうプリタッチは、今後設置店舗が増える予定です。 土曜日、日曜日、祝日の発送は、「ゆうゆう窓口」で発送可能です。 ゆうゆう窓口の営業時間は、店舗によって異なります。 ゆうゆう窓口は、通常窓口が閉まった後にも発送手続きができるので、 お仕事が終わった後などに行けるのも便利です。 また、ローソンなら機械のシステム障害などがなければ、基本24時間発送手続きが可能なので便利です。 今回は、メルカリ(ECサイト)の配送方法の1つ「ゆうゆうメルカリ便」に付いてご紹介させて頂きました。 配送料の割引の価格差は、メルカリが負担している形になります。 まとめ ゆうゆうメルカリ便の送り方とは?• 専用端末のある郵便局、ローソンへ行きます。 各専用端末で、送り状を発行(印刷)します。 送り状と荷物を窓口に出します。 郵便局は、「ゆうプリタッチ」、ローソンは、「Loppi」端末です。 もし操作方法が分からい場合には、窓口職員や店員さんに聞いてくださいね。 また、発送へ外出される際には、荷物、スマホは忘れずにお持ちください! ゆうゆうメルカリ便は、2017年の6月20から開始された日本郵便のサービスです。 郵便局の「ゆうプリタッチ」は、全国のすべての店舗にある訳ではありません。 しかし、今後さらに「ゆうプリタッチ」の設置店舗も増えて行くと思います。 すでに主要な店舗には、設置が見受けられます。 商品が売れて、いざ発送する場面になると配送方法に迷いが出てしまうと場合もあると思います。 料金や便利な発送場所などを考量の上、また購入者さまの希望なども踏まえた発送方法を選択すると良いと思います。

次の