大沢たかお ブログ。 大沢たかおの息子が似てる、父親が違うって?ファンブログmeetに叱られる!

大沢たかおさんのファンクラブ

大沢たかお ブログ

俳優・が主演を務め、昨年公開された実写邦画では1位となる興行収入57. 3億円を記録した『キングダム』。 この人気作品が29日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)にて本編ノーカットで地上波初放送されるのを前に、山崎も「圧倒されました」と語るほどの存在感を放った、王騎将軍を演じたの魅力に迫る。 「ンフフフフ」「ココココ」など、独特な口調や多くの名言を残し、原作でも人気の高いキャラクターだ。 劇中では、王騎の出番はそこまで多いわけではない。 それでも映画公開後には「大沢たかおが全部持っていった」「話し方とか声のトーンとか雰囲気はよく出ていたと思う」など、称賛する声が多く聞かれた。 「ンフ」の再現や、大沢の体作りなども高評価を得た要因のひとつだろう。 本作のプロデューサー・松橋真三氏は、ORICON NEWSの取材で「私もこの業界に長くいるので、大沢さんがどれだけ作品に真摯(しんし)に向き合う俳優さんであるかは知っていました。 そんな方が王騎将軍を引き受けてくれたら、現実離れしたキャラクターもしっかり作ってくれるという確信があったんです。 もし大沢さんが引き受けてくれなかったら、王騎にふさわしいと思える人が見つかるまで、撮影は延期になっていたかもしれません。 それだけこだわりは強かったんです」と作品の核になる存在だったと話していた。 昨年の舞台あいさつで大沢は、オファーをもらったときに「続きはあるんですか?」と聞いたことを明かし「わからない。 お客さんに見てもらって、評価してもらって、続編を見たいという声があるなら作りたいと思いますと聞きました。 僕はそれが素晴らしいことだと思った」と出演を決断した胸の内を語った。 原作は、コミックス57巻までの累計発行部数が6400万部を突破。 映画では、エイ政()が王都を奪還するまでが描かれた5巻までを映像化している。 今後、王騎は信に「飛信隊」の名を授けるなど、深く関わりを持っていく。 映画でもそのシーンが描かれる日は来るのか、そんな未来も楽しみに待ちながら、本作での大沢の再現力に注目したい。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

大沢たかおに『JIN

大沢たかお ブログ

俳優のが主演を務め、31日に公開を迎える映画『AI崩壊』。 その理由を明かしてくれた。 そのスタンスについて大沢は「俳優は監督が思い描く世界を芝居で表現することが仕事だと思う。 演技をして初めて監督がどう思うかが大切だと思うので、僕は基本的に撮影が始まったら監督と話をしないんです。 自分の意見ではなく監督が思い描くキャラクターを芝居で表現できているか? が重要だと思うから」と理由を説明。 しかし「今回は監督は今までに出会ったことがないほど懐が深い人で。 なるべく全員の意見を聞いて映画を作り上げていく方だったので、僕も自分の考えを提案しながら演じさせていただきました」と信念を変えた。 今回大沢が演じるのは、妻(松嶋菜々子)を亡くし、娘と二人暮らしをする天才AI開発者・桐生浩介。 娘のことを大切に思いながら、AIを暴走させてしまったテロリストにされ逃亡者になるという複雑な心情を表現することが求められた。 そこで大沢は台本にない桐生の設定を入江監督に提案。 「AIの開発から離れ、シンガポールで暮らしている桐生にパソコンの修理をやっているおじさんという設定を加えたいと話したんです。 桐生はシンガポールで自家農園をやっていたのですが、それだけだと足りない気もして。 彼の得意なIT分野で人のためになることを続けていて、それを娘に見せている設定はどうか? と思ったんです。 監督も『いい設定ですね』と言ってくれて。 そんな会話を気兼ねなくできたので、人物像を掘り下げて演じることができました」と話す。 その入江監督については「もっと桐生という役柄を掘り下げたい、もっともっと様々なことに挑戦したいと常に考えられる現場でした」と感謝の言葉を贈った。 【映画あらすじ】 本作の舞台は、人工知能(AI)が医療・金融・交通・セキュリティーなど、国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている2030年の日本。

次の

大沢たかおに『JIN

大沢たかお ブログ

「JIN-仁-」に魅せられて、すっかり大沢たかおさんのファンになり ついに人生初のファンクラブなるものまで入会してしまったのが2011年。 来年で10年になりますが、何が何でも10年は入会していようと 目標をたてていました。 だって、10年ファンクラブに入会していると、 サンクスパーティーなるものに招待してもらえて いつものファンミーティング以上に大沢さんに間近で会えるから!! 大沢さんは本当にファンを大事にしてくれて、 年に6回会報誌を発行、ファンミーティングは年に1回開催、 年賀状とサマーカード、会員の誕生日にはバースデイカード と至れり尽くせりです。 今、コロナのSTAY HOMEで色んな芸能人やスポーツ選手が インスタライブをやってて、盛んに褒めたたえてますが そんなの大沢さんはとっくの昔からやってるし!! どうですか? この心遣い!! 私は他の芸能人のファンクラブは入ったことないから 知らないので断言できないんだけど、 俳優でこんなことしてくれる人いますか? 俳優でここまでしてくれてる人いないと思うんだけど。 先日も自宅待機が続いているということで、 生配信してくれましたけど、 ファンの人たちの悩み事に応えてくれたり、 自分の考えを話してくれたり、 ファンにとっては至福のひと時となりました。 以前は、数か月、長い時は1年近く行方不明になったりして 今どこで何してるんだろ??? と ファンがみんな心配したり不安になったりしたこともありました。 そんなファンの気持ちをよそに ある日突然現れて生配信したり、 こっそり仕事してたり、外国語の勉強してたことを告白したり、 そういう予測不能な行動と意外性で、 ファンの心をがっちり掴んで放しません。 なんだかファンにとっては やんちゃでいたずら好きで、自由気ままで、ほっとけなくて ハラハラドキドキさせられるけど、 反面、とっても癒される存在でもあり ふとした仕草にキュンキュンしたり、 真剣に演技する姿が愛おしかったり、 飽きさせない魅力を持っていらっしゃいます。 そして、意外性といえば 今月29日に『キングダム』が地上波初放送されますが 大沢さんの圧倒的な王騎をぜひ観て下さい!! 私は、この大沢さんを観て「なんて演技の幅の広い俳優さんなんだろう!! 」 と思いました。 山崎賢人くんや吉沢亮くんや長澤まさみちゃんは もちろん渾身の演技をしていて素晴らしいんですけど、 それを全部持ってっちゃった、、と思わせる大沢さんの迫力とオーラ!! さすがに、この役のために体重を10㎏以上増やして役作りに備えたという だけのことはあります。

次の