ネギ 豆腐 レシピ。 豆腐のレシピ

「麻婆豆腐の作り方」を四川料理のスゴイ人に教わったら、目からウロコが3回落ちた

ネギ 豆腐 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

お肉と豆腐の絶妙ハーモニー!肉豆腐のレシピおすすめ20選

ネギ 豆腐 レシピ

「肉豆腐」とは名前の通り、お肉と豆腐をだし汁としょうゆ、みりんなどの調味料で煮込んだ料理です。 お肉と豆腐の他にネギや水菜などの野菜やきのこ類も一緒に入れて煮込むこともあります。 甘辛い味付けなのでごはんとの相性もバツグンです。 地域によって牛肉、豚肉の違いや、家庭によって入れる野菜も違うので色々とアレンジができる料理です。 この記事では、肉豆腐の基礎知識に加え、 定番の肉豆腐レシピ、 レンジで作れるお手軽肉豆腐レシピ、ピリ辛肉豆腐レシピ、カレー味の肉豆腐レシピ、そのほかの肉豆腐レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 肉豆腐とすき焼きの違いにについて 肉豆腐とすき焼きは入っている具材もほとんど同じで、味付けもほとんど同じです。 違いはどこにあるのでしょうか? 一番大きな違いは、肉豆腐は出来上がった料理を取り分けて食べる皿料理に対して、すき焼きは鉄鍋で調理して食べる鍋料理です。 またすき焼きは溶いた生卵に絡めて食べますが、肉豆腐は、卵は使わずそのまま食べます。 ですので、味付けも若干肉豆腐の方が味は薄いようです。 具材も肉豆腐は豆腐が多めで、牛肉、豚肉どちらも使いますが、すき焼きは肉が多めで、牛肉を使うのが定番です。 さらに肉豆腐の具材はシンプルですが、すき焼きはしらたき、麩、白菜、ごぼうなど入れる具材は多くなってきます。 そういったことから、肉豆腐は豆腐がメインで食べられるおかず、すき焼きはお肉や野菜がたくさんのご馳走料理といったイメージを持たれています。 肉豆腐のお肉の種類について 肉豆腐に使う肉は牛肉、豚肉、鶏肉、家庭によって様々です。 関東圏は豚肉、関西圏は牛肉の馴染みがあるようです。 牛肉は牛バラ、切り落とし 牛すじ、豚肉は豚バラ、豚コマ、鶏肉は鶏モモ、鶏ミンチ 肉だんご など、どんな肉でも肉豆腐は作ることができます。 豆腐は家計にも優しいので、豚肉、鶏肉でお手軽に作るのもよし、少し奮発してすき焼き感覚で牛肉を使うのもよしです。 またミンチ肉を使ってトロトロのあんにすることで肉豆腐が冷めにくく、ほっこりと温まるおかずになります。 使う肉の種類や具材の組み合わせによって、何通りもの肉豆腐ができます。 ぜひ色んな肉で作ってお好みの肉豆腐を見つけて下さい。 家庭ごとに全然違う肉豆腐が出来上がるのが面白いですね。 簡単!具材を入れて蓋をするだけでできるお手軽肉豆腐のレシピ。 豆腐は6等分、えのきはほぐします。 ボウルに醤油、みりんなどの調味料を入れ、混ぜ合わせます。 フライパンに豚こま切れ肉と豆腐、えのき、調味料を入れて蓋をして火にかけます。 豚肉に火が通ったら完成です。 作り方のコツは時々蓋を開けて豚肉や豆腐を返して味を全体に染み込ませることです。 具だくさんで人気の簡単あつあつ肉豆腐のレシピ。 にんじん、玉ねぎ、豆腐を切り、しめじもほぐします。 フライパンで豆腐を焼き、両面に焼き色がついたら、牛肉、野菜、しめじを炒めます。 野菜がしんなりしたら水を入れて煮ます。 沸騰したら調味料を加えさらに煮込み、器に盛って三つ葉を飾れば完成。 絹ごし豆腐を使う場合は崩れやすいので優しく扱って下さいね。

次の

ごはんがすすむ!炒り豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

ネギ 豆腐 レシピ

木綿豆腐は水切りをする。 ネギはみじん切りにする。 レタスは食べやすい大きさに切りお皿に広げておく。 フライパンにごま油大さじ1を入れ、中火で両面をカリッと焼き、レタスの上にのせる。 2 のフライパンにごま油大さじ1を入れ、豚挽き肉を炒める。 <ポイント> ・マヨそぼろあんはアレンジ自由自在です。 豆腐を旬の茄子に変えたり、オムレツに添えたり、なんにでも活用できます。 ネギはみじん切りにしてポリ袋に入れ片栗粉をまぶす。 シュウマイの皮は千切りにする。 フライパンにホイルシートを敷きレタスをちぎって入れる。 3. 1 のフライパンの上に20個丸く絞り出し、シューマイの皮を等分にのせ、50ccの水をホイルシートの縁に流し入れる。 全体に水を霧吹きでかけて、蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火にして7分蒸す。 4.タレの酢醤油を添える。 <ポイント> ・ポリ袋で混ぜ絞り出して皮をのせるので手が汚れません。 ・ネギに片栗粉を先にまぶすのは水分が出ないようにするため。 ・玉ねぎでも代用OK。 蒸し器やレンジで蒸してもOK。 木綿豆腐は水切りをして2cm角に切る。 人参は5ミリ角切り、しめじは石づきをとって小房に分ける。 ネギはみじん切りにする。 フライパンにごま油を入れ、豚挽き肉とおろしニンニク、おろし生姜を入れて炒める。 ネギを加え水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。 <ポイント> ・ご飯にかけてどんぶりごはんにもおススメです。 ・大人用にはラー油を添えれば辛みも楽しめます。 木綿豆腐は事前にレンジで水切りして時短に 木綿豆腐は2枚のキッチンペーパーに包んで500Wのレンジで3分加熱し粗熱をとります。 どの料理も事前にレンジで木綿豆腐の水切りをしておくと、調理時間を短縮できます。 フライパンだけで調理が完結するから、気軽に作れて後片付けも楽々です。 子どものご飯がすすむメイン料理に! そのままでも食べられるお豆腐は時短料理にはおすすめの食材です。 そのお豆腐にうまみたっぷりの豚ひき肉を合わせることで、ご飯がすすむ夜ごはんのおかずに大変身します。 お財布に優しく、栄養豊富な豆腐とひき肉はストックしている人も多い食材ではないでしょうか。 その身近な食材をフライパン1つで「焼く」「蒸す」「煮る」と調理法を工夫することで、見た目も味も変わり、バリエーションを楽しめます。 木綿豆腐と豚ひき肉を使って、簡単で子どもたちが笑顔になる夜ごはんづくりを楽しまれてくださいね。

次の