コロナ禍うず。 「コロナ禍」ってなんて読む?意味は?なべ・うず?読み間違え多数

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

コロナ禍うず

「禍」訓読みする単語• 禍神 まがかみ• 禍言 まがごと• 禍事 まがごと• 禍 禍しい まがまが-しい• 禍い わざわい 音読みする場合と、訓読みする場合があるわけですが、「 禍」が後ろに入っている単語は、すべて「カ」と読みます。 そのため、恐らく「コロナ禍」も下つきになるので「コロナカ」が正しい読み方と言えそうです。 コロナ禍の読み方は「わざわい説」も 先程申し上げた通り、「コロナ禍」は「コロナカ」が正しい読み方と推測されます。 しかし、ヤフーの検索窓に「コロナ」に続けて、「わ」と入れると、キーワード入力補助で「コロナ禍」がサジェストされます。 そうすると「ころなか」ではなく、「ころなわざわい」という説もありそうです。 一体どれが正しいのでしょうか… もしかすると、両方正しいのかもしれません。 読み方の最終的な回答が難しいところではありますが、いったいこの「コロナ禍」というのは、どんな意味があるのでしょうか。 かっこいいもんね、「禍」って。 使いたいもんね。 厨二病患者なら間違えないのにね。 ? — 72mitti 723hack.

次の

コロナ渦の読み方・コロナ禍と違いは?どっちかは間違い&いつから使い始めた?

コロナ禍うず

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の

コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

コロナ禍うず

こんにちは、好きを仕事にする会社「株式会社エグゼクティブマーケティングジャパン」の深作浩一郎です。 コロナのことを書くとネガティブ判定を食らうとかその手のマーケティングデータもあるそうですが、専門分野のことや知ったかぶりのコロナ知識なければoKな気がする今日この頃。 w 新型コロナ禍 うず かと思ってました。 でもよく見ると渦 うず ではなく、「禍」という謎の単語。 「『コロナ禍』」ってなんて読むの?と疑問に思って「禍」という単語をコピペして 読み方わからないのでタイピングできないw グーグル先生でネット検索。 その結果、新型コロナ禍 か と読むことが判明、、、していますが、実は読み方候補は音読みでは「カ」 ですが、訓読みでは「わざわい」「まが」 とも読むらしい。 中学のときに取得した漢検三級を最後に、 特に漢字の勉強をしなかった私は「へー」って思いました。 そんだけ。 おわり。 なんでこんなに頭の悪そうな投稿をしているか? これからの情報化社会は、素を見せて、弱みを見せることができる方々の方が強いよ、ということ。 「映え」という言葉が流行っていることもわかる通り、これまで以上に「見栄社会」が拡大傾向にあるのはご存知の通り。 特にビジネス業界の見栄ほどキモいものはない、と私は思っていますし、賢こぶってるバカほど無能な傾向も強いと思います。 ネット起業家をはじめとした「俺いくら稼いだよ」的なマーケティングを未だにやっている人たちを筆頭に見栄や見え方ばかり気にする人たちはこの先やばそうだな、と思います。 まぁ、俺も「映え」た生活をしているように見られるタイプなのは自覚してるし、多分映えるような珍しいライフスタイルは送っているのは事実だけども、実は質素な一面も多くもっているんは昔からのメルマガ読者さんはご存知の通り。 そもそもお金は稼いだ金額アピールをすると税的な意味でももろもろ問題になると気づくくらい稼ぎ出すと、「どうお金をつかって世の中に還元しているか」を見られるようになりますからね。 他にも、ハイクラスグルメをはじめ美味い店の発見と研究を続けた結果、全国放送のテレビ 中居くんの番組 にて私のブログの写真が使われるなど、どんどんステージがあがっているわけ。 に写真提供出演しましたw — 深作浩一郎 Koichiro 遺伝子分析起業コンサルティング。 札幌東京二重生活【ぼっち社長】 koichirojp でもって、まだ発表はできないのだけど、故郷還元プロジェクトを水面下で進めています。 これが落ち着いたらまた遊びまわれるかも。 というわけで 何がいいたいかといえば自分の弱さは見せることができる人間は「強い人だな」と思われる、というマーケティング理論。 自分の過ちや 間違いや 頭の悪さは 素直にさらけだして「わからないから教えてください」と言えるようになった方が「あ、この人は本音で語ってくれる見栄のない人なんだ」と思われるようになるよって話。 頭の悪さを見栄で隠したり 知らないことを知ったかぶりして挙動不審になったり 浅い知識で偉そうぶったりしてると この先の情報化社会では、誰にも信頼されなくなるよって話。 その逆に成功者の素質がある素直な方々というのは年齢を問わずに、自分自身の失敗体験談とかも面白おかしく自虐的にイジれたりするもの。 そういう方々のほうが人気者になるのは火を見るより明らかですし、そうなりたいものだなぁと、コロナ禍 か をコロナ渦 うず と初見から読み間違えてた私なりの、今後の情報発信意見でした。 ネットの社会では、自分が何者でもないことを自覚してるからこそ大きく見せて、虚像を演じようとする人たちが、ほーーーんとに多いけど、そういう奴らは総じて消えていくし、さっさと舞台から退場してほしいものですw 私の意見に賛同する方々は、勝ち続ける人間として、老若男女問わずカッコいい方々にだけモテる人間として自分の素をもさらけ出していきましょう。 ちなみに余談ですが、「映え」た生活をしていればしているほど、一周まわって「映えない生活」もどんどんアピールしていきたくなるもの。 最近はYouTubeで、どっちの生活もアップしてますので、映え生活に憧れる方々は、どちらも参考にどうぞ! 以下ランダムで列挙。 こんな感じで、映えそうな動画も、そうではないダサい風貌を見せてる動画も、全部さらけだす方が「あ、正直者だな」って思いません? つまりは、そういうことです。 私はそうしてここまで生きてきてるから、そうした方がいいのではないかと思っていますし、これから誰に何を言われようが継続していきます。 ご参考までに。 今週一週間の人気記事ベスト101• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:.

次の