ブラウン ダスト ダグドロン 攻略。 ワールドアリーナ・悪魔城地下・新ワルボ実装etc…3月アップデート内容【ブラウンダスト】

ワールドアリーナ・悪魔城地下・新ワルボ実装etc…3月アップデート内容【ブラウンダスト】

ブラウン ダスト ダグドロン 攻略

ルーンはHPではなく防御力寄りにする• 無敵 高防御力 キャラを使う• ルーンはHPではなく防御力寄りにする 先述したようにゴルゴーナ戦では他の運搬のような、ルーンを血気オンリーにしては1ラウンド目の初撃でパーティは崩壊します。 サブリナが無かったら、いっそのこと鉄壁ルーンを思考停止で2積みしましょう 笑。 呪いを付与する実用的なキャラはバーバラ・セリアくらいなため万人向けとは言い難いですが、覚えておいて損は無いでしょう。 可能ならルーンを使わずにデフォの状態でほぼ無敵になる、アンジェリカやキュウビのようなキャラが理想ですね。 「石化」ターン数に気を付ける 行動が一切できなくなる石化には要注意です。 カスりが効くためターン数は半減できるのですが、 石化中はHP回復も効かなくなってしまうため、ラウンド序盤で即時回復なんかを付与しても意味がなくなります。 最低でも4ターンは動けませんから、序盤の行動順は動かなくても問題ない 常時無敵キャラや高HPキャラにするのが無難です。 キャラ選択 敏捷力UP付与• アナイス• ジュリー• ナレサ スコアの要となる超重要な役割を担うキャラです。 この中でサブリナだけはガチの必須ですね。 ワールドボスに特化しているだけあって被攻撃時回復の倍率が凄まじく、他のキャラでは代用できません。 可能なら、自分を起点としたバフを行うテミスも欲しいですね。 アルビオンもテミス同様強いです。 先述したようにルーンの水準が下がったり、アルビオン自身も高HP・自己起点バフですから、 支援範囲内の高HPキャラに血気ルーンが積めてナイスですね。 ルルはともかく、その他のキャラは敏捷力UPの倍率が低く、自己バフで敏捷力UPを行うジャクリーンのようなキャラや無敵キャラを使わざるを得なくなります。 サブリナは他の運搬でも必須キャラなため、頑張ってサブリナを育成しましょう。 それがスコアを稼ぐ1番の近道です。 無敵 高防御力 キャラ• ルディア8凸~• 三銃士• エディン 非推奨• アルカン 非推奨• その他 上記の敏捷力UPの支援範囲外に配置するキャラです。 バーバラは相変わらずカオリのHPを上げられるため有用。 無敵のターン数が短いため行動順は最後に。 以外と気づかないものですが、 グレイシアは14凸以下ならワールドボスでも使えます。 15凸でも魂装備を1つ外すだけで14凸に変身可能。 防御型らしく素のHPも比較的高めですから、アンジェリカやキュウビよりもスコアを稼ぐのは容易です。 アンジェ・キュウビは常時無敵キャラですね。 血気ルーンを2つ装備できるため、ゴルゴーナ戦では重宝します。 アンジェはできればOPは防御力に。 ただHPが低いためアンジェとか入れたほうが簡単。 三銃士のブリッサ・カミラ・マルティナはスコアを稼ぎづらい序盤なら有効です。 最低でもブリッサは3凸以上にし、セット効果が発動できるように三銃士の中では最後に攻撃しよう。 エディンは鉄壁を2積みしないとならないためほぼナシ。 アルカンもほぼナシだけど、星6UR鉄壁を2積みとかできるならワンチャンあり。 他にも常時無敵は不可能でも、条件付きで無敵になれるキャラは案外居るため、所持しているキャラのスキルを確認してみましょう。 クライとかアチャとかヘルとか。 防御力UP付与• セシリア• ベロニア• アロン• その他 これは他の運搬同様、いつも通りのメンツですね。 カオリに関してですが、 HP参照系のスキルというのは 最大で5万HPまでしか取らないため、ゴルゴーナの追加ダメスキルもカスりさえ発動すれば約7万HPくらい?以上あれば生き残ります。 なのでセット効果発動が前提だけど、 カオリは血気ルーン2積みが安定です。 その他のキャラは攻略ポイントで話したように、防御力を上げる鉄壁ルーンを最低でも1つ装備させよう。 アルビオンを持っているなら血気ルーン一択。 セット効果要員• セリア• レピテア• モーラ バルトール強化後• ナタリー バルトール強化後 これもいつも通りです。 生贄のセレスは必須。 詳しく計算してないのですが、どうやらレピグランセリアのセット効果より、 強化後バルトールのセット効果のほうが総合的なHP量は優るようですね。 レピグランなしにも光明が見えてきたので、焦ってワールドボスのためにグランを取るのは危険です。 編成例 まずは敏捷力を付与するキャラを中心に編成します。 その周りを高HPキャラで囲み、 敏捷力付与の支援範囲外に無敵キャラやセット効果要員を配置します。 最後に行動順を決定して終了です。 高HPキャラに鉄壁ルーンを装備させれば、最低でも10万スコアは稼げるでしょう。 ちょっと行動順が適当なんですが、サブリナやテミスの無い星4以下のパーティでも5万スコアは稼げるはず。 何度も言ってますが、とにかくサブリナの存在が重要なため、サブリナの育成を最優先で行いましょう。 スコア約20万 配置 ルーン・スキレベ スコア スコア約50000 星4以下のみ 配置 スコア 参考元 スコア約21万前後 グラン有り 配置 スコア 参考元 スコア約30万 アルビオン・強化後バルトール有り 配置 スコア 参考元.

次の

【ブラダス】ワールドボス「ゴルゴーナ」攻略【初心者向け】│効率厨のソシャゲ攻略ブログ

ブラウン ダスト ダグドロン 攻略

無課金者のブラウンダスト358、359日目 アップデートが来た。 ダイヤも契約書も貯めていない。 思うようにやりたいことが出来ず、落ち着かない日々を過ごしている。 毎晩、こんなはずじゃなかったのにと後悔をしながら、心と体は思うように動かない。 それでも何とかしなければと歯を食いしばって立ち上がろうとするが、その度に打ちのめされるてしまう。 きっと、どこかで何かを間違った。 でも、今更もとには戻れない。 辛くても、頑張らないといけない。 そう思った。 6月24日は、ギルド戦のシーズン報酬と新星アリーナのウィークリー報酬を貰い、伝説契約書パッケージを2個交換した。 デイリー消化のライブ配信は16時頃から始め、2時間弱で終了。 Twitterで前々から親交のあった「のたき」さんと、神秘の島で約束を果たした以外は、特に何もなかったデイリー配信。 ギルド戦も地下もないから、2時間弱ですぐに終わってしまった。 のたきさんは、6月27日の地下アリーナトーナメント公式配信者に選ばれている方で、最近ではyoutubeでギルド戦の配信をしていらっしゃる。 公認クリエイターになったことのない私としては、以前から親交のあったプレイヤーさんが運営側に認められた気がして、嬉しい半分羨ましい半分。 いつか機会があれば、のたきさんとも采門大尊さんのようにコラボ配信できればいいなあと思う。 6月25日は、新キャラ実装とストーリー追加のアップデートがあった。 メンテナンスの時刻を完全に勘違いしていたのと、寝坊してしまったため、メンテ前にやろうと思っていたことが何もできなくなり、アップデート後にダグドロンのスコアを大きく伸ばす予定だったのが、かなり先延ばしになってしまった。 一瞬、ほんの少しだけ凹んだが、やっちまったもんは仕方ないので、ダグドロン攻略はのんびりやっていく事にして、深く考えないようにする。 アップデートで新しく追加されたストーリーは、私の手持ちではちょっと難しく、この日はノーマルの21-2までしか進めなかった。 ストーリーは、デイリーミッション分に合わせて毎日5回クリアするまでやり、星3クリアするまで先に進まないという方針でやっていく。 なので、進行はとてもゆっくりだ。 ゆっくりやるので、しばらく遊べそうだ。 苦戦している理由は、21-1から出現し始めた黒獅子盾騎士のせい。 私の手持ちだとワンパン出来る傭兵はレヴィアくらいだったので、フレンドのレヴィアも借りて、レヴィア二人体制で何とか21-2まで星3クリアをしたという感じ。 エディンやキュウビでもまともなダメージが入らないので、かなり厄介だった。 ヘルガやアンジェリカ、フリージア等があれば楽そうだなと思ったがどうなんだろう。 配信中に機会があれば、ベテランプレイヤーさん達がどうやってクリアしているか聞いてみようと思う。 わんちゃんロジックでもワンパン出来るか? ログインボーナスで高級契約書10枚が貰えたので、ヒスパー狙いでカスタム10連をしたが、今回もハズレ。 星4すら一体も出ずに大ハズレを食らったので、スクショはごみ箱に入れてしまった。 韓国サーバーではエレニールとヴァインが実装され、どちらも強そうだったが、特に環境に適しそうなエレニールがとても強く感じる。 今回のアップデートで日本サーバーに実装されたオルピナは完全にスルーしていくが、ちょっとエレニールはスルー出来なそう。 ゲーム内外で厳しい日々が続いているが、色んなことを少しずつ頑張っていこうと思った。 kappadanza.

次の

ワールドアリーナ・悪魔城地下・新ワルボ実装etc…3月アップデート内容【ブラウンダスト】

ブラウン ダスト ダグドロン 攻略

無課金者のブラウンダスト264、265日目 寝落ちしたアリーナ結果。 起きていてもルビーにはいけなかったと思う。 相変わらず強い睡魔に襲われ全く歯が叩かず、非常に難儀な生活リズムを強いられている毎日で、やりたいことが思うように出来ない日々が続いている。 その影響は、少しくらいの遅れが出ても頑張って毎日更新を続けようと思っていたブログの運営にも穴を空けさせるほど厄介であり、結果、自分の弱さや情けさを抉られ、メンタルが破壊されそうでもある。 何とかする方法はないものか。 3月22日は、デイリーミッション消化配信中に通信環境が安定せず、youtubeのTwitter連携も上手くできず、相変わらず配信予定のないアーカイブが近日公開予定で作られたり、リンクを踏んだリスナーさんしか配信を見に来れなかったりと、ぼろぼろ。 ちょっとライブ配信が嫌になり、もうやめてしまおうかと思ったほどだ。 23日はダグドロンの日だった。 ライブ配信中には、3月19日に実装されたダグドロンに初挑戦。 途中ケランを重ねるなどで少し寄り道はしたが、ゲーム開始から264日という長い時間をかけたため、新ワルボであるダグドロンに対して活躍してくれるのでは?と期待したが、結果は残念なものだった。 今後スキルや能力の調整、助力者の実装などが無ければ、新規プレイヤーさんにとってファレルは要らない人になってしまうだろう。 運搬系のワールドボスでは使い道が多いサブリナと違い、全ての討伐系ワルボでたいしたスコアをあげられないというのは一体どんなゲームバランスなのかと思う。 いずれ強化されるといいね。 ファレルは唯一活躍が見込めるオグドアドでも、卒業することをゴールとするなら不要。 まだ未育成の初心者プレイヤーさんは、間違っても優先して育てようとしてはいけない。 素材キャラが余り出したら、のんびり図鑑埋めからのダイヤ回収目的で合成していけば充分だろう。 一言で言うと、こいつは罠キャラだ。 初挑戦となったダグドロン戦は、本番に臨む前にかなりの回数を訓練所でこなした。 きちんと回数はカウントしていないが時間にすると2時間越え。 ライブ配信中に訓練所であーでもないこーでもないと編成をいじっている時間だけで、2時間を越えた。 その結果で一番良かったものが、総合スコアで180万程度にしかならなかったので、卒業までにはまだまだ時間がかかりそう。 今はスキル書にしろダイヤにしろ全く余裕がないので、時間をかけてキャラを揃えてのんびり卒業を目指していく事にした。 必要なキャラの育成が終わるまでは、毎回古代コインが10枚貰えるラインを越えられれば良しとし、あとは適当にこなしたいと思う。 因みに、ダグドロンのきちんとした解説と攻略には、ケンさんの効率厨のソシャゲ攻略ブログで詳しく解説がされている。 相変わらずの豊富な知識と読みやすい文章で、しっかりとした攻略情報が掲載されているのでとてもおすすめ。 自分用今日のダグドロン配置と編成。 23日には伝説契約書パッケージを交換。 これでゴールドが2千万を超えた。 本日3月23日のライブ配信は、大幅な寝坊のためにいつもより遅めの14時過ぎに配信開始となった。 配信開始前にはギルド戦動画第9弾の投稿をし、配信後にはこのブログのこの記事を書き始めたので、ブラダス漬けの一日という感じ。 ダグドロン同様に事前調査をせずにライブ配信中に初挑戦をしたため、リスナーさんの話を聞きながら、訓練所であーでもないこーでもないと納得のいくまで練習。 ダグドロンとは違い、韓国サーバーでもまだ卒業したプレイヤーが居ないと聞いていたことと、ダグドロン程複雑な仕組みではなかったので、45分程度の練習で打ち切り。 スコアはルーンや配置を突き詰め切らずに17万。 もっと時間をかけて調整を繰り返せば、現在の私の手持ちでも20万を超えることは可能だと感じたが、あまり大きな意味はないので17万のスコアで妥協した。 古代コイン10枚は余裕だった。 こちらは、最高スコア更新報酬が1回分しか貰えなかったダグドロンとは違い、18回分の更新報酬が貰えたので、639ダイヤを獲得。 これで手持ちのダイヤが5000を超えたので、恒常の星5助力者1体分のダイヤが貯まったことになる。 このダイヤを今すぐ使うならベロニアの助力者ソフィアを狙うが、特に急いで集めるつもりもないのでとりあえず保留。 今後ギルド戦動画を作るときにどうしても今より強いベロニアが必要になったら、その時にまた考える事にした。 配信中のチャットでも話題に出ていたが、ルーン編成の記録機能を実装してほしい所だ。 と、個人的には思う。 2か月後くらいには、バルトールに助力者がついて能力調整がされるはずなので、その時に強いルーンを持っていれば、卒業が可能になるかもしれないが、ちょっとハードルが高そうなので、あまり意識せずにやっていくつもりだ。 まだ読んでいない人は、一度目を通しておけばスコアを大幅に伸ばせるかもしれない。 今後、私はキャサリンと、エルドラやリュドミラ辺りを育てていったり、鉄壁や血気の良いルーンを沢山集めないと卒業が見込めないわけだが、インフレが厳しく、ダイヤや高級契約書、スキル書に全く余裕がない現状を考えると、アリーナで戦力になれないキャラの育成はちょっと遠慮したいところ。 絶望的な状況だが、ゲームを始めたての毎日ワクワクする感じが少しだけ戻ってきたような感覚があり、とても嬉しい。 少しずつ、ゆっくりと目標に向かって進んでいこうと思った。 kappadanza.

次の