本田 真 凛 明治 大学。 本田真凛が氷上練習を再開!もはやドッキリの一般滑走で練習開始!インスタストーリー 動画は!|フィギュアとドラマと育児と。

本田真凜の大学進学先!フィギュアスケート選手の出身大学から予想

本田 真 凛 明治 大学

本田真凜の大学進学 出典: 本田真凜の大学進学が明らかになったのは2019年12月15日。 2020年春から 本田真凜は明治大学に進学。 しかし練習拠点はこれまで通りアメリカ。 スケートと学業を両立するということを明らかにしています。 本田真凜は関西大学の初等部から高校までだったが 本田真凜は関西大学初等部、中等部を卒業。 そして高校にも進学をしていました。 しかし関西大学高等部1年次を修了した後に青森山田高校普通科スポーツコース2年次に編入したことが明らかに。 実は2018年4月時点で報じられる前に「 本田真凜が青森山田高校に転校した」と画像つきのツイートで出回っていました。 さすがに現在はそちらのツイートは削除されていますが。 本田真凜は2018年3月31日にアイスショー「スターズ・オン・アイス」にて練習拠点をアメリカに移すこと、その理由を 「出来ないことを伸ばしたい」というものであることを明かしています。 本田真凜はこの時既にアメリカで練習をしており、 自分に足りないジャンプの安定感を得るために天才ジャンパーであるネーサン・チェンを指導するラファエルコーチに師事。 そのようにアメリカに拠点を移す事が明らかになった直後、2018年4月4日には 高校も関西大高校から青森山田高校へと転校していたことが正式に報じられました。 また、アメリカへの拠点変更については 本田真凜の熱狂的な追っかけから逃れるためではという噂も存在。 ちなみに本田真凜は2019年4月2日にはインスタにて青森山田高校の制服姿を披露しています。 このあたりはそもそも見込みがない人が応募しても合格できないので 合格の見込みがある少数を明治大学側が打診するという形になっているのかもしれません。 その方が効率的ですしね。

次の

本田真凜大学進学はどこ?学部や選択理由が知りたい!|トレンドポップ

本田 真 凛 明治 大学

来春の大学進学を希望していたフィギュアスケートの本田真凜選手(ほんだ・まりん 18歳)が、来年春に「明治大学政治経済学部」へ進学することが分かったと『スポーツ報知』が報じており、これに対してネット上では様々な声が上がっています。 本田真凜選手は11月、7位に終わったISUグランプリシリーズの第4戦・中国杯が終了後に取材を受け、来春の大学進学を希望していることを明かしていたほか、12月19~22日に行われる全日本選手権までは、昨年春から練習拠点としているアメリカよりも主に国内で調整していく意向を示し、「大学受験のシーズンなので、なるべく日本にいたい」と語っていました。 『スポーツ報知』によれば、 本田真凜選手はスポーツ特別入試で明治大学政治経済学部を受験し、13日に合格したことが発表されたといいます。 フィギュアスケートでは現在、中野耀司選手、鎌田英嗣選手、梶田健登選手、山隈太一朗選手、樋口新葉選手が在学中で、日本スケート連盟事業本部長フィギュアスケート委員長、日本オリンピック委員会強化常任委員で、ソチ五輪と平昌五輪で日本代表選手団の総監督を務めた伊東秀仁さんも明治大学出身です。 京都出身の本田真凜選手は、関西大学初等部・中等部を卒業後に高等部へ進学したものの、高校1年が修了後に兄・本田太一選手 21 と共に練習拠点をアメリカ・カリフォルニア州へ移すとともに、青森山田高校普通科スポーツコースに編入していました。 そして、本田真凜選手が明治大学へ進学することに対してネット上では、• なんでスポーツ特別で政治経済• 大学の広告塔だな• さすが明大 芸能人が好きだねえ• 明治はスピードとホッケーはともかくフィギュアじゃ名門とは程遠い。 本当にただ単に籍を送ってだけだろ• どうせ通学できないだろうし意味ないじゃん• アメリカが拠点なんだからアメリカの大学にすればいいだろ• ザギトワが17歳で引退ゆうとるのに、大学がどうこうゆうてもなって空気だわなw• 女子アナコース フジテレビかテレ朝かな?• 将来をスポーツタレントみたいな方向にするのかなという気もするね。 ある程度選手としての限界は悟ったのでは• 拠点はアメリカで、明大進学…どっちが本命? 場所も違うし時間的に困難なのに、勉強とスケートどうやって両立できるのだろう。 真凛は大学進学とスケート、妹の望結は女優とスケート… 二兎追うものは…の諺の通りにならなきゃいいけど、ならないようにしようとすれば、能力が必要… 真凛は卓球の福原愛、野球の斎藤佑樹と同じで、実力はないが、広告塔としての役割があるので話題になってるだけ。 今後4回転が出来ないと表彰台どころか入賞も厳しい現実を見据えて頑張ってほしい。 現時点では国内でしか通用しない。 アメリカで飛躍できないと本人も大学も厳しい批判を受けることになってしまうのではないかと心配。 平昌五輪金メダリストのザキトワが事実上引退に追い込まれるほど、世代交代が進むロシアと比較する訳ではないけど、本田真凛が大学進学して急に競技力が向上するとは考え辛い。 世界トップレベルが世代交代で引退を余儀なくされる女子フィギュア界で、日本は国内中堅クラスでも大学兼業で続けられるのが不思議• ほとんど高校行けてないはずなのになんで大学進学?大学だって通えないでしょ?• アメリカを拠点にしながら大学との両立?ネットかなんかで通信なのだろうけど、そこまでして在籍する必要あるの?お互いに利用しあってる感じ。 などのコメントが寄せられています。 本田真凜選手はジュニア時代の2015年にISUジュニアグランプリファイナルで銅メダル、2016年に世界ジュニア選手権で優勝を果たし、2017-2018年シーズンからシニア転向後は微妙な成績が続いており、同年のグランプリシリーズの中国杯、スケートカナダは5位でグランプリファイナル進出とはならず、全日本選手権も7位で平昌五輪代表選出を逃しました。 2018-2019年シーズンも、初戦のネーベルホルン杯で8位、グランプリシリーズ・スケートアメリカが8位、フランス国際が6位でグランプリファイナル進出を逃し、全日本選手権では15位でした。 2019-2020年シーズンも、中国杯で7位、スケートカナダ6位といった成績で、練習拠点をアメリカへ移してラファエル・アルトゥニアンコーチに師事後も厳しい状態が続いている一方、2016年にスポンサー契約を結んだ日本航空(JAL)のアイススケート部と昨年7月に所属契約を結ぶなど、様々なサポートを受けています。 そうした中で明治大学への進学が報じられ、学業との両立はできるのか、練習拠点をアメリカに起きながらなぜ日本の大学?と疑問の声などが多く上がっています。 本田真凜選手はすでに選手としての限界が見え始めていますが、女子フィギュアスケート選手の中では人気・知名度は抜群に高く、競技活動を引退したとしてもタレントやキャスターとして高い需要があるとみられます。 そういった思惑が透けて見えることで物議を醸し、来年以降も微妙な成績が続くようであれば、さら叩かれることになるかと思いますが、競技を続けながら明治大学への進学を決めたからには、スケートと学業を上手く両立出来るよう頑張ってほしいもので、今後のさらなる活躍に期待したいですね。

次の

本田真凜は才能ない?勉強もスケートも実力発揮の明大女子学生になれるか?

本田 真 凛 明治 大学

本田真凜の大学進学先は? 本田真凜選手がどこの大学に進学するのかはまだ公にはなっていません。 しかし日々練習や大会出場をしているし、スポーツ推薦で進学するでしょうね。 国立大学でもそういうのはあるけど、やっぱりフィギュアスケートを続けるから過去にフィギュア選手を排出している 私立大学が濃厚。 さらに言えば真凛選手は現在青森山田高校なので京都出身といえど関西大学高等部の縁で関西大学っていう選択肢は ナシでしょう。 かつて教えてもらった濱田美栄コーチがいますし… 合わせて読みたい 今は日本に帰国中は本田武史コーチに教えてもらってるし、濱田コーチの元で教えてもらうことはないと断言してもいいですね。 フィギュアスケート選手の出身大学から予想してみる では消去法を述べたところで絞ることは出来ましたが、どこの大学が候補にあるのかを紹介します。 明治大学 私としては意外だなという印象がありますが、明治大学にはスケート部があります。 知名度はこれからではありますが、メダル獲得に注目されている 樋口若葉選手は明治大学にいますね! 早稲田大学 早稲田大学といえば 文武両道で言わずと知れた名門校!スポーツで優れた選手も進学していますね。 駅伝やラグビー、野球も有名なのでフィギュアスケートの名前は影が薄い印象はありますが、選手の名前を聞けば知らない人はいないはず。 羽生結弦選手や 永井優香選手とか。 ね、ご存知でしょう? 中京大学 こちらの大学は有名なフィギュアスケート選手がたくさん輩出しています。 今活躍してる選手なら 宇野昌磨選手、現在芸能界で活躍されてる元選手は 村上佳菜子さん、 浅田真央さんなどなど。 中京大学は多くの選手が有名な大会に出場し実績を残しているのでフィギュアスケートに力を入れています。 今後も後輩の選手がメダルを獲るということは続くでしょうね。 法政大学 こちらは最近は有力な選手はいませんが大きな大会には積極的に参加しています。 こちら大学は現在コーチを務めている本田武史コーチの 母校なんですね〜。 さて、この中でどの大学に進学するかあなたは予想できるでしょうか?私の予想では 早稲田大学かな?と思っています。 真凛選手は青森山田高校に編入する前は関西大学高等部に入っていました。 いわゆる進学校なので 学力もあるはず。 さらに言えば国内では他の大学ともフィギュアスケートで交流できる インカレ制度。 これがあれば本田コーチの下で指導を受けることができるんです。 インカレ制度っていいですね! もし通信教育課程なら海外で指導を受ける間はラファエルコーチの指導を受けることもできますし。 実は偏差値は特に関係はないとも言われています。 しかしそうはいえど授業内容は高度なものだと思いますので油断は禁物かと。。 ちなみに羽生選手も通信教育課程を受けています。 羽生選手のフィギュアスケートの実力は天下一品。 これにあやかって早稲田大学に進学するかも? Sponsored Link ラファエルコーチより本田コーチを選んだ? しかし、もしかすると受験を理由に自分がリラックスしてフィギュアスケートができる日本に居たいというのが裏にあると思います。 言語の壁… 英語で会話をしていても、聞き取りやすい人や聞き取りにくい人もいますよね。 日本人と一緒で…ただ英語が話せるだけの問題では無い模様。 やはり本田コーチに教えてもらう方が本人は 楽しく練習できるんですよね。 とはいえど結果が全盛期の頃のようにベストなものでなくても実力は少しずつ積み重ねてきているので、今後も海外練習は継続して欲しいところです。 近年フィギュアスケートでは女子選手でも4回転ジャンプを跳ぶ後輩が増えていく中、生き残るのは大変かもしません。 だから大学進学はスケートを諦めた時学歴は一般企業に勤める時に助かるんですよね。 一度きりの人生。

次の