難しい 魚の 漢字。 難読漢字『魚介類の名前・魚偏の漢字』一覧 184種類

【195種類!】魚へんの漢字・魚の名前の漢字 まとめ・一覧

難しい 魚の 漢字

SPONSORED LINK 魚の難読漢字クイズ!初級レベル20個を一挙紹介! まず、初級レベルの魚の難読漢字を出題していきます。 塩焼きや唐揚げで食べられることが多く、その淡白で口当たりの良い味わいで、多くの人に愛されています。 魚類というよりは、プランクトンに分類されます。 水母とも書きます。 水族館でも人気の生き物で、専用のコーナーがあるほどです。 グロテスクな見た目とは裏腹に、身は美味であり、高級魚として扱われる場合もあります。 そのまま読めばよいため、初級レベルの難読漢字の中でも、簡単な問題になります。 味は非常に美味で、煮つけや刺身、フライなど、様々な調理法で料理されています。 鑑賞用として飼われることも多く、庭園の池などで見かけたことがある人も多いはずです。 また、あまり知られていませんが、この魚には胃が無く、食道と腸が繋がっています。 ややオレンジに近い赤い身が特徴で、鍋料理や、刺身、茶漬けなど、様々な方法で調理されます。 身近な魚のため、日常生活でも、この漢字を見かけることがあるため、レベルを低めに設定しています。 細長い体が特徴で、季節によって広い範囲を群れで回遊する魚として知られています。 最大で2mを超える大型の個体もおり、その外観が、 「太刀」に似ていることから、この名前が命名されました。 調理には免許が必要となり、無免許での調理は大きな危険を伴います。 寿司の人気のネタであり、紡錘形で高速で泳ぎ回ることで知られている魚です。 その名前の通り、大きく張り出した目が特徴の魚となります。 淡白な味は美味で、煮つけなどとして、よく食卓に並びます。 渓流釣りで人気の魚であり、禁漁期間が解放されると、多くの愛好家が釣りに出ます。 塩焼きなどで調理され、とても美味しい魚でもあります。 漢字は、そのまま読めば正解できるため、難易度的にも初級レベルに相応しいです。 その名前の通り、非常に特徴的な形をした生き物になります。 パエリアの具材としても扱われるため、口にしたことがある人も多いはずです! 【答え】:はまぐり 魚の難読漢字クイズ!中級レベル18個を一挙紹介! 初級から、やや難易度が上がり、難しい漢字も出てきます。 読みはそのままですが、この魚の存在自体がマイナーなため、中級レベルにランクインさせました。 スズキ目の魚で、木の葉のように平たい形をしているのが特徴です。 小さい魚ですが、風味がよく、フライなどにして食べられることが多いです。 全長は10cmほどの小さな魚で、北海道などに生息しています。 日本の食卓に欠かせない魚であり、祝い事の際に、かば焼きなどでよく出されます。 また、この食材を用いた名古屋めしの一つに、ひつまぶしが挙げられます。 水量が一定した、綺麗な湧水地などにしか生息できないため、現在は絶滅危惧種に指定されるほど、数が減少しています。 「魚へん」に 「包」と書く漢字であり、貝類の一種を示しています。 海生軟体動物であり、天敵に対して、スミを吐く生物としても有名です。 進化の過程で貝殻が縮小し、体内に埋没したり消失したりしており、ナメクジのような形態になっています。 また、国民的アニメとして有名であり、その名前を誰しも一度は聞いたことがあるはずです。 漢字としては、 「螺」が、漢検準一級レベルの難読漢字になります。 あまり知られていませんが、意外なほど知能が高い動物であり、形を認識できたり、簡単な問題を学習する能力を有しています。 漢字自体は、それほど難解ではないですが、マイナーな魚のため読みづらい点も考慮して、中級としました。 「魚へん」に「参」を足した文字となり、私たちの食卓にも馴染み深い魚です。 こちらも上記の鯵と同様に、日本の食卓に馴染み深い魚となります。 名前の由来には諸説ありますが、陸に揚げるとすぐに弱り、腐ってしまうことから、命名されたと言われています。 寿司のネタとしても非常に人気が高く、日本の三大珍味に数えられています。 上記以外の表記にも、 「銀口魚」、 「細鱗魚」 など、様々な記載の仕方があります。 氷上の穴釣りの対象となる、人気の魚で、小ぶりなものは、骨も柔らかく、丸ごと食べることが出来ます。 【答え】:わかさぎ SPONSORED LINK 魚の難読漢字クイズ!上級レベル17個を一挙紹介! 上級になると、漢字検定準1級レベルから1級レベルの魚の難読漢字も頻出してきます。 大きな体とは裏腹に、愛嬌のある顔が人気で、水族館でも飼育されています。 高級食材として扱われており、特に肝は栄養価が高いです。 脂肪の多い白身が特徴の魚で、そのことから別名「あぶらめ」とも呼ばれています。 見た目は悪いですが、味は非常に美味で、良い出汁が出ることから、鍋料理などで調理されています。 出世魚であり、成長するに従いその名前が変化します。 総画数が27画と非常に多く、 漢字検定1級に分類される難読漢字になります。 唐揚げや天ぷらが美味であり、高い栄養価を持っている魚です。 1910年代には、100万トンをも超す漁獲高がありましたが、乱獲により水揚げ量が激減し、現在は4,000トン程度となっています。 「鯊」については「魚へん」ですが、部首が下につく珍しい形をしています。 塩焼きや煮つけで食べると美味しいです。 「鰤」の漢字の成り立ちには、諸説ありますが、 「師走(しわす)に旬を迎え美味になる」ことから、名付けられたと言われています。 余談ですが、漫画「金色のガッシュ!! 塩焼きやムニエルなど、様々な調理方法で美味しく食べることができます。 「鮅」については、コイ科の淡水魚も表し、また漢検の対象外であるので、覚える必要性は低いです。 体長はどの種も5~10cm前後で、そのどこか愛嬌のある顔がチャーミングな魚になります。 ウナギのように細長い体形が特徴で、日本では有明海のみ見られます。 大きいサイズの個体は、全長1メートルで、体重は20kgにも及びます。 白身が美味く、煮つけや焼き物などで、よく食卓にも出される、生活に密着した魚と言えます。 細長い芋虫のような、ややグロテスクな形をしていますが、捕獲が容易で、スーパーなどにも売られています。 また、内臓を塩辛に浸けたものは、 「このわた」と呼ばれ、日本三大珍味の一つに数えられています。 出世魚であり、成長に伴い呼称が変わりますが、最終的には、「これ以上大きくならない」ということで、「とどのつまり」の語源となった、 「トド」と呼ばれるようになります。 ヒレを乾物に加工したものは、酒の肴としても愛されています。 「鯒」については、漢字検定1級の難読漢字になります。 「鮲」については対象外になりますが、「伏せる」という漢字から、この魚を連想しやすいため、合わせて覚えておきましょう。 1つは、カジカの別称であり、もう1つは、カサゴ科の海魚を表します。 大きな体を揺らしてゆったりと泳ぎます。 また、古来からの言い伝えとして、この魚が暴れると地震が発生すると言われています。 「遍」・「羅」については、漢字検定準2級レベルなので、上級問題の中ではかなり易しい問題と言えます。 しかし、この呼び方自体がマイナーなため、それを考慮してこのレベルに出題しました。 コイ科の淡水魚であり、中型で細長い体型をしている魚類です。 名前の由来として、素早い動きから命名されたという説があります。 名前の由来は様々な説がありますが、雷の鳴る11月ごろに獲れるので、 「ハタハタ(雷の古語の擬声語)」から、命名されています。 英名はバラクーダと呼ばれ、細長い円筒形の体型が特徴の魚です。 「魚(さかな)」と 「春(はる)」を組み合わせた漢字になります。 「魚へん」に「成(なる)」という組み合わせの文字になります。 総画数は18とそこまで多くないですが、漢検1級相当の漢字です。 痛みが早く鮮魚として見る機会は少ないですが、かまぼこなどの加工食品の主原料として使われ、食卓に並びます。 「 鰱」は、一文字で 「たなご」とも読むことができます。 漢字検定1級の難読漢字であるため、画数は少ないですが、かなり読みづらい漢字となります。 出世魚であり、最終的にはブリと呼ばれるようになる魚です。 「鯧」については、漢検対象外のため、無理に覚える必要はありません。 ウナギ目に属し、ウナギと同様の長い身体が特徴となります。 小骨が多いため、調理が難しく、この魚を上手に捌ける板前は、一目置かれる存在になります。 【答え】:はも まとめ ここまでお読み頂き、ありがとうございました。 魚の難読漢字について、様々な語句を難易度別にまとめていきました。 特にマニアレベルにおいては、かなり難しい漢字も含まれていましたが、分からなかったものは、ぜひ何度か見返し、暗記して頂ければ嬉しいです! 他、面白・ネタ関連の記事はこちら!.

次の

難読漢字 魚類:漢字辞典ネット

難しい 魚の 漢字

「鮹」は、「蛸」「章魚」「鱆」とも書く あなたは「鮹」という漢字が読めましたか?正解は「タコ」です。 一般的にタコを漢字表記する場合、魚へんよりも虫へんの「蛸」を使用するようです。 「タコ」で漢字変換すると出てくる、「章魚」や「鱆」は主に中国で「タコ」を表すそうで、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。 まずは「蛸」の漢字の由来を理解しよう 「蛸」は本来クモ(蜘蛛)を指す漢字。 昔、中国で「蛸」はアシナガグモを意味していたそうですが、日本では使われていませんでした。 日本に「蛸」という漢字がやってきて、クモとタコどちらも共通して足が8本あることから、「タコ」を「蛸」と表すようになっていきました。 クモと同じ漢字だったとは、少し驚きですね。 「蛸」が日本で「クモ」から「タコ」になった経緯 日本で「タコ」を最初に「海蛸」と記したのは『本草和名』(918年ごろ)と言われています。 8本の足がクモのように見えたので、「海のクモ」という意味で「蛸」の字を用いたようです。 また、「タコ」という呼び名は「多肢」(足が多いの意)がルーツになっている、という説もあります。 魚へんの「鮹」になるまで その後、「海に住むクモ」の意味で「海蛸子」と表すようになりました。 それが省略され、魚へんに変えられて「鮹」の字を「タコ」と読むようになりました。 実際「鮹」が使われるのはお寿司屋さんのネタぐらいで、実用的なモノは「蛸」のようです。 「魚へんの漢字」の中には、由来や雑学がいっぱい 今回は「鮹」の漢字を例に、漢字の成り立ちをご紹介しました。 ほかの魚へんの漢字にも「鮹」と同様に、成り立ちや特徴といった豆知識がいっぱい潜んでいます。 お寿司屋さんに行った際に、盛り上がる話題になることでしょう。

次の

難読漢字『魚介類の名前・魚偏の漢字』一覧 184種類

難しい 魚の 漢字

「鮹」は、「蛸」「章魚」「鱆」とも書く あなたは「鮹」という漢字が読めましたか?正解は「タコ」です。 一般的にタコを漢字表記する場合、魚へんよりも虫へんの「蛸」を使用するようです。 「タコ」で漢字変換すると出てくる、「章魚」や「鱆」は主に中国で「タコ」を表すそうで、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。 まずは「蛸」の漢字の由来を理解しよう 「蛸」は本来クモ(蜘蛛)を指す漢字。 昔、中国で「蛸」はアシナガグモを意味していたそうですが、日本では使われていませんでした。 日本に「蛸」という漢字がやってきて、クモとタコどちらも共通して足が8本あることから、「タコ」を「蛸」と表すようになっていきました。 クモと同じ漢字だったとは、少し驚きですね。 「蛸」が日本で「クモ」から「タコ」になった経緯 日本で「タコ」を最初に「海蛸」と記したのは『本草和名』(918年ごろ)と言われています。 8本の足がクモのように見えたので、「海のクモ」という意味で「蛸」の字を用いたようです。 また、「タコ」という呼び名は「多肢」(足が多いの意)がルーツになっている、という説もあります。 魚へんの「鮹」になるまで その後、「海に住むクモ」の意味で「海蛸子」と表すようになりました。 それが省略され、魚へんに変えられて「鮹」の字を「タコ」と読むようになりました。 実際「鮹」が使われるのはお寿司屋さんのネタぐらいで、実用的なモノは「蛸」のようです。 「魚へんの漢字」の中には、由来や雑学がいっぱい 今回は「鮹」の漢字を例に、漢字の成り立ちをご紹介しました。 ほかの魚へんの漢字にも「鮹」と同様に、成り立ちや特徴といった豆知識がいっぱい潜んでいます。 お寿司屋さんに行った際に、盛り上がる話題になることでしょう。

次の