出会い が ある 場所。 【ひとりでも出会える】ひとりで出会う方法と出会える場所

出会いのきっかけはどこにある?どんな場所で出会っているの12選

出会い が ある 場所

恋愛をしたい男性はナンパなどの方法で手軽に相手を探すことが可能です。 しかし、ナンパをする勇気がない女性は多く、男性のように手軽な出会いを見つけにくいでしょう。 ここでは、恋愛でなかなか良い縁がない女性のために、出会いが転がっている可能性が高い場所や、出会いのための注意点をまとめました。 女性を待っている男性も多い?女性から出会いを探しにいこう 男女の出会いについて「男性が女性にアプローチする」と先入観を抱いている人は多いのではないでしょうか。 それが本当なら男性に声をかけられないまま退屈な日々を過ごしている女性があふれているのは気にかかりますよね。 もちろん、女性に魅力がないから男性にアプローチされないわけではありません。 世間の男性陣は女性が思いこんでいるほどには、自分から恋愛のために動けないものなのです。 まず、ゲームやパソコンなど世間には一人の時間を埋めてくれる娯楽がいくらでも転がっています。 恋人がいない男性も手軽に孤独を埋めて、自宅で楽しく過ごせるようになりました。 また、女性の社会進出が一般的になり、女性の立場が強くなるのに比例して、男性が草食化しているのも原因の一つかもしれません。 男性にも気になった女性がいてもなかなか声をかけられず、やり過ごしてしまうパターンが増えています。 女性から男性にアプローチしないと、恋愛に発展しない場合すら珍しくないのです。 もちろん、あくまで「男性から誘ってくれないと喜びを感じられない」なら、リードしてくれる男性を待ち望むのもいいでしょう。 しかし、モーションをかけて反応してくれる昔ながらの男性は、だんだんと少数派になりつつあります。 女性からも男性に接近していく意識を持ったほうが、出会いの確率は高まるでしょう。 そのためには、自然に男性と仲良くなれる場所や方法を学んでおくのがおすすめです。 出会いが待っている!恋愛の始まりにおすすめの場所10選 女性から飛び込んでいきやすい出会いの場所10選をご紹介します。 パーティーで出会う 婚活パーティーや恋活パーティーは、男女ともに「パートナーを手に入れる」という目的がはっきりしています。 できることなら一人ではなく二人で会場を後にしたいと、ほとんどの参加者が考えているもの。 だからこそ、女性からも男性にアプローチしやすく、また受け入れられやすいお膳立てがそろっています。 ただし、ライバルが多いため魅力的な男性ほど競争率が高いと覚悟しておきましょう。 消極的な性格の女性では、先を越されてしまいがちです。 出会いのためには自分に自身を持ち、ライバルに先駆けて行動するのが肝心です。 サークルで出会う SNSが発展し、見知らぬ同士でも共通の趣味で盛り上がれる時代では、サークル活動もあちこちで行われています。 ゲームやアニメなどのオタク趣味から、スポーツやアウトドアなどのアクティブな趣味まで、幅広いサークルが見つかるでしょう。 サークル活動はプライベートが充実するだけでなく、男性と時間をかけて仲良くなれるので、恋愛のきっかけとしてもおすすめです。 また、共通の趣味がある男性に出会えるメリットもあります。 ただし、活動のためにお金や時間がかかるケースも多いので、負担にならないサークルを選ぶようにしましょう。 サークルでの出会いでは、人間関係に波風を立てないよう、複数の男性にアプローチするのではなく狙いを定めて接近するのがおすすめです。 サバゲーで出会う 男女の出会いの場として見直されている場所がサバイバルゲーム、略してサバゲーです。 サバゲーといえば男性の娯楽というイメージがありましたが、女性でも気楽に楽しめる遊びとして広まりつつあります。 サバゲーでは、敵の攻撃をかわすスリルを共有する「吊り橋効果」により、気になる男性との恋愛に発展しやすい長所があります。 ただし、あまりにもマニアックなサバゲーファンが集まるサークルに所属してしまうと、恋愛が生まれる要素が薄いので注意しましょう。 サバゲーでは男性の機転や頼りがいを見極めるチャンスも訪れます。 ゲームを通して男性の魅力も観察しましょう。 バーで出会う お酒が好きな人は行きつけのバーを作るところから恋愛を始めてみましょう。 バーに何回か通い、飲み仲間ができると自然に人脈も広がっていきます。 マスターやバーテンダーと仲良くなると、店に溶け込むのも早いでしょう。 バーは大人の社交場であり、落ち着いた雰囲気の中で深い話をしやすい特徴があります。 初めて出会った男性でも時間をかけてお互いの性格を理解し、親睦を深められるでしょう。 ただし、酒の勢いでモーションをかけすぎたり、初対面の相手にあまりにも自分をさらけ出しすぎたりしないよう注意は必要です。 バーには店ごとに雰囲気や客層が変わるので、好みの異性と出会えそうな場所を選ぶのがコツです。 居酒屋で出会う 居酒屋はお酒に酔ったノリで、初対面のグループ同士で打ち解けられる場所です。 女友達同士で出かけて、めぼしいグループと同席するなど、出会いを求めるのもいいでしょう。 居酒屋では集団で同じ時間を過ごせるのがメリットです。 気になる相手ができたら、友達にサポートしてもらい、距離を近づけるのもおすすめですよ。 ただし、個室タイプや広い居酒屋では声をかけるのに勇気が必要です。 狭い居酒屋を選んだほうが、出会いには近づけるでしょう。 なかなか声をかける勇気を振り絞れない際には、酔ったフリをして男性に近づいてしまうのも一つの方法です。 レジャー施設で出会う ゲームセンターやボーリングが共存しているレジャー施設も出会いの場所としておすすめです。 ゲームは男女混合で行うと盛り上がりやすいので、気軽に「よかったらご一緒しませんか」と声をかけやすいメリットがありますよ。 ゲームの最中、わからないことを男性に聞くなどして、交流を深めましょう。 注意点としては、ゲームそのものに熱中しすぎないことです。 勝敗にこだわるあまり、男性との交流がおざなりにならないようにしましょう。 レジャー施設では女性グループで訪れて、人数が近い男性グループを探すと出会いが芽生えるかもしれません。 カフェで出会う カフェは意外にも男性と出会えるチャンスが多い場所です。 まず、常連同士で「顔は知っている」程度の関係になれば、男性に声をかけるハードルは低くなります。 また、雰囲気重視のカフェでは、ルックスで採用されている店員さんもいるでしょう。 かっこいい店員さんと仲良くなり、恋愛が生まれる可能性もありますよ。 ただし、物静かな雰囲気のカフェで、他人に話しかけづらい場合もありえます。 相手が店を出る瞬間を狙うなど、タイミングを見計らって行動しましょう。 カフェごとに集まる客層には特徴があるので、好みに合わせた店を見つけるのが大切です。 クラブで出会う お酒と音楽の力で心が解放的になるクラブは、出会いの場所に利用している男女もたくさんいます。 盛り上がっている時間帯には、お客さん同士の距離も急激に近付くので、かっこいい男性に声をかけるチャンスです。 ただし、クラブにはナンパ目的の男性が多いため、好みではない男性からつきまとわれるリスクもあります。 また、音楽が大音量でかかっている環境に慣れていないと、苦痛に感じる女性もいるでしょう。 それでも、音楽で盛り上がりたい女性にとってクラブは楽しい遊び場です。 好きな曲がかかってフロアが高揚した瞬間に、目当ての男性へとアタックをかけてみましょう。 社内行事で出会う 「プライベートまで会社の人と一緒にいたくない」と思ってきた女性ほど、社内行事に出会いを求めてみましょう。 旅行や飲み会、クラブ活動などで普段は関係が薄かった男性社員と近づけるのが大きなメリットです。 思いもよらない相手と恋に落ちるチャンスが広がりますよ。 ただし、プライベートとはいえ会社の延長であることは変わりありません。 あまりにも恋人探しにのめりこみすぎて、社内で噂にならないよう節度を持って振舞いましょう。 社内行事では見慣れた男性社員の新たな面も目撃できます。 男性のギャップに胸を打ちぬかれる女性もいるでしょう。 習い事で出会う カルチャーセンターなどの習い事も男性と出会える場所です。 料理や語学、武道などの習い事を通して共通体験が生まれますし、コミュニケーションを取れる時間もたっぷりあるでしょう。 注意点としては、女性や高齢者の比率が高い習い事も少なくないことです。 内容を知らずに参加して、予想と違う習い事に会費を払わないよう気をつけましょう。 カルチャーセンターに通う男性は真面目な性格が多いと予想できます。 ゆっくりと距離を縮めたいタイプの女性にはおすすめのスポットです。 どんなシチュエーションでも気をつけたい3つのポイント 出会いには適した場所やシチュエーションがありますが、そこには気をつけたいポイントがあります。 ここで詳しく見ていきましょう。 服装 服装にはTPOがあり、場所に応じたコーディネートを心がけなければ、人の輪から浮いてしまいがちです。 事前に場所のホームページやSNSなどを探り、雰囲気を確認しておきましょう。 たとえば、大人のバーでは仕事帰りの会社員が集まる傾向があります。 当然、スーツスタイルやフォーマルな服装が目立つでしょう。 男性の目を引きたい女性でも、カジュアルでかわいい服ではなく、場にとけこめるスーツやドレスがおすすめです。 一方、クラブや若者向けの居酒屋では、派手なコーディネートで挑んでも許されるでしょう。 勝負服で魅力的に自己アピールする姿勢も出会いには重要ですが「空気を読んだ」服装こそ最優先に考えるのがコツですよ。 髪型 髪型もまた、女性の印象を決めかねない大切なポイントです。 初めて出会った男性に声をかけるときは、前髪で顔が隠れてしまわないように注意しましょう。 特に、目が見えないと表情が読めなくなるので初対面の相手には不安を与えてしまいがちです。 前髪をピンで留めたり、束ねたりすると第一印象は良くなるのではないでしょうか。 男性の髪型へのこだわりはそれぞれなので「この髪型にするべき」と一つに絞るのは困難です。 ただし、清潔感のあるビジュアルは意識しましょう。 出会いの場所に向かう前に、一度洗面所などで髪型をチェックするのが得策です。 仕事帰りで疲れているときでも、セットが乱れてだらしない印象になっていないか確認しましょう。 また、髪型の乱れは「疲れた顔立ち」にも見られてしまうので、十分に髪型を整えてから男性の元に赴きましょう。 キャラ キャラに関しては、集団の中にいるときほど「協調性」を考えて行動するのが理想です。 男性相手には積極的にアプローチしたいと考える肉食系の女性もいるでしょう。 もちろん、距離を縮めるための努力は肝心ですが、その姿勢が同性の反感を買い悪評になると、男性も尻込みしてしまうものです。 まずは、特定の男性ではなく集団に馴染むところから始めるのが恋愛の第一歩だと言えます。 男性好みの「おしとやかキャラ」「甘えたがりキャラ」を演じるのも方法ではあります。 ただし、自分の資質からかけ離れたキャラを設定すると、ボロが出てしまいますよ。 本性がバレてしまったとき、男性はがっかりしてしまい距離をおいてしまうかもしれません。 そこで、キャラは作りこみすぎず、そのかわり少しだけ「気の利いた女性」になりましょう。 気の利いた女性は意中の男性からはもちろん、一緒にいる集団からも愛される存在です。 飲みの場では人数分の料理を取り分けたり、スポーツサークルでは飲み物を用意したりと、場所が求める行動を先駆けて押さえていくのがコツです。 女性から出会いを求めるならリサーチにこだわる 女性は男性のようにナンパをしたり、初対面の異性に急接近したりする術を持たない人が多いものです。 自分から出会いの場所に飛び込む行為をとても困難なミッションだと思い込んでいる女性も多いでしょう。 しかし、男性の立場からすると女性から声をかけられるのはとてもうれしい出来事です。 「男性が待ってくれている」くらいの気持ちで果敢にアタックすれば、魅力的な男性ともすぐに仲良くなれるかもしれません。 そのために押さえておきたいのが「リサーチ」です。 いつでもどこでも女性から声をかけて、出会いに結びつくわけではありません。 理想の出会いの実現には、状況に応じたアプローチがつきものです。 自分にはどんな場所が合っていて、どんなタイプの男性と近づきたいのかを自己分析しておきましょう。 そして、場所に合ったキャラも少しは演じる必要があります。 いくら魅力的な女性でも、初めて声をかけられたとき、男性も少なからず警戒心を抱くもの。 しかし、空気を読んだ服装や声のかけ方を学ぶと、違和感なく会話に入れるでしょう。 恋愛につながる出会いを生むには、自分自身を見つめ、足を運ぶスポットを学ぶ努力が求められるのです。

次の

東京都で出会いが多い場所(スポット)は?

出会い が ある 場所

1.職場の出会いきっかけ 社会人になってからの出会いとして、カップルができる確率が高いのが、職場での出会いです。 仕事と恋愛する場所を同じにするなんて無理!という方もいらっしゃるかもしれませんが、将来を見据えたお付き合いができます。 職場の同期、上司、部下、取引先など出会いの場所は無限大にあります。 仕事を通じる関係だったのが、ちょっとしたきっかけで、異性として意識することも多いようです。 職場での出会いでは、どのようなことがきっかけになるのでしょうか。 2.職場の仲間での恋愛に発展するきっかけ 職場では、さまざまな立場の人と出会うため、恋愛に発展する人たちもたくさんいます。 では、毎日仕事をしている中で、どんなきっかけで恋愛に発展するのでしょうか。 例えば、自分がミスをしてしまったとき、親身になってフォローをしてくれたり、なかなかうまくいかない時に、相談に乗ってくれたりしているうちに、好きになることが多いようです。 他にも、仕事を教えてもらったり、教えたりする立場になったことから、1対1でのコミュニケーションが密になり、恋愛へと発展していくケースもあるようです。 いつもはたくさんの人が働いている職場ですが、ふと2人きりになることが、恋愛へ発展する大きなきっかけのひとつと言えるでしょう。 3.飲み会などお酒がらみの出会い お酒を飲むことが大好きな方は、行きつけのお店があることから、自然と常連客と顔なじみになります。 同じお酒好きということから、意気投合しやすいのです。 またお酒の力もあってコミュニケーションも円滑になりやすくなります。 酔っ払いすぎて家まで送ってもらったり、介抱してもらったりするなど、お酒があるからこそ起こるハプニングが、恋愛に発展する大きなきっかけとなるのです。 4.スポーツ観戦での出会いきっかけ スポーツ観戦が好きな方の場合、同じチームを応援していたり、同じスポーツバーで観戦を楽しんだりしているうちに、いつの間にか仲良くなって付き合うようになります。 スポーツ観戦は、勝った時の喜びや、負けた時の悔しさを共有することができるため、自然と距離が縮まりやすくなるのです。 もし、スポーツ観戦が好きなら、自宅のテレビで応援するだけでなく、試合を見に行ったり、スポーツバーへと足を運んだりしたことが、出会いの第一歩となります。 5.趣味のお稽古での出会いのきっかけ 社会人になってからしばらくして余裕が出てくると、趣味の時間に時間とお金を使えるようになります。 新しく始めた趣味の教室やお稽古などには、実は出会いを求めてきている方もたくさんいます。 共通の趣味ができることから、話も弾みやすくなりますし、趣味以外の時間に会うようになったことがきっかけで、付き合い始めることも多いようです。 職場での恋愛に抵抗があるという方は、趣味の教室やお稽古事に出会いの場を求めてみてはいかがでしょうか。 6.先生と生徒の出会いのきっかけ 趣味やお稽古ごとで、出会うのは同じ生徒ばかりではありません。 中には先生に教えてもらっているうちに、お互い意識し始め、付き合うことになることも多々あります。 スポーツ系のレッスンは、身体を使って教えることが多いため、意識することが多いようです。 また、ピアノなどの楽器類も、マンツーマンでの指導が多いことから、急接近しやすくなります。 食事に誘い、違う場所で時間を共有したことがきっかけで、より恋人としての意識が強まると言います。 7.フィットネスジムでの出会いきっかけ 自分を磨くという上で、最適な場所がフィットネスジムです。 ダイエットやアンチエイジング、ストレス発散などさまざまな理由で身体を動かしに来る人が多く、訪れる時間も大体決まっていることが多いため、自然と仲良くなりやすいのが特徴です。 ジム主催のイベントに参加したことがきっかけで、急接近して付き合うようになったという方もたくさんいます。 ただ、毎日身体を動かすだけでなく、このようなイベントごとにアンテナを張ってみるのもオススメです。 8.友人からの紹介 恋人と出会うきっかけとして、安心なのが友人からの紹介です。 友人とたまたま一緒にお茶をしていた時に、出会ったことがきっかけで、紹介され何度か会うようになり付き合うようになったという場合や、友人主催の飲み会に何度か行くうちに、自然と仲良くなったという場合が多いようです。 友人が仲介しているということで、安心して距離を縮めることができますし、付き合うようになっても、仲良しグループで付き合い続けることができるため、長続きしやすいのも特徴です。 9.合コン パーティー いろんな教室に足を運んだけれど、既に恋人がいたり、結婚したりしている人が多くてなかなか出会えない!という方もいらっしゃいます。 だからこそ、恋愛したいという共通意識のある合コンへと足を運ぶのです。 合コンなら、出会いの場としてお互いが認識していますし、仲良くなってから恋人へと発展するスピードも早くなります。 ただ、合コンに繰り返し参加していると、相手への条件が増えすぎたり高望みしはじめたりすることもあるので、注意しましょう。 10.お見合い 出会いには、恋人として出会うケースと、結婚相手として出会うケースがあります。 この先結婚を視野に入れているのなら、結婚相手として出会うことが重要になるでしょう。 確実に結婚願望がある方と出会いたいなら、お見合いするのが一番確実です。 親がお見合いを持ってくる場合もありますが、結婚相談所や、登録所などで自ら積極的に動いていくことも大切です。 将来のパートナーと出会うために、自ら前向きに取り組んでいくことが大切です。 11.非日常での出会い いわゆる、運命の出会いとして多いのが、旅先での出会いです。 同じ日程でその場所を訪れていたという偶然に、運命を感じてしまうのです。 また、非日常の場所であることから、背負っていたものから解放され、素直な気持ちで接することができます。 また、旅ならではの高揚感が、恋人への発展を急加速させてくれるのです。 旅先で出会い、連絡先を交換したあと、いつもの場所に帰ってからもう一度会うことができたなら、高い確率で恋愛へと発展していくでしょう。 12.異文化との出会い 旅先での出会いは、国内だけに限りません。 海外での出会いも恋愛へと発展する大きなきっかけになります。 長期の旅やワーキングホリデーなどで、異国の文化に触れ合うことで、現地の人と出会い、恋に落ちる方はたくさんいます。 言葉がお互いパーフェクトではないからこそ、それぞれの気持ちや文化を理解しようと、歩み寄りやすくなるからです。 帰国後は遠距離恋愛になりますが、それを乗り越えることができれば、国際結婚も夢ではないでしょう。 まとめ 出会いの場所や、恋愛へと発展するきっかけについてご紹介しました。 出会いはいつ、どこで起きるか予測できないものです。 また、待っていて必ず訪れるものでもあります。 出会いを求めているのなら、積極的に出会う場所へと足を運ぶ努力も必要です。 また、恋愛に発展するきっかけを見過ごさないようにすることも大切です。 素敵な恋人と出会うためにも、まずは自ら行動していきましょう!.

次の

札幌で出会いがある場所13選|人気のバーやクラブ徹底解説

出会い が ある 場所

1.ひとりで行ける出会いの場所13選 ひとりで出会いを求めにいく際には、場所選びとアクションを取ることが重要になってきます。 あなたと相手の距離をどれだけ短時間で縮められるかが今後の恋愛へと影響します。 自分からのアクションが重要となります。 それぞれの場所での声のかけ方をご紹介していきます。 ひとりで行ける出会いの場所13ヵ所を見ていきましょう! (1)相席ラウンジ ひとりで出会いを求めに行ってもなかなか声をかけられない人におすすめなのが、この相席ラウンジです! 相席ラウンジには出会いの場所として2つのメリットがあります。 1つ目は、飲みに行くような感覚で気軽にいけるという点。 2つ目は、内気な人でも異性と話がっできるよう、お店側が上手くセッティングしてくれるという点 です。 相席ラウンジは、一般的な居酒屋やレストランのような雰囲気で、気軽に行ける出会いの場ですよ。 また、あなたの雰囲気や年代に合わせてお店側が相席ペアを考えてくれます。 「自分からなかなか声がかけれないんだよなぁ…」 こんな人にはとっておきのサービスがある相席ラウンジです! 相席ラウンジでのおすすめは、です。 相席屋は2人以上での入店が条件ですが、オリエンタルラウンジはひとりでも入店できるという点は魅力の1つです。 「出会いを求めに行きたいけど時間がない…」 「誰にも気付かれずに出会いたい! 」 仕事が忙しくて出会いを求めに行っている時間もない社会人にとって、少しの時間でもスマホ1つで好みの人を探すことができるのがマッチングアプリです。 また、ネットからのスタートのため、友人や職場の同僚にも気付かれることなく恋愛を行える点もマッチングアプリの良いところです。 そんなあなたに おすすめのマッチングアプリがPairsです。 Pairsは会員数が1000万人と非常に多くの方が登録しているマッチングアプリ。 これまで25万人以上に恋人ができ、現在も毎月8000人以上に恋人ができていると言われています。 登録者数が多いほどあなたの条件に合う人が見つかりやすくなりますし、仮に実を結ばなかったとしても次の方との出会いが見つかりやすいのが最大の魅力でしょう。 女性は無料で、男性は月額3,590円かかります。 男性はお金がかかるのでその分真剣に恋人を作りたいという方も多く、同じように恋人を作りたい女性からの支持が高いのも特徴です。 1ヶ月あたりの料金を抑えたいという男性の方は、 複数月プランを選べば1ヶ月で1,000円以上安くなるので、じっくり腰を据えて恋人を作るなら最初から複数月プランを利用されてみるのも良いでしょう。 >> もう一つおすすめなのがです。 Omiai(オミアイ)は、会員数が累計で400万人を突破した日本で最初にできたマッチングアプリ。 毎日20,000組のカップルが誕生してるんですよ。 あなたにもきっと良い人が見つかるはずです! 累計会員登録数 400万人 料金 3,980円(男性のみ) 利用年齢層 20~30歳代 (3)習い事 習い事は、意外に知られていない出会いの穴場スポットと言えます! 習い事では異性と話をする機会が多く、男女が共に習えるものに打ち込むことで恋愛への発展は期待できます。 ひとりで習い事をできるものとしては、次のようなものがあります。 (4)スポーツジム 身体を動かしながら異性との交流が期待できるスポーツジムは、ひとりで行きやすく出会いを求めにいくのに最適です! スポーツジムでは、出会いがないようにも見えます。 しかし、意外にも異性との距離が縮まる場所なのです。 同じ空間で運動をしているため、親近感が湧きやすく交流を図りやすいのです。 また、スポーツジムに通っているうちに顔見知りができてくるかもしれません。 「この前も居ましたよね? 」 「だいたい何時頃ジムに来てるんですか? 」 このように少しずつ交流をしていき、上手く恋愛へと発展させましょう。 【仕事ができる真面目で良い男と出会いがないと思う女性へ】良い男は土日も仕事をしています。 同世代に負けないように。 合コン?合コンにまじめな良い男は行きません。 良い男はスポーツジムにいます。 — シャルム@相互フォロー m83j7cOGQv7k5UR また、ジムのダンスクラスへの参加で更なる出会いを期待できます! 近い距離での運動でお互いに親近感が生まれ、会話へと発展させやすいのです。 定期的に会っているうちにお互いの仲は良くなっているはずです。 そんな時にはタイミングを見計らって声をかけてみましょう! また、ワイワイと楽しい雰囲気の中で出会えるため、一気に仲良くなり恋愛へと発展する可能性は高いのです。 一人で話かけに行くことにより、好みの人を独り占めすることができます。 好みの人を見つけたなら、その人のところへ行って積極的に話をしに行きましょう! (6)ひとり旅 ひとり旅は、現地で異性との交流が図りやすく、ふれあう機会が多いので出会いの場所にはベストです! 出会い目的で行っていても、旅行気分で楽しめるという点がおすすめのポイントです。 ひとり旅におすすめの出会いスポットは、観光地や自然豊かな山間部。 最近では、ひとりで山登りをしている人も多くいるので積極的に声をかけてみましょう! 現地で出会った人からは「旅行で来ている人」と認識され、ナンパ目的だとは誰も思わないでしょう。 「どこから来たんですか? 」 「今日はどこへ泊まるんですか? 」 「美味しいお店知ってるんで一緒に行きませんか? 」 このように段々とプライベートの話に持っていくことができれば、あとは恋愛へと発展させるだけです。 Twitter、Facebook、Instagramなどは、今は誰しも持っているツールではないでしょうか? 出会いを求めるならマッチングアプリでもいいのですが、 「価値観が同じ」人に出会えるのはSNSならではのメリットです。 逆に言うと闇雲に出会いを求めるのはSNSではNGと言えます。 価値観が同じ相手を探すと同時に、自分も興味を持ってもらえるようにしておくことが必要です。 マメにSNSで自己アピールすることを忘れずに。 (8)社会人サークル 社会人サークルは、自身の会社の関係先以上に様々な業界や業種の人たちと出会い、交友することができます。 サークルも、アウトドア、インドア、スポーツ、イベント、ボランティアなど種類がとても豊富、自分に合った出会いの場所が見つかるでしょう。 入ってみなければメンバーや雰囲気が分からないというデメリットもありますが、会社の付き合いで仕方なく的なことがないので、 合わなければ止めて他を探しやすいのはメリットといえますね。 (9)夜の遊び(バーや居酒屋) バーは仕事終わりの社会人が集う場所、結婚適齢期の異性と知り合える出会いの場と言えます。 先ずは頻繫に通うこと、店員さんに顔を知ってもらうことで他の常連さんとの繋がりもできてきます。 一人で入るのはハードルが高いと思われるでしょうが、婚活を目的としたバーもありますし、さほど入りにくい場所というわけではありません。 立ち飲み屋のようなスタンディング方式は、席の移動が自由で出会いも多く、隣り合った人との会話も立ち話の方がスムーズにできますよ。 パーティーほどの堅苦しさもなく気軽に知り合えるかもしれないバー、暇つぶし目的であっても出会うキッカケになるでしょう。 (10)趣味(オンラインゲーム) 趣味も出会いの場所の一つと言えます。 今はゲーム機本体を買わなくても、スマホからのダウンロードで様々なゲームが楽しめる時代です。 オンラインで繋がることで、他のユーザーさん達と知り合える出会いの場所になりますね。 協力してゲームをクリアして意気投合、「オフ会」でゲーマーさん同士で実際に集うこともありますよ。 オンライン上でコミュニケーションをとっているだけあって、実際に会う「オフ会」でも自然な会話ができるし、共通の話題で盛り上がること間違いなし。 「オフ会」はゲーム好きならではの出会いの場所といえますね。 オフ会では、趣味が一緒の人に出会えるので 初対面であっても、会話が弾みやすいです。 また、趣味が一緒なので、自然な流れで デートにも行けちゃいます。 — Hiro 男子向け恋愛コンサル hirobirolover 11 日常生活でよく行く場所 普段よく買い物するコンビニやスーパーといった店、こんな何気ない所も出会いの場所になることがあります。 でも、いいなと思うような店員さんがいたとしても、いきなり声をかけることは止めましょう。 自分はお客でも相手は店員、仕事の邪魔をしてはいけません。 普段よく行くところでの出会いだからこそ、声をかけるにしても相手に特定のパートナーがいないかなどリサーチが必要になってきます。 結果、普段よく使っている店に行きにくくなるのは不便ですからね。 (12)通勤途中 朝の通勤時間のバスや電車、恋愛映画のシーンのように出会いの場所になるのか、と思いますよね? 退社時間は残業などでまちまちになっても、始業時間は同じような時間で始まる場合が多く、朝同じ時間の同じ車両に乗っていると見知った顔も出てきても不思議ではありません。 ただ、ギュウギュウの満員電車の中では、相手との出会いにときめくどころではありません。 通勤時間を出会いの場所にするなら、出勤は余裕のある時間帯にしたいものです。 出会いがあるかもしれないと思えば、早起きするのも悪くはないですよ。 最近家の近くのスーパーにイケメンが現れるし、通勤電車でもイケメンに会うので、意外と出会いは日々の生活にあるのではないか?! — あばずれちゃん iamthesexyol (13)音楽ライブ・フェス 近年、全国至る所で催されている音楽ライブやフェスも、出会いの場所と言えます。 ライブやフェスは、コンサートより気軽で「お一人様」でも参加がしやすいのが特徴です。 実際単身で行って、楽しんでいる人って多いのですよ。 フェスにはランチタイムや移動の時間など、出会いを求める自由な時間があるのもいいポイント。 推しのアーティストが同じなら、「共通の趣味」ということで話しかけるキッカケができます。 ライブの高揚感も手伝って、異性でも会話が弾みますよ。 2.出会いを掴むための3つのコツ 出会いにはキッカケが必要、キッカケは行動することで生まれるもの、待っているだけではダメなのです。 出会いに必要なキッカケを掴むため、今からできる3つのコツを紹介しましょう。 出会いのコツ1:自分の時間を作る 社会人ともなれば仕事が忙しくて出会いの時間も取れないということがままあります。 社会人としての責任も大事ですが、出会いのためには自分の時間をしっかりと確保することが必要です。 仕事は生活する上でのお金を稼ぐ手段、仕事だけで一日が終わるのは充実した生活をしているとは言えません。 適当に仕事をしろと言っているわけではないのです。 自分の時間を確保できないのであれば、出会いがあったとしても相手と過ごす時間も無いうことですからね。 出会いのコツ2:自分を磨くことを忘れない 「素敵な相手と出会いたい」と思っているのは自分だけではなく、相手も素敵な出会いを望んでいるものです。 「優良物件」を探すなら、自分も「お買い得」であることをアピールできるようにしておきましょう。 「結婚」は相手の内面もしっかり考慮するものですが、その手前の「恋愛」でまず目にとめてもらうためには、見た目の第一印象を良くする必要があります。 服装・髪型・メイクなど手を抜けば抜くほど、素敵な出会いから遠のくと思いましょう。 出会いのコツ3:自分の行動範囲を広げる 今の自分の生活で出会いがないと感じているなら、行動範囲を少し広げてみましょう。 今までしたことのないものに挑戦してみるのもいいのですが、積極的な行動が苦手なら無理して行うことはありませんよ。 新しい挑戦といっても、自分が興味のないものにまでチャレンジする必要はありませんからね。 今の趣味の延長上なら、やれることがあるのではないでしょうか? 出会いがあるからするのではなく、やりたいことや好きの延長上に出会いもあるようにしておきましょう。 3.出会いはひとりで求めにいくべき?出会いをひとりで求めにいくメリット ひとりで出会いを求めにいくことに抵抗がある人も多いでしょう。 しかし、 周りに影響されず自分の好みの相手を求めて好きなように行動できることがひとりで出会う最大のメリットです。 友人や知り合いと出会いを求めにいくことはさまざまなデメリットがともなってきます。 ひとりで出会いを求めにいき、素敵な恋愛をしましょう。 出会いはひとりで求めにいくべきなのか、出会いをひとりで求めにいくメリットについて解説していきます! メリット1:周りに競合がいなくなるため、独り占めできる ひとりで出会いを求めにいくと、周りの友人や知り合いに邪魔をされることがなく異性を独り占めできるのです! あなたは友人たち何人かと出会いを求めにいって嫌な思いをしたことはありませんか? 「せっかく良いところだったのに話の間に入ってきた…」 「好みだったあの人との時間を邪魔された…」 数人で出会いを求めにいくと自分の思った通りにならないことが多くあります。 友人と出会いを求めにいくことは心の支えとなる反面、邪魔な存在になってしまうのです。 また、このようなことが起こると友人関係も崩れる原因となってしまいます。 メリット2:周りに内緒で出会いを掴むことができる ひとりで出会いを求めにいくことで、友人や職場の同僚には内緒で恋愛をすることができます。 恋愛のことに関して、周りの人に知られたくありませんよね? 会社やグループの中で、合コンでの会話内容や異性との噂を流されては困ります。 周りには内緒で出会える場所へ行き、出会いを獲得することで誰にも知られないかつ、優越感に浸ることができます。 そうならないためにも、周りには内緒で出会いを求めにいくことをおすすめします。 メリット3:数人で出会いを求めにいくと遊びだと思われてしまう 数人で出会いを求めにいくと相手にとって遊びだと思われてしまいがちです。 本気で出会いを求めにいくのならば、ひとりで正々堂々勝負しましょう! 「口説かれて遊ばれるに違いない…」 「きっと下心しか抱いていない…」 相手にとってこのように思われてしまいます。

次の